11月4日第二試合。ここから大会は二回戦に突入します。どのチームも1試合を終え、大会の雰囲気にも馴染んできた頃。そして二回戦を突破するといよいよ準々決勝、ベスト8進出が決まります。

まず最初の顔合わせは・・・・・。

DSC_2678.jpg DSC_2680.jpg
DSC_2664.jpg DSC_2666.jpg
DSC_2726.jpg DSC_2740_20151105043245a94.jpg
DSC_2748_20151105043244e74.jpg DSC_2747_20151105043245682.jpg
Honda (関東・埼玉) 対 西濃運輸 (東海・岐阜)


ここから先は若干ながら、先に行われたドラフト会議のネタを入れていきます。

下記のスターティングメンバーにもあるように、西濃運輸の先発は、埼玉西武ライオンズから3位指名を受けた野田昇吾投手、そしてHondaには、広島東洋カープから6位指名のあった、仲尾次(なかおし)オスカル正樹投手(Hondaでの登録名はオスカルがいます。野田投手は先発なのでアレですが、オスカル投手はリリーフ。昨年の都市対抗野球大会、対JR西日本戦でも登板しています。

DSC_2690.jpg DSC_2692.jpg
ブラジル・サンパウロ生まれ。両親ともに日本次ではありますが、国籍はブラジル。高校まではブラジルでしたが、大学は白鴎大学。大学祭石当時にもその名前とともに話題になりましたが、プロ志望届を提出するも結局指名する球団はなく、そのままHondaに「就職」した次第。

DSC_2694.jpg DSC_2715_201511050424436ac.jpg
日本人のはずなんですが、育ちがやはりブラジルだったせいか、何となく日本人離れした?顔つきのようにも思いますがいかがでしょう。今のところ「赤いユニフォーム」のイメージはあまり出来ません(笑)。

DSC_2706_20151105043031e24.jpg DSC_2707_20151105043034d6b.jpg
そしてHondaに、と言うよりも社会人野球に欠かせない「ミスター社会人野球」西郷泰之選手。日本学園高校卒業後、三菱ふそう川崎を経てHonda入り。Hondaだけでなく、都市対抗野球大会での補強選手として、いすゞ自動車野球部や東芝野球部での出場も果たしており、昨年の試合前には「10年連続出場表彰」を受けた43歳のベテランを越えた「リアルレジェンド」。



スターティングオーダー
先攻:西濃運輸 一塁側
1(遊)東名真吾 (中津工業高~福岡工業大)
2(二)中村優太 ((大商大堺高~東京農大)
3(右)谷  恭平 (横浜創学館高~八戸学院大)
4(三)伊藤  匠 (三重海星高校~岐阜経済大学)
5(指)阪本一成 (三重高校~昭和コンクリート)
6(中)藤中謙太郎 (九産大九州高→九州産業大)
7(左)麻生隆造 (東福岡高~北九州市立大)
8(一)大野正義 (大成高→愛知学院大)
9(捕)森  智仁 (愛工大名電高校~東洋大学)
P:野田昇吾 (鹿児島実業高校)

DSC_2783.jpg DSC_2784_20151105032305ec0.jpg
DSC_2785.jpg DSC_2786_20151105032309562.jpg
西濃運輸先発の野田投手。埼玉西武ライオンズ3位指名。



後攻:ホンダ 三塁側
1(右)井上彰吾 (筑陽学園高~日本大)
2(中)小手川喜常 (大分商業高~立正大)
3(遊)阿部寿樹 (関一高~明治大)
4(三)多幡雄一 (星陵高校~立教大学)
5(一)川戸洋平 (日大藤沢高~日本大)
6(指)長島一成 (修徳高~青山学院大)
7(左)三浦大和 (秋田西高~東京国際大)
8(二)西銘生悟 (沖縄尚学高~中央大)
9(捕)山崎裕貴 (関西学院高~関西学院大)
P:福田大輔 (九州国際大附属高~白鴎大)

DSC_2767_201511050325588ae.jpg DSC_2768.jpg
DSC_2769.jpg DSC_2770.jpg
Honda先発の福田大輔投手。あーこう言うピッチングフォーム好きだなぁ。

審判員
球審:古川 一塁:能村 二塁:殿川 三塁:林

打撃成績
1回表
東名     1-2から4球目を空振り三振
中村     1-2から4球目を空振り三振
谷       フルカウントから6球目を打ってセンターフライ

1回裏
井上      1-0から2球目を打ってショートゴロ
小手川    2-2から6球目を打ってサード内野安打
阿部      0-2から3球目を空振り三振
多幡      フルカウントから6球目を選んでフォアボール
川戸      2-1から4球目を打ってショートゴロ

2回表
伊藤     フルカウントから7球目を見逃し三振
阪本     0-2から3球目を空振り三振
藤中     2-2から8球目を打ってセカンドゴロ

2回裏
長島     1-2から4球目を見逃し三振
三浦     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
西銘     フルカウントから6球目を打ってライト前ヒット
次打者山崎の2球目に西銘セカンド盗塁成功
山崎     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ

3回表
麻生     1-2から4球目を空振り三振
大野     2-2から5球目を空振り三振
森       2-1から4球目を空振り三振

DSC_2808_20151105031431118.jpg DSC_2809.jpg
DSC_2810.jpg DSC_2811.jpg
大野選手、三振に倒れるひとつ前の空振り、よっぽど釣られてしまったのか、思わず手が出てしまったのかスイングしながらのこの表情。こんな感情も「ひとつ負けたら終わり」のトーナメントゆえ、でしょうか。

3回裏
井上      1-1から3球目を打ってショート内野安打
小手川    1-1から3球目をファースト前送りバント
阿部      1-2から6球目を空振り三振
多幡      1-1から3球目を打ってショートゴロ

4回表
東名     1-2から4球目を打ってショートゴロ
中村     2-1から4球目を打ってセンター前ヒット
次打者谷の初球に中村セカンド盗塁失敗
谷       2-2から8球目を打ってショートフライ

4回裏
川戸     1-1から3球目を打ってショートゴロ
長島     フルカウントから8球目を打ってサードライナー
三浦     2-1から4球目を打ってセカンドゴロ

5回表
伊藤     初球を打ってライトフライ 井上ナイスキャッチ
阪本     フルカウントから7球目を見逃し三振
藤中     0-1から2球目を打ってキャッチャーゴロ捕球エラー
麻生     1-2から4球目を空振り三振

5回裏
西銘      2-1から4球目を打ってセンターフライ
山崎      1-2から4球目を打ってレフト前ツーベースヒット
井上      1-1から3球目を打ってライト前ヒット
DSC_2847_20151105030951fc7.jpg DSC_2848.jpg
小手川    フルカウントから6球目をスクイズ成功
Honda1-0西濃運輸
次打者阿部の初球前にセカンドへ牽制悪送球(記録はエラー)
阿部      1-2から4球目を打ってピッチャーゴロ

6回表
大野     1-0から2球目を打ってサードゴロ
森       2-2から6球目を打ってショートゴロ
東名     1-1から3球目を打ってサードフライ

6回裏
多幡     1-2から4球目を打ってライト前ヒット
川戸     初球をピッチャー前送りバント

西濃運輸選手交代
DSC_2855_20151105033215883.jpg DSC_2856_201511050332239a8.jpg
DSC_2857_20151105033227a1d.jpg DSC_2858.jpg
ピッチャー野田に代えて山下大輝(飛龍高校~常葉大学浜松キャンパス)

長島の代打吉岡聡(花咲徳栄高 - 立正大) 初球を打ってショートゴロ
三浦     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
西銘     フルカウントから7球目を打ってレフトフライ

7回表
中村     1-0から2球目を打ってサードファウルフライ
谷       2-2から5球目を打ってレフトフライ
伊藤     初球を打ってセンターフライ

7回裏
DSC_2894.jpg DSC_2895_20151105043457388.jpg
DSC_2896.jpg DSC_2897_201511050435030e8.jpg
山崎      2-1から4球目を打ってショートゴロ
井上      1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
次打者小手川の4球目に井上セカンド盗塁失敗
小手川    フルカウントから7球目を選んでフォアボール
阿部      初球を打ってライト前ヒット
多幡      2-1から4球目を打ってセンターオーバータイムリースリーベースヒット
Honda3-0西濃運輸
西濃運輸選手交代
DSC_2900_20151105032926396.jpg DSC_2901.jpg
DSC_2902.jpg DSC_2903.jpg
ピッチャー山下に代えて久田大貴(真和志高校~日本文理大学)

川戸     初球を打ってレフトフライ

8回表
阪本     2-2から6球目を打ってセカンドゴロ
藤中     初球を打ってライト前ヒット
麻生の代打大山仁也(長崎海星高~九州産業大学) 1-2から4球目を打ってライト前ヒット
DSC_2926.jpg DSC_2927_2015110503171809e.jpg
DSC_2928_20151105031745682.jpg DSC_2929.jpg
大野     フルカウントから9球目を選んでフォアボール
DSC_2948_201511050437152ee.jpg DSC_2949.jpg
DSC_2950_20151105043708be2.jpg DSC_2951_20151105043713c16.jpg
森       1-2から5球目をファーストファウルフライ
東名     2-1から4球目を打ってライトオーバータイムリーツーベースヒット
Honda3-2西濃運輸

ホンダ選手交代
DSC_2987.jpg DSC_2988.jpg
DSC_2989_20151105033426d7b.jpg DSC_2991_20151105033421992.jpg
ピッチャー福田大に代えて福田勇人(東海大菅生高~ 国際武道大)

中村     3-1から5球目を打ってサードファウルフライ

8回裏
西濃運輸選手交代

代打大山に代えてレフト李勇樹(京都国際高校→関西大学)
ピッチャー久田に代えて六信慎吾(広島新庄高~法政大)

吉岡の代打石川賢太郎(屋久島おおぞら高~上武大) 初球を打ってファーストゴロ
三浦     2-2から6球目を打ってセンター前ヒット
DSC_3005.jpg DSC_3007.jpg
西銘の代打西郷泰之(日本学園高) 初球を打ってレフトフライ
山崎     3-1から5球目を打ってショートゴロ

9回表
ホンダ選手交代

代打西郷に代えてセカンド篠塚宣政(桐蔭学園高~青山学院大)

谷       1-2から4球目を空振り三振
伊藤     1-1から3球目を打ってライトフライ
阪本     0-1から2球目を打ってサードゴロ

DSC_3008.jpg DSC_3009_201511050438578b1.jpg
DSC_3010_201511050439044ab.jpg DSC_3011.jpg

社会人野球日本選手権第6日第2試合 二回戦
西濃運輸 000 000 020 2
本田技研 000 010 20X 3
試合時間:2時間53分

投手成績
西濃運輸
野田  5.1回 23打者 95球 6被安打 1与四死球 3奪三振 1失点 1自責点
山下  1.1回  8打者 20球 3被安打 2与四死球 0奪三振 2失点 2自責点
久田  0.1回  1打者  1球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
六信  1  回  4打者 13球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点

Honda
福田大 7.2回 28打者 123球 4被安打 1与四死球 9奪三振 2失点 2自責点
福田勇 1.1回  4打者  14球 0被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点



関連記事
ホンダ8強一番乗り…西濃運輸に競り勝つ 毎日新聞2015年11月4日

アマチュア野球ではごくまれに、プロ野球ではなかなか見られないプレイってのがあります。Hondaの先制点の、小手川選手の「フルカウントからのスクイズバント」なんかまずお目にかかれません。たいがい追い込まれたらヒッティングに変わることの方が多いですからね。もっとも、そういう場合は「空振り三振」で終わることの方が多いように思いますが、そこはやはり「先制点への執念」の差。

画像を添付していますが、これが「一球への思い、1点へのこだわり」の結果じゃないかな、とも思いますよ。負けたら次がないんですから、明日はないんですから。

そして目に付いたピッチャーといえば先発の福山大輔投手(1年目)。序盤3イニングで7奪三振。どれだけ三振を積み重ねるのか、点ったもんです。これだけ気持ちよく三振を取れればピッチャー冥利に尽きると思いますが、試合中盤以降はスタミナ切れなのか(極端な話)さっぱり(笑)。この先、NPBなりを目指すのかどうかまでは知り得ませんが、リリーフ向きなのかなぁ、とも。

そして、残念ながら仲尾次オスカル投手の出番はなし。2日の対パナソニック戦で1回1/3を投げているので「休養」だったのかな、とも。しかしながらそれを感じさせないHondaの選手層の厚さ、と言いましょうか。起用出来る選手はみな起用して、1985年以来の優勝なるかどうか。


準々決勝は日立製作所が相手です。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2015.11.06 / Top↑
1日の第3日に引き続いての?京セラドーム大阪でございます。

夕方から仕事ということで、第一試合くらいは毎日観れるかなぁ、とか思っていたんですが、さすがに起きれません。単独チームの頂点を決める大会ですがラ、どの試合も見てたいです。どの組み合わせも生半可な試合はありませんし、シーズン最後の戦いですから、全力プレイが見られますし。

そんな中、4日水曜日の第6日、第一試合は・・・・

DSC_2498.jpg DSC_2511_20151105014213523.jpg
 NTT西日本 (近畿・大阪) 対 四国銀行 (四国・高知)

であります。

JABA公式サイトにも掲載されていますが、四国に本拠を構える社会人チーム、クラブチームのJABA登録数は、昭和38年の19チーム(社会人18、クラブ1)を最高に、減少の一途。現在では四国銀行の他にはJR四国、アークバリア、徳島野球倶楽部、松山フェニックスだけになってしまいました。

平日は早朝から10:30までの練習。野球部だから優遇されると言う事は一切ないそうですが、そんな中でも都市対抗野球大会に出場17回、日本選手権には出場21回という輝かしい経歴があります。

かたやNTT西日本。統合に統合を重ね、東日本と西日本だけになってしまいましたが、そんな中でもプロ野球選手を数々輩出する強豪チーム。未だに淀グラウンドには行ったことありません(とにかく遠い)が、一度オープン戦でも(何とかして)見に行きたいもんです。関西のチームですからね。

DSC_2482_20151105015753c9b.jpg DSC_2483_20151105015819e78.jpg
DSC_2485_20151105015813a0f.jpg DSC_2486_20151105015809608.jpg
大都会の真ん中とは言え、秋色が深くなってきました。京セラドーム大阪の真ん前にそびえ立つのは大阪ガス。そらぁこんな所に事業所があれば、幾らでも人は呼べますわな(笑)。

DSC_2488_20151105020103ad3.jpg DSC_2489_20151105020050614.jpg
左:NTT西日本の応援受付、右:四国銀行の応援受付。ど平日なので、ごく一部の家族らしき人以外はいわゆる「背広組」の姿の方が多かったです。これもまた、社会人野球の姿なんですよね。

DSC_2541_201511050203326cb.jpg DSC_2540.jpg
DSC_2543.jpg DSC_2542.jpg
試合開始直前の様子。



スターティングオーダー
先攻:四国銀行 一塁側
1(三)菊地高志 八幡浜高校~龍谷大学 コーチ兼任)
2(一)國澤崇人 (高知高校~立命館大学)
3(遊)田中勇士 (高知高校~松山大学)
4(左)相原一紀 (今治西高校~関西学院大学)
5(指)小林健輔 (高松商業高校~日本大学)
6(右)山中大地 (土佐高校~慶應義塾大学)
7(捕)小野和也 (高松商業高校~国際武道大学)
8(二)平瀬  享 (高知商業高校~中央大学)
9(中)平山  友 (川島高校~大阪学院大学)
P:亀岡洋介 (松山商業高校~松山大学)

DSC_2572.jpg DSC_2575.jpg
DSC_2576_20151105021215b5e.jpg DSC_2577.jpg
DSC_2578.jpg DSC_2580.jpg
四国銀行先発の亀岡投手。

後攻:NTT西日本 三塁側
1(右)中村篤人 (青森山田高校~亜細亜大学)
2(二)永松孝太 (近畿大学附属高校~東海大学)
3(中)北崎寛明 (福岡高校~筑波大学)
4(一)高本泰弘 (智辯学園高校~帝塚山大学)
5(指)中西純平 (青森山田高校~亜細亜大学)
6(三)長田涼平 (柳ヶ浦高等学校~愛知学院大学)
7(捕)大城卓三 (東海大学付属相模高校~東海大学)
8(遊)梅津正隆 (樟南高校~九州共立大学)
9(左)赤嶺  慎 (沖縄尚学高校~日本大学)
P:吉元一彦 (汎愛高校~大阪産業大学)

DSC_2559_201511050216428d9.jpg DSC_2561_201511050216426dc.jpg
DSC_2562.jpg DSC_2563_20151105021644429.jpg
DSC_2564_20151105021745451.jpg DSC_2565_20151105021751b84.jpg
NTT西日本先発の吉元投手。

審判員
球審:野口 一塁:加来 二塁:那須 三塁:西谷



打撃成績
1回表
菊地     0-1から2球目を打ってサードゴロ
國澤     2-2から5球目を打ってショートライナー
田中     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
次打者相原の初球に田中セカンド盗塁成功
相原     2-2から5球目を空振り三振

1回裏
中村     初球を打ってサードゴロ
永松     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ
北崎     フルカウントから6球目を見逃し三振

2回表
小林      初球を打ってファーストフライ
山中      1-2から4球目を打ってサードフライ
小野和    1-0から2球目を打ってライトフライ

2回裏
高本     1-1から3球目を打ってセカンドフライ
中西     0-1から2球目を打ってセンターフライ
長田     1-2から5球目を打ってセンターフライ

3回表
平瀬     1-2から4球目を打ってライトフライ
平山     2-2から7球目を打ってピッチャーゴロ
菊地     初球を打ってライトフライ

3回裏
大城     フルカウントから6球目を空振り三振
梅津     初球を打ってサードゴロ
赤嶺     フルカウントから6球目を見逃し三振

4回表
國澤     初球を打ってライト前ヒット
田中     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
相原     初球を送りバント失敗キャッチャーファウルフライ
小林     1-2から4球目を見逃し三振
山中     2-1から4球目を打ってショートゴロ

4回裏
中村     0-1から2球目を打って右中間ツーベースヒット
永松     0-1から2球目をファースト前送りバント
北崎     初球を打ってセンター前タイムリーヒット
NTT西日本1-0四国銀行
高本     1-2から4球目を空振り三振
次打者中西の2球目に北崎セカンド盗塁成功
中西     フルカウントから7球目を打ってライトオーバータイムリースリーベースヒット
NTT西日本2-0四国銀行
長田     フルカウントから8球目を打ってショートゴロ

5回表
小野和    2-0から3球目を打ってセンターフライ
平瀬      1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
平山      2-2から5球目を見逃し三振

5回裏
大城     フルカウントから6球目を打ってセンター前ヒット
梅津     初球をピッチャー前送りバント
赤嶺     2-2から7球目を打ってショートゴロ
中村     2-2から5球目を見逃し三振

6回表
菊地     フルカウントから6球目を空振り三振
國澤     2-2から6球目を見逃し三振
田中     フルカウントから9球目を打ってセンター前ヒット
次打者相原の2球目前に田中牽制タッチアウト

6回裏
永松     0-2から3球目を空振り三振
北崎     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
高本     初球を打ってサードゴロダブルプレイ

7回表
相原     1-2から5球目を打ってレフトフライ
小林     0-2から3球目を空振り三振
山中     初球を打ってセンターフライ

7回裏
中西     2-1から4球目を打ってセンターフライ
長田     初球を打ってセンターフライ
大城     1-2から4球目を打ってセンターフライ

8回表
小野和    フルカウントから8球目を空振り三振
平瀬     初球を打ってライト前ヒット 代走に谷村一将(高知高校~神戸学院大学 コーチ兼任)
平山     1-2から4球目を打ってライトフライ
次打者菊地の5球目に谷村セカンド盗塁成功
菊地     2-2から7球目を打ってサードゴロ

8回裏
四国銀行選手交代

代走谷村がそのまま入りセカンド

梅津     1-0から2球目を打ってサードゴロ
赤嶺     初球を打ってレフトフライ
中村     2-2から6球目を打ってセンターフライ

9回表
NTT西日本選手交代

ライト中村に代えてレフト山口拓也(立命館宇治高校~立命館大学)
レフト赤嶺がライトへ

國澤     0-1から2球目を打ってファーストファウルフライ
田中     1-1から3球目を打ってキャッチャーフライ
相原     1-2から4球目を空振り三振

DSC_2651.jpg DSC_2652.jpg
DSC_2653_20151105045736aaf.jpg DSC_2654_2015110504574046d.jpg
DSC_2655_20151105045817ec6.jpg DSC_2656_201511050458156a3.jpg

社会人野球日本選手権第6日第1試合 一回戦
四国銀 000 000 000 0
NTT西 000 200 00X 2
試合時間:2時間5分

投手成績
四国銀行
亀岡  9  回 31打者 119球 5被安打 0与四死球 8奪三振 0失点 0自責点

NTT西日本
吉元  8  回 28打者 101球 5被安打 0与四死球 6奪三振 2失点 2自責点



関連記事
社会人野球:NTT西日本・吉元が5安打完封
毎日新聞2015年11月4日

上記関連記事の末尾にもありますが、NTT西日本・吉元投手、四国銀行・亀岡投手ともに、41回の歴史の中でたった8試合しかない「無四球試合」。その上に、プロ野球でもなかなか見られなくなってしまった「両先発投手完投」。そんな試合ならビシと締まって当たり前ですよね。

両チームで17イニング中、先頭バッターが出たのは3イニングだけ。そんな数少ないチャンスを活かせたか活かせなかったか、の差がそのまま試合結果につながってしまったように思います。

4回表の四国銀行は、2番國澤選手、3番田中選手が出塁したものの、4番の相原選手が初球を送りバント失敗。むしろここは、3番の田中選手が送りバントでも良かったんでは、などと思ってしまいます。正直迷ったんでしょうね。この辺りが野口英巳監督の「悔い」として残ってしまいました。

ただ、それ以外のチカラは全くの互角、亀岡投手は序盤3イニングをパーフェクト。しかしながらそれが崩れると失点するのは早いもので、ほんのわずかの隙を突かれてしまったように思います。ただでは勝てない、ただでは負けない、これが社会人野球日本選手権だ、とも思います。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2015.11.05 / Top↑