まだ4月なのに、早くも今年3度目の四国上陸となりました。もうここまで来たら「誰かに呼ばれている」としか言い様がありません。しかも今回は、大阪湾を挟んで対岸どころか愛媛県・松山。

で、松山中央公園野球場、通称「坊っちゃんスタジアム」なんですが、過去に一度だけ、プロ野球公式戦観戦の為に立ち寄った事がありますが、その時の野球観戦はあくまで「ついでに」。今回は我が家から、ただひたすら坊っちゃんスタジアム だ け を目指した「野球旅」と相成りました。


観に行ったのが「水曜日」ともなるとコレは外せません。

DSC_0001_20170414034947ffa.jpg DSC_0003_20170414034933287.jpg
DSC_0006_20170414034946e9a.jpg DSC_0007_20170414034951196.jpg
いきなりですが新大阪駅。自宅からここまでは心底「撮るものも撮りあえず」のプチダッシュの繰り返し。発車15分前に「さくら541号」と、岡山駅で乗り換える在来線特急「しおかぜ1号」の指定席を確保。さすがに週半ばともなると空席が目立ちます。新大阪駅構内も比較的穏やかです。

DSC_0008_20170414035055ea9.jpg DSC_0012_20170414035052725.jpg
DSC_0013_2017041403505700b.jpg DSC_0015_2017041403510068e.jpg
50分で岡山駅到着。ここで松山行特急「しおかぜ1号」に乗り換えインターバル8分。在来線特急に、始発駅から終着駅まで乗車するのはいつ以来か、覚えてないくらい久しぶり、でございます。

DSC_0016_201704140352089a6.jpg DSC_0018_201704140352085dd.jpg
DSC_0019_201704140352071fe.jpg DSC_0020_20170414035203bae.jpg
07:54、宇多津駅到着。ここで、高松駅から来る特急「いちづち1号(3両編成)」を連結し、堂々の8両編成で松山駅へ向かいます。そう言えば、在来線特急の分割併合作業ってのも、なかなかお目にかかれなくなりました。ゆえに「やわやわ」て言葉も、あまり耳にしなくなりました。

DSC_0039_201704140354580c2.jpg DSC_0037_20170414035510e13.jpg
DSC_0033_20170414035512985.jpg DSC_0036_20170414035512826.jpg
10:05、松山駅到着。駅名表示板には、愛媛マンダリンパイレーツのマスコット「 マッピー」が描かれています。1番線ホームに到着した「しおかせ・いちづち1号」の宇和島寄りには、乗り換えの特急「宇和海1号」が入線。こういう形で特急の乗り換えをする駅ってのも今となっては珍しいです。

DSC_0043_20170414040150b6b.jpg DSC_0042_2017041404015635a.jpg
松山駅の西側に広がる「JR四国松山運転所」。駅ホームから運転所が見える駅も少なくなりました。松山駅周辺は高架化工事が進捗中で、いずれ松山運転所も、北伊予~伊予横田間に移転お予定だそうです。停車中の電車は、「SETOUCHI STREAM EXPRESS」8600系特急用電車。

DSC_0041_20170414041013e47.jpg
松山駅から先は、伊予市駅まで電化されていますが、乗車する列車はディーゼルカー。伊予大洲行普通列車は、国鉄最終年度の予算で誕生した、キハ54のワンマンカー。

DSC_0048_2017041404134841d.jpg 
DSC_0044_201704140414426ff.jpg DSC_0046_201704140414496a0.jpg
目指す坊っちゃんスタジアムは、次の駅「市坪駅」で下車。所要時間は4分。駅は短いホームが向かい合わせにあるだけ。しかしながら、プロ野球開催時のい臨時列車運転の折り返しに使うためか、伊予市方に引込線が用意されています。また多客時には特急列車の臨時停車もあります。

DSC_0050_20170414041812804.jpg
振り返れば、そこはもう「坊っちゃんスタジアム」。駅徒歩1分、どころの話ではありません。

DSC_0064_20170414041938464.jpg
ただ、あまりにもでかいので、スタジアムを見て回るのは「無理」でした。さすが、四国4県最初の3万人収容のスタジアム。過去にはここでオールスターゲームも行われました。

DSC_0055_20170414042058884.jpg DSC_0056_201704140421063fe.jpg
さすがに球場周辺は広く取られており、こうやってウォーミングアップをするにも最適。

DSC_0058_20170414042422630.jpg DSC_0059_20170414042414b9a.jpg
東京ヤクルトスワローズの秋季キャンプ地としても知られており、周辺には記念碑等も。ここでの最大の出来事と言えばやはり、古田敦也の2000本安打達成、でしょう。

DSC_0063_20170415025617847.jpg DSC_0062_201704150256080a4.jpg
表題の「の・ぼーる」についての石碑。命名したと言われる正岡子規の幼名にちなんだものではありますが、よくよく考えれば「アンパン」みたいな感じでやや違和感も感じます。ただ、歴史のある言葉に変わりはありません。そこに、夏目漱石の「坊っちゃん」を絡めた命名。なかなか粋な」もんだとは思います。

DSC_0057_2017041502591519e.jpg DSC_0065_2017041502591176a.jpg
「開場」は11:00。待つ人も少なく(お察しください)、ちょっと寂しい開場ではありますが、この先には、日本選手権出場権をかけた熱い戦いが待っています。

DSC_0067_20170415030302c1b.jpg
さすがに、収容人員3万人規模のスタジアムには圧倒されます。通常なら試合開始までに、色んな所を見て回るのが常ですが、それどころではありませんでした。もっとも、毎年のようにプロ野球公式戦が行われているので、改めてアレコレ言うのも野暮、ってもんだとは思います。

内野はクレー舗装(つまりは土)、ファウルゾーンは人工芝、外野は天然芝です。

DSC_0068_20170415030536409.jpg DSC_0069_20170415030543b87.jpg
2005年の公式戦観客動員数の実数発表か実施されて以降、30000万人を動員した試合はないようです。最高はどうやら、2002年のオールスターゲーム(27063人 オールスターゲームは実数発表)のようですが、そんなスタジアムをもっと活用する手段はないものかなぁ、などと。

DSC_0075_20170415031822577.jpg
今回は「勢い余って」来てしまったようなもんです。そして前回の訪問も「ついでだから:」ってんで観に行ったようなもんなので、あまり落ち着いてスタジアムを見て回ってません。四国アイランドリーグ等も行われているので、また一度「腰を据えて」観戦に来たいスタジアム、ではあります。

以上!


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.15 / Top↑
突然ではありますが、第46回JABA四国大会の優勝決定戦を観戦に行って来ました。

本来は10日の月曜日、準決勝2試合の後に行われる予定でしたが、雨天で優勝決定戦のみ、まずは11日16:00試合開始に順延されましたが、これも又雨天によりさらに順延となった次第。

当初はこの日、倉敷マスカットスタジアムで、三菱重工広島対三菱重工神戸・高砂のオープン戦を観戦する予定だったんですが、優勝決定戦が「水曜日」まで順延になった事、さらには伯和ビクトリーズが優勝決定戦に進出した、と言う事で、急遽前日になって予定を大幅に変更、と相成りました。

DSC_0139_20170413005144fa9.jpg
でもって、東広島市・伯和ビクトリーズ。

DSC_0113_20170413005702f1a.jpg DSC_0119_201704130056551bb.jpg
DSC_0125_2017041300565785c.jpg DSC_0126_20170413005637090.jpg
予選リーグ3試合と準決勝戦を、圧倒的な攻撃力で制してきました。初戦の対東芝戦。ここを凌げば波に乗れる、とは考えていたんですが、7対2と予想以上の圧勝。続く対アークバリア戦(11対0)、対エナジック戦(12対0)をコールドゲームで堂々の予選リーグ1位通過となりました。

DSC_0157_20170413010107611.jpg DSC_0159_20170413010055cc3.jpg
DSC_0183_20170413010136941.jpg DSC_0191_2017041301012737f.jpg
雨の中行われた準決勝の対Honda鈴鹿戦。打線の勢い冷めるかと思いきやその気配全くなし。1点差まで詰め寄られましたが終盤に突き放し、7対3で見事、優勝戦まで勝ち上がって来ました。

DSC_0141_20170413005142b52.jpg
かたや日本新薬。

DSC_0104_20170413010531598.jpg DSC_0107_2017041301052079f.jpg
DSC_0129_201704130105266da.jpg DSC_0133_2017041301053224e.jpg
エース榎田宏樹投手が、予選リーグ初戦の対シティライト岡山戦に登板して加速。以降は総合力で愛媛マンダリンパイレーツ、そしてJR九州を破り、予選リーグ2位で決勝トーナメント進出。準決勝ではNTT東日本との、延長11回タイブレークを制し、優勝戦に勝ち上がって来ました。

DSC_0132_2017041301074990e.jpg DSC_0137_20170413010744602.jpg
DSC_0138_201704130108191fe.jpg DSC_0140_20170413011145300.jpg
両チームとも期せずして二日間の休養。予選リーグ中にはなかった事です。そしてこれが今大会最後の試合。休養十分だとは思います。日本選手権出場権をかけるに相応しい好ゲームを期待。

とは言うものの、頭の中は伯和ビクトリーズでいっぱいでしたが。



スターティングオーダー
先攻:伯和ビクトリーズ
1(右)後藤大輝 (市立船橋高校~日本体育大学~関メディベースボール学院)
2(遊)内山孝起 (掛川工業高校~愛知工業大学)
3(二)横山亮太 (香川西高校~四国学院大学)
4(一)小原礼史 (福岡工業大学城東高校~大阪体育大学)
5(左)藤原巧実 (大阪体育大学浪商高校~大阪体育大学)
6(中)伊藤  淳 (四日市南高校~大阪体育大学~デュプロ)
7(指)藤澤直樹 (伊那弥生ヶ丘高校~日本体育大学)
8(捕)石井大和 (拓大紅陵高校~東京情報大学)
9(三)今井翔大 (文徳高校~東京国際大学)
DSC_0281_2017041401161230b.jpg DSC_0282_20170414011615793.jpg
DSC_0283_201704140116184a9.jpg DSC_0290_201704140115598ef.jpg
投:椙山聡哉 (廿日市西高校~広島修道大学)

●先発ピッチャーが誰になるか気になるところではありましたが、中4日置いて椙山投手。もっとも、先発の出来るピッチャーが3人おれば怖いものなし。短期決戦ではありますが休養十分、かな。

後攻:日本新薬
1(中)高橋直樹 (国士舘高校~創価大学)
2(遊)板倉健人 (静岡高校~立正大学)
3(左)田中一八 (福知山成美高校~九州共立大学)
4(指)中  稔真 (須磨翔風高校~上武大学)
5(捕)鎌田将吾 (鈴鹿高校~朝日大学)
6(一)植田弘樹 (関西高校~明治大学)
7(三)正木健太郎(履正社高校~創価大学)
8(右)辻本日和 (大阪商業大学堺高校~東京情報大学)
9(二)吉野翔太 (奈良商業高校~東亜大学)
DSC_0355_2017041401214728a.jpg DSC_0357_201704140122039a5.jpg
DSC_0358_20170414012205902.jpg DSC_0361_201704140122039fb.jpg
投:西川大地 (高知高校~立命館大学)

〇日本新薬の先発は西川投手。先の京都府春季大会準決勝で見せた快投なるかどうか。と言うよりも、榎田投手かと思ったんですがまた外してしまいました。さてどこでリリーフに来るのか

審判員
球審:岸上 一塁:岡田 二塁:佐竹 三塁:野口

打撃成績
1回表
日本新薬選手交代

ライト辻本に代えて久保田昌也(龍谷大学付属平安高校~國學院大学)

後藤     1-2から5球目を打ってピッチャーゴロ
DSC_0221_20170414011031b3c.jpg DSC_0222_20170414011034cb3.jpg DSC_0223_20170414011024649.jpg
内山     初球を打ってレフト前ヒット
DSC_0228_20170414011155ac8.jpg DSC_0229_201704140112068bb.jpg DSC_0230_20170414011206ab7.jpg
横山     初球を打ってセンターフライ
DSC_0269_2017041401131144d.jpg DSC_0270_2017041401132039c.jpg DSC_0271_201704140113204b6.jpg
小原     2-2から5球目を打ってレフト前ヒット
藤原     初球を打ってファーストゴロ

〇内野手登録の新入社員選手を大胆にも偵察メンバーで起用した日本新薬ベンチ、と言うよりも吹石徳一監督。それだけ現有のメンバーに自信を持って送り出している、と言う事か。これには驚き。

1回裏
DSC_0296_20170414011806433.jpg DSC_0297_20170414011759fb9.jpg DSC_0298_20170414011807cc5.jpg
高橋     2-2から5球目を打ってショートゴロ
DSC_0301_20170414011922e54.jpg DSC_0302_2017041401192624d.jpg DSC_0303_20170414011930ad9.jpg
板倉     初球を打ってショートゴロ
田中     フルカウントから6球目を見逃し三振

2回表
DSC_0370_20170414012335786.jpg DSC_0371_20170414012336bc7.jpg DSC_0372_201704140123350b7.jpg
伊藤淳    1-2から5球目を打ってセンター前ヒット
藤澤     2-2から6球目を打ってピッチャーゴロダブルプレイ
石井     フルカウントから7球目を打ってレフトフライ

2回裏
DSC_0486_2017041401260656a.jpg DSC_0487_201704140126139df.jpg DSC_0489_20170414012617ee4.jpg
中      2-2から6球目を打ってセカンド内野安打

DSC_0492_20170414013240d12.jpg DSC_0494_20170414013253678.jpg
DSC_0495_20170414013302a95.jpg DSC_0497_20170414013301819.jpg
●次打者鎌田選手の打席前、レガースのベルトが壊れたのか切れたのか、タイムをかけて修理する石井捕手。キャッチャーだった宮田コーチも出てきてひと騒動。

DSC_0510_20170414013422b04.jpg DSC_0511_20170414013431f6e.jpg DSC_0513_20170414013433d22.jpg
鎌田     1-1から3球目をファースト前送りバント
DSC_0534_20170414013556d67.jpg DSC_0535_2017041401360615f.jpg DSC_0536_201704140136088e3.jpg
植田     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
正木     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0603_2017041401372387c.jpg DSC_0604_201704140137291e0.jpg DSC_0605_20170414013732b99.jpg
久保田    1-1から3球目を打ってレフトフライ

3回表
DSC_0612_201704140141077b6.jpg DSC_0613_201704140141116d7.jpg DSC_0615_20170414014109afd.jpg
今井     2-1から4球目を打ってサードゴロ
DSC_0617_201704140142325d8.jpg DSC_0618_20170414014230fa2.jpg DSC_0619_20170414014229c5b.jpg
後藤     初球を打ってセカンドライナー
DSC_0629_20170414014341811.jpg DSC_0630_20170414014344036.jpg DSC_0632_201704140143449b2.jpg
内山     1-0から2球目を打ってライト前ヒット
次打者横山の2球目にファーストランナー内山セカンド盗塁成功
横山     ストレートのフォアボール
小原     2-1から4球目を打ってファーストファウルフライ

3回裏
吉野     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
高橋     0-1から2球目をキャッチャー前送りバントが内野安打
板倉     初球をファースト前送りバント失敗サードフォースアウト

伯和ビクトリーズ選手交代
DSC_0717_2017041401455668b.jpg DSC_0719_20170414014609a3b.jpg
DSC_0720_20170414014608c7f.jpg DSC_0722_201704140146130f4.jpg
ピッチャー椙山に代えて川野友耀(広島商業高校~広島経済大学)

田中     1-2から4球目を打ってサードゴロダブルプレイ

DSC_0724_20170414015323468.jpg DSC_0725_20170414015328aae.jpg
DSC_0726_20170414015332a84.jpg DSC_0728_201704140153286b7.jpg
●何となくですが、立ち上がりからあまりキレのよくなかった椙山投手。イニング途中ながら左の田中選手を迎えたところで伯和ビクトリーズベンチは見切りをつけ、川野投手がリリーフに。そして見事にサードゴロダブルプレイ。焦る事なく冷静にサードベースを踏んだ今井選手もこれまたナイス。画像は、ナイスリリーフの川野投手と、ナイスプレイの今井選手を迎える伯和ビクトリーズベンチ。

4回表
藤原     3-1から5球目を選んでフォアボール
伊藤淳    1-0から2球目を打ってレフトフライ
次打者藤澤の2球目にファーストランナー藤原セカンド盗塁成功
DSC_0855_20170414015459984.jpg DSC_0856_20170414015500b6d.jpg DSC_0857_20170414015503a5f.jpg
藤澤     フルカウントから9球目を打ってライトフライ
石井     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0935_20170414015646d10.jpg DSC_0936_20170414015656d33.jpg DSC_0937_201704140157018bd.jpg
DSC_0938_20170414015659465.jpg DSC_0939_201704140157013ca.jpg DSC_0940_20170414015706ffb.jpg
次打者今井の4球目にダブルスチール成功
今井     2-2から5球目を空振り三振

●バットを振ってダメならバットを振らずに攻撃を、てんで、フォアボールで出た藤原選手、石井選手が相次いで盗塁を重ね、なかなか見れない1イニング3盗塁。それでも先制点が転がり込んで来ない。あまりにも嫌な空気。試合を支配出来ぬ煩わしさ。それでも元気な伯和ビクトリーズベンチ。

4回裏
中      0-2から3球目を打ってレフトフライ
鎌田     2-2から5球目を打ってショートゴロ
植田     1-0から2球目を打ってライト前ヒット
正木     2-2から6球目を空振り三振

5回表
DSC_0969_20170414015835b3b.jpg DSC_0970_201704140158383ee.jpg DSC_0972_20170414015838805.jpg
後藤     2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
内山     1-0から2球目がデッドボール
DSC_1045_20170414020028ca6.jpg DSC_1046_20170414020031455.jpg DSC_1047_20170414020020a66.jpg
横山     フルカウントから7球目を打ってライト前ヒット
小原     初球を打ってレフトフライ
DSC_1069_20170414020155680.jpg DSC_1070_20170414020156cf1.jpg DSC_1071_20170414020153fe9.jpg
藤原     0-1から2球目を打ってサードゴロ

●ここまで、毎回ランナーを出しながら、更には2回表、4回表には先頭バッターが出塁しながら、なかなか点の取れない伯和ビクトリーズ。もうひと押しがなかなか出ない、2日の休みで湿ったか。

5回裏
久保田の代打黒川卓也(九州国際高校~日本文理大学) 1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
吉野     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_1085_2017041402030936e.jpg DSC_1086_20170414020306a37.jpg DSC_1088_20170414020312380.jpg
高橋     初球セーフティバントを試みるもサードゴロ
DSC_1089_2017041402055238d.jpg DSC_1090_20170414020558bdf.jpg DSC_1092_2017041402054548e.jpg
板倉     0-1から2球目を打ってレフト前タイムリーヒット
DSC_1093_20170414020554848.jpg DSC_1094_20170414020555315.jpg DSC_1099_201704140206002a7.jpg
日本新薬1-0伯和ビクトリーズ
田中     0-1から2球目を打ってサードゴロ

〇試合の流れを掴み切れないのは日本新薬とて同じ。3イニング連続で先頭バッターを出しながらも先制点には繋がりませんでしたが、ようやく入った1点で、試合が動き出すかどうか。

6回表
日本新薬選手交代

代打黒川がそのまま入りライト

伊藤淳    初球を打ってショートゴロ
藤澤     1-0から2球目を打ってファーストゴロ
石井     3-1から5球目を打ってライトフライ

6回裏
中      1-0から2球目を打ってライトファウルフライ
鎌田     1-2から4球目を空振り三振
植田     1-2から4球目を打ってサードゴロ

7回表
今井の代打谷名優汰(鹿児島実業高校~九州総合スポーツカレッジ) フルカウントから7球目を空振り三振
後藤     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
DSC_1161_20170414020745261.jpg DSC_1163_20170414020743406.jpg DSC_1164_20170414020749acf.jpg
内山     0-2から3球目を空振り三振
横山     2-1から4球目を打ってレフト前ヒット
DSC_1224_20170414020913a58.jpg DSC_1225_20170414020921354.jpg DSC_1226_201704140209191ce.jpg
小原     1-1から3球目を打ってセンターフライ

DSC_1228_20170414021352b49.jpg DSC_1229_20170414021358a36.jpg DSC_1230_20170414021400b5a.jpg
●あぁ、なかなか届かない1点・・・・。

7回裏
伯和ビクトリーズ選手交代

代打谷名に代えてサード慶田盛要(八重山高校~東京情報大学)

正木     0-1から2球目を打ってショートゴロ
黒川     1-2から4球目を見逃し三振
吉野     ストレートのフォアボール
高橋     初球を打ってピッチャーゴロ

○どちら問わず、1点が入った事で試合がいくらか動き出すか活気づくかと思いましたが、再び膠着状態に。これが日本選手権出場権を懸けた、優勝決定戦なのかなぁ、とも。

8回表
日本新薬選手交代

センター高橋に代えて井澤凌一郎(龍谷大学付属平安高校~東北福祉大学)

藤原     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_1315_20170414021605cc1.jpg DSC_1316_20170414021603ca6.jpg DSC_1317_2017041402155300f.jpg
伊藤淳    2-1から4球目を打ってサードゴロ ファーストランナー藤原はセカンドへ
藤澤     ストレートのフォアボール

日本新薬選手交代
DSC_1369_20170414021719d9f.jpg DSC_1370_201704140217338f4.jpg
DSC_1372_20170414021736f08.jpg DSC_1374_20170414021734c5b.jpg
ピッチャー西川に代えて榎田宏樹(小林西高校~日本文理大学)

DSC_1384_2017041402205570f.jpg DSC_1385.jpg DSC_1386_201704140220457d3.jpg
石井     1-0から2球目を打ってレフト前タイムリーヒット
日本新薬1-1伯和ビクトリーズ
慶田盛    初球を打ってセカンドゴロ
後藤     0-2から3球目を空振り三振

●通算4度目の先頭バッターの出塁。本来なら最後まで送りバントで、と言いたい所かとは思いますが、やはりそこは豪打快打で勝ち上がってきた伯和ビクトリーズ打線。最後は信じてきたフルスイングで進塁打、さらには同点タイムリーヒット。しかし、新薬のエース榎田投手を崩すには至らず。

○そして日本新薬。力投を見せてきた西川投手に代えて榎田宏樹投手を(予定通りだろうなぁ)ここで投入。タイムリーヒットは打たれたものの、後続をしっかり斬ってとる。さらなる投手戦へ。

8回裏
板倉     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_1432_201704140222560da.jpg DSC_1433_20170414022300c88.jpg DSC_1434_201704140223026e5.jpg
田中     初球をピッチャー前送りバント

伯和ビクトリーズ選手交代
DSC_1480_20170414022423217.jpg DSC_1481_201704140224119c4.jpg
DSC_1482_20170414022424490.jpg DSC_1484_201704140224204bc.jpg
ピッチャー川野に代えて佐原圭亮(広陵高校~吉備国際大学)

中      1-2から4球目を打ってファーストゴロ
DSC_1546_201704140225473cd.jpg DSC_1547_20170414022600cc4.jpg DSC_1548_2017041402260282f.jpg
鎌田     1-2から6球目を空振り三振

●ロングリリーフとなった川野投手に代えて、第三の先発・佐原投手をマウンドに送る伯和ビクトリーズベンチ。決してかわしにかかっている、わけではない、優勝決定戦らしい超強気の継投策。

●そして、椙山投手もそうだし、社会人野球のピッチャー皆さんそうなんですが、決して皆が皆150km/hオーバーのストレートを投げれる訳じゃない。佐原投手なんか130km/hそこそこ。それでも空振り三振が取れると言うピッチングの妙。社会人野球を観るようになってからよく騒がれる「Max○○○km/h」はただの幻想に過ぎない、と考えるようになりました。

○速いに越した事はないですが、タイミングさえ合えば弾き返されるような速球てのはあまり意味がない。遅い球を速く見せる。遅い球をより遅く見せるのも配球の妙。選手の皆さんには申し訳無いですが、130km/hくらいのストレートを空振りする場面てのはむしろ痛快、でもあります。

9回表
内山     0-1から2球目を打ってライトフライ
横山     1-1から3球目を打ってショートゴロ
小原     初球を打ってショートゴロ捕球エラー
DSC_1577_20170414023220753.jpg DSC_1578_20170414023219117.jpg DSC_1581_20170414023221325.jpg
藤原     初球を打ってセカンドゴロ

9回裏
植田の代打岡亮次(日高中津分校~東北福祉大学) 1-2から4球目を空振り三振
DSC_1619_2017041402342852a.jpg DSC_1620_201704140234289f7.jpg DSC_1622_20170414023419100.jpg
正木     0-1から2球目を打ってキャッチャー前内野安打
黒川     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット

伯和ビクトリーズ選手交代
レフト藤原に代えてライト上田颯人(柳ヶ浦高校~奈良産業大学)
ライト後藤がレフトへ

吉野     初球ピッチャー前送りバントが内野安打
DSC_1645_20170414023555f27.jpg DSC_1646_201704140236135b5.jpg DSC_1647_20170414023622d14.jpg
DSC_1648_20170414023618829.jpg DSC_1649_2017041402361904f.jpg DSC_1650_201704140236145c9.jpg
井澤の代打濱田竜之佑(鹿児島実業高校~専修大学) 初球を打ってファーストゴロホームフォースアウト
板倉     2-1から4球目を打ってセンターフライ

○この試合で、敢えてひとつだけ指摘させて頂くなら、正木選手が半ば強引に叩いた打球、一塁線ギリギリに落ちた、と言うか転がった。見切るつもりだったんだろうけどこれは石井捕手、早々にファーストでアウトにして欲しかったなぁ、と。もちろん、後々の流れを見ての結果論ですけどね。

10回表
日本新薬選手交代

代打濱田がそのまま入りサード
代打岡がそのまま入りファースト
サード正木に代えてセンター仲間貴紀(宜野座高校~名桜大学)

伊藤淳    初球を打ってショートゴロ
藤澤     2-2から7球目を空振り三振
石井     初球を打ってショートゴロ捕球エラー
DSC_1784_20170414023813973.jpg DSC_1785_201704140238184af.jpg DSC_1786_20170414023818479.jpg
慶田盛    1-0から2球目を打ってピッチャーゴロ

10回裏
DSC_1821_2017041402392039b.jpg DSC_1822_20170414023922232.jpg DSC_1823_20170414023920c4f.jpg
田中     3-1から5球目を打ってピッチャーゴロ
中      初球を打ってファーストゴロ
鎌田     1-2から5球目を空振り三振

○比較的淡々と終わってしまった10回表裏の両チームの攻撃。そしてどのチームの対戦でも、緊張感で胃が痛くなる「延長タイブレーク」に突入。これはいつになっても改善しません。

11回表
延長タイブレーク ワンアウト満塁

DSC_1896_2017041301451188e.jpg DSC_1897_20170413014458c37.jpg DSC_1898_2017041301450240f.jpg
DSC_1900_2017041301450315c.jpg DSC_1901_20170413014503df8.jpg DSC_1902_20170413014506066.jpg
内山     0-1から2球目を打ってショートゴロダブルプレイ

11回裏
延長タイブレーク ワンアウト満塁

DSC_1936_20170413014818dbd.jpg DSC_1938_20170413014819c4f.jpg DSC_1939_20170413014904ce1.jpg
田中     1-2から4球目を打ってライト前サヨナラタイムリーヒット
DSC_1941_201704130148357a7.jpg DSC_1942_20170413014918b58.jpg DSC_1943_20170413014844dae.jpg
日本新薬2-1伯和ビクトリーズ

伯和 000 000 010 00  1
新薬 000 010 000 01X 2


そして――――――

DSC_1950_20170414025125deb.jpg DSC_1952_201704140251264ab.jpg
日本新薬硬式野球部の皆様、10大会連続20回目の日本選手権出場決定、おめでとうございます!



DSC_1955_201704140247138bc.jpg
タイブレークってのは、勝敗を決める為のいち手段に過ぎません。むしろそこに至るまでの、両チームがっぷり四つの展開に賛辞を送りたいです。勝敗は決したけど、それがチームの優劣に繋がるもんではない。タイブレークってそういうもんだと思います。日本新薬と伯和ビクトリーズ、力の差はないと思います。またどこかで、もう一度戦ったら、結果はどうなるかなぁ、などとも考えたり。

ただやはり、勝ったチームは歓喜の輪を作り、負けたチームは落胆するしかない。しかしながら私は否定はしません。これが現状、決着をつける為の唯一の手段だし、決めぬ事には先に進めない。

DSC_1966_2017041402493293c.jpg
残念ながら負けてしまった伯和ビクトリーズ。けど下を向いてる時間、休んでいる時間はないんですよね。明日15日からは、同じく日本選手権対象大会「第60回JABA岡山大会」が、倉敷マスカットスタジアムと、倉敷市営球場で始まります。過酷で熾烈な闘いはまだまだ続きます。

帰り際、川野友耀投手に挨拶させてもらいました。日本新薬と、優勝決定戦をあそこまで戦えたと言う充実感でいっぱいなんでしょう、むしろ誇らしげな笑顔でした。後藤大輝主将とも軽くさらに話をさせてもらいました。既に目は岡山大会に向いてました。裏に悔しさはあるんでしょうけどね。

仕切り直し、ではありませんが、あの伯和ビクトリーズの事です、さらにギアとテンションを上げて来るはず。そこに岡山大会には、三菱重工広島とJR西日本が参加します。広島東洋カープとはまた違う、広島野球の底力を満天下に知らしめる大会になれば良いな、とも考えております。

DSC_1967_20170414025335537.jpg DSC_1968_20170414025349869.jpg
グラインド整備を終えたところで、閉会式、と言うか表彰式。

DSC_1972_20170414025345fbd.jpg DSC_1975_2017041402534844e.jpg
四国大会優勝旗と、皆これを狙ってる「日本選手権出場認定証」。

DSC_1976_20170414030048d14.jpg DSC_1977_2017041403005503b.jpg
準優勝の伯和ビクトリーズには、準優勝杯。

DSC_1982_2017041403060314d.jpg
個人表彰。最優秀選手賞は日本新薬・榎田宏樹投手。

DSC_1988_20170414030634f45.jpg DSC_1996_20170414030642a46.jpg
敢闘賞には伯和ビクトリーズ・石井大和捕手、首位打者賞には伯和ビクトリーズ・横山亮太内野手(24打席17打数9安打 5割2分9厘)。

DSC_2004_2017041403101598c.jpg
恒例となりました「記念撮影をさらに後ろから」。「認定証」早く箱から出せー!

DSC_2008_201704140312193c8.jpg
日本選手権対象大会がまたひとつ、終わりました。四国大会を含め、出場を決めたのはトヨタ自動車、東京ガス そして日本新薬。残すは7大会。どんな強豪チームであれ、これを逃すと地区予選からの戦いとなります。都市対抗野球大会もそうですが、社会人野球日本選手権予選もこれまた熾烈を極めます。時期的にも、負ければ「今年は終わり」の場合もあります。


まだまだ、長いシーズンは始まったばかりです。選手の皆さんの健闘を心よりお祈りします。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.14 / Top↑
DSC_0004_20170407053303d8e.jpg DSC_0005_20170407053311dba.jpg
DSC_0006_20170407053315f65.jpg DSC_0008_20170407053310cd2.jpg
さて2日連続で、大阪ガス今津総合グラウンド野球場でのオープン戦観戦です。

DSC_0064_20170407051749271.jpg
相対するは、大阪ガス対JR西日本。昨年もこの時期にこの対戦があったので開催されたので、ほとんど定期戦。よそは知りませんが、どこもそんな感じなんかな。

DSC_0012_2017040705194242a.jpg DSC_0015_20170407051951ba3.jpg
DSC_0020_201704070519493fb.jpg DSC_0030_201704070519359e0.jpg
JR西日本の今回の関西遠征は2試合。大ガスと神高さんとの対戦、なんですが。前日は大阪ガス対神高、翌日(つまり今日)は、神高さんとJR西日本。サラッとですが「巴戦」になっています。偶然かも知れませんが、ちょっとした予選リーグ。連勝で勝ち抜けるのはどのチームか?と言った所。

DSC_0071_20170407052236900.jpg
来週15日土曜日からはいよいよ、日本選手権対象大会・JABA岡山大会が始まります。その前段階でのオープン戦はこの「リーグ戦」が最後。結果云々も大事ですが、湧川投手や納富投手も戦列に復帰された事ですし、よい感触と内容を携えて、岡山大会に臨んで頂けたら、と考えております。

DSC_0033_20170407052320d3f.jpg
迎え撃つ大阪ガス。前日の対三菱重工神戸・高砂戦では、投手力よりも打力で圧倒しましたが「ダセンハミズモノ」と申します。ひと晩明けて、前日の温もりがどの程度残っているか。JR西日本の先発ピッチャーにもよりますが、今年の打線はホンモノなのか、試される試合かも知れません。

DSC_0010_20170407052441e5f.jpg DSC_0014_2017040705245130e.jpg
DSC_0026_2017040705245343e.jpg DSC_0029_20170407052457ebc.jpg
それよりも何よりもJR西日本が、ここ大阪ガス今津総合グラウンド野球場で勝ったのを見たことがありません。ここでひとつ勝って、今シーズンのさらなる飛躍の切っ掛けになればよいな、とも。



スターティングオーダー
先攻:JR西日本
1(左)春原直登 (佐久長聖高校~関東学院大学)
2(二)石嵜健人 (如水館高校~近畿大学)
3(三)藤澤拓斗 (柳ヶ浦高校~西濃運輸~中日ドラゴンズ)
4(遊)田村  強 (玉野高校~大阪体育大学)
5(指)蔵枡孝宏 (広陵高校~法政大学)
6(右)松野  光 (南陽工業高校~日本文理大学)
7(一)高木智大 (福岡大学大濠高校~法政大学)
8(捕)原田廣大 (東大阪大学柏原高校~近畿大学)
9(中)田中勇次 (鳴門工業高校~明治大学)
DSC_0135_20170407015929470.jpg DSC_0136_2017040701592574c.jpg
DSC_0137_20170407015912982.jpg DSC_0138_20170407015928b4f.jpg
投:加賀美希昇 (法政大学~横浜DeNAベイスターズ)

後攻:大阪ガス
1(三)青柳-匠 (金光学園高校~亜細亜大学)
2(二)峰下智弘 (佐賀学園高校~近畿大学)
3(右)土井翔平 (智辨学園高校~法政大学)
4(一)金附佑樹 (和歌山桐蔭高校~筑波大学)
5(左)古川昂樹 (立命館宇治高校~立命館大学)
6(指)室屋太郎 (鹿児島実業高校)
7(中)登地慶輔 (常葉学園菊川高校)
8(捕)岸田行倫 (報徳学園高校)
9(遊)花本太紀 (東大阪大学柏原高校~創価大学)
投:猿渡眞之 (飯塚高校)

〇期せずして先発ピッチャーは、昨年10月19日のこのカードと同じ顔合わせ、そして、社会人野球日本選手権史上2人目と3人目の「ノーヒッター」の対決となりました。時期が時期なだけに、色んな見方は出来ると思いますが、正直贅沢な顔合わせだと思います。

DSC_0070_20170407053149e4f.jpg
試合前挨拶。ちなみにこの試合、予定では13:00試合開始でしたが、15時頃からの雨天を見込んでか、プレイボールは12:38(私の時計によります)と、大幅繰り上げになりました。

打撃成績
1回表
DSC_0083_20170407020215e0c.jpg DSC_0084_20170407020221038.jpg DSC_0086_201704070202090dc.jpg
春原     2-2から5球目を打ってライトフライ
DSC_0096_20170407020332c84.jpg DSC_0097_20170407020334591.jpg DSC_0098_20170407020330ba9.jpg
石嵜     ストレートのフォアボール
DSC_0111_2017040702044257f.jpg DSC_0112_201704070204459fb.jpg DSC_0113_20170407020449fbc.jpg
藤澤     2-1から4球目を打ってファーストゴロセカンドフォースアウト
DSC_0120_20170407020749041.jpg DSC_0121_201704070208001aa.jpg DSC_0122_201704070208021cf.jpg
田村     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
DSC_0124_201704070155338a6.jpg DSC_0125_20170407015511f41.jpg DSC_0126_2017040701552984d.jpg
DSC_0127_20170407015522ac4.jpg DSC_0128_20170407015530c74.jpg DSC_0129_201704070155319cc.jpg
ファーストランナー藤澤サードタッチアウト

1回裏
DSC_0147_20170407020939354.jpg DSC_0148_20170407020949425.jpg DSC_0149_20170407020950cc7.jpg
青柳     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
DSC_0153_20170407020949c18.jpg DSC_0154_201704070209466a0.jpg DSC_0155_20170407020937862.jpg
峰下     初球をサード前送りバント
DSC_0163_2017040702231964c.jpg DSC_0164_20170407022325192.jpg DSC_0165_20170407022326573.jpg
土井     2-0から3球目を打ってサードゴロ
DSC_0175_201704070225128a7.jpg DSC_0177_20170407022508804.jpg DSC_0178_20170407022517300.jpg
金附     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0187_2017040702251304e.jpg DSC_0188_201704070225219d2.jpg DSC_0189_20170407022522a7c.jpg
古川     1-1から3球目を打ってライトオーバータイムリーツーベースヒット
DSC_0192_201704070226418ea.jpg DSC_0193_20170407022640c5a.jpg DSC_0196_20170407022644443.jpg
大阪ガス2-0JR西日本
バッターランナー古川は送球の間にサードへ
DSC_0203_20170407022758b51.jpg DSC_0204_20170407022758e8b.jpg DSC_0206_20170407022802502.jpg
室屋     1-2から5球目を空振り三振

DSC_0207_2017040702293034a.jpg DSC_0208_2017040702294260c.jpg DSC_0209_20170407022943c8b.jpg
●大阪ガスの猛攻をしのいでベンチに戻る。そして選手だけで円陣。

2回表
DSC_0213_201704070230579a3.jpg DSC_0214_2017040702305907a.jpg DSC_0215_2017040702305632f.jpg
蔵枡     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_0216_20170407023209d83.jpg DSC_0217_20170407023210274.jpg DSC_0218_2017040702321364b.jpg
松野     初球を打ってセカンドフライ
DSC_0223_20170407023302f65.jpg DSC_0224_20170407023301f4e.jpg DSC_0225_20170407023305bc4.jpg
高木     1-2から4球目を打ってレフトフライ

2回裏
DSC_0243_20170407023401929.jpg DSC_0245_20170407023403835.jpg DSC_0246_20170407023408077.jpg
登地     0-2から4球目を打ってサードゴロ
DSC_0267_20170407023512a9e.jpg DSC_0268_20170407023514f48.jpg DSC_0269_20170407023518954.jpg
岸田     2-2から8球目を打ってレフト前ヒット
DSC_0272_20170407023638bcf.jpg DSC_0274_20170407023637256.jpg DSC_0275_20170407023639073.jpg
花本     初球を打ってセンターフライ
DSC_0281_20170407023733fd4.jpg DSC_0282_20170407023738cdd.jpg DSC_0285_20170407023742749.jpg
次打者青柳の初球にファーストランナー岸田セカンド盗塁失敗

3回表
DSC_0298_20170407023840859.jpg DSC_0299_201704070238407fc.jpg DSC_0301_201704070238453ed.jpg
原田廣    2-2から5球目を見逃し三振
DSC_0309_20170407023944915.jpg DSC_0310_2017040702394024b.jpg DSC_0311_20170407023948dcc.jpg
田中     1-1から3球目を打ってセンターフライ
DSC_0321_20170407024053d9c.jpg DSC_0323_201704070240579a2.jpg DSC_0324_20170407024056760.jpg
春原     1-1から3球目を打ってショートゴロ

3回裏
DSC_0332_20170407024223b4f.jpg DSC_0333_201704070242178d0.jpg DSC_0335_20170407024224405.jpg
青柳     初球を打ってセンター前ヒット
DSC_0356_20170407024333e74.jpg DSC_0357_20170407024335a6e.jpg DSC_0358_20170407024332cf3.jpg
峰下     3-1から5球目を打って左中間突破タイムリーツーベースヒット
大阪ガス3-0JR西日本
DSC_0381_2017040702445089a.jpg DSC_0382_201704070244519e5.jpg DSC_0384_20170407024453544.jpg
土井     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0401_20170407024551b13.jpg DSC_0402_2017040702460004d.jpg DSC_0403_201704070246030a7.jpg
金附     2-1から5球目を打ってレフト前タイムリーヒット
DSC_0404_20170407024721f29.jpg DSC_0405_20170407024723a81.jpg DSC_0406_2017040702472802b.jpg
大阪ガス4-0JR西日本
DSC_0413_20170407024835d4f.jpg DSC_0414_20170407024838e3e.jpg DSC_0415_201704070248363a7.jpg
古川     0-1から2球目を打ってセンターフライ
ファーストランナー金附はタッチアップするもセカンドタッチアウト
DSC_0425_20170407025041f24.jpg DSC_0426_20170407025041280.jpg DSC_0427_2017040702502837c.jpg
室屋     1-2から4球目を打ってショートフライ

4回表
DSC_0434_20170407025207d5b.jpg DSC_0435_20170407025235121.jpg DSC_0436_2017040702523581a.jpg
石嵜     1-0から2球目を打ってセカンド
DSC_0445_2017040702523800b.jpg DSC_0446_20170407025238b3c.jpg DSC_0447_201704070252300cd.jpg
藤澤     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ
※二人続けてバット折れ
DSC_0451_2017040702535523d.jpg DSC_0452_20170407025359426.jpg DSC_0453_201704070253598c9.jpg
田村     0-1から2球目を打ってショートゴロ

4回裏
DSC_0478_20170407025518c57.jpg DSC_0479_2017040702551919c.jpg DSC_0480_2017040702552272d.jpg
登地     フルカウントから6球目を空振り三振
(3球目、加賀美に二段モーションの注意)
DSC_0490_20170407025753070.jpg DSC_0492_201704070258056f0.jpg DSC_0493_2017040702580629d.jpg
岸田     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
DSC_0502_201704070259376df.jpg DSC_0503_20170407025903da5.jpg DSC_0505_201704070259056ee.jpg
花本     0-2から3球目を打ってショートゴロ

DSC_0507_20170407030352808.jpg DSC_0508_201704070304097bb.jpg DSC_0509_2017040703040596e.jpg
●イニングが終われば、手の空いてる選手は全員出てきてお出迎え。そしてこうやって円陣を組みます。豊永コーチが中心だったり、花本監督が中心だったり、時には林誉之主将だったり。

5回表
DSC_0521_20170407030616aee.jpg DSC_0522_2017040703060983b.jpg DSC_0523_201704070306190b7.jpg
蔵枡     2-1から4球目を打ってバット折るもライト前ヒット
DSC_0525_20170407030901539.jpg DSC_0530_20170407030908f06.jpg DSC_0532_20170407030902144.jpg
松野     ストレートのフォアボール
DSC_0542_201704070310177e3.jpg DSC_0543_201704070310275cb.jpg DSC_0545_201704070310279af.jpg
高木     2-2から5球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ
DSC_0567_20170407031213d23.jpg DSC_0568_20170407031216161.jpg DSC_0571_20170407031217673.jpg
原田廣    2-2から6球目を見逃し三振

5回裏
DSC_0579_20170407031313c74.jpg DSC_0580_201704070313199d2.jpg DSC_0581_201704070313178df.jpg
青柳     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_0588_20170407031435f1b.jpg DSC_0589_20170407031444e0d.jpg DSC_0590_20170407031446337.jpg
峰下     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ
DSC_0611_20170407031542922.jpg DSC_0613_20170407031547093.jpg DSC_0616_2017040703154909e.jpg
土井     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0618_20170407031647e02.jpg DSC_0619_201704070316515b8.jpg DSC_0620_20170407031653e5c.jpg
金附     初球を打ってレフト前ヒット
DSC_0648_20170407032010a72.jpg DSC_0650_20170407032013832.jpg DSC_0654_20170407032003bb1.jpg
古川     2-2から6球目を空振り三振

6回表
DSC_0664_20170407032451059.jpg DSC_0665_201704070324528a9.jpg DSC_0666_20170407032446634.jpg
田中     1-1から3球目を打ってレフトフライ
DSC_0672_201704070326030ea.jpg DSC_0673_20170407032558f6b.jpg DSC_0674_20170407032605af4.jpg
春原     0-1から2球目を打ってレフトファウルフライ
DSC_0691_20170407032710028.jpg DSC_0692_201704070327106be.jpg DSC_0693_20170407032711b2c.jpg
石嵜     フルカウントから6球目を空振り三振

6回裏
JR西日本選手交代

DSC_0717_20170407032811ae5.jpg DSC_0718_2017040703281345d.jpg
DSC_0719_20170407032809e9a.jpg DSC_0720_2017040703281721f.jpg
ピッチャー加賀美に代えて納富秀平(九州国際大学付属高校~法政大学)
センター田中に代えてライト佐藤直樹(報徳学園高校)
ライト松野がセンターへ

室屋の代打猶木光(秀岳館高校) 初球を打ってセカンドゴロ
登地     2-1から4球目を打ってライト前ヒット
DSC_0734_2017040703300975d.jpg DSC_0735_201704070330213c2.jpg DSC_0736_20170407033021fa4.jpg
次打者岸田の3球目ファーストランナー登地セカンド盗塁成功
DSC_0749_20170407033124579.jpg DSC_0751_201704070331232fd.jpg DSC_0752_20170407033123941.jpg
岸田     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0767_20170407033252d88.jpg DSC_0768_20170407033255439.jpg DSC_0769_20170407033254299.jpg
DSC_0770_20170407033248cdb.jpg DSC_0771_201704070332575b0.jpg DSC_0772_20170407033252033.jpg
花本     3-0から4球目を打ってライトオーバースリーランホームラン
大阪ガス7-0JR西日本
DSC_0794_20170407033410949.jpg DSC_0795_20170407033415f20.jpg DSC_0796_2017040703341366a.jpg
青柳     フルカウントから6球目を空振り三振
DSC_0803_20170407033535dd5.jpg DSC_0804_2017040703353586c.jpg DSC_0805_201704070335300d9.jpg
峰下     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
DSC_0810_20170407033645514.jpg DSC_0811_20170407033648733.jpg DSC_0812_2017040703364761e.jpg
土井     1-1から3球目がデッドボール
DSC_0842_20170407033857d3a.jpg DSC_0843_20170407033857f90.jpg DSC_0844_201704070338484c7.jpg
金附     フルカウントから7球目を打ってピッチャーゴロ

7回表
大阪ガス選手交代

DSC_0849_20170407034026272.jpg DSC_0850_20170407034028035.jpg
DSC_0851_20170407034025d07.jpg DSC_0852_20170407034029244.jpg
ピッチャー猿渡に代えて中谷佳太(天理高校)
キャッチャー岸田に代えて浅田泰斗(報徳学園高校~立教大学)

次打者藤澤、0-1からのストライク判定にクレームを付けて退場処分
代打安田直人(明徳義塾高校~拓殖大学) 3球目を空振り三振(記録は藤澤の三振)
DSC_0881_2017040704091842b.jpg DSC_0883_20170407040924a93.jpg DSC_0884_201704070409182e5.jpg
田村     1-1から3球目を打ってレフトフライ
DSC_0887_20170407041019aae.jpg DSC_0888_2017040704102494a.jpg DSC_0891_20170407041025b80.jpg
蔵枡     初球を打ってサードファウルフライ

●藤澤拓斗内野手、鯛男上の一部始終です。

DSC_0858_20170407034547c74.jpg DSC_0860_20170407034553087.jpg DSC_0860_20170407034553087.jpg
見逃しでツーストライクになったところで、球審がベースの清掃に入ったところで、何やら話しかける藤澤。ボールの高さは問題ないと思うんですが、内外の問題だったんでしょう。

DSC_0861_201704070345537c9.jpg DSC_0862_20170407034540b8d.jpg DSC_0865_20170407034546692.jpg
それが気に入らなかったのか、また球審の対応が気に入らなかったのか、この時点で既に喧嘩腰の様相。見かねた花本監督が割って入るも、当然の事ながら状況は好転せず。

DSC_0868_201704070347041ea.jpg DSC_0869_2017040703470497f.jpg DSC_0871_20170407034708d37.jpg
さらに藤澤が何か言った所で「退場!」宣告。社会人野球を見出して十数年になりますが退場劇は初めて見ました。さらに花本監督に宥められながら球審に何か叫んでる。これは正直よろしくない。

審判、特に塁審の方は「石ころ」扱いされる事も多いですが、プロであろうがアマチュアであろうが、またどんなスポーツであれ、試合を司ってるのは審判の方のはず。また、こんな事を書くと審判の方に怒られるかも知れませんが、レベルの差こそあれ、従うのがアマチュアのルールのはず。

藤澤拓斗なんか、中日ドラゴンズから来たとは言え、その前は西濃運輸野球部に所属していたわけだし、その辺は理解している、と思っていただけに、ちょっと残念なもんを見てしまいました。

7回裏
JR西日本選手交代

代打安田がそのまま入りサード

DSC_0918_201704070411256a2.jpg DSC_0919_20170407041135191.jpg DSC_0920_201704070411314c5.jpg
古川     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_0929_20170407041257718.jpg DSC_0930_20170407041303649.jpg DSC_0931_20170407041306b44.jpg
猶木     0-1から2球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ
DSC_0972_20170407041416231.jpg DSC_0974_201704070414267f7.jpg DSC_0975_20170407041425579.jpg
登地     2-2から7球目を打ってショートゴロ

8回表
DSC_0991_20170407041535f47.jpg DSC_0992_20170407041538748.jpg DSC_0993_2017040704154150c.jpg
松野     フルカウントから6球目を打ってセンター前ヒット
DSC_1018_20170407041639d5a.jpg DSC_1019_20170407041638d93.jpg DSC_1021_20170407041642680.jpg
高木の代打林誉之(清峰高校~福岡大学) 2-2から5球目を打ってショートゴロダブルプレイ
DSC_1022_20170407041812333.jpg DSC_1023.jpg DSC_1024_20170407041816fd1.jpg
原田廣    初球を打ってセンターフライ

8回裏
JR西日本選手交代

代打林がそのまま入りファースト
DSC_1025_20170407041932c9a.jpg DSC_1026_201704070419239f4.jpg
DSC_1027_20170407041938cbd.jpg DSC_1028_201704070419337b9.jpg
ピッチャー納富に代えて佃勇典(広島商業高校~拓殖大学)

DSC_1052_2017040704205397e.jpg DSC_1053_20170407042052893.jpg DSC_1054_20170407042059e3b.jpg
浅田     初球を打ってセカンドゴロ
DSC_1090_201704070421584f9.jpg DSC_1092_20170407042204509.jpg DSC_1093_20170407042206ec8.jpg
花本     2-2から8球目を打ってファーストフライ
DSC_1108_20170407042300e47.jpg DSC_1109_20170407042258ba4.jpg DSC_1110_20170407042303ddb.jpg
青柳     2-1から4球目を打ってレフトフライ

9回表
大阪ガス選手交代

ピッチャー中谷に代えて古都成輝(須磨学園高校)

DSC_1120_20170407042428fd9.jpg DSC_1121_20170407042433246.jpg DSC_1124_20170407042433cdc.jpg
佐藤     1-2から4球目を空振り三振
DSC_1137_20170407042658994.jpg DSC_1138_20170407042659cc5.jpg DSC_1139_20170407042701c69.jpg
春原     1-1から3球目を打ってレフトフライ
DSC_1144_20170407042643904.jpg DSC_1145_20170407042703e42.jpg DSC_1146_20170407042651c9d.jpg
石嵜の代打伊與田一起(明徳義塾高校~専修大学) 1-0から2球目を打ってサードゴロ

広島市 000 000 000 0
大阪市 202 003 00X 7


投手成績
JR西日本
加賀美  5 回 22人 86球 7被安打 3与四死球 3奪三振 4失点 4自責点
納富    2 回 11人 48球 3被安打 3与四死球 1奪三振 3失点 3自責点
佃     1 回  3人 13球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点

大阪ガス
猿渡    6 回 20人 70球 2被安打 2与四死球 3奪三振 0失点 0自責点
中谷    2 回  6人 17球 1被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
古都    1 回  3人  9球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点



DSC_1151_20170407043933e10.jpg
前日の、対三菱重工神戸・高砂戦で、14安打8得点の猛攻を見せた大阪ガス打線。一夜明けてどの程度冷えてるかと思いきや、これっぽっちも冷えてませんでした。それどころかずっと中軸を打っていた伊藤選手を休ませてのこの猛打。手のつけようがない、とは正にこの事、でしょう。

DSC_1152_20170407051448386.jpg DSC_1154_20170407051455467.jpg DSC_1155_20170407051456b51.jpg
今年最初の公式戦、東京スポニチ大会では3試合で計5得点。1勝2敗で予選リーグ敗退。試合内容の詳細はよく分かりませんが、貧打に喘いだ形になりましたが、その貧打線が嘘のような、二日連続の豪打快打の連発。正直いったい、何があったのか、とすら思います。これが1か月続けば、JABA岡山大会、京都大会の「連覇」すらあるかとも考えます。もう来週とかの話ですからね。

DSC_1159_201704070516179ca.jpg
対するJR西日本。3安打2四球では、手も足も出なんだ、と言ってもいいような攻撃。惨敗に等しいかも知れません。唯一の光明は「三振が少なかった」事くらい。ただ、ヒットになったとは言え、バットが折れたりした場面もあったので現状、攻撃陣に関しては「底」かなとも思います。

DSC_1156_20170407051616a16.jpg
ピッチャー陣に関しては、もうこれは相手が良すぎたとしか言いようがありません。今後の大阪ガス打線の動向は分かりませんが、ぶっちゃけピークにぶつかってしまった、と考えるしかないなぁ。

豪打に沈められたJR西日本。日付変わって今日は岡山大会前最後のオープン戦、三菱重工神戸・高砂と対戦。スカッと勝って、気持ちよく広島に帰ってもらって、岡山大会に臨んでほしいですが・・・。

――――――天気が良くないなぁ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.07 / Top↑
4月に入り新年度も始まり、そしてプロ野球の各公式戦も始まり、野球を初め屋外でのスポーツ観戦にはよい季節になりました。とは言うものの、花粉症持ちの方には厳しい季節、にもなります。

社会人野球はと言いますと、まだ春風そよぐ季節ですが、JABA静岡大会、四国大会、岡山大会などなど、早くも紅葉の季節に向けての熱きサヴァイバルが始まっています。企業チームは、10月末から始まる、社会人野球日本選手権の出場権を獲得するべく、東奔西走する季節にもなりました。

そして私は通常休暇の水曜日、大阪ガス対三菱重工神戸・高砂のオープン戦を観戦するべく、大阪ガス今津綜合グラウンド野球場まで出掛けてきました。

DSC_0003_201704060132129b6.jpg DSC_0004_201704060132266d3.jpg
DSC_0006_20170406013223319.jpg DSC_0009_201704060132276f2.jpg
で、記念すべき?今年最初の今津グラウンドだったんですが、大幅に出遅れ。到着したのは試合開始予定時刻の約30分前。5分0分の繰り上げスタートが常識になっている社会人野球(特にオープン戦)ともなると「遅刻」は厳禁。ちなみに私は、試合開始予定時刻の1時間前到着を常としてます。

DSC_0012_2017040601335522e.jpg DSC_0015_20170406013419408.jpg
DSC_0020_20170406013407977.jpg DSC_0021_201704060134219f7.jpg
なので、もう両チームの試合前練習はほぼ終わりの状態、でした。あとはただただ、阪神園芸仕込みの、大阪ガスの選手によるグラウンド整備を眺めるだけ、でしあt。まぁ遅刻するよりもいいか・・・。



スターティングオーダー
先攻:三菱重工神戸・高砂
1(三)國久智義 (高知中央高校~明星大学)
2(遊)渡邊祥平 (作陽高校~専修大学)
3(二)津野祐貴 (東福岡高校~日本体育大学)
4(右)那賀裕司 (大阪桐蔭高校~立教大学)
5(指)木村侑輝 (敦賀気比高校~大阪体育大学)
6(一)西岡武蔵 (三重高校)
7(捕)渡  将太 (福岡第一高校~亜細亜大学)
8(中)殿川慎哉 (神港学園高校)
9(左)根来祥汰 (滝川第二高校)
DSC_0341_20170405230559612.jpg DSC_0342.jpg
DSC_0343_20170405230552d41.jpg DSC_0344_20170405230603488.jpg
投:伊吹裕次郎(鳴門工業高校~神戸学院大学)

後攻:大阪ガス
1(三)青柳-匠 (金光学園高校~亜細亜大学)
2(二)峰下智弘 (佐賀学園高校~近畿大学)
3(右)土井翔平 (智辨学園高校~法政大学)
4(一)伊藤諒介 (神港学園高校~法政大学)
5(左)古川昂樹 (立命館宇治高校~立命館大学)
6(中)大谷幸宏 (大垣北高校~同志社大学)
7(指)金附佑樹 (和歌山桐蔭高校~筑波大学)
8(捕)岸田行倫 (報徳学園高校)
9(遊)花本太紀 (東大阪大学柏原高校~創価大学)
DSC_0036_201704052304340b9.jpg DSC_0037_2017040523042819f.jpg
DSC_0039_20170405230434a9e.jpg DSC_0041_201704052304266ae.jpg
投:青木貴之 (東大阪大学柏原高校~城西国際大学)

打撃成績
1回表
DSC_0048_20170405230723272.jpg DSC_0049_20170405230720109.jpg DSC_0050_2017040523072429d.jpg
國久     2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
DSC_0060_20170405230837178.jpg DSC_0061_20170405230831236.jpg DSC_0062_20170405230832f94.jpg
渡邊     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_0083_20170405231005cb4.jpg DSC_0084_201704052310093f9.jpg DSC_0085_20170405231007dac.jpg
津野     1-2から4球目を打ってライト前ヒット
DSC_0091_20170405231111537.jpg DSC_0092_20170405231109123.jpg DSC_0093_20170405231112745.jpg
那賀     初球を打ってレフト前ヒット
DSC_0103_2017040523121314b.jpg DSC_0104_20170405231210294.jpg DSC_0105_20170405231213972.jpg
木村     1-0から2球目を打ってセンターへ犠牲フライ
大阪ガス0-1三菱重工神戸高砂
DSC_0129_201704052313565b9.jpg DSC_0130_20170405231403542.jpg DSC_0131_20170405231405720.jpg
西岡     1-2から5球目を打って左中間突破タイムリーツーベースヒット
DSC_0133_20170405231519c62.jpg DSC_0134_201704052315253b1.jpg DSC_0135_20170405231525a8c.jpg
大阪ガス0-3三菱重工神戸高砂
バッターランナー西岡はセカンドを回った所で挟まれタッチアウト

1回裏
青柳     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
峰下     1-2から4球目を打ってライト前ヒット
DSC_0198_20170405231938c96.jpg DSC_0199_20170405231936e4a.jpg DSC_0200_20170405231943da4.jpg
土井     2-2から5球目を打ってショートゴロセカンドフォースアウト
DSC_0212_20170405231817d3e.jpg DSC_0213_20170405231826f7e.jpg DSC_0214_201704052318257aa.jpg
伊藤     2-0から3球目を打ってセンターへ犠牲フライ
DSC_0216_20170405232243dcd.jpg DSC_0217_2017040523225554f.jpg DSC_0221_20170405232254532.jpg
大阪ガス1-3三菱重工神戸高砂
古川     0-1から2球目を打ってレフトへツーベースヒット
大谷     2-1から4球目を打ってショートゴロ

2回表
渡      1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
殿川     初球を打ってピッチャー強襲内野安打
DSC_0287_201704052324482ed.jpg DSC_0288_20170405232457cff.jpg DSC_0289_20170405232459db5.jpg
根来     1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
國久     0-1から2球目を打ってファーストゴロホームフォースアウト
渡邊     1-1から3球目を打ってサードゴロダプルプレイ
(サード→キャッチャー→ファースト)

2回裏
DSC_0322_201704052326300e0.jpg DSC_0323_2017040523263384c.jpg DSC_0324_20170405232635fa8.jpg
金附     2-2から6球目を打ってレフトオーバーツーベースヒット
DSC_0334_2017040523273958a.jpg DSC_0335_2017040523273550e.jpg DSC_0336_201704052327395d6.jpg
岸田     初球を打ってピッチャーゴロ
花本     0-2から3球目を打ってセカンドゴロ セカンドランナー金附はサードへ
DSC_0362_201704052328511a4.jpg DSC_0363_2017040523285148e.jpg DSC_0364_201704052328528a0.jpg
青柳     1-1から3球目を打ってレフトフライ

3回表
津野     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ
那賀     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_0427_20170405233014543.jpg DSC_0428_20170405233020cb6.jpg DSC_0429_20170405233024733.jpg
木村     0-2から3球目を空振り三振
DSC_0443_20170405233127984.jpg DSC_0444_2017040523312837e.jpg DSC_0445_201704052331292f4.jpg
西岡     1-0から2球目を打ってレフトへツーベースヒット
DSC_0447_20170405233315cea.jpg DSC_0448_2017040523330287d.jpg DSC_0449_20170405233315df7.jpg
DSC_0451_20170405233326c15.jpg DSC_0452_201704052333228aa.jpg DSC_0454_20170405233329e3c.jpg
ファーストランナー那賀ホームタッチアウト

3回裏
DSC_0469_20170405233429e05.jpg DSC_0470_20170405233426c95.jpg DSC_0471_20170405233429cd5.jpg
峰下     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
土井     0-1から2球目を打ってセンターフライ
伊藤     初球を打ってピッチャーゴロダプルプレイ

4回表
渡      1-0から2球目を打ってライト前ヒット
殿川     2-2から6球目をを打ってピッチャーゴロセカンドフォースアウト
根来     3-1から5球目を選んでフォアボール
國久の代打徳田真優(広陵高校~関西学院大学) 1-1から3球目を打ってライトフライ

大阪ガス選手交代
DSC_0582_201704052336024ab.jpg DSC_0583_201704052336039dc.jpg
DSC_0584_20170405233606420.jpg DSC_0585_20170405233602417.jpg
ピッチャー青木に代えて飯塚孝史(履正社高校)

DSC_0610_20170405233747c6d.jpg DSC_0611_20170405233754587.jpg DSC_0614_20170405233752460.jpg
渡邊     0-2から3球目を空振り三振

4回裏
三菱重工神戸高砂選手交代

代打徳田がそのまま入りサード

DSC_0623_20170405234015b15.jpg DSC_0624_20170405234014d13.jpg DSC_0625_2017040523402619f.jpg
古川     1-0から2球目を打ってライトへソロホームラン
DSC_0629_2017040523402689c.jpg DSC_0630_20170405234021b36.jpg DSC_0635_20170405234029e4d.jpg
大阪ガス2-3三菱重工神戸高砂
DSC_0654_20170405234327cd5.jpg DSC_0655_20170405234332a6b.jpg DSC_0657_20170405234335b7d.jpg
大谷     フルカウントから7球目を打ってセンター前ヒット
金附     初球をピッチャー前送りバント
岸田     1-1から3球目を打ってサード内野安打
DSC_0686_20170405234444d67.jpg DSC_0687_201704052344464a5.jpg DSC_0688_201704052344483b8.jpg
花本     初球を打ってセンター前タイムリーヒット
大阪ガス3-3三菱重工神戸高砂

三菱重工神戸高砂選手交代
DSC_0694_20170405234744c82.jpg DSC_0695_2017040523475447c.jpg
DSC_0696_201704052347545f1.jpg DSC_0697_201704052347542e6.jpg
ピッチャー伊吹に代えて高橋涼平(寒川高校~駒澤大学)
キャッチャー渡に代えて森山誠(金沢高校~専修大学)

青柳     1-1から3球目を打ってレフト前タイムリーヒット
DSC_0711_20170405234921316.jpg DSC_0712_20170405234932b42.jpg DSC_0713_20170405234935a0b.jpg
大阪ガス4-3三菱重工神戸高砂
DSC_0739.jpg DSC_0740_201704052351119a2.jpg DSC_0741_20170405235113ff9.jpg
峰下     2-2から5球目を打ってセカンドゴロダプルプレイ

5回表
DSC_0743_20170405235237fad.jpg DSC_0744_201704052352367db.jpg DSC_0745_20170405235241eae.jpg
津野     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ
那賀     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_0752_20170405235425044.jpg DSC_0753_20170405235435a69.jpg DSC_0754_201704052354364bd.jpg
木村     初球を打ってサードゴロ

5回裏
土井     フルカウントから6球目を空振り三振
DSC_0799_20170405235607e86.jpg DSC_0800_20170405235616c25.jpg DSC_0801_2017040523561726c.jpg
伊藤     2-1から5球目を打って右中間突破ツーベースヒット
古川     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_0857_20170405235753f5f.jpg DSC_0858_20170405235746c5c.jpg DSC_0859_201704052357550ff.jpg
大谷     3-0から4球目を打って右中間突破タイムリースリーベースヒット
DSC_0867_201704052358538a1.jpg DSC_0870_20170405235851b50.jpg DSC_0872_20170405235858b48.jpg
大阪ガス6-3三菱重工神戸高砂
DSC_0876_20170405235947fab.jpg DSC_0877_20170405235951cb3.jpg DSC_0878_20170405235950f9b.jpg
金附     初球を打ってセンターへ犠牲フライ
大阪ガス7-3三菱重工神戸高砂
岸田     初球を打ってサードゴロ

6回表
大阪ガス選手交代

サード青柳に代えて近藤竜二(育英高校)

DSC_0907_20170406000136023.jpg DSC_0908_20170406000147809.jpg DSC_0909_20170406000149ce0.jpg
西岡     フルカウントから6球目を打ってセンターオーバーツーベースヒット
森山     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
殿川     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0968_20170406000525b8f.jpg DSC_0969_2017040600053805b.jpg DSC_0970_20170406000538c80.jpg
根来の代打福田和弘(明徳義塾高校~道都大学) 1-か4ら球目を打ってサードゴロダプルプレイ
サードランナー西岡ホームイン

大阪ガス7-4三菱重工神戸高砂
DSC_0990_20170406000653971.jpg DSC_0991_20170406000655be2.jpg DSC_0992_201704060006527ee.jpg
徳田     フルカウントから6球目を空振り三振

6回裏
三菱重工神戸高砂選手交代

代打福田がそのまま入りレフト
DSC_1005_20170406000817a1e.jpg DSC_1006_20170406000831579.jpg
DSC_1007_201704060008351fd.jpg DSC_1008_201704060008348a0.jpg
ピッチャー高橋に代えて若竹竜士(育英高校~阪神タイガース)

花本     2-2から5球目を打ってライトフライ
DSC_1032_20170406001023e46.jpg DSC_1033_201704060010304cc.jpg DSC_1034_2017040600103394f.jpg
近藤     1-0から2球目を打ってライト前ヒット
峰下     2-2から7球目を空振り三振
ファーストランナー近藤セカンド盗塁失敗

7回表
渡邊     1-2から4球目を打ってセカンドフライ
DSC_1098_20170406001143a6f.jpg DSC_1099_201704060011466bb.jpg DSC_1100_201704060011428cf.jpg
津野     2-2から5球目を空振り三振
那賀     0-2から4球目を空振り三振

7回裏
DSC_1116_20170406001340ca4.jpg DSC_1117_201704060013465ab.jpg DSC_1118_2017040600134921d.jpg
土井     1-0から2球目を打ってショートゴロ
伊藤     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_1179_20170406001558993.jpg DSC_1180_20170406001604c7c.jpg DSC_1181.jpg
古川     2-2から7球目を空振り三振
大谷     フルカウントから8球目を空振り三振

8回表
大阪ガス選手交代

ライト土井に代えて登地慶輔(常葉学園菊川高校)

DSC_1261_20170406001746cb0.jpg DSC_1262_201704060017572a1.jpg DSC_1263_20170406001758f18.jpg
木村の代打藤原隆蒔(近江高校~京都産業大学) 2-2から8球目を打ってライト前ヒット
DSC_1279_20170406002123f69.jpg DSC_1280_2017040600213563a.jpg DSC_1281_201704060021387da.jpg
西岡     2-1から4球目を打ってセンターフライ
次打者森山の4球目にファーストランナー藤原セカンド盗塁成功
DSC_1308_201704060022242bc.jpg DSC_1310_20170406002229364.jpg DSC_1312_20170406002231ac6.jpg
森山     フルカウントから6球目を打ってセンターフライ
殿川     初球を打ってピッチャーゴロ

8回裏
DSC_1322_2017040600235898f.jpg DSC_1323_20170406002406b53.jpg DSC_1324_201704060024095c9.jpg
金附     2-1から4球目を打ってレフトオーバーソロホームラン
DSC_1326_20170406002542b4b.jpg DSC_1329_201704060025338b4.jpg DSC_1332_201704060025392ed.jpg
大阪ガス8-4三菱重工神戸高砂
岸田の代打室屋 2-2から5球目を空振り三振
DSC_1349_201704060027415d8.jpg DSC_1350_20170406002745c9f.jpg DSC_1352_20170406002748e99.jpg
花本     初球を打ってショートゴロ
DSC_1349_20170406002855bd8.jpg DSC_1350_20170406002854db7.jpg DSC_1351_201704060028566cc.jpg
近藤     初球を打ってレフトフライ

9回表
大阪ガス選手交代

DSC_1369_201704060029584cc.jpg DSC_1371_20170406003006777.jpg
DSC_1372_20170406003009671.jpg DSC_1373_201704060030127b9.jpg
ピッチャー飯塚に代えて古都成輝(須磨学園高校)
代打室屋に代えてキャッチャー鳥飼力斗(鳥取城北高校)

殿川の代打松原鴻介(大阪桐蔭高校~関西学院大学) 2-2から5球目を空振り三振
福田     0-2から3球目を空振り三振
DSC_1414_201704060031418eb.jpg DSC_1415_20170406003151f97.jpg DSC_1416_20170406003150bda.jpg
渡邊     2-2から5球目を打ってライトフライ

DSC_1419_20170406012756a32.jpg
試合終了!

三菱神高 300 001 000 4
大阪瓦斯 100 330 10X 8


投手成績
三菱重工神戸・高砂
伊吹  3.2回 18人 43球 9被安打 0与四死球 0奪三振 4失点 4自責点
高橋  1.1回  8人 31球 3被安打 1与四死球 1奪三振 3失点 3自責点
若竹  3  回 11人 48球 2被安打 1与四死球 4奪三振 1失点 1自責点

大阪ガス
青木  3.2回 19人 68球 8被安打 3与四死球 1奪三振 3失点 3自責点
飯塚  4.1回 15人 64球 3被安打 1与四死球 4奪三振 1失点 1自責点
古都  1  回  3人 13球 0被安打 0与四死球 2奪三振 0失点 0自責点



DSC_1420_20170406010945a81.jpg
企業チーム同士のオープン戦としては、両チームとも比較的打線が活発だったように思います。ピッチャーが悪かったわけではなく、みなしっかりスイング出来ている結果。ピッチャーも四球連発とか、内容が悪いわけではないので、心配はなかろうかな、と。それでも反省材料はあるでしょうけどね。

DSC_1426_201704060109567fb.jpg
大勝した大阪ガス打線で目立ったのはまず金附選手。あまり本格的に大阪ガスの公式戦等を」みないのでアレですが、なかなかスターティングメンバーに出る事がない。しかしながらこの試合では2打数2安打2打点1ホームラン。峰下選手や土井選手とのクリーンアップ争いかとは思いますが、年齢的にも若手を脱する25歳。スタメンに定着してほしいな、と。

クリーンアップ争いでは古川選手も候補かな。この試合では3打数2安打1ホームラン。彼もまた、比較的下位打線の印象が強いですが、パンチ力はなかなかのもんだと思いますがいかがでしょう。

あとはピッチャー。飯塚投手が比較的長いイニングを投げました。彼もまた、昨年の社会人野球日本選手権でノーヒットノーランを達成した猿渡眞之投手同様、リリーフのイメージが強いんですが、酒居知史、土肥星也(千葉ロッテマリーンズ)と、」先発が2人抜けた穴を埋めるべくの「転向」でしょうか。

DSC_1424_2017040601094946a.jpg
大阪ガスの話ばっかりになりましたが、神高さんも、馴染みは薄いとは言え近畿地区のチーム。昨年はJABA京都大会優勝決定戦まで勝ち上がりました。都市対抗野球大会には31回、社会人野球日本選手権には21回出場の強豪。応援されてる方もたくさんおられます。今年の活躍に期待。


しかし、記憶が確かなら、未だにここ大阪ガス今津総合グラウンド野球場で、大阪ガスが負けたのを観た覚えがありません。これぞ正しく、究極の「ホームアドバンテージ」なのか?」


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.06 / Top↑
2017年度の、JR西日本野球部公式サイトのスケジュールのページは比較的遅く、3月7日でした。去年は2月19日だったので、約半月遅れでした。遅れとは言え、いつ更新されるかは不明なので、観に行く方としてはただただ「待つだけ」なんですが。

そんな中、目を引いたのがこのチームとの対戦。

室蘭シャークス

DSC_0062_201704040057043d1.jpg DSC_0063_20170404005657e6f.jpg
そもそも、北海道のチームを目にする事が、都市対抗野球大会や日本選手権でもない限りあまりない。もっとも、私が見落としている、若しくは観に行けない日、と言うのもあったかも知れませんが、この試合を観戦したのは「月曜日」。もうこれは私に「観に来てね」と言ってるようなもの(違う)、てんで、長駆広島まで、青春18きっぷと新幹線を駆使して、観戦に行ってきました。

DSC_0065_20170404010545685.jpg DSC_0064_20170404010524a9b.jpg
その前に、室蘭シャークスとは何ぞや、って話。

DSC_0070_201704040107468af.jpg DSC_0072_20170404010726cdb.jpg
昔、新日鐵室蘭硬式野球部と言うのがありましたが、それが1995年に休部(同年、新日鐵堺、新日鐵光も休部)。その後、有志の方々が「クラブチーム」という形で室蘭シャークスを立ち上げ。その後は再び、新日鐵住金がスポンサーになりましたが、チーム名の変更にないまま、現在に至ります。

DSC_0147_201704040054395d8.jpg DSC_0150_201704040054367e2.jpg
DSC_0152_20170404005438277.jpg DSC_0161_20170404005441ff4.jpg
今シーズンからは、前オリックスバファローズの佐藤峻一投手(北海道常呂郡置戸町出身)が新たに加わり、室蘭シャークスとしての都市対抗野球大会、社会人野球日本選手権出場を目指します。

DSC_0138_20170404011125b34.jpg DSC_0143_20170404011126912.jpg
DSC_0174_20170404011129744.jpg DSC_0180_201704040111081f4.jpg
DSC_0052_20170404011722d87.jpg
その室蘭シャークス、三日後には四国・松山坊っちゃんスタジアム他で行われる社会人野球日本選手権対象・JABA四国大会に挑みます。開幕直前最後のオープン戦。さて勝負の行方や如何に。

DSC_0050_201704040119398b1.jpg DSC_0051_20170404011942b0c.jpg
DSC_0068_20170404011928609.jpg DSC_0069_20170404011940d9c.jpg
かたや、迎え撃つJR西日本硬式野球部。先の松本旗三浦旗大会では惜しくも準優勝に終わってしまいました。が、まだまだ闘いは始まったばかり。次の大きな大会は、4月12日から始まるJABA岡山大会。この大会にも、社会人野球日本選手権の出場権がかけられています。

DSC_0094_20170404012248689.jpg DSC_0107_20170404012256ad3.jpg
DSC_0111_20170404012232812.jpg DSC_0121_20170404012233a0d.jpg
DSC_0073_201704040125072e5.jpg
同じ広島県から、三菱重工広島硬式野球部も参加しています。どっちが勝っても嬉しいし、優勝決定戦で顔を合わせてくれたらそれはそれで嬉しいんですが、個人的には悶絶死してしまいそうで困るんです。JR西日本にとっては「仕切り直し」の一戦。相手にとって不足なし、のオープン戦です。



スターティングオーダー
※赤い文字は新入社員選手
先攻:室蘭シャークス
1(中)飯田篤史 (駒大苫小牧高校~苫小牧駒澤大学)
2(遊)田中貢大 (神村学園高校~第一工業大学)
3(一)佐々木大樹(花巻東高校~東海大学)
4(指)岩下誠弥 (鹿児島実業高校~第一工業大学)
5(三)野原諒介 (沖縄水産高校~富士大学)
6(二)大石悠介 (駒大苫小牧高校~関東学院大学)
7(右)比嘉泰裕 (沖縄水産高校~富士大学)
8(捕)井川直人 (白樺学園高校)
9(左)小山内遼 (東奥義塾高校~富士大学)
DSC_0690_201704040209332af.jpg DSC_0691_20170404020925a11.jpg
DSC_0693_201704040209327a4.jpg DSC_0694_20170404020929c5c.jpg
投:平良亮太 (浦添工業高校~富士大学)

後攻:JR西日本
1(指)佐藤直樹 (報徳学園高校)
2(二)伊與田一起(明徳義塾高校~専修大学)
3(左)蔵枡孝宏 (広陵高校~法政大学)
4(遊)田村 強 (玉野高校~大阪体育大学)
5(右)亀井優輝 (東洋大姫路高校~関西国際大学)
6(一)鳥居丈寛 (愛工大名電高校~東洋大学)
7(三)安田直人 (明徳義塾高校~拓殖大学)
8(捕)西山統麻 (智辨学園和歌山高校)
9(中)原田拓実 (秀岳館高校)
DSC_0207_20170404024947586.jpg DSC_0208_201704040249207d1.jpg
DSC_0209_20170404024923605.jpg DSC_0211_2017040402491670f.jpg
投:佃 勇典 (広島商業高校~拓殖大学)

新入社員野手を全員出場と言った思い切ったスターティングオーダー。とは言うものの、こんな試合でもない限りは不可能なスタメン。相手は週末に大会を控える強豪・室蘭シャークス。自身の力量をはかるにはもってこい。花本監督もおそらく「やってみろ」の心境かと。先発ピッチャーは佃勇典。

審判員
球審:佐々木(BFJ) 一塁:加賀美(JR西日本) 二塁:橋本(JR西日本) 三塁:長谷川(室蘭S)



打撃成績
※以下、守備位置変更等は省略している部分があります。ご了承ください。
1回表
飯田     2-2から5球目を打ってセンター前ヒット
DSC_0248_20170404014126bad.jpg DSC_0249_20170404014129ada.jpg DSC_0250_20170404014128c5e.jpg
田中     1-2から4球目を送りバント失敗三振
DSC_0266_201704040139365b1.jpg DSC_0268_20170404013949cd6.jpg DSC_0269_2017040401394553e.jpg
佐々木    0-2から3球目を打ってライトフライ
DSC_0277_20170404013746c11.jpg DSC_0278_201704040137383ff.jpg DSC_0281_2017040401374722b.jpg
岩下     0-1から2球目がデッドボール
野原     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0319_20170404014430040.jpg DSC_0320_201704040144196aa.jpg DSC_0322_20170404014410eda.jpg
大石     1-0から2球目を打ってセンター前タイムリーヒット
JR西日本0-1室蘭シャークス
比嘉     フルカウントから7球目を選んで押し出しフォアボール
JR西日本0-2室蘭シャークス
井川     0-2から3球目を空振り三振

△立ち上がりからフォアボールやデッドボールでランナーを溜めてガツン、と荒れ放題の佃投手。松本旗三浦旗大会から中6日での登板となりましたが、あまり修正らしい修正は出来てないように見えました。低めに意識は行ってるんだろうけど、何かしらボールにキレがなかったなぁ。かなり心配。

▲右足首付近にデッドボールを受けた岩下選手。この後もベンチ裏でかなり長時間、治療されていました。四国大会出場に盈虚がなければいいんですが・・・・。

1回裏
DSC_0373_20170404014600916.jpg DSC_0374_20170404014544501.jpg DSC_0375_20170404014555a6b.jpg
佐藤     初球を打ってライト前ヒット
次打者伊與田の2球目前にファーストランナー佐藤牽制タッチアウト
DSC_0393_201704040147232d9.jpg DSC_0394_20170404014719d81.jpg DSC_0395_20170404014716162.jpg
伊與田    3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0409_20170404014850d95.jpg DSC_0410_20170404014843f61.jpg DSC_0411_20170404014858cbc.jpg
蔵枡     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
田村     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_0495_201704040150536f9.jpg DSC_0496_20170404015041328.jpg DSC_0497_20170404015050e58.jpg
亀井     1-2から6球目を打ってサードゴロダブルプレイ

2回表
小山内    0-1から2球目を打ってショートゴロ
飯田     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0517_201704040152272bd.jpg DSC_0518_201704040152269d6.jpg DSC_0519_20170404015232fec.jpg
田中     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
DSC_0555_201704040155167ff.jpg DSC_0556_20170404015512b34.jpg DSC_0557_20170404015505d32.jpg
佐々木    フルカウントから7球目を打ってショートゴロダブルプレイ

2回裏
安田     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_0605_201704040156588b3.jpg DSC_0606_2017040401564835d.jpg DSC_0607_20170404015710fa8.jpg
鳥居     2-1から4球目を打ってライトフライ
DSC_0624_20170404015852826.jpg DSC_0625_20170404015853caa.jpg DSC_0626_201704040158558b6.jpg
西山     1-2から4球目を打ってライト前ヒット
ファーストランナー安田はサードへ
原田拓    3-1から5球目を打ってサードゴロ サードランナー安田ホームイン
JR西日本1-2室蘭シャークス
DSC_0651_20170404020357c37.jpg DSC_0652_20170404020328729.jpg DSC_0653_20170404020317953.jpg
佐藤     1-0から2球目を打ってライトフライ

3回表
DSC_0657_20170404020537693.jpg DSC_0658_20170404020528420.jpg DSC_0659_20170404020532fc6.jpg
岩下     1-1から3球目を打ってセンターフライ
DSC_0669_201704040207309ab.jpg DSC_0670_20170404020717d09.jpg DSC_0671_20170404020726791.jpg
野原     1-1から3球目を打ってショートフライ
大石     0-2から3球目を打ってレフトフライ

△肩が暖まったのか佃投手、ようやく三者凡退のイニングひとつ。しかしながらこの回でお役御免。

3回裏
伊與田    フルカウントから6球目を打ってライトフライ
DSC_0713_20170404021932bee.jpg DSC_0714_2017040402185728b.jpg DSC_0715_20170404021909c1d.jpg
蔵枡     ストレートのフォアボール
田村     フルカウントから6球目を打ってサードゴロ
セカンドへ送球もセーフ ファーストへは悪送球
DSC_0729_20170404022211199.jpg DSC_0730_20170404022204a01.jpg DSC_0731_2017040402220805f.jpg
亀井     初球を打ってセンターフライ
DSC_0735_20170404022405b8c.jpg DSC_0737_20170404022404eab.jpg DSC_0738_201704040224294d5.jpg
安田     初球を打ってショートゴロ

4回表
JR西日本選手交代

DSC_0741_20170404022558d75.jpg DSC_0743_2017040402261360c.jpg
DSC_0745_20170404022557863.jpg DSC_0746_2017040402262978c.jpg
ピッチャー佃に代えて納富秀平(九州国際学院高校~法政大学)

比嘉     0-2から3球目を打ってライトフライ
井川     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
小山内    1-2から4球目を空振り三振
DSC_0813_20170404022827613.jpg DSC_0814_20170404022830c9b.jpg DSC_0815_2017040402282787e.jpg
飯田     3-1から5球目を打ってセンターフライ

4回裏
鳥居     1-2から4球目を打ってライトフライ
西山     初球を打ってショートゴロ
原田拓    2-2から5球目を見逃し三振

5回表
JR西日本選手交代

キャッチャー西山に代えて石畑圭佑(広陵高校~明治大学)

田中     2-2から5球目を打ってショートゴロ
佐々木    フルカウントから6球目を空振り三振
岩下     フルカウントから7球目を空振り三振

△この回頭から、ピッチャーではなくキャッチャーを交代。呼吸の問題なのかいろいろお試しなのか。明らかに縦のカーブとかを多投させ、先の1イニングとは違った攻め方。キャッチャーが皆、それなりに出場機会をもらおうとすると、やはり前面に出さねばいかんのは、ボールの組み立てかと。

5回裏</span>
室蘭シャークス選手交代

ピッチャー平良に代えて山口綜(北海道尚志学園高校~国士舘大学)

佐藤     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
伊與田    初球をピッチャー前送りバント
蔵枡     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_0885_20170404023028f47.jpg DSC_0886_20170404023029483.jpg DSC_0887_2017040402303236d.jpg
田村     1-1から3球目を打ってレフト前タイムリーヒット
JR西日本2-2室蘭シャークス
亀井の代打高木智大(福岡大学大濠高校~法政大学) 0-1から2球目を打ってセンターフライダブルプレイ

6回表
JR西日本選手交代

代打高木がそのまま入りライト
ファースト鳥居に代えて林誉之(清峰高校~福岡大学)
センター原田拓に代えて田中勇次(鳴門工業高校~明治大学)

野原     2-0から3球目を打ってセカンドゴロ
大石     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
比嘉     1-2から4球目を打ってライトフライ
井川     1-2から4球目を空振り三振

△納富投手も3イニングで終了。昨年入社の齋藤投手や西川投手の急激な成長のせいか、久しぶりに観ましたが、まだまだ「引っ張って」もらいたい存在。年齢も生え抜きでは二番目もうすぐ26歳。野球選手としては今からが一番、チカラを発揮出来る時期、ではないでしょうか。
6回裏
室蘭シャークス選手交代

DSC_1000_20170404023252d16.jpg DSC_1002_2017040402323640d.jpg
DSC_1003_201704040233155b8.jpg DSC_1006_20170404023318052.jpg
ピッチャー山口に代えて鈴木駿也(山形中央高校)

安田     2-2から5球目を空振り三振
林      2-2から5球目を打ってサードゴロ
石畑     3-1から5球目を選んでフォアボール
田中     2-2から6球目を見逃し三振

7回表
JR西日本選手交代

DSC_1054_20170404023513ff5.jpg DSC_1055_20170404023525967.jpg
DSC_1056_20170404023547791.jpg DSC_1058_201704040235284d3.jpg
ピッチャー納富に代えて湧川雄貴(中部商業高校~愛知産業大学)

△3月7日に、利き腕の右手に打球を受け退場。その後「打撲により全治三週間」の診断が。当然、その一週間後の東京スポニチ大会では登板出来ず。チーム関係者の方から「(ある程度期待はしてましたが)目指せ都市対抗野球予選」とも伺ってましたが、大幅な繰り上げスタートになりました。

小山内    初球を打ってセンター前ヒット
飯田     初球ファウルの際に守備妨害でアウト
田中     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
佐々木    2-2から6球目を空振り三振
岩下     0-2から3球目を空振り三振

DSC_1078_20170404023745077.jpg DSC_1079_20170404023748890.jpg
DSC_1081_20170404023811fb0.jpg DSC_1082_201704040238138e8.jpg
△湧川投手、復帰登板と言う事で、この回はやや固かったかな。若干チカラが入り過ぎてたような。それでもやはり、空振りを取れるボールが行ってるのは順調に復調している証拠かと思われます。

7回裏
室蘭シャークス選手交代

ピッチャー鈴木に代えて今崎淳次郎(駒大苫小牧高校~関東学院大学)

佐藤     1-2から4球目を空振り三振
伊與田    0-2から3球目を打ってセカンドゴロ
蔵枡     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ

8回表
代打井上俊樹(札幌光星高校~大阪体育大学) 2-1から4球目を打ってセンターフライ
大石     2-1から4球目を打ってセカンドフライ
代打若松一吉(北海高校~亜細亜大学) 2-2から7球目を打ってショートゴロ

△湧川投手2イニング目。球数を重ねる程に「打たせて取る」ピッチングが出来てきてる。投げる時の声も熱を帯びてきた。JABA岡山大会まではあと一週間足らず。さらにその先のはJABA京都大会と、日本選手権対象大会が立て続けに控えています。ここに完全復帰を持ってくるのか、それともあくまで都市対抗予選をピークにするのか。何にしろ頼もしい人が帰ってきました。

8回裏
田村     1-2から4球目を打ってショートゴロ
DSC_1119_201704040240143c3.jpg DSC_1120_20170404024029cff.jpg DSC_1123_201704040240132c5.jpg
代打吉澤翔吾(日本大学第三高校~早稲田大学) 1-2から4球目を空振り三振
安田     ストレートのフォアボール
次打者林の4球目にファーストランナー安田セカンド盗塁成功
林      2-2から5球目を打ってセカンドゴロ

9回表
代打奥野理大(旭川大学付属高校~東京農業大学北海道) 0-2から3球目を打ってサードゴロ
小山内    2-2から7球目を見逃し三振
飯田     1-2から4球目を打ってレフト前ヒット
田中     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ

9回裏
室蘭シャークス選手交代

DSC_1165_201704040242594e8.jpg DSC_1167_201704040242461f4.jpg
ピッチャー今崎に代えて下川原駿(浦河高校~日本体育大学)

石畑     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_1197_201704040244475e0.jpg DSC_1198.jpg DSC_1199_2017040402444409c.jpg
田中     フルカウントから8球目を打ってショートゴロ
佐藤     1-2から4球目を打ってピッチャーゴロ

画像の大半は三塁ベンチ横から撮影していますが、午後からだと逆光、しかも各ネットがクリーム色に塗装されているので、どうしても白い影が写りこんでしまいます。かと言って一塁側のこの位置はブルペンになっているので入れません。もっと特訓しなければいけませんな――――――。

室蘭市 200 000 000 2
広島市 010 010 000 2


投手成績
室蘭シャークス
平良   4回 18人 70球 3被安打 4与四死球 1奪三振 1失点 1自責点
山口   1回  5人 14球 2被安打 1与四死球 0奪三振 1失点 1自責点
鈴木   1回  4人 21球 0被安打 1与四死球 2奪三振 0失点 0自責点
今崎   2回  7人 28球 0被安打 1与四死球 2奪三振 0失点 0自責点
下川原 1回  3人 14球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点

JR西日本
佃    3回 15人 57球 3被安打 4与四死球 1奪三振 2失点 2自責点
納富  3回 11人 52球 1被安打 1与四死球 4奪三振 0失点 0自責点
湧川  3回 12人 45球 3被安打 0与四死球 3奪三振 0失点 0自責点



DSC_1219_20170404031909598.jpg
室蘭シャークスは7安打、JR西日本は5安打と、打線に関してはやや低調な試合になってしまいましたが、ほぼ初対面の試合ともなるとこうなるんでしょう。特に室蘭シャークスは、大会を目前に控えている故、多くを求めても手遅れの時期。実戦感覚だけは失わぬよう、と言う意味合いもあったかな。

DSC_1222_20170404031850c8d.jpg
個人的に「ほーっ」と思ったのは、4番手で登板した今崎淳次郎投手。身長183cm84kgの堂々たる体格。投球練習でも、低めにキレのよいストレートが投げ込まれ、それだけで球場の空気が引き締まりました。大卒の3年目。これまで付けたチカラが存分に発揮出来る年齢。いい投手でした。

DSC_1223_201704040319032a5.jpg
対するJR西日本。湧川投手と言う、重要なピースが戻ってきました。今後は実戦感覚を取り戻しつつ、長いイニングを投げる為のスタミナを呼び戻す段階に入るものと思われますが、この日のピッチングを見てると、2~3イニングのリリーフなら今すぐにでも行けるようにも感じます。

ただ、ピッチャーってのはデリケートなポジション。特に湧川投手の場合は、これまで獅子奮迅の活躍をしてきただけに、それにとって代わるだけの力量を持ったピッチャーが望まれます。次のJABA岡山大会、湧川投手が投げるかどうかは分かりませんが、それを補って余りある選手もいます。

いずれにしろ、メンバーがほぼ整ったJR西日本硬式野球部。リセットして、JABA岡山大会までの二週間弱、体調を十分に整えて、臨んでいただきたいと思っております。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2017.04.04 / Top↑