さて、JABA高砂大会で観戦した全6試合、おおっぴらに出来ないゴタゴタもありましたが、すべてアップが終わりました。そして今回初めて「高砂市野球場」に行く事が出来ました。

思えば兵庫県と言う所は、西宮市にある阪神甲子園球場を初め、姫路市に姫路球場、明石市の明石公園野球場など、大阪湾岸の主要都市には、必ずと言って良いほど、スタンド付きのスタジアムがあります。大和川を南下すると「さっぱり」な大阪府民にとっては羨ましい限り、ではありますが。

DSC_0003_20181014011515e75.jpg DSC_0004_2018101401152291d.jpg
おはようございます大阪駅。この時期は「鉄道の日記念JR全線乗り放題きっぷ」のシーズンではありますが、いつの間にか「3日間連続使用」と言う、実にめんどくさい条件が付加されてしまい、さらにはJR西日本区間限定のそれも発売されなくなり、中長距離の在来線移動はし辛くなりました。

DSC_0007_20181014011532919.jpg DSC_0008_20181014011539998.jpg
おはようございますJR神戸線宝殿駅。俗に言う「加古川より向こうの人」が利用する駅です。

DSC_0010_20181014011720f1f.jpg DSC_0011_2018101401172953d.jpg
本来ならここから、高砂市のコミュニティバス「じょうとんバス」を利用したいところですが、如何せん、高砂市野球場最寄りの「総合運動公園口」への便が少ない、と言う事で、宝殿駅からは、JR西日本レンタカーが運営するレンタサイクル「駅リンくん(1日350円)」を利用しました。

DSC_0013_20181014011819736.jpg DSC_0014_20181014011827156.jpg
まずは駅前の通りを直進。最初の交差点は「宝殿駅前」。右の道路は国道2号線。ここにセブンイレブンがあるので、何か買っていくならここが良かろうと思います。

DSC_0015_201810140121364b3.jpg DSC_0016_20181014012139c55.jpg
国道2号線を西へ、つまりは駅前から来て交差点を右折。次の信号機のある「島交差点」を左折。急に一車線道路になりますが、途中から対面通行になります。

DSC_0017_201810140122268d6.jpg DSC_0018_20181014012233912.jpg
先のセブンイレブンからものの5分で「高砂市総合運動公園」の駐車場が見えてきます。

DSC_0019_2018101401234851e.jpg
もう少し走ると、正面入口(と言っていいのかな)に着きます。中央に見えているのは「じょうとんバス」の停留所「総合運動公園口」。往復バスを使うよりはレンタサイクルの方が安いです。

DSC_0020_201810140124244fa.jpg
「高砂市総合運動公園」の案内。11月の欄に「JABA社会人野球大会」とありますが、これは「第4回JABA近畿クラブ会長杯大会」の事。観戦出来るかどうかは現在のところ不透明です。

DSC_0022_20181014012516ac1.jpg DSC_0023_2018101401252537b.jpg
総合体育館。この向かいに陸上競技場がありますが、その傍に自転車置き場があります。

DSC_0024_201810140126041fa.jpg DSC_0025_2018101401261377a.jpg
体育館と陸上競技場の間を少し歩くと、野球場が見えてきます。

DSC_0026_20181014012732f5b.jpg DSC_0027_20181014012736854.jpg
野球場正面。

DSC_0028_20181014012824cc5.jpg DSC_0031_20181014012833cd0.jpg
入口は階段のみ。オープンは昭和47年(1972年)とかなり古め。コンクリート打ちっぱなしのスタンド下コンコースには、高校野球予選等で使用するのか、ささやかながら売店のスペースがあります。「便所」に関しては省略させていただきます。お察しください、としか申し上げられません。

DSC_0032_201810140129231eb.jpg DSC_0057_201810140129366e4.jpg
グラウンド。内野は全面土、外野は天然芝です。外野の芝はかなり手入れが行き届いておる様子。ご覧のように、外野席はすべて芝生席になっています。木陰になっていますが。球場は南東方向を向いているので、暑さをしのぐには最適かと思われます。ただ、傾斜がきつそうではあります。落ち着いて観戦出来るかどうか、はちょっと疑問であります。入場する機会があるかどうか。

DSC_0093_20181014013141144.jpg DSC_5350_20181014013150c80.jpg
フィールドの最大の特徴と言えば、ファウルゾーンの広さ。向きこそ違いますが、広島東洋カープ由宇練習場のそれと比較しても、決して引けを取らない広さ。故にワイルドピッチでもしようものなら。

DSC_0051_20181014013320a4a.jpg
センターに聳え立つバックスクリーン。左端にメンバー表示、右端にランニングスコア。

DSC_0052_2018101401342741b.jpg DSC_8170_201810140134321bb.jpg
いかにも年代物のスコアボードではありますが、カウント表示は「BSO」になっています。チーム名は手書き。数字は元から用意されているモノ。しかしながら優勝決定戦の「3x」は手書きです。

DSC_0053_2018101401353894d.jpg DSC_0054_201810140135446fb.jpg
両翼91.2メートル。なぜか書き換えた痕跡があります。中堅は120メートル。

DSC_0033_201810140136502f0.jpg DSC_0041_20181014013658069.jpg
バックネット裏席。3ブロックだけ背もたれ付き。あとの内野席はすべてベンチシート。ほんの僅かではありますが、屋根が付いています。ファウルボールがぶつかった時はかなりの衝撃音がします。

DSC_3384_201810140139062e3.jpg DSC_3371_2018101401390532f.jpg
三塁側内野席の様子。外野にかけては芝生席になっています。

DSC_0034_201810140140234a2.jpg DSC_0036_20181014014030a27.jpg
その内野芝生席。階段と通路らしきモノがあるので、球場外からも直接入場出来るようです。外野席同様に木陰がありますが、この日は天気があまりにも良かった(内野席に1日いたら焼けました)ので、ここで観戦する人はごく僅かでした。

DSC_0087_2018101401411471c.jpg DSC_0091_20181014014123a26.jpg
内野席のフェンスですか、かなり低く、ライナー性のファウルボールは確実にダイレクトに飛び込んできますが、各種撮影環境としてはS級、ではないでしょうか。

DSC_0098_20181014014226d86.jpg DSC_0099_20181014014235504.jpg
ブルペン。二人同時に投げる事が出来ます。

DSC_0063_20181014014328b91.jpg DSC_0064_201810140143397a1.jpg
高砂市野球場の最大のポイントと言えば、一塁側スタンドからライト後方にかけて聳える岩肌丸出しの山。どうやらかなり昔の採石場の跡らしいのですが、かなり物々しさを醸し出しています。


DSC_3360_201810140147304d8.jpg
設備こそ古めかしいままではありますが、上記のスケジュールの通り、社会人野球では頻繁に使用されているようです。11月末のJABA近畿クラブ会長杯の前には、第14回兵庫県知事杯争奪社会人・大学野球大会も予定されています。末長く使用される事を願います。

2018.10.14 / Top↑