DSC_0001_20171004235114729.jpg DSC_0003_2017100423512303a.jpg
10月に入り社会人野球では、地区連盟レベルでの大会を幾つか残していますが、それと同時に日本選手権出場チーム同士、また残念ながら出場は逃した強豪チームとのオープン戦が組まれています。

DSC_0007_201710042351228f8.jpg DSC_0008_20171004235121109.jpg
そして10月最初のオープン戦は、大阪ガス対三菱重工神戸・高砂。場所は慣れ親しんだ(と思われる)大阪ガス今津グラウンド野球場。休暇晴天の水曜日、西宮市まで出掛けてきました。

なお、試合内容はダイジェスト(っぽいもの)でお送りいたします。



スターティングオーダー
先攻:三菱重工神戸・高砂
1(遊)渡邉祥平 (作陽高校~専修大学) 
2(中)根来祥汰 (滝川第二高校)
3(三)藤原隆蒔 (近江高校~京都産業大学)
4(右)那賀裕司 (大阪桐蔭高校~立教大学)
5(一)西岡武蔵 (三重高校)
6(指)津野祐貴 (東福岡高校~日本体育大学)
7(二)徳田真優 (広陵高校~関西学院大学) 
8(捕)森山 誠 (金沢高校~専修大学)
9(左)國久智義 (高知中央高校~明星大学)
DSC_0810_20171004232314a65.jpg DSC_0811_2017100423232189f.jpg DSC_0812_20171004232325756.jpg
DSC_0813_2017100423232810b.jpg DSC_0814_20171004232328231.jpg DSC_0815_20171004232329a17.jpg
投:佐藤大誠 (川島高校~関西学院大学)

後攻:大阪ガス
1(二)峰下智弘 (佐賀学園高校~近畿大学)
2(左)大谷幸宏 (大垣北高校~同志社大学)
3(中)近本光司 (社高校~関西学院大学)
4(三)岸田行倫 (報徳学園高校)
5(指)伊藤諒介 (神港学園高校~法政大学)
6(一)小畑彰宏 (鳥取西高校~青山学院大学)
7(右)室屋太郎 (鹿児島実業高校)
8(捕)鳥飼力斗 (鳥取城北高校)
9(遊)近藤竜二 (育英高校)
DSC_0773_201710042319043b0.jpg DSC_0774_20171004231923c07.jpg DSC_0775_20171004231924fae.jpg
DSC_0776_201710042319233e4.jpg DSC_0777_20171004231929fe2.jpg DSC_0778_201710042319316ac.jpg
投:青木貴之 (東大阪大学付属柏原高校~城西国際大学)

1回裏
DSC_0212_201710041853274d1.jpg DSC_0215_201710041853479d0.jpg
DSC_0218_20171004185359cde.jpg DSC_0219_20171004185335560.jpg
DSC_0283_20171004185410762.jpg DSC_0284_201710041853566a7.jpg
DSC_0285_20171004185409f30.jpg DSC_0286_201710041854119cd.jpg
ツーベースヒットで出塁した先頭の峰下選手を、大谷選手が送りバントでサードに進め、4番「サード」岸田選手がライト前タイムリーヒットで迎え入れ、大阪ガスがやすやすと1点先制。
大阪ガス1-0三菱重工神戸・高砂

2回裏
DSC_0421_20171004185834c81.jpg DSC_0422_201710041858342d3.jpg
DSC_0423_20171004185842856.jpg DSC_0424_20171004185907f8c.jpg
対する三菱重工神戸・高砂は、ツーアウトから津野選手がライト前ヒットで出塁、徳田選手がサードゴロも、これがサード岸田選手の悪送球を誘いランナー1・3塁。

DSC_0499_2017100418585704a.jpg DSC_0500_2017100418592651e.jpg
DSC_0501_20171004185921dad.jpg DSC_0502_201710041859266b9.jpg
DSC_0507_20171004185931257.jpg DSC_0508_201710041859349cc.jpg
そして8番森山選手のタイムリーヒットで楽々同点に追い付く。
大阪ガス1-1三菱重工神戸・高砂

2回裏
DSC_0613_20171004214218caf.jpg DSC_0614_201710042142239f9.jpg
室屋選手の打席。ショートゴロでしたが、久しぶりに「バットが折れる瞬間」が撮れました。

3回裏
DSC_0920_2017100419300539b.jpg DSC_1512_2017100419300329d.jpg
DSC_0934_2017100419301466a.jpg DSC_1073_20171004193008536.jpg
ここでちょっとした(でもない)事故発生。大谷選手の放ったファウルボールが、一塁側スタンドの真上にある照明設備を直撃。幸いにも真下に人はいませんでしたが、大阪ガスの選手の手によって、かなり長い時間、後片付けが行われていました。ファウルボールの行方には十分注意しましょう。

DSC_0923_20171004211440bec.jpg DSC_0924_20171004211445e9a.jpg
DSC_0925_201710042114457ee.jpg DSC_0926_201710042114397ba.jpg
ちなみにこの打席での大谷選手は、結局ショートゴロに終わりました。

4回裏
DSC_1029_20171004212236924.jpg DSC_1030_20171004212247f98.jpg
DSC_1068_2017100421230191d.jpg DSC_1071_20171004212303d64.jpg
DSC_1081_201710042123088d3.jpg DSC_1082_201710042123107e8.jpg
DSC_1085_20171004212310b86.jpg DSC_1086_20171004212315eac.jpg
先頭の近本選手がライト前ヒット、続く岸田選手がセンター前ヒット。さらに続く伊藤選手の初球にワイルドピッチでランナーそれぞれ次の塁へ。

DSC_1139_20171004212615561.jpg DSC_1140_20171004212643a9b.jpg
DSC_1141_20171004212641952.jpg DSC_1143_201710042126389d9.jpg
DSC_1144_2017100421264596e.jpg DSC_1145_201710042126481d4.jpg
そして伊藤選手はフルカウントまで粘って6球目をセンターへ犠牲フライ。大阪ガス逆転。
大阪ガス2-1三菱重工神戸・高砂

DSC_1185_20171004213036892.jpg DSC_1186_201710042130437d5.jpg
DSC_1187_201710042130464d6.jpg DSC_1188_20171004213045578.jpg
室屋選手のセカンドゴロ。なんですが、よく撮れたので載せてみました。

5回表
DSC_1426_20171004213338130.jpg DSC_1427_201710042133494fc.jpg
DSC_1428_201710042133467ee.jpg DSC_1429_201710042133504f3.jpg
三菱重工神戸・高砂、ツーアウトでランナーを二人ためるも、根来選手が空振り三振。

6回表
大阪ガス選手交代 
DSC_1564_20171004214836530.jpg DSC_1565_201710042149001f1.jpg DSC_1566_2017100421490149c.jpg
DSC_1567_201710042148522f2.jpg DSC_1568_201710042149009c5.jpg DSC_1569_201710042148533e9.jpg
ピッチャー青木に代えて飯塚

DSC_1656_2017100421512023c.jpg DSC_1657_20171004215133efd.jpg
DSC_1658_201710042151301bf.jpg DSC_1659_20171004215130ac6.jpg
その飯塚投手に襲いかかる三菱重工神戸・高砂。まずはワンアウト2・3類から、津野選手の代打福田選手が、センター前タイムリーヒットでまず同点。
大阪ガス2-2三菱重工神戸・高砂

DSC_1674_20171004215655a72.jpg DSC_1675_20171004215706962.jpg
さらに森山選手の代打木村選手のライト前タイムリーヒットで逆転。
DSC_1677_201710042157117e6.jpg DSC_1682_20171004215709bd6.jpg
大阪ガス2-3三菱重工神戸・高砂

6回裏
三菱重工神戸・高砂選手交代

DSC_1989_201710042205242b1.jpg DSC_1990_20171004220545256.jpg DSC_1991_201710042205414ce.jpg
DSC_1992_20171004220541e07.jpg DSC_1993_20171004220548cd2.jpg DSC_1994_20171004220552ab3.jpg
ピッチャー佐藤投手に代えて高橋涼平投手。この他、代打の木村選手がそのまま入りキャッチャー、前の回に國久選手の代打で出場した殿川がそのまま入りセンターの守備へ。センターの根来選手がレフトへ

7回表
大阪ガス選手交代

DSC_1806_20171004221156c7c.jpg DSC_1807_2017100422120255f.jpg DSC_1808_20171004221210bed.jpg
DSC_1809_20171004221215756.jpg DSC_1810_20171004221212ad0.jpg DSC_1811_20171004221207a2c.jpg
ピッチャー飯塚投手に代えて古都成輝投手。

DSC_1861_20171004221538622.jpg DSC_1862_20171004221550e16.jpg
DSC_1864_20171004221549efa.jpg DSC_1865_20171004221554e80.jpg
しかしながらこの回、三菱重工神戸・高砂は、ツーベース2本で突き放しにかかる。
DSC_1868_20171004221544f78.jpg DSC_1879_20171004221553919.jpg
大阪ガス2-4三菱重工神戸・高砂

7回裏
DSC_2012_201710042218464aa.jpg DSC_2015_201710042218512a3.jpg
この回の大阪ガス。ツーアウトから室屋選手のレフトへのソロホームランで1点差に。
大阪ガス3-4三菱重工神戸・高砂
DSC_2024_201710042223261d2.jpg DSC_2025_20171004222356055.jpg
DSC_2026_20171004222410438.jpg DSC_2027_2017100422235570a.jpg
さらに、鳥飼選手のセンター前ヒット。
DSC_2084_20171004222405220.jpg DSC_2085_2017100422233679f.jpg
DSC_2086_20171004222404521.jpg DSC_2087_20171004222411625.jpg
近藤選手のセンターオーバータイムリーツーベースヒットで一気同点!
大阪ガス4-4三菱重工神戸・高砂

8回裏
三菱重工神戸・高砂選手交代

DSC_2223_20171004225132d4b.jpg DSC_2226_20171004225117ece.jpg DSC_2227_2017100422512973b.jpg
DSC_2228_20171004225133329.jpg DSC_2229_20171004225133ba2.jpg DSC_2231_201710042251320c5.jpg
ピッチャー高橋涼平投手に代えて守安玲緒投手が登板。登板があるとは思ってなかったので(とは言え、登板予定なんざ知るわけもないんですが)、ちょっとびっくり。この後2イニングを投げ、ノーヒット2奪三振。

9回表
大阪ガス選手交代

DSC_2349_2017100422583599f.jpg DSC_2350_20171004225839d7d.jpg DSC_2351_20171004225848cb9.jpg
DSC_2352_201710042258460cf.jpg DSC_2353_20171004225852cd6.jpg DSC_2354_20171004225853ed4.jpg
ピッチャー古都投手に代えて温水賀一投手が登板。危ない場面もありましたが、1イニング無失点。

神戸高砂 010 002 100  4
大阪瓦斯 100 100 200  4

[神高]佐藤・高橋涼・守安-森山・木村・渡
[瓦斯]青木・飯塚・古都・温水-鳥飼
本塁打:室屋太郎(大阪ガス)7回裏 ソロ 高橋涼から
試合時間:2時間47分くらい



DSC_2708_2017100423490896d.jpg
日本選手権最終予選以降、オープン戦は組まずに強化練習などに充てていた大阪ガス硬式野球部。最近は試合を見るたびに、スターティングオーダーが変わっているようにも感じられますが、一時下位打線だった伊藤選手が復調気味かな。そして本選まであと1か月でがっちり固まればいいなぁ、と。

DSC_2712_2017100423491173e.jpg
そして日本選手権最終予選以降、9月のスケジュールは空白のままだった三菱重工神戸・高砂。こちらもおそらく強化練習とかだったとは思います。こちらもまた、オーダーが流動的に見えますが、クリーンアップから西岡選手や那賀選手が外れないだけ、軸はぶれないのかも、とも思います。

そして両チームの投手陣。フォアボールでグッダグダ、にっちもさっちも行かない、と言うわけでもなかったので、後は組み立ての問題。特に大阪ガスさんは、鳥飼捕手が(何となくではありますが)今後の中心になっていきそうな雰囲気。バッテリーはもう問題はなさそう、かと考えます。

DSC_2707_20171004234855f54.jpg
いよいよ日本選手権本選の抽選会が6日金曜日に迫ってきました。同じ近畿地区ゆえに、ブロックは別になるはず、ですが、京セラドーム大阪でこの対戦が準々決勝とかで見られるのか、楽しみです。



2017.10.05 / Top↑
第43回社会人野球日本選手権に向けての壮行試合の日程が出揃いつつある10月2日、三重県は伊勢市にある、伊勢市倉田山公園野球場へ「第65回JABA伊勢・松阪大会」を観戦してきました。

この大会、以前は「JABA伊勢大会」と言う名称でしたが、3年前から会場に三重県営松阪野球場が加わり、現在の名称となりました。で、開催球場の選択肢としては前記の通り2か所あるんですが、迷い迷ってツィッターで投票を(笑)頂いた結果、伊勢市倉田山公園野球場、となりました。

DSC_0001_20171003011336fd6.jpg DSC_0002_20171003011331807.jpg
おはようございます朝6時過ぎの南海高野線初芝駅。この日の天気予報は「曇午後から雨」でしたが、既にバラパラ来てました。伊勢市の予報もほぼ同じ。さて、無事に試合は行われるのかどうか。

DSC_0004_201710030115207ad.jpg DSC_0006_201710030115236be.jpg
月曜日の早朝の南海なんば駅。みなこんな朝早くから何処に行かれるんでしょうか。

DSC_0007_2017100301162283e.jpg DSC_0010_20171003011621add.jpg
とっとこ歩いて近鉄大阪難波駅。ここからまずは大阪上本町駅へ。名古屋に行くわけではないんですが、イメージ的に「大阪難波駅」と言えばこれ。

DSC_0011_20171003011854d13.jpg DSC_0012_2017100301190977f.jpg
大阪上本町駅到着。やはり伊勢・志摩方面へ向かうにはこの駅から。

DSC_0013_20171003011859e60.jpg DSC_0015_201710030119089b4.jpg
時間があるので一旦改札外へ出てみました。地下ホームは近鉄難波線、奈良線。地上ホームは大阪線になっています。駅は大正15年に現在地に移転。同時に「日本初の駅ビル」として開業しました。周辺道路から一切段差がないままに大阪線電車に乗る事が出来る、究極のバリアフリー構造です。

DSC_0018_20171003012132741.jpg DSC_0016_20171003012120e32.jpg
特急券を購入して朝食。地下ホームから地上ホームへの乗り換えコンコースにある「上六庵」にて「伊勢うどん(300円)」。値段、量ともに、朝食としては申し分なし、かと思われます。しかし何で今から伊勢に行こうとしているのに、先に伊勢うどんを食ってしまったのか。

DSC_0020_20171003012134fab.jpg DSC_0022_2017100301212492f.jpg
DSC_0023_20171003012128dab.jpg DSC_0026_20171003012133a7e.jpg
そしていよいよ「近鉄電車で早よ帰れ」近鉄特急宇治山田行。狙ったわけではありませんが、目的地最寄り駅は宇治山田駅。ゆっくり寝られる便を選択。でもってせっかくの「ビスタカーなので二階席を選択。ちなみに我が家からはどう足掻いても、第一試合開始(予定通りなら8:30、実際は08:08試合開始)には間に合いませんので、はなっから諦めました。

DSC_0036_20171003012437713.jpg DSC_0037_20171003012441c57.jpg
09:36、近鉄山田線・鳥羽線宇治山田駅到着。

DSC_0030_201710030126019e1.jpg DSC_0034_2017100301260207f.jpg
DSC_0035_2017100301260062b.jpg DSC_0038_2017100301260666e.jpg
駅構内は、行き止まり式の1・2番線ホームと、鳥羽・賢島方面に続く3・4番線ホームからなる、かなり立派なターミナル駅。昭和6年(当時は近鉄の前身・参宮急行電鉄)から昭和44年まで、長い間ここ宇治山田駅が終着駅として伊勢・志摩観光の拠点となっていました。

DSC_0032_20171003012717dd8.jpg DSC_0033_20171003012719ff7.jpg
1・2番線ホームの傍らには、昭和36年から平成6年まで使用された、鳥羽・賢島方面への特急バス、定期観光バスが乗り入れていたバス乗り場があり、バス転回の為の転車台が残されています。

DSC_0040_20171003013049ff5.jpg
駅舎内部。改札階は二階。一階には特急券売り場等があります。ちょっとこの画像では分かりにくいですが、一階からニ階は吹き抜け。二階部分の天井部分は、昭和初期らしい、そしてターミナル駅らしい重厚な造り。八角形の明り取り窓もなかなか洒落ています。最近は見なくなりましたねぇ。

DSC_0045_20171003012851756.jpg DSC_0046_201710030128570fb.jpg
駅舎外観。昭和6年の開業当時そのまま。設計は、南海難波駅や東武浅草駅も設計された久野節氏。2001年には国の「登録有形文化財」にも指定され、第1回中部の駅百選にも選ばれました。

DSC_0051_20171003013630b54.jpg DSC_0049_20171003013634d10.jpg
左画像は、駅舎南端にそびえ立つ「火の見櫓」。昭和43年までは、駅構内に伊勢市消防本部が置かれていたそうで、1時間交代で実際に見張りもされてたそうです。現在は非公開となっています。右画像は、1・2番線ホーム横の転車台を下から見た様子。

DSC_0047_201710030134390ba.jpg DSC_0054_20171003013441f58.jpg
でもってここからは、三重交通バスにお世話になります。宇治山田駅前4番乗り場より「イオン伊勢店」行のバスに乗車。日中はおおよそ1時間に2本あります。アクセスとしてはまずまず、かな。ちなみに、宇治山田駅前始発ではないので、多少遅れて到着することもあるようで・・・。

宇治山田駅には、観光案内所にレンタサイクルもありますが、丸一日借りると1000円と、球場の往復だけに使用するにはかなり割高。バスは片道220円。全国の交通系ICカードも使えます。

DSC_0055_20171003013948fab.jpg DSC_0056_20171003013951ab1.jpg
下車するのは「河口外科前」と言う、普通は地元の方しか使わんような名前の停留所。アクセスとしては、球場の裏手にある「松尾観音」が一番近いんですが、午前中に都合のよい便がありません。右画像は宇治山田駅前方面に向かう乗り場。やっぱり、なんの変哲もない「町のバス停」。

DSC_0057_20171003014308768.jpg DSC_0058_20171003001024cfd.jpg
すぐ近くにある「河口外科前交差点」。ここを左折します。歓迎看板がお出迎え。

DSC_0059_20171003014608e46.jpg DSC_0061_201710030146220e3.jpg
ここからは「坂」。たいしてきつくはないですが、やはり雨降りともなると挫折感が。

DSC_0063_20171003014622c13.jpg DSC_0064_20171003014614db8.jpg
河口外科前バス停から歩くこと約5分。到着です。

DSC_2257_20171003014814f4d.jpg
駐車場から見るスタジアム全景。スタジアム周囲はかなり狭いので、こうやって全景が見渡せるのは駐車場からだけ、になっています。山を開削したのがまる分かり。だから「倉田山」なんでしょうね。

DSC_2258_2017100301503226a.jpg DSC_0066_201710030150364db.jpg
スタジアム周辺は、取り付け道路などに立派な大会用の幟。ただ、「第〇回」ってのが入ってないので使い回しかと思いますが(当たり前)チカラの入れようは並ではありません。ポスターもなかなかの造り。

DSC_0065_2017100301552376d.jpg 
DSC_2264_201710030159233e7.jpg DSC_2265_20171003015930118.jpg
敷地内には、地元伊勢市(当時は宇治山田市)出身のプロ野球選手、沢村栄治氏(東京巨人軍/現読売ジャイアンツ)と、西村幸生氏(大阪タイガース/現:阪神タイガース)の胸像が建てられています。とは言っても、戦前の方なのでピンと来ません。昔は向かい合わせに建てられていたそうです、が現在は並べて建てられています。こんな所でまで啀み合わんでも、と言う事か。

DSC_2261_201710030204175f8.jpg DSC_2262_20171003020424368.jpg
さらに、球場周辺の道路は、これまた伊勢市(宇治山田商業高校)出身のマラソンランナー・野口みずき氏にちなんだ「野口みずき金メダルロード」と言う名前のランニングコースがあります。

DSC_2255_20171003020618d89.jpg
さて、球場本編。2017年度から10年総額約3000万円で、地元伊勢市で飲食店を展開する、株式会社「ダイム」とのネーミングライツ契約を締結、球場の名称も「ダイムスタジアム伊勢」となりました。

DSC_0070_2017100302153136b.jpg
(いろいろすっ飛ばします)早速入ってみましょう。ちなみに正面玄関からスタンドまでは「エレベーター」も用意されています。2012年11月から2014年3月までの1年4か月、総工費約10億6000万円をかけて、スコアボード改修、スタンド改築とその下に屋内練習場設置、観客席増設、グラウンドのグラウンド排水設備の設置、人工芝化などの工事が行われたそうです。

DSC_0072_20171003021659814.jpg DSC_2248_20171003021706d7c.jpg
スコアボード。全面フルカラーLED表示。映像も表示出来ます。

DSC_0073_20171003021803429.jpg DSC_0074_2017100302180570f.jpg
両翼97.5メートル、中堅122メートル。

DSC_0288_2017100302213653e.jpg
グラウンドのバックネット前付近にはでかでかと「ISE CITY」の文字。

DSC_0069_201710030232401a9.jpg 
DSC_0086_20171003023157145.jpg DSC_0087_201710030231596af.jpg
フィールドは内外野ともに人工芝になっていますが、マウンドとベース付近は土。このあたりは何となく、京セラドーム大阪っぽい作りになっています。

DSC_0075_20171003022303652.jpg DSC_0077_2017100302230047b.jpg
内野スタンドの様子。バックネット裏正面付近は独立シート、それ以外はベンチ上付近までベンチシートになっています。屋根もありますが、ほんの「申し訳程度のもの。あまり日除けにもならないかなぁ。

DSC_0078_201710030225162a7.jpg DSC_0079_201710030225236d3.jpg
ワンクッション置いた、ベンチ上付近から両ポール際までの内野席もベンチシートになっています。グラウンドレベルで試合観戦をするなら、この席の最前列が最適かと思われます。

DSC_2250_2017100302281759c.jpg DSC_2253_20171003022825404.jpg
外野席も、」コンクリート舗装ではありますが観客席が設けられています。収容人員は内外野あわせて10122人。地方球場としてはかなりハイレベルのスタジアムではないでしょうか。

DSC_0085_2017100302303962a.jpg DSC_0083_20171003023033529.jpg
照明塔は内外野合計4基。かなり高い位置に照明があります。

DSC_0146_2017100302404505b.jpg DSC_0306_201710030240534ca.jpg
そしてここの球場の何がいいかって、バックネットはともかく、ベンチ上付近のネットはいわゆる「ゴルフネット」になっており、グラウンドの様子を撮影する際にも、ネットにピントを持って行かれると言うストレスをほとんど感じることなく、写真撮影に興じる事が出来まし、観戦にも支障はないものと思われます。直撃の打球には注意せねばなりませんが、これはホントありがたい。


DSC_2249_20171003024209f45.jpg DSC_2260_20171003024210a4f.jpg
悪天候で、残念ながらたった1試合しか観戦出来ませんでしたが、最寄りの宇治山田駅からも遠いわけではなく、アクセスも非常に良いので、機会があればまた「天気のいい日に」訪れてみたいと思っています。とは言うものの、多分来年の「この大会かなぁ」などと考えております。

2017.10.04 / Top↑
プロ野球の順位その他も固まり、後は「秋祭り」クライマックスシリーズを待つ時期となりました。

しかしながら社会人野球はまだまだこれからが本番。チームナンバーワンを決める、第43回社会人野球日本選手権の日程も決まり、今週末にはいよいよ本選抽選会、ではありますが、その腕試しと言っても良い大会が幾つかあります。もちろんそこで「一番」を目指すのも重要な課題、とも。

DSC_0058_20171003001024cfd.jpg DSC_0066_20171003001024fb0.jpg
第65回JABA伊勢・松阪大会。

このJABA伊勢・松阪大会、正式名称は「伊勢神宮奉納社会人野球 JABA伊勢・松阪大会」。8月に行われたJABA広島大会や、10月下旬に予定されている「びわこ杯」同様、地区連盟(東海地区)主催大会。第二次戦後の昭和24年から行われている、わりと歴史の長い大会です。

出場チームは、東海地区を中心に12チーム。3ブロックに分かれて予選リーグを戦い、各ブロック1位通過「プラス」各ブロック2位チームの中で1位(ややこしいなぁ)チームが最終日に優勝を争うと言う「ワイルドカード制」の大会。とは言うものの、馴染みのあるチームがたくさん出場してる訳ではないので「あぁ、こう言う大会なんやな」くらいの、体験観戦に近いモノがあります。

そしてこの日は「予定上」の予選リーグ最終日。向かったのは伊勢市倉田山公園野球場改め「ダイムスタジアム伊勢」。第二試合の対戦カードは、三菱日立パワーシステムズ対王子。ちなみに我が輩では、第一試合開始には絶対に間に合わないので、端っから観るつもりはありませんでした。


まずは三塁側・王子。

DSC_0090_201710030011367a2.jpg DSC_0091_2017100300113383f.jpg
DSC_0100_2017100300114440f.jpg DSC_0103_20171003001144862.jpg
広島東洋カープを退団した川口盛外投手が復帰して以来、幾度か見てはいるはずなんですが、未だに川口投手の登板機会を目にしてません。ただ、現在となってはいろんなチームに前NPBの選手が増えましたが、彼がカープから持ち帰ったモノってのは、王子野球部に何らかの役に立っているはず。それがまた、社会人野球の底上げに繋がる、とも考えています。

そして一塁側・三菱日立パワーシステムズ。

DSC_0089_20171003002110430.jpg DSC_0097_201710030021301af.jpg
DSC_0098_20171003002126eb5.jpg DSC_0105_20171003002129f38.jpg
昨年オフの「横浜」と「長崎」の合併は何かと話題になりましたが、扱い上はどうやら長崎の選手の「移籍」になっているようです。今年の話題としては、カイル・トクナガ投手が高知ファイティングドッグス移籍。ただ、2ヶ月ほどで契約解除になったようですが、MHPS復帰はあるかなぁ。



スターティングオーダー
先攻:王子
1(左)中尾 孝 (報徳学園高校~法政大学)
2(捕)賀部秀平 (石見智翠館高校~創価大学)
3(中)亀山一平 (近畿大学付属高校~近畿大学)
4(三)神鳥猛流 (享栄高校~中部大学)
5(右)鴨田裕介 (青森山田高校~桐蔭横浜大学)
6(二)横川  駿 (神港学園高校~立命館大学)
7(一)大八木誠也(龍谷大学付属平安高校~法政大学)
8(遊)前田滉平 (京都外国語大学付属西高校~駒澤大学)
9(指)真弓竜一 (四日市工業高校)
DSC_0150_201710030029358b8.jpg DSC_0151_201710030029402c6.jpg DSC_0152_20171003002947eb6.jpg
DSC_0153_201710030029453ae.jpg DSC_0154_20171003002956cd6.jpg DSC_0155_2017100300295512b.jpg
投:畑瀬聡史 (関西大学北陽高校~関西大学)

後攻:三菱日立パワーシステムズ
1(二)久保浩史 (佐賀商業高校~富士大学)
2(遊)成田昌駿 (湘南工科大学付属高校~中央学院大学)
3(三)久木田雄介 (れいめい高校~第一工業大学)
4(左)龍幸之介 (九州国際大学付属高校~白鴎大学)
5(指)加治前竜一(智辨学園高校~東海大学~東京読売巨人軍)
6(一)佐々木玄 (座間高校~横浜国立大学)
7(右)常道翔大 (東海大学付属菅生高校~東海大学)
8(捕)平野智基 (鳥栖高校~日本体育大学)
9(中)江越海地 (長崎海星高校)
DSC_0129_20171003003215d8d.jpg DSC_0130_201710030032345b6.jpg DSC_0131_20171003003224ae9.jpg
DSC_0132_20171003003230d70.jpg DSC_0133_20171003003236441.jpg DSC_0134_20171003003236640.jpg
投:本多裕哉 (鹿島高校~福岡大学)

審判員
球審:中川 一塁:東出 三塁:吉田

打撃成績
1回表
中尾     2-0から3球目を打ってサードゴロ
DSC_0120_20171002215618de9.jpg DSC_0121_20171002215623073.jpg DSC_0122_20171002215623b0e.jpg
賀部     2-0から3球目を打ってファーストゴロ
DSC_0142_20171002215722435.jpg DSC_0143_20171002215722a0f.jpg DSC_0144_20171002215726c7c.jpg
亀山     1-1から3球目を打ってショートゴロ

1回裏
DSC_0160_201710022158445ad.jpg DSC_0161_201710022158432e7.jpg DSC_0162_2017100221584490a.jpg
久保     1-0から2球目を打ってライト前ヒット
DSC_0195_20171002220014382.jpg DSC_0196_20171002220019cd3.jpg DSC_0198_201710022200203f0.jpg
成田     3-1から5球目をファースト前送りバント
DSC_0220_20171002220207a3d.jpg DSC_0221_201710022202034b1.jpg DSC_0222_20171002220209e75.jpg
久木田    1-2から4球目を打ってライトへタイムリーツーベースヒット
DSC_0226_201710022202138fc.jpg DSC_0227_20171002220200177.jpg DSC_0229_201710022202150d9.jpg
三菱日立パワーシステムズ1-0王子
DSC_0263_20171002220356e6d.jpg DSC_0264_20171002220401d3e.jpg DSC_0267_20171002220405ed9.jpg
龍      2-2から5球目を空振り三振
DSC_0295_20171002221037051.jpg DSC_0300_20171002221043b14.jpg DSC_0304_2017100222103907c.jpg
加治前    2-2から5球目を見逃し三振

2回表
DSC_0320_201710022211516c0.jpg DSC_0321_20171002221151226.jpg DSC_0322_201710022211540bb.jpg
神鳥     2-1から4球目を打ってセンターフライ
DSC_0329_201710022213499a7.jpg DSC_0330_2017100222134761d.jpg DSC_0331_20171002221350272.jpg
鴨田     2-1から4球目を打ってセンターフライ
DSC_0372_20171002221512e83.jpg DSC_0374_20171002221513bae.jpg DSC_0331_20171002221350272.jpg
横川     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_0388_20171002221643ed0.jpg DSC_0389_20171002221635d69.jpg DSC_0390_20171002221644a40.jpg
大八木    1-1から3球目を打ってライトファウルフライ

2回裏
DSC_0411_20171002221909c54.jpg DSC_0412_20171002221911e1a.jpg DSC_0416_20171002221913a0f.jpg
佐々木    フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_0454_20171002222047c3f.jpg DSC_0455_20171002222056140.jpg DSC_0456_201710022220557d4.jpg
常道     2-2から6球目を打ってレフトへツーベースヒット
DSC_0488_20171002222327c9d.jpg DSC_0489_20171002222329573.jpg DSC_0491_20171002222334c5f.jpg
平野     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0507_20171002222441e00.jpg DSC_0508_20171002222449ba3.jpg DSC_0509_201710022224510bf.jpg
江越     1-0から2球目を打ってライトオーバータイムリースリーベースヒット
DSC_0512_20171002222628ea6.jpg DSC_0515_201710022226308b7.jpg DSC_0518_201710022226336f8.jpg
三菱日立パワーシステムズ4-0王子
DSC_0530_20171002222755d8f.jpg DSC_0531_201710022227551f7.jpg DSC_0533_20171002222750e21.jpg
久保     0-1から2球目を打ってレフトへ犠牲フライ
DSC_0536_20171002222912aa8.jpg DSC_0537_2017100222291411d.jpg DSC_0538_201710022229144a1.jpg
三菱日立パワーシステムズ5-0王子
DSC_0594_201710022230429b7.jpg DSC_0595_20171002223046ec0.jpg DSC_0598_20171002223049b14.jpg
成田     フルカウントから7球目を打ってファーストゴロ
久木田    初球を打ってセンターフライ

3回表
DSC_0609_201710022232211cc.jpg DSC_0610_20171002223228173.jpg DSC_0611_20171002223222c2d.jpg
前田     1-1から3球目を打ってショートライナー
DSC_0620_20171002223349ef5.jpg DSC_0621_201710022233488cc.jpg DSC_0623_20171002223353a8f.jpg
真弓     1-1から3球目を打ってセンターフライ
DSC_0634_20171002223517299.jpg DSC_0635_201710022235253be.jpg DSC_0636_20171002223526e13.jpg
中尾     0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
DSC_0648_20171002223720dbc.jpg DSC_0649_201710022237337f8.jpg DSC_0650_201710022237336de.jpg
DSC_0651_2017100222373315f.jpg DSC_0653_20171002223731c66.jpg DSC_0654_201710022237318d1.jpg
次打者賀部の2球目にファーストランナー中尾セカンド盗塁成功 キャッチャー悪送球でサードへ
賀部     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

3回裏
王子選手交代
DSC_0683_20171002224001afc.jpg DSC_0684_2017100222401345c.jpg DSC_0685_20171002224014ee5.jpg
DSC_0686_201710022240142b1.jpg DSC_0687_20171002224016e3f.jpg DSC_0688_2017100222401425a.jpg
ピッチャー畑瀬に代えて中内洸太(今治西高校~関西学院大学)

龍      初球を打ってファーストゴロ
DSC_0698_201710022242573fe.jpg DSC_0699_201710022243073a0.jpg DSC_0700_201710022243074ab.jpg
加治前    1-1から3球目を打ってセカンド内野安打
佐々木    1-2から4球目を見逃し三振
常道     1-0から2球目を打ってライトフライ

4回表
亀山     2-0から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_0796_20171002224511e05.jpg DSC_0797_20171002224530deb.jpg DSC_0798_20171002224528d7f.jpg
神鳥     3-1から5球目を打ってライトへツーランホームラン
DSC_0801_2017100222452370a.jpg DSC_0802_20171002224527c34.jpg DSC_0803_20171002224530ff7.jpg
三菱日立パワーシステムズ5-2王子
鴨田     0-2から3球目を打ってショートゴロ
横川     2-2から6球目を打ってセンターフライ
DSC_0850_20171002225104e9a.jpg DSC_0852_20171002225108121.jpg DSC_0853_201710022251115af.jpg
大八木    1-1から3球目を打ってサードゴロエラー
前田     1-2から5球目を空振り三振

4回裏
平野     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0941_20171002225215424.jpg DSC_0942_201710022252180a1.jpg DSC_0943_20171002225217ac6.jpg
江越     初球を打ってセカンドゴロ ファーストランナー平野はセカンドへ
久保     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_1033_2017100222540114c.jpg DSC_1034_20171002225413222.jpg DSC_1036_20171002225414db7.jpg
成田     1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
久木田    フルカウントから9球目を空振り三振
龍      1-1から3球目を打ってファーストゴロ

5回表
DSC_1175_20171002225559f88.jpg DSC_1178_20171002225613ed7.jpg DSC_1181_201710022256122fc.jpg
真弓     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
代走に日岡拓也(立命館大学宇治高校~立命館大学)
DSC_1194_2017100222575173d.jpg DSC_1195_201710022257520db.jpg DSC_1196_201710022257573eb.jpg
中尾     1-0から2球目をピッチャー前送りバント
DSC_1206_201710022258549be.jpg DSC_1207_20171002225856562.jpg DSC_1208_20171002225859a00.jpg
賀部     初球を打ってレフト前ヒット バックホーム送球間にセカンドへ
DSC_1247_20171002230008356.jpg DSC_1248_201710022300055a6.jpg DSC_1249_201710022300116e6.jpg
亀山     2-2から5球目を打ってライトへ犠牲フライ
DSC_1250_20171002230428179.jpg DSC_1251_20171002230430a57.jpg DSC_1253_2017100223043602f.jpg
三菱日立パワーシステムズ5-3王子
神鳥     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
鴨田     初球を打ってショートゴロ

5回裏
DSC_1362_20171002230630f13.jpg DSC_1363_20171002230640feb.jpg DSC_1364_20171002230640c59.jpg
加治前    フルカウントから6球目を打ってサードゴロ送球エラー
DSC_1407_20171002230750f8b.jpg DSC_1408_201710022307548ff.jpg DSC_1409_20171002230755133.jpg
佐々木    1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
常道     1-2から5球目を見逃し三振
平野     2-2から5球目を空振り三振
江越     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_1612_20171002231024129.jpg DSC_1613_20171002231033904.jpg DSC_1615_20171002231033566.jpg
久保     2-1から4球目を打ってサードファウルフライ

6回表
三菱日立パワーシステムズ選手交代
DSC_1629_2017100223121017b.jpg DSC_1630_20171002231230c62.jpg DSC_1631_20171002231234360.jpg
DSC_1632_201710022312342c6.jpg DSC_1633_201710022312348f0.jpg DSC_1634_20171002231239717.jpg
ピッチャー本多に代えて荒川一輝(藤代紫水高校~城西国際大学)

DSC_1670_201710022314409f2.jpg DSC_1671_20171002231447e62.jpg DSC_1672_20171002231448c71.jpg
横川     1-2から5球目を空振り三振
大八木    3-1から5球目を選んでフォアボール
前田     0-2から3球目を見逃し三振
次打者日岡の4球目前にファーストランナー大八木牽制タッチアウト

6回裏
成田     フルカウントから8球目を打ってセンターフライ
久木田    2-2から5球目を打ってファーストフライ
DSC_1854_20171002231619c34.jpg DSC_1855_20171002231628010.jpg DSC_1856_2017100223163085a.jpg
龍      2-2から5球目を打ってライト前ヒット
龍の代走に矢野幸耶(福岡第一高校~北陸大学)
DSC_1871_201710022317537bb.jpg DSC_1872_20171002231755a42.jpg DSC_1874_20171002231752d56.jpg
次打者加治前の2球目にファーストランナー矢野セカンド盗塁成功
加治前    ストレートのフォアボール
DSC_1894_2017100223191368a.jpg DSC_1895_20171002231914fb6.jpg DSC_1896_20171002231919111.jpg
佐々木    1-1から3球目を打って左中間へスリーランホームラン
DSC_1900_20171002232047fb7.jpg DSC_1904_201710022320564df.jpg DSC_1916_2017100223205461f.jpg
三菱日立パワーシステムズ8-3王子
DSC_1950_20171002232335dee.jpg DSC_1951_20171002232345dc4.jpg DSC_1953_20171002232344099.jpg
常道の代打八戸 2-2から5球目を空振り三振

7回表
三菱日立パワーシステムズ選手交代
代走矢野に代えてレフトに五十嵐大典(新潟明訓高校~立教大学)
代打八戸がそのまま入りライト

DSC_1974_20171002232552e37.jpg DSC_1977_201710022326037cc.jpg DSC_1979_20171002232559914.jpg
日岡     3-1から5球目を打ってライトフライ
中尾の代打天願陽介(八重山商工高校~富士大学) 1-0から2球目を打ってライト前ヒット
賀部     1-2から7球目を打ってピッチャーゴロダブルプレイ

7回裏
王子選手交代
代打天願がそのまま入りレフト
ファースト大八木に代えてサード大杉諒暢(八戸学院光星高校~中部学院大学)
サード神鳥がファーストへ
DSC_2074_20171002232847c80.jpg DSC_2075_20171002232841a2f.jpg DSC_2076_20171002232858b6a.jpg
DSC_2077_20171002232853382.jpg DSC_2078_201710022328594aa.jpg DSC_2079_20171002232857945.jpg
ピッチャー中内に代えて近藤均(福知山成美高校~関西大学)

DSC_2044_2017100223325288b.jpg DSC_2045_20171002233244ae3.jpg DSC_2047_2017100223325121d.jpg
平野     2-1から4球目を打ってレフトフライ
DSC_2064_20171002233118fd7.jpg DSC_2065_201710022331202ec.jpg DSC_2066_20171002233116c79.jpg
江越     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ
久保     1-2から4球目を空振り三振

8回表
DSC_2118_201710022330052f0.jpg DSC_2119_20171002233013374.jpg DSC_2120_201710022330149df.jpg
亀山     フルカウントから6球目を打ってショートゴロ
DSC_2182_20171002233648316.jpg DSC_2183_2017100223365575f.jpg DSC_2184_20171002233655b8b.jpg
神鳥     フルカウントから7球目を打ってサード内野安打 ファーストへの悪送球でセカンドへ
DSC_2222_2017100223355386b.jpg DSC_2223_2017100223355762b.jpg DSC_2224_20171002233557eb4.jpg
鴨田     0-2から3球目を空振り三振
DSC_2240_201710022334347a1.jpg DSC_2242_20171002233436924.jpg DSC_2243_201710022334369f2.jpg
横川     0-1から2球目を打ってレフトフライ

王子 000 210 00 3
三菱 140 003 0X 8

本塁打:[MHPS]佐々木 [王子]神鳥
試合時間:2時間30分(中断30分)
※8回表終了後、13:46より約30分間降雨中断、そのままコールドゲームとなりました。



DSC_2248_201710022348236c1.jpg
プレイボール当初から止む事のなかった雨は次第に強さを増し、とうとう試合中断。そして上記の通り、25分間の「経過観察」を経て、残念ながら降雨コールドゲームとなってしまいました。

DSC_2249_20171003004303407.jpg
元よりこの日の天気予報は前日時点で午後から雨。それが大幅に繰り上がって午前中から。第一試合の日本新薬対東邦ガスの試合開始を午前8時にしても、第二試合「完走」はなりませんでした。

試合で目を引いたのは、三菱日立パワーシステムズ・江越海地選手のバッティング。2回裏のタイムリースリーベースヒットは、外野フェンスのラバー部分と金網の境目にダイレクトに当たる打球。もうひと伸びすれば満塁ホームランでした。とにかく思いきりのよいスイング。兄の大賀選手(阪神タイガース)がもうひとつ伸び切れない現状、刺激になるかも知れないなぁ。そこまで考えてないでしょうけど。

後は、慣れないチームなので言及は避けます。

そして両チームとも、今年の社会人野球日本選手権への出場を決めています。三菱日立PSや王子だけでなく、他にも選手権出場を決めているチームがこの大会に出場しています。バックネット裏には某チームから偵察に来られてました。伊勢・松阪大会は10月4日に優勝決定トーナメントを迎えますが、社会人野球日本選手権は、対戦カードこそ決まってないものの、既に始まっています。

2017.10.03 / Top↑
DSC_0001_201709272054402cd.jpg DSC_0002_20170927205451170.jpg
月一回どころの話ではないくらい、ウエスタンリーグ観戦が減ってしまいました。だからと言ってカープを放ったらかしにしてたわけではないんですが、諸般の事情によりこうなってしまった次第であります。

DSC_0003_2017092720550200d.jpg DSC_0005_20170927205503a83.jpg
さて、2017年シーズンのセントラルリーグは「無事」広島東洋カープが優勝を飾りましたが、この日の前日、26日に、ウエスタンリーグでも広島東洋カープがリーグ優勝を飾りました。最後まで競り合ったのはホークスでもタイガースでもなく、中日ドラゴンズ。一時は「どん底」に喘いでいましたが、小笠原道大二軍監督の方針がようやく定着してきたのかな、とも。一軍は知ったこっちゃありませんが。

DSC_0011_2017092720545860a.jpg DSC_0012_20170927205458165.jpg
で、阪神タイガース二軍は、早々に掛布雅之二軍監督の退任が発表されました。色々と、ホントかウソかわからんような記事にはなっていますが、そして裏にどんな事情があるのかまでは推測の域を出ませんが、せっかく良い感じで、経験の少ない選手が一軍で活躍出来るようになったのに、よそ様のことながらもったいない、とは思います。どっかアカンところ、あったんでしょうかね。

DSC_0009_20170927205633095.jpg DSC_0010_2017092720563089b.jpg
さらには今岡真訪二軍打撃兼野手総合コーチまでもが退団、と言う話もあり、二軍スタッフが今更ながら「超変革」を求められているような雰囲気。今後の組閣がどうなるかは分かりませんが、「総合コーチ」と言う肩書きである以上、次期監督候補、ではなかったのかなぁ。これまたもったいない話。

DSC_0016_20170927211035b68.jpg DSC_0049_201709272110313bd.jpg
とまぁマイナス要素ばかり並んではいますが、それとは関係なくこの試合では、阪神タイガース・狩野恵輔、安藤優也が公式戦最後の出場。開門前に月刊タイガースの中の人と立ち話をさせていただきましたが、安藤優也はバッターひとりの登板、狩野恵輔がキャッチャー、とかなんとか。

DSC_0089_20170927211037a41.jpg DSC_0094_20170927211033bd5.jpg
そしてカープでは、現役引退を表明した江草仁貴が登板、とか。これもまたカープファン、タイガースファン双方から「ねぎらい」もあろうかと。いずれにしろ、試合の勝敗とは関係ない所で盛り沢山になる事は必至、かと思われます。そして、カープ・水本勝己二軍監督の胴上げはいつ行われるのか。

DSC_0087_20170927211310056.jpg
乞うご期待。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(右)天谷宗一郎
2(遊)梵英心
3(左)堂林翔太
4(指)ブラッド・エルドレッド
5(三)美間優槻
6(中)高橋大樹
7(二)木村聡司
8(捕)船越涼太
9(一)青木陸
DSC_0446_20170927213513447.jpg DSC_0448_201709272135177f2.jpg DSC_0449_201709272135077f5.jpg
DSC_0450_20170927213526785.jpg DSC_0452_201709272135198cc.jpg DSC_0453_20170927213524d19.jpg
投:塹江敦哉

△まずカープのスターティングラインアップでどよめきが起こったのが「ショート・梵英心」。なーんと、今シーズン初のショートストップでのスタメン。一軍では2014年のクライマックスシリーズ・セ ファーストステージ以降、ショートの位置には立ってません。深い意味があるのかないのか。

後攻:阪神タイガース
1(遊)北条史也
2(右)エリック・キャンベル
3(左)陽川尚将
4(指)狩野恵輔
5(一)ジェイソン・ロジャース
6(三)今成亮太
7(中)板山祐太郎
8(捕)小宮山慎二
9(二)荒木郁也
DSC_0568_20170927213643e98.jpg DSC_0570_20170927213651c50.jpg DSC_0571_201709272137000da.jpg
DSC_0572_201709272137034da.jpg DSC_0573_20170927213704d3d.jpg DSC_0574_2017092721365933c.jpg
投:ランディ・メッセンジャー

△タイガースの先発は、右脚腓骨の骨折からの復帰を目指すランディ・メッセンジャー。ファイターズからルイス・メンドーサを獲得したタイガースではありますが、彼がクライマックスシリーズに間に合うとなると驚異になるのは確か。そして注目の狩野恵輔は4番・指名打者。

審判員
DSC_0200_2017092721313377c.jpg DSC_0205_20170927213132222.jpg
球審:梅木 一塁:松本 三塁:今岡

打撃成績
1回表
天谷     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
次打者梵の2球目にファーストランナー天谷セカンド盗塁失敗
DSC_0333_20170927213255787.jpg DSC_0336_20170927213303a70.jpg DSC_0339_201709272133040d6.jpg
梵      フルカウントから11球目を選んでフォアボール
DSC_0379_2017092801534934d.jpg DSC_0380_20170928015356bca.jpg DSC_0381_20170928015356373.jpg
堂林     1-2から球目を打ってライトフライ
次打者エルドレッドの2球目にファーストランナー梵セカンド盗塁成功
DSC_0401_20170928015507044.jpg DSC_0424_2017092801551203f.jpg DSC_0438_20170928015513b7c.jpg
エルドレッド フルカウントから6球目を選んでフォアボール
美間     初球を打ってライトフライ

1回裏
北条     1-2から4球目を打ってピッチャーゴロ
キャンベル  2-2から6球目を見逃し三振
陽川     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ

2回表
高橋大    2-2から8球目を空振り三振
木村     2-1から4球目を打ってファーストゴロ
船越     初球を打ってショートゴロ

2回裏
DSC_0706_20170927214011a5d.jpg DSC_0707_20170927214018365.jpg DSC_0708_201709272140174f7.jpg
狩野     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
ロジャース  1-0から2球目を打ってセンターフライ
今成     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
板山     初球を打ってセカンドゴロ

3回表
阪神タイガース選手交代
DSC_0775_201709272141327c2.jpg DSC_0776_20170927214132d37.jpg DSC_0777_20170927214143588.jpg
DSC_0778_20170927214148e6b.jpg DSC_0779_20170927214145b11.jpg DSC_0780_201709272141450f6.jpg
ピッチャーメッセンジャーに代えて望月

青木     1-0から2球目を打ってショートフライ
天谷     2-2から5球目を打ってショートゴロ
梵      2-1から4球目を打ってライトフライ

3回裏
広島東洋カープ選手交代
ライト天谷に代えて下水流昂

DSC_0901_201709272143015d4.jpg DSC_0902_201709272143034d5.jpg DSC_0904_20170927214305b0c.jpg
小宮山    フルカウントから7球目を打ってレフトへツーベースヒット
荒木     初球を打ってセカンドゴロ セカンドランナー小宮山はサードへ
DSC_0928_2017092721440760b.jpg DSC_0929_20170927214408463.jpg DSC_0932_20170927214412828.jpg
北條     1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
DSC_0933_20170927214646932.jpg DSC_0935_20170927214639ebf.jpg DSC_0941_20170927214648600.jpg
タイガース1-0カープ
キャンベル  1-0から2球目を打ってショートゴロダブルプレイ

4回表
DSC_0977_201709272151263f0.jpg DSC_0978_20170927215127291.jpg DSC_0980_201709272151290a2.jpg
堂林     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
エルドレッド 0-2から3球目を空振り三振
DSC_1089_20170927215248ca1.jpg DSC_1091_20170927215251653.jpg DSC_1092_20170927215257a58.jpg
美間     2-2から7球目を打ってレフトスタンドへ第9号ツーランホームラン
DSC_1095_20170927215402fd0.jpg DSC_1102_201709272154043b2.jpg DSC_1104_20170927215407343.jpg
タイガース1-2カープ
高橋大    1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
木村     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ

4回裏
陽川     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_1208_201709272155270b6.jpg DSC_1209_2017092721553334d.jpg DSC_1210_20170927215536137.jpg
狩野     1-2から5球目を空振り三振
ロジャース  1-1から3球目を打ってライトフライ
今成     2-2から5球目を見逃し三振

5回表
船越     3-1から5球目を選んでフォアボール
青木     1-1から3球目を打ってセカンドゴロセカンドフォースアウト
下水流    0-2から4球目を打ってセンターフライ
DSC_1382_201709280150305ea.jpg DSC_1387_20170928015032bca.jpg DSC_1392_20170928015033e38.jpg
梵      2-2から5球目を見逃し三振

5回裏
広島東洋カープ選手交代

ショート梵に代えて桒原樹

板山     1-0から2球目を打ってセンターフライ
小宮山    3-1から5球目を打ってピッチャーゴロ
荒木     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
北條     1-2から6球目を打ってセンター前ヒット
キャンベル  ストレートのフォアボール
DSC_1625_20170927215731ac0.jpg DSC_1626_20170927215727ae9.jpg DSC_1627_2017092721573326a.jpg
陽川     初球を打ってレフト前2点タイムリーヒット
タイガース3-2カープ
DSC_1659_201709272158505f8.jpg DSC_1660_201709272158536bb.jpg DSC_1661_2017092721584888a.jpg
狩野     2-0から3球目を打ってセカンドフライ

6回表
阪神タイガース選手交代

DSC_2389_2017092722184212f.jpg DSC_2390_201709272218483cc.jpg DSC_2391_2017092722185485c.jpg
DSC_2392_20170927221855687.jpg DSC_2393_20170927221854ee7.jpg DSC_2394_201709272218434dd.jpg
ピッチャー望月に代えて松田

堂林     フルカウントから6球目を打ってサードゴロ
DSC_1719_201709272201395e7.jpg DSC_1720_20170927220139f48.jpg DSC_1722_20170927220135ae2.jpg
エル     1-2から4球目を打ってショートライナー
美間     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_1782_201709272202404c8.jpg DSC_1783_20170927220248d61.jpg DSC_1784_201709272202474ed.jpg
高橋大    1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_1848_201709272203590bd.jpg DSC_1850_201709272204013f9.jpg DSC_1851_20170927220400676.jpg
木村     2-2から5球目を打ってサードフライ

DSC_1858_20170927220713d90.jpg DSC_1859_201709272207100b2.jpg DSC_1862_2017092722071477f.jpg
6回裏開始前の塹江敦哉のピッチング練習の相手に出てきたのは、誰あろう上本崇司。しかしやっぱり無理っぽかったのか、船越涼太の準備が出来ると、逃げるようにベンチに戻って行きました。

6回裏
ロジャース  1-1から3球目を打ってショートゴロ
今成     1-2から5球目を打ってレフト前ヒット
板山     0-1から2球目を打ってレフトフライ
DSC_1923_20170927220906e12.jpg DSC_1924_2017092722091317d.jpg DSC_1925_20170927220907f26.jpg
小宮山    1-0から2球目を打ってショートゴロ

7回表
船越の代打中村亘佑 0-2から4球目を見逃し三振
DSC_1984_201709272210221c7.jpg DSC_1985_2017092722102662a.jpg DSC_1986_20170927221027cb4.jpg
青木      1-2から4球目を打ってライト前ヒット
DSC_2094_20170927221148d60.jpg DSC_2096_20170927221151288.jpg DSC_2098_20170927221152add.jpg
下水流    フルカウントから9球目を打ってショートフライ
桒原     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
DSC_2171_2017092722131148b.jpg DSC_2172_201709272213119dc.jpg DSC_2175_20170927221310d1f.jpg
堂林     1-1から3球目を打ってライトフライ

7回裏
広島東洋カープ選手交代

DSC_2232_201709272214377df.jpg DSC_2233_20170927221449810.jpg DSC_2234_201709272214583f5.jpg
DSC_2235_2017092722145879f.jpg DSC_2236.jpg DSC_2237_20170927221458641.jpg
ピッチャー塹江に代えて中村恭平
代打中村亘がそのまま入りキャッチャー

荒木     1-0から2球目を打ってセンターフライ
北條     2-2から5球目を打ってレフトへツーベースヒット
DSC_2286_20170927221649314.jpg DSC_2288_20170927221657cd1.jpg DSC_2290_20170927221655343.jpg
キャンベル  1-0から2球目を打ってレフトフライ
陽川     1-2から4球目を打ってライトフライ

8回表
DSC_2397_20170927222038b2f.jpg DSC_2398_2017092722203233b.jpg DSC_2399_2017092722203679f.jpg
エルドレッドの代打ペーニャ 0-1から2球目を打ってショートライナー
DSC_2421_20170927222153a1a.jpg DSC_2422_20170927222159ecd.jpg DSC_2423_201709272222000fb.jpg
美間     1-0から2球目を打ってレフトへ第10号ソロホームラン
DSC_2433_201709272223330cc.jpg DSC_2436_20170927222333dab.jpg DSC_2438_2017092722232657e.jpg
タイガース3-3カープ
DSC_2442_2017092722250094d.jpg DSC_2443_20170927222524a9a.jpg DSC_2445_201709272225281c8.jpg
高橋大    1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_2447_201709272225289c5.jpg DSC_2448_201709272225252d9.jpg DSC_2449_20170927222520ba0.jpg
木村 初球を打ってライトへツーベースヒット
DSC_2501_2017092722274786a.jpg DSC_2502_201709272227490a5.jpg DSC_2503_201709272227503cd.jpg
中村亘    1-2から4球目を打ってライトへ犠牲フライ
DSC_2505_201709272229437cc.jpg DSC_2506_20170927222942742.jpg DSC_2511_20170927222940f53.jpg
タイガース3-4カープ
青木     2-2から5球目を打ってファーストゴロ

8回裏
広島東洋カープ選手交代

DSC_2570_201709272231124f7.jpg DSC_2571_20170927223117330.jpg DSC_2572_20170927223118eb4.jpg
DSC_2573_201709272231251ec.jpg DSC_2574_20170927223127bf2.jpg DSC_2575_2017092722312496f.jpg
ピッチャー中村恭に代えて江草仁貴

 
DSC_2618_201709272232292eb.jpg DSC_2619_201709272232262ec.jpg DSC_2620_2017092722323373d.jpg
狩野     1-2から4球目を打ってレフトへツーベースヒット

DSC_2621_201709272240172aa.jpg DSC_2623_201709272240272fa.jpg DSC_2624_20170927224021799.jpg
DSC_2625_201709272240161b7.jpg DSC_2626_20170927224026be5.jpg DSC_2629_20170927224028952.jpg
身を退く者同士の「最後の真剣勝負」は狩野恵輔の勝ち。江草仁貴の方は試合前に「三振を」と語っていたそうですが、そして狩野恵輔はセカンドベースを踏んだ後、自ら歩み寄り、江草仁貴と握手、そして抱擁。互いの「絶頂期」を知っている間柄。思うところは多々あるんでしょうね。

DSC_2631.jpg DSC_2632_20170927224737a3e.jpg DSC_2633_201709272247320a3.jpg
狩野恵輔を別れ、来る日も来る日も投げ続けた甲子園球場のマウンドを降りる江草仁貴。その胸に去来するものは何か。そして堪えきれなくなったのか、佐々岡コーチの顔を見た途端、崩壊。

DSC_2634_20170927224740927.jpg DSC_2639_20170927224739893.jpg DSC_2642_201709272247408c5.jpg
DSC_2645_20170927224732932.jpg DSC_2647_201709272247485c1.jpg DSC_2649_20170927224750ec0.jpg
そして迎え入れる水本勝己二軍監督。球場全体から大声援が送られる中、タイガースガールのお姉さんから花束を受け取り、天谷宗一郎と握手、そして抱擁。もうこれで見ることはないんだなぁ。

広島東洋カープ選手交代
DSC_2666_20170927225509031.jpg DSC_2667_20170927225515333.jpg DSC_2668_20170927225510521.jpg
DSC_2669_20170927225515f28.jpg DSC_2670_20170927225513730.jpg DSC_2671_201709272255110d1.jpg
ピッチャー江草に代えてブレイディン・ヘーゲンズ

ロジャース  1-2から4球目を打ってファーストゴロ
今成     ストレートのフォアボール
DSC_2767_20170927225659077.jpg DSC_2768_201709272257006ae.jpg DSC_2769_201709272257043c9.jpg
板山     3-1から5球目を打ってファーストゴロ サードランナー狩野挟殺タッチアウト
DSC_2798_20170927225813461.jpg DSC_2799_20170927225815fda.jpg DSC_2801_20170927225814c84.jpg
小宮山    2-0から3球目を打ってレフト前タイムリーヒット
DSC_2802_20170927225922a32.jpg DSC_2803_20170927225920ac6.jpg DSC_2804_201709272259245ae.jpg
タイガース4-4カープ
荒木     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ

9回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー松田に代えて伊藤和雄

下水流    0-1から2球目を打ってセンターフライ
桒原     2-2から7球目を見逃し三振

DSC_2883_20170927230250ffa.jpg DSC_2885_20170927230253cef.jpg DSC_2886_20170927230254d1e.jpg
伊藤和雄が2死を取ったところで、掛布雅之監督が球審梅木に選手交代を告げ、ボールを受け取る。

阪神タイガース選手交代
DSC_2887_2017092723042829b.jpg DSC_2888_20170927230436e12.jpg DSC_2891_2017092723043846b.jpg
指名打者狩野がそのままキャッチャー
DSC_2920_20170927230540170.jpg DSC_2921_20170927230556f53.jpg DSC_2923_2017092723060750f.jpg
DSC_2924_201709272305594fc.jpg DSC_2925_2017092723060239a.jpg DSC_2926_20170927230605ca6.jpg
キャッチャー小宮山に代えて8番にピッチャー安藤優也


堂林     1-2から4球目を空振り三振

DSC_2943_20170927230952243.jpg DSC_2945_20170927230938cd4.jpg DSC_2947_20170927230951b8e.jpg
DSC_2955_20170927231000470.jpg DSC_2960_20170927230950612.jpg DSC_2963_2017092723095814d.jpg
予定通りの1/3イニングの登板を終え、グラウンドを去る安藤優也と狩野恵輔のバッテリー。安藤優也の「引退セレモニー」は10月6日、対ドラゴンズ戦に予定されています。

9回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャーヘーゲンズに代えて飯田哲矢

DSC_3003_201709272313573d8.jpg DSC_3004_20170927231402fe6.jpg DSC_3005_20170927231400507.jpg
北條     2-2から6球目を空振り三振
DSC_3036_2017092723123475e.jpg DSC_3037_20170927231246fb4.jpg DSC_3040_20170927231246c7f.jpg
キャンベル  1-2から5球目を空振り三振
陽川     ストレートのフォアボール

DSC_3064_20170927231919e5e.jpg DSC_3066_20170927231936276.jpg DSC_3067_201709272319355e4.jpg
DSC_3070_201709272319379b4.jpg DSC_3075_20170927231914f11.jpg DSC_3077_20170927231938100.jpg
言ってしまえばもうこれは、試合の結果はどうあれ「最後は狩野恵輔で締めてもらおう」と言う、水本勝己監督の「計らい」。ただ、敬遠のフォアボールだと、次のバッターの初球が要注意、と言う事なのか、それともまた別の意味合いがあったのか、佐々岡真司投手コーチがマウンドへ。

DSC_3108_20170927232109157.jpg DSC_3109_201709272321225cd.jpg DSC_3110_2017092723213119a.jpg
DSC_3111_20170927232126f83.jpg DSC_3112_20170927232130b82.jpg DSC_3113_201709272321301f6.jpg
狩野     2-1から4球目を打ってセンターフライ

阪神甲子園球場 第29回戦 阪神9勝16敗4分
鯉さんチーム 000 200 020  4
虎さんチーム 001 020 010  4

本塁打:[広島]美間優槻9号(4回表 2ラン 望月惇志から) 10号(8回表 ソロ 松田遼馬から)l
試合時間:3時間9分
観衆:6805人

投手成績
広島東洋カープ
塹 江  6  回 26人 96球 5被安打 4与四死球 3奪三振 3失点 3自責点
恭 平  1  回  4人 13球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
江 草  0  回  1人  4球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
平 原  1  回  5人 19球 1被安打 1与四死球 0奪三振 1失点 1自責点
飯 田  1  回  4人 19球 0被安打 1与四死球 2奪三振 0失点 0自責点

阪神タイガース
メッセ    2  回  8人 37球 1被安打 2与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
望 月   3  回 12人 55球 2被安打 1与四死球 2奪三振 2失点 2自責点
松 田   3  回 16人 68球 5被安打 2与四死球 1奪三振 2失点 2自責点
伊藤和  0.2回  2人  9球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
安 藤   0.1回  1人  4球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点




そして、試合終了後のベンチ前でのハイタッチも終え、場内アナウンスに促されるようにカープナインがマウンド上に集合。この後、狩野恵輔の引退セレモニーもあるはずなのに、この場(しかもマウンド上)を提供してくれたタイガース球団に感謝いたします。ありがとうございます。

DSC_3128_20170928021639484.jpg DSC_3133.jpg
DSC_3139_20170928021907eaf.jpg
水本勝己監督(公称102kg)の胴上げ。優勝と言う事実を考えれば、ウエスタンリーグが前期後期制をとっていた2003年前期以来(ただしこの年は総合優勝を逃しました)16年ぶり、フルシーズンを考えれば1991年以来26年ぶり。どちらを優先するかは個人に裁量かと思いますが、とにかく・・・・
広島東洋カープ、ウエスタンリーグ優勝!

DSC_3154_20170928022122c59.jpg
さらには江草仁貴の胴上げ開始。この後、動画にもあるように、タイガースナインからの胴上げもありましたが、残念ながらここで「バッテリー切れと言う名のバッテリーミス」。

DSC_3175_20170928022421531.jpg 
DSC_3197_2017092802250469b.jpg DSC_3182_20170928022512556.jpg
カープナインの輪が解けた後は、狩野恵輔の引退セレモニー。それを見守るタイガースナインの輪の中には、残念ながら捉えきれてませんが、脳腫瘍からの復帰を目指す横田慎太郎の姿もありました。


2009年には127試合に出場。この当時まだ26歳。翌年にシアトルから釣り人が移籍はしてきましたが、この先10年、15年はタイガースのキャッチャーは安泰だろうな、とは思ってました。しかしそこに降りかかった椎間板ヘルニア。どっちが彼の運命を左右したかは分かりませんが、34歳での引退はあまりにも早すぎる。しかしながら、引退発表記者会見では涙にくれてはいましたが、むセレモニーではむしろ明るく去っていこうとする彼の姿を見て「これでいいんだ」とも思いました。

DSC_3198_20170928023505166.jpg 
DSC_3202_20170928023547e54.jpg DSC_3203_20170928023602cbd.jpg
DSC_3205_20170928023603a0b.jpg DSC_3206.jpg
セレモニーのラストは花束贈呈。タイガースからは、これまたユニフォームを脱ぐ掛布雅之監督。そしてカープからは江草仁貴。何とも言えぬ良い笑顔でした。

DSC_3207_2017092802394078e.jpg DSC_3208_20170928023943ef8.jpg
DSC_3210_20170928023949f36.jpg DSC_3215_2017092802394801d.jpg
最後は狩野恵輔の「宝」でもあろう、5人のお子さんも登場(奥様は登場せず)。この子らを養うためにもこの先、良きパパとして、人生を歩んでいただきたい、と思います。

DSC_3229_2017092802413912a.jpg DSC_3235_2017092802413712b.jpg
DSC_3241_20170928024228e8e.jpg
フィナーレ。胴上げ慣れしてないのか慎重なのか、あまり上がらず・・・。

DSC_0089_20170928024552321.jpg
そして水本勝己監督、ウエスタンリーグ優勝おめでとうございます。1989年、松下電器(現:パナソニック)野球部からドラフト外でカープ入団、現役こそ2シーズンで終わりましたが、それ以降一度もユニフォームを脱ぐことなく、ブルペンキャッチャーからとうとう二軍監督、そして胴上げ。これはもう「人徳」以外の何者でもないと思います。もしかしたらカープ球団は、選手の実力云々よりも、周囲に気配り出来る、などの指導者的要素を見抜いていたのかも、とすら思います。

DSC_0021_20170928025408dd7.jpg DSC_0072_2017092802541624a.jpg
水本勝己監督の試合前の様子を見ていると、カープの選手だけでなく、対戦チームの選手にも気兼ねなく声をかける場面も見られます。それどころか選手の方から挨拶に行くシーンも多々見受けられます。やはり上に立つ人ってのは、過去の実績だけでは計り知れないものがあると思います。

DSC_3174_20170928030149483.jpg
チームの勝利、そして選手の育成、そして出場選手登録を抹消された選手の再調整、一軍以上に二軍では為さなければいかん事がたくさんあると思います。ご苦労もあるとは思いますが、これから先も「若い衆」の事をよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました!

DSC_3268_20170928101457ac6.jpg DSC_3269_20170928101453b04.jpg
そして私の、2017年度のプロ野球公式戦観戦は全て終了です。また来年も、これからのプロ野球を支えるであろう選手の活躍を、出来る限り見届けたいと思います。またどこかでお逢いしましょう。


2017.09.28 / Top↑
9月13日と18日に、第43回社会人野球日本選手権中国地区最終予選の観戦の為に、山口県周南市にある「周南市野球場(津田恒実メモリアルスタジアム)」に行ってきました。

※今回はプロ野球の観戦ではなく、またネーミングライツでもないので、以下本文中では極力「周南市野球場」と記します。また行程は13日、18日とも全く同じなので、画像は混在しています。


社会人野球の公式戦は、たいがいの場合1日3試合、第一試合開始予定時刻は09:00です。しかしながら効率よく試合を進行させる為、両チームならびにグラウンドの準備が出来次第「はい行きましょう」と言うのは日常茶飯事。なので私は「試合開始予定時刻1時間前到着」を旨としとります。

DSC_2520_20170920214748245.jpg DSC_2521_20170920214754476.jpg
なので、こんな時間に地下鉄御堂筋線なかもず駅。南海電車はまだ走ってません。自宅からチャリンコ。今年になってコインパーキングを近くに見つけまして。頻繁に利用しております。ありがたや。

DSC_2522_20170920214918313.jpg DSC_2523_20170920214915331.jpg
地下鉄新大阪駅到着は05:45。水曜日なので比較的人も少なめ。

DSC_2525_201709202149310c7.jpg DSC_2526_2017092021492975a.jpg
DSC_2527_20170920214931e58.jpg DSC_2529_20170920214927fba.jpg
もし時間に余裕があるなら、最近新設整備された「北口」をおすすめします。案内板通りに進んでいくと「デイリーヤマザキ」があります。早朝でも大混雑するマクドナルドや、改札内コンコースで買い物をするよりこちらの方がよい、かと思われます。こちらの方が新幹線改札には近いかも。

DSC_2530_20170920215336282.jpg DSC_2531_20170920215340c11.jpg
おはようございます山陽新幹線新大阪駅。とは言うものの、新幹線新大阪駅はJR東海さんの管理。なので分かりにくいですが、新大阪駅には「駅長室」が二箇所あります。

DSC_2532_20170920220247757.jpg DSC_2533_201709202202550d0.jpg
DSC_2534_20170920215345d2d.jpg DSC_2535_20170920215345f0d.jpg
今年5回目くらいになります。鹿児島中央行「みずほ601号」。

DSC_2539_20170920215946ecc.jpg DSC_2540_201709202159498b7.jpg
1時間25分後、広島駅到着。ここで途中、三原駅通過の際に追い抜いた「こだま723号(500系/博多行)」に乗り換えます。2列シートに交換されているので至極快適に過ごせます。」

DSC_0002_201709202210264b7.jpg
徳山駅到着約3分前、進行方向右側にほんの僅かではありますが、野球場が見えます。

DSC_2544_2017092022065268f.jpg DSC_2546_20170920220702f32.jpg
DSC_0004_20170920220708a16.jpg DSC_0006_201709202207075bc.jpg
途中新岩国駅で通過待ちをする事もなく、08:05徳山駅到着。

DSC_0003_20170920221355f0b.jpg
港の見える新幹線ホームもここだけ、でしょうか。

DSC_2549_20170920221535b0e.jpg DSC_0007_2017092022153872e.jpg
駅施設自体は既にすべて「橋上化」されており、駅北側「みゆき口」と南側「みなと口」は、長い長いコンコースと、南北自由通路で結ばれています、が、駅の造りはわりと素っ気ないもの。在来線改札は有人改札。このコンコース、また新幹線改札内にセブンイレブン等があります。

DSC_2551_20170920221711b43.jpg DSC_2553_201709202217188e5.jpg
徳山駅。幾度か通過はしとりますが、実際に駅前に出るのは12年ぶり。北口にあたる「みゆき口」にあった、昔ながらの「徳山駅ビル」は現在「徳山駅賑わい交流施設整備事業」に基づき、周南市立徳山駅前図書館の入る駅ビルに大改装中。共用開始は今年度中、との事。

DSC_2554_2017092022260788f.jpg
ここからはタクシーを利用します。だいたい10分程度。料金は1200円程度。また駅前バス乗り場から、防長バス「緑が丘循環」に乗車して「緑が丘運動公園」下車(運賃は230円、18日の帰りに使用しました)。ただしバスは休日は減便されます。時刻は勝手に調べてください(笑)。

DSC_2555_201709202230112d8.jpg DSC_2557_201709202230115db.jpg
周南市野球場到着。ちなみに13日は一枚目の画層の所まで、18日は堂々「球場正面」まで入ってもらえました。偉くなったもんです。

DSC_2556_20170921000216eb9.jpg
黄色い建物が目立ちますが、これは三塁側内野入口。一塁側にも同じ建物があるようです。

DSC_2558_20170920224423e61.jpg
到着してまず何が見られるって「三塁側ブルペン」。ピッチャーが手前、キャッチャーが奥、つまりはグラウンド側と言う、よその球場ではなかなか見られない造りになっています。

DSC_2559_20170920224534270.jpg
球場正面。海をイメージした大胆なイラストが施されています。

DSC_2560_201709202245403b4.jpg
正面の関係者入り口。敢えて言うなら、ここだけが「津田恒実メモリアルスタジアム、っぽい」かな。協和発酵野球部もなくなっちし、アマチュア野球にはあまり関係ない、とは思いますけどね。

DSC_2561_20170920225155c17.jpg
試合開始予定時刻まで時間がありません(真偽の程は不明)。入ってみます。正面から三塁寄りが入り口。スタンドまでは階段になっています。撮影している場所に喫煙コーナーがあります。トイレはこの左手。男女別になっており(当たり前か)、多目的トイレもあります。

DSC_2563_20170920225202de9.jpg
毎度おなじみ定番のバックネット裏より。内野は全面土、外野は天然芝です。13日は、雨上がりだったせいか、土と芝の良い香りがしました。

DSC_2570_20170920233432a24.jpg DSC_2571_20170920233427428.jpg
両翼は100メートル、センター122メートル。

DSC_2572_20170920225713f0b.jpg DSC_0077_20170920225719881.jpg
内野スタンド。両ベンチ上付近までは、独立したシートになっています。背もたれはありません。

DSC_2569_20170920230216f75.jpg DSC_0051_20170920230223c9c.jpg
DSC_2023_20170920230349147.jpg
ベンチ上から以降、ポール際まではベンチシート。開放はされていましたが一般のお客さんの姿はなし。その代わり、選手の応援幟と、応援団旗が飾ってました。プロ野球開催で騒げるとしたらここかな。

DSC_2573_201709202312557b1.jpg
外野は芝生席。内外野あわせて約15000人収容、とか。

DSC_2574_2017092023211852c.jpg 
DSC_5869_201709202322143e9.jpg DSC_5870_20170920232220759.jpg
照明塔は内外野合計6基。若干弱いかな、と思ってましたが、そんなことねーよ、と言わんばかりに13日の試合は薄暮からナイトゲームに突入。何の問題もありませんでした。

DSC_2234_201709202349133a2.jpg DSC_2300_201709202349182db.jpg
DSC_4677_20170920235056410.jpg
スコアボードは山口県内初のフルカラーLED方式。映像も表示できるとか。


DSC_2562_2017092023552817e.jpg
初めて訪れる球場なのに、ゆっくり見て回ることもせず、大慌てで試合だけ見て帰ってきたような状態ですが、自宅からも3時間ちょっとあれば行けると言う近さ(この感覚が狂ってます)もあるので、また機会があれば行ってみたい球場です。来年の第89回都市対抗野球大会中国地区予選の会場はここ。大幅なダイヤ改正がなければまた「みずほ601+こだま723」で出かけます。

2017.09.21 / Top↑