第88回都市対抗野球大会観戦ツアー二日目に突入。メインイベントはこの次の、NTT西日本対JR西日本の試合なんですが、この日はNTT西日本を含め、近畿地区代表チームが3つ出場します。

DSC_0002_20170720005731d1a.jpg DSC_0001_20170720005729696.jpg
都市対抗野球大会の試合の順番と言うのは、抽選で決定したトーナメントのやまがたを、そのまま左から進めるわけではなく、前年度優勝チームは開幕戦に据え、以降は動員、つまりは応援席での集客が見込めるチームを土曜休日に当てはめるように事前に「特定シード会議」なるモノが開かれます。

推測するに、理由はいろいろあろうかと思います。関東地区のチームだったり、本社は関東以外でも、支社なり営業所が関東地区に多数あるチームだったり。そんなチーム同士の対戦、であります。

DSC_0014_20170720010036056.jpg
まずは一塁側・日本生命。

本社こそ大阪市ではありますが「ニッセイのおばちゃん」よろしく営業はもちろん全国規模。当然人口が密集している関東地区にも多数支店なり営業所なりがたくさんあります。

しかも三連休のど真ん中。家族連れで来られる社員の方もおられましょうし、純粋に日本生命野球部のファンの方もおられましょう。実際、試合が始まっても、そんな方々が続々と来場。通常の応援席でもある一塁側内野スタンドにとどまらず外野席、果ては上段席までびっしり埋め尽くされました。

DSC_0012_20170720010036fc9.jpg
かたや横浜市・三菱日立パワーシステムズ。

DSC_0010_201707200103597b6.jpg DSC_0017_20170720010403f89.jpg
旧名・三菱重工横浜としての歴史は、三菱重工業内では一番若いチームではありますが、2014年から三菱重工業と日立製作所の間で火力発電所のインフラ事業統合に於いて新会社設立。同時に硬式野球部の名称も「三菱日立パワーシステムズ(略称:MHPS)」となりました。

DSC_0022_20170720010402928.jpg DSC_0029_2017072001034858b.jpg
今シーズンから、昨年限りで99年の活動に幕を降ろした三菱重工長崎硬式野球部の一部の選手を受け入れる事となり、総勢45選手所属と、社会人野球部としてはかなりの大所帯となりました。これがまた選手間の切磋琢磨と競争意識の高揚にも繋がるものと思われます。



スターティングオーダー
先攻:大阪市・日本生命
1(中)神里
2(三)青柳
3(左)土井
4(指)高橋英
5(一)廣本
6(遊)山本
7(右)上西
8(二)原田
9(捕)古川
投:阿部

後攻:横浜市・三菱日立パワーシステムズ
1(中)八戸
2(遊)鶴田翔
3(二)久保
4(指)龍
5(右)常道
6(三)若林
7(一)村山
8(捕)対馬
9(左)河野
投:大野

審判員
球審:小出 一塁:大下 二塁:小原 三塁:藤村



打撃成績
1回表
神里     初球を打って左中間ツーベースヒット
青柳     2-1から4球目をピッチャー前送りバント
次打者土井の6球目にパスボール サードランナーホームイン
三菱日立パワーシステムズ0-1日本生命
土井     フルカウントから9球目を空振り三振
高橋英    2-1から4球目を打って右中間ツーベースヒット
廣本     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
しかしセカンドランナー高橋英ホームタッチアウト

1回裏
八戸     1-2から4球目を打ってセカンド
鶴田翔    3-1から5球目を選んでフォアボール
久保     初球を打ってセカンドゴロ捕球エラー
龍      0-1から2球目を打ってセカンドゴロセカンドフォースアウト
常道     3-1から5球目を打ってライトフライ

2回表
山本     2-2から5球目を打ってショートゴロ
上西     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
原田     初球を打ってセンター前ヒット
古川     0-1から2球目を打ってセンターフライ
神里     2-1から4球目がデッドボール
青柳     フルカウントから7球目を打ってセンター前タイムリーヒット
三菱日立パワーシステムズ0-3日本生命
土井     2-1から4球目がデッドボール
高橋英    1-2から4球目を空振り三振

2回裏
若林     1-1から3球目を打って右中間スタンドへソロホームラン
三菱日立パワーシステムズ1-3日本生命
村山     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ
対馬     初球を打ってファーストフライ
河野     1-2から4球目を空振り三振

3回表
三菱日立パワーシステムズ選手交代

ピッチャー大野に代えて齋藤

廣本     1-2から4球目を空振り三振
山本     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
上西     2-0から3球目を打ってサードファウルフライ

3回裏
八戸     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
鶴田翔    3-1から5球目を選んでフォアボール
久保     2-1から4球目を打ってセカンドゴロセカンドフォースアウト
龍      2-2から6球目を打ってショートゴロ

4回表
原田     初球を打ってライト前ヒット
古川     初球をピッチャー前送りバント
神里     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
青柳     1-0から2球目を打ってライトフライ
セカンドランナー原田はタッチアップでサードへ
次打者土井の3球目にダブルスチール失敗サードランナー原田タッチアウト

4回裏
常道     1-0から2球目を打ってライトフライ
若林     2-2から6球目を選んで選んでフォアボール
村山     1-0から2球目を打ってセカンドフライ
対馬     3-1から5球目を選んでフォアボール
河野     フルカウントから6球目を選んでフォアボール

日本生命選手交代
ピッチャー阿部に代えて高橋拓

八戸     2-2から球目を打って

5回表
土井     2-2から球目を空振り三振
高橋英    ストレートのフォアボール
廣本     1-0から2球目を打ってファーストゴロ
山本     1-2から4球目を見逃し三振

5回裏
鶴田翔    フルカウントから6球目を打ってセンターフライ
久保     2-2から5球目を空振り三振
龍      初球を打ってレフトフライ

6回表
上西     2-2から5球目を見逃し三振
原田     0-1から2球目を打ってキャッチャーゴロ
古川     初球をを打ってレフトフライ

6回裏
常道     0-1から2球目を打ってショートゴロ
若林     1-2から4球目を空振り三振
村山     初球を打ってライト線ツーベースヒット
対馬     1-1から3球目を打ってセンターオーバータイムリースリーベースヒット
三菱日立パワーシステムズ2-3日本生命
河野     フルカウントから6球目を打ってレフトライナー

7回表
神里     1-2から5球目を打って左中間へツーベースヒット
青柳     1-0から2球目をキャッチャー前送りバント

三菱日立パワーシステムズ選手交代
ピッチャー齋藤に代えて奥村

土井     1-1から3球目を打ってサードゴロ サードランナー神里挟殺タッチアウト
高橋英    フルカウントから6球目を見逃し三振

7回裏
八戸     1-1から3球目を打ってレフトフライ
鶴田翔    2-2から6球目を空振り三振
久保     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
次打者龍の初球にファーストランナー久保セカンド盗塁失敗

8回表
廣本     2-2から5球目を空振り三振
山本     1-1から3球目を打ってサードゴロ
上西     3-1から5球目を選んでフォアボール
原田     ストレートのフォアボール
古川     1-2から4球目を見逃し三振

8回裏
龍      フルカウントから7球目を選んでフォアボール 代走に五十嵐

日本生命選手交代
ピッチャー高橋拓に代えて藤井

常道     1-1から3球目を打ってセカンドフライ
若林     フルカウントから7球目を見逃し三振

日本生命選手交代
ピッチャー藤井に代えて坂本

村山     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
対馬     初球を打ってレフト前タイムリーヒット
三菱日立パワーシステムズ3-3日本生命
河野の代打加治前 フルカウントから6球目を打ってライト前タイムリーヒット
三菱日立パワーシステムズ4-3日本生命
加治前の代走に江越

日本生命選手交代
ピッチャー坂本に代えて本田

八戸     3-1から5球目を選んでフォアボール
鶴田翔    1-2から4球目を打ってライト前タイムリーヒット
三菱日立パワーシステムズ5-3日本生命
しかしセカンドランナーはホームタッチアウト

9回表
三菱日立パワーシステムズ選手交代

代走江越がそのまま入りレフト

神里     初球を打ってレフトオーバースリーベースヒット
青柳     フルカウントから6球目を打ってライト前タイムリーヒット
三菱日立パワーシステムズ5-4日本生命
青柳の代走に伊藤

三菱日立パワーシステムズ選手交代
ファースト村山に代えて竹内

土井の代打皆川 1-1から3球目を打ってファーストライナーダブルプレイ
高橋英    2-2から6球目を空振り三振

大阪市 120 000 001 4
横浜市 010 001 03X 5

試合時間:2時間59分



東西横綱同士の一戦は、終盤に三菱日立パワーシステムズが逆転、そのまま逃げ切りました。

日本生命硬式野球部、本拠地球場貝塚市移転初年度は、残念ながら一回戦敗退となってしまいましたが、ここまで辿り着くまでの道程は生半可ではなかったはず。これだけは否定は出来ません。

直前に行われた、JR四国さんとのオープン戦。ささやかではありますが試合終了後に、観戦された皆さんとの激励会、と言うか選手の皆さんとの撮影会が行われていました。都市対抗野球大会直前。試合後のお疲れ様の中、なかなか粋な事をするなぁ、と感じたものです。

もちろん、どっちかと言えば「内輪」的なもんではありましたが、これもまた、貝塚市移転初年度に対する、野球部の意気込みの表れだったのかも、とも思います。そしてこれもまた、社会人野球の「拡大」の一環かな、とも。

何か都市対抗野球大会とはあまり関係ありませんが、これがまた、秋に大きく花開けば。我が家からは近い所に「日本生命スタジアム」はあります。また機会があればお邪魔いたします。

2017.07.20 / Top↑
第88回都市対抗野球大会、3日目第三試合です。

3日間も滞在しておれば、それなりに試合数も観戦出来るもんでして、18日は第二試合で切り上げるものの、今回は合計8試合観戦。一回戦31試合の約1/4を観れるだけでも贅沢な話。その中にはもちろん、普段は到底観る事はないであろう地区のチームもあるわけですが。

DSC_0826_20170719014920583.jpg
そんなチームのひとつ、北信越地区、高岡市代表・伏木海陸運送硬式野球部。

DSC_0831_20170719015239476.jpg
何かと華やかな企業名が増えている昨今、何となくではありますが、力強さ・男臭ささえ感じる会社名。北信越地区はまず野球観戦で訪れる事はなさげなので、個人的には興味津々。しかも相手は超の字の付くJR東日本硬式野球部。一発勝負のトーナメントゆえ、何が起こるか分かりません。

「番狂わせ」と言う言葉がありますが、全国大会にそんなモノはありません。頂点を目指したい、一番になりたい、と言う気持ちは、時として選手のとんでもない、そして秘めた力を引き出す事もある、とすら考えます。一回戦も二回戦もありません。すべてが全身全霊を賭した大一番、です。



スターティングオーダー
先攻:高岡市・伏木海陸運送
1(遊)番場
2(三)櫻吉
3(中)南部
4(一)乙野
5(捕)田中
6(左)大野
7(右)越中
8(指)林
9(二)宮口
投:上野

後攻:東京都・JR東日本
1(三)小室
2(遊)東條
3(一)丸子
4(指)松本
5(左)瀬川
6(中)拜崎
7(二)嘉数
8(右)影山
9(捕)石川
投:田嶋

審判員
球審:伊藤昭 一塁:星野 二塁:大上 三塁:高橋

打撃成績
1回表
番場     初球を打ってレフトフライ
櫻吉     フルカウントから6球目を打ってサードゴロ
南部     1-2から4球目を打ってライトフライ

1回裏
小室     ストレートのフォアボール
東條     1-0から2球目をピッチャー前送りバント
丸子     2-1から4球目を打ってセンター前タイムリーヒット
JR東日本1-0伏木海陸運送
松本     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
長谷川    2-2から5球目を空振り三振
拜崎     初球を打ってライト前ヒット
嘉数     2-0から3球目を打ってセカンドゴロ

2回表
乙野     初球を打ってサードゴロ
田中     2-2から5球目を見逃し三振
大野     1-2から4球目を打ってセカンド二ゴロ

2回裏
影山     初球を打って左中間突破ツーベースヒット
石川     初球を送りバント失敗セカンドランナーサードタッチアウト
小室     フルカウントから6球目を打ってセカンドフライダブルプレイ

3回表
越中     2-1から4球目をサードフライ
林      2-2から5球目をサードゴロ
宮口     2-2から5球目を打ってレフト前ヒット
番場     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ

3回裏
東條     1-0から2球目を打ってショートゴロ捕球エラー バッターランナー東條はセカンドへ
丸子     3-1から5球目を選んでフォアボール
松本     1-2から4球目を空振り三振
長谷川    1-1から3球目を打ってサードゴロセカンドフォースアウト
拜崎     2-0から3球目を打ってセカンドゴロタイムリー送球エラー
JR東日本2-0伏木海陸運送
嘉数 1-0から2球目を打ってショートゴロ

4回表
櫻吉     フルカウントから6球目を打ってセカンドゴロ
南部     初球デッドボール
乙野     0-2から3球目を空振り三振 ファーストランナー南部セカンド盗塁成功
田中     1-2から4球目を空振り三振

4回裏
影山     1-0から2球目を打ってファーストゴロ
石川     2-2から5球目を打ってサードゴロ
小室     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
東條     初球を打ってライトフライ

5回表
大野     0-2から3球目を空振り三振
越中     0-2から3球目を見逃し三振
林      1-0から2球目を打ってショートゴロ

5回裏
丸子     2-2から5球目を打ってセカンドゴロ
松本     2-2から5球目を打ってセンター前ヒット
長谷川    1-2から4球目を打ってファーストゴロ
次打者拜崎の2球目がワイルドピッチ
拜崎     2-1から4球目を打ってライト線タイムリーヒット 
JR東日本3-0伏木海陸運送
しかしバッターランナー拜崎はセカンドタッチアウト

6回表
宮口     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
番場     初球をサード前送りバント
櫻吉     2-0から3球目を打ってショートゴロ
南部     0-1から2球目を打ってライトフライ

6回裏
嘉数     フルカウントから6球目を打ってショートゴロ
影山     1-0から2球目を打ってライト前ヒット
石川     1-1から3球目を打ってレフトフライ
小室     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
東條     3-1から5球目を打ってレフト前ヒット
セカンドランナー影山ホームタッチアウト

7回表
乙野     1-2から4球目を打ってレフトフライ
田中     1-2から4球目を打ってファーストゴロ
大野     2-1から4球目を打ってショートゴロ

7回裏
伏木海陸運送選手交代

ピッチャー上野に代えて城戸

丸子     1-2から4球目を打ってショートゴロ
松本     0-1から2球目を打ってレフトフライ
長谷川    フルカウントから6球目を打ってサード内野安打 代走に山口雄
次打者拜崎の2球目にファーストランナー山口雄セカンド盗塁成功
拜崎     2-2から5球目を打ってショートフライ

8回表
伏木海陸運送選手交代

代走山口雄に代えてレフト岩澤

越中の代打松永 初球を打ってショートゴロ
林の代打久恵 2-1から4球目を打ってサードゴロ
宮口の代打村西 0-2から4球目を空振り三振

8回裏
伏木海陸運送選手交代

代打久恵がそのまま入り
代打村西がそのまま入り

嘉数     1-2から4球目を空振り三振

伏木海陸運送選手交代
ピッチャー城戸に代えて大川
影山     2-2から8球目を空振り三振

伏木海陸運送選手交代
ピッチャー大川に代えて竹中
石川     フルカウントから6球目を打ってショートライナー

9回表
番場     1-2から4球目を空振り三振
櫻吉     2-2から8球目を打ってピッチャーゴロ
南部     2-2から6球目を打ってセンターフライ

高岡市 000 000 000 0
東京都 101 010 00X 3

試合時間:1時間52分



DSC_0857_20170719022022c1d.jpg
やはり、と言うか僅差の試合になりました。ただ、いつの間にか伏木海陸運送を応援してましたが。

敗けてしまいましたし、これから先はないんですが、目を見張るモノはたくさんありました。2回裏の送りバント処理(動画がないのが残念無念)、5回裏のタイムリーヒットを打った拜崎選手をセカンドタッチアウトに仕留めた越中選手の返球、6回裏のレフト大野選手のバックホームなどなど。

DSC_0862_20170719024045689.jpg
都市対抗野球大会では、前年度の試合のダイジェスト版、と言うか好プレイその他をまとめたイメージ映像のようなモノを、試合と試合の合間に、バックスクリーンで放映していますが、いずれのプレイも、来年度のそれに入ってもおかしくないようなプレイばかりではなかったかと思います。

もちろん、その選手の持っている力とは思いますが、東京ドームと言う大舞台ゆえに飛び出すビッグプレイ、と言うのもあるはず。それがまた、都市対抗野球大会の魅力につながったりもするのかな。

DSC_0847_20170719024819b6d.jpg DSC_0848_2017071902483464c.jpg
で、一回戦突破と相成ったJR東日本。先発ピッチャーは「プロ注目」の田嶋投手でしたが。

DSC_0849_20170719024811957.jpg DSC_0850_20170719024832d20.jpg
個人的にMax〇〇〇km/hはあんまり信用せんのですが、田嶋投手のウリは152km/h。けどまぁ普段はこんなもんなんでしょうな、と言うような球速。それでも(各スポーツ新聞の記事によると)カットボールを駆使しての1安打完封は見事、としか言い様はありません、が。

DSC_0851_2017071902483820a.jpg DSC_0852_20170719024843ac6.jpg
DSC_0853_20170719024843e4f.jpg DSC_0854_20170719024846e84.jpg
素人の私にも、明らかに目に見えた癖っぽいモノがひとつ、ありました。勘違いと言うか気のせいかも知れませんし、田嶋投手本人がこの試合で、わざとやってたんならそれはそれで良いとは思いますが、意識してないのであれば、それが今後、表沙汰にならなんだらええな、とも。

いずれにしろJR東日本、二回戦進出です。

2017.07.19 / Top↑