さて、この日はまるまる休み、と言う事で、毎度お馴染み「第40回記念社会人野球日本選手権」を観戦に行ってまいりました、とは言うものの、前日は深夜までの勤務だったので、「第一試合は観れればいいや」程度の感覚。さすがに少し寒い京セラドーム大阪で3試合は辛いです(笑)。

それと「良席」を確保しようと思ったら、10:00開場では間に合わない場合もあります。平日とは言えこの日は、NTT西日本も出場する、第三試合には大阪ガスも出場する、ってんで混雑が予想される。このあたりのさじ加減が非常に難しい。まぁ男一人なのでどうにでもなりますが。

DSC_7926_2014110601241504e.jpg DSC_7927.jpg
と言う訳で、京セラドーム大阪に到着したのは11:30頃。まいどまいど似たような画像がトップを飾ってますが、毎日ちゃんと撮影してます。念のため。

DSC_7929.jpg
いつものように特別席券で入場。出迎えてくれるのはトーナメント表。

DSC_7937.jpg
ちょっとあとの時間に撮影したスコアボード。ほぼ満足のいく席が確保できました。しかしながら真後ろの列には鳴尾浜お不良中年の皆様方。いつもお世話になっております(笑)。

DSC_7931.jpg DSC_7932.jpg
で、第一試合の対戦は、一塁側にNTT西日本、三塁側に西部ガス、だったんですが、NTT西日本が手すきの社員総出で、と言うのは分かるんですが、意外にも、と言ったら失礼ですが、西部ガスの応援団が負けじと多かったこと。大阪ガスからの支援もあったんだと思いますがこれは驚きました。

そして第一試合は6ー4でNTT西日本が勝ちました。第二試合は14:30試合開始予定、ではありますが、とにかく慌ただしい。応援席の入れ替えはあるし、時間が時間なだけに食事を買いに走る人もいる。次の試合の準備なんか本当にさっさと始まるんで、セッティング等、のんびりしてられません。
DSC_8056.jpg DSC_8057.jpg
言うてる間に、両チームの守備練習も終わり、応援団への挨拶。

DSC_8058.jpg DSC_8059.jpg
左三塁側JR四国の応援団。バスでも十分日帰りできる距離、と言う事もあってか、思いのほか多かったです。右はNTT東日本。あれだけいた背広組が帰ってしまい、やや寂しくなりましたこれにはちょっと拍子抜け。お互いに応援し合ったりせんのでしょうか。



スターティングメンバー
先攻:NTT東日本
1(二)伊藤亮太 (埼玉栄高校~上武大学)
2(中)目黒 聡 (東海大学付属相模高校~上武大学)
3(右)越前一樹 (横浜高校~立正大学)
4(左)北道 貢 (駒澤大学付属岩見沢高校~駒澤大学)
5(遊)矢島健吾 (帝京高校~仙台大学)
6(指)成田義教 (東海大学付属相模高校~上武大学)
7(三)上原悠希 (帝京高校~東洋大学)
8(捕)上田祐介(常総学院高校~日本大学)
9(一)松本 匠 (愛知工大名電高校~国際武道大学)
P:末永彰吾 (筑陽学園高校~帝京大学)

後攻:JR四国
1(左)西岡勇魚 (英明高校)
2(一)岩部匡良 (香川中央高校)
3(三)山下遼 (鳴門工業高)
4(捕)小林奨平 (鳴門第一高校)
5(右)佐藤健人 (徳島商業高)
6(遊)上野翔 (新居浜東高校)
7(二)佐々木潤一郎(宇和島東高)
8(指)光中隆史 (観音寺中央高校)
9(中)武市洋  (小松島高校)
P:南川忠亮 (高松工芸高校)

審判
球審:竹本 一塁:文珠 二塁:飯田 三塁:花田

打者成績
1回表
伊藤     1‐2から5球目を空振り三振
目黒     2‐1から4球目を打ってセンターフライ
越前     0‐2から3球目を打ってライトフライ

1回裏
西岡     1‐2から4球目を見逃し三振
岩部     フルカウントから8球目を打ってセカンドゴロ
山下     0‐2から3球目を打ってセカンドゴロ

2回表
北道     2‐1から4球目を打ってセンター前ヒット
矢島     1‐0から2球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ
成田     2‐2から5球目を見逃し三振

2回裏
小林     0‐1から2球目を打ってファーストゴロ
佐藤     1‐2から5球目を空振り三振
上野翔    初球を打ってセカンドゴロ

3回表
上原     2‐1から4球目を打ってセカンド強襲内野安打
上田     0‐1から2球目をピッチャー前送りバント
次打者松本の初球前にボーク
松本     1‐2から4球目を打ってセンター犠牲フライ
JR四国0-1NTT東日本
伊藤     2‐0から3球目を打ってセンターフライ

3回裏
佐々木    0‐2から3球目を打ってレフト前ヒット
光中     0‐1から2球目を打ってサード前送りバント
武市洋    0‐1から2球目を打ってファーストゴロ
西岡     0‐2から3球目を空振り三振

4回表
目黒     2‐2から5球目を見逃し三振
越前     1‐1から3球目を打ってショートゴロ
北道     初球を打ってファーストゴロ送球エラー
矢島     フルカウントから6球目を打ってピッチャーゴロ

4回裏
岩部     2‐1から4球目を打ってレフト前ヒット
山下     初球を打ってピッチャー前送りバント
小林     0‐1から2球目を打ってピッチャーゴロ
佐藤     初球を打ってレフト線タイムリーツーベース
JR四国1-1NTT東日本
上野翔    1‐2から4球目を見逃し三振

5回表
成田     2‐2から5球目を打って左中間へツーベースヒット
上原     2‐2から5球目を打ってライトフライ
上田     1‐2から4球目を空振り三振
松本     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
次打者伊藤の4球目に松本セカンドへ
伊藤     2‐2から5球目を空振り三振

5回裏
佐々木    2‐2から5球目を空振り三振
光中     1‐1から3球目を打ってショートゴロ
武市洋    フルカウントから7球目を選んでフォアボール
次打者西岡のn3球目に武市洋セカンド盗塁失敗

6回表
目黒     2‐1から4球目を打ってライト前ヒット
越前     初球を打ってサードゴロ
北道     1‐1から3球目を打ってファーストゴロ
矢島     1‐2から4球目を打ってピッチャーゴロ

6回裏
西岡     0‐1から2球目を打ってレフト前ヒット
岩部     0‐1から2球目をピッチャー前送りバント
山下     2‐1から4球目を打ってセンターフライ
小林     2‐0から3球目を打ってセカンドゴロ

7回表
成田     1‐2から5球目を打ってファーストファウルフライ
上原     1‐2から4球目を打ってファースト内野安打
次打者上田の4球目に上原セカンド盗塁失敗
上田     3‐1から5球目を選んでフォアボール
松本     3‐0から4球目を打ってセカンドゴロ

7回裏
佐藤     1‐1から3球目を打ってサードゴロ
上野翔    3‐1から5球目を打ってセンターフライ
佐々木    フルカウントから7球目を打ってレフト前ヒット
次打者光中の初球に佐々木セカンド盗塁成功
光中     0‐1から2球目を打ってショートフライ

8回表
伊藤     初球を打ってサードファウルフライ
目黒     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
越前     初球を打ってセンターフライ
次打者北道の2球目に目黒セカンド盗塁成功
北道     3‐1から5球目を選んでフォアボール
矢島の代打岩本康平(上宮太子高校~八戸大学) 2‐2から6球目を空振り三振

8回裏
NTT東日本選手交代

代打岩本がそのまま入りショート

武市洋    0‐1から2球目を打ってセンター前ヒット
西岡     初球を打ってファーストゴロ

NTT東日本選手交代
ピッチャー末永に代えて大竹飛鳥(愛知高校~関東学院大学/関信越総務部)

岩部     2‐2から5球目を空振り三振
山下     フルカウントから7球目を見逃し三振

9回表
成田     0‐1から2球目を打ってセカンドフライ
上原     1‐0から2球目を打ってファーストゴロお手玉
上田     初球をキャッチャー前送りバント
松本     ストレートのフォアボール
伊藤     フルカウントから10球目を打ってセカンドゴロ

9回裏
小林     0‐1から2球目を打ってセカンドゴロ
佐藤     フルカウントから6球目を打ってピッチャーのグラブを弾く内野安打
次打者上野翔の初球前に佐藤牽制タッチアウト
上野翔    0‐2から3球目を見逃し三振

10回表
目黒     2‐2から5球目を打ってショートゴロ
越前     初球を打ってライトフライ
北道     1‐2から5球目を打ってセカンドゴロ

10回裏
佐々木    1‐2から4球目を打ってレフト線ツーベースヒット
光中     敬遠のフォアボール
代走に鎌田高之(済美高校)
次打者武市洋の2球目前に佐々木牽制タッチアウト
武市洋    0‐1から2球目を送りバント失敗守備妨害バッターアウト
次打者西岡の3球目前にボーク
西岡     1‐2から4球目を打ってサードゴロ

11回表
岩本     2‐2から5球目を打ってショートゴロ
成田の代打鈴木 初球を打って内野安打もセカンドタッチアウト
上原     ストレートのフォアボール
代走に小林祥弘(東海大学付属第四高校~東海大学)
上田     初球を打ってセカンドフライ

11回裏
NTT東日本選手交代

代走小林に代えてサード梶岡千晃(習志野高校~中央大学)

岩部     初球を打ってサードゴロ
山下     1‐2から4球目を空振り三振
小林     2‐2から6球目を打ってセカンドライナー

ここから延長タイブレーク

12回表 延長タイブレーク
サードランナー伊藤 セカンドランナー目黒 ファーストランナー越前

北道     初球を打ってレフトオーバータイムリーツーベースヒット
JR四国1-4NTT東日本
岩本     初球を打ってライトフライ
鈴木     1‐1から3球目を打ってショートフライ

12回裏
サードランナー岩部 セカンドランナー山下 ファーストランナー小林

佐藤     1‐1から3球目を打ってセカンドフライ
上野翔    初球を打ってショートゴロ

DSC_8063.jpg 
DSC_8067.jpg DSC_8065.jpg

電電東京 001 000 000 003 4 H6 E0
四国総局 000 100 000 000 1 H8 E3

DSC_8070_201411060234114e5.jpg DSC_8071.jpg
試合後のエール交換。これが終わって初めて「試合終了」。

投手成績
(左から投球イニング数、対戦打者数、投球数、被安打数、与四死球、奪三振数、失点、自責点)
NTT東日本
末永  7.1 28  94  6  1  5  1  1
大竹  4.1 14  53  2  1  4  0  0

JR四国
南川 11.2 47 171  6  6  6  1  0



一進一退、と言うよりも、がっぷり四つに組んだまま、土俵の真ん中で動かない状態。

とにかくJR四国先発の南川投手が良かった。適当に荒れつつも、キレが鋭いのでバッターが手を出してしまう。手元集計では171球。通常ここまで投げたら、途中で切れてしまうようなところもあるとは思いますが、そんな気配すらなかった。試合中盤以降は付け入る隙もなかったように思います。

そして粛々と、延長12回のワンアウト満塁のタイブレークへ。

前4打席内野ゴロの4番小林選手をランナーに置いて、唯一の打点をあげた佐藤選手に期待を込めたJR四国ですが、残念ながらセカンドフライ。どうせなら最後の最後の「4番の意地」にかけてみても良かったんじゃないかな、とも。ただこれだけは監督さんの判断ですからね。

かたやNTT東日本・北道選手はそれこそ「一球」で決めました。ワンアウト満塁。初球から打ちに行くのは勇気のいること。内野ゴロダブルプレイもある。どれだけ初球から、全力でスイング出来るか。日頃の練習の賜物でしょう。プロ野球ですら、一発一球で仕留めることもままならんのですから。

ただ、タイブレークってのは、決着をつけるための手段なのであって、そこまではほんと互角。

打ちまくった、とはでは行かないけども、両チームの選手ともよく走った。失敗したら、などとは考えてないでしょう。走らないとホームベースには近づかない。敗けたら終わりのトーナメント。その緊張感が選手を、そしてチームを動かすんだと思います。これはプロ野球も絶対に見習うところがあるはず。


本当に、素晴らしい戦いでした。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.11.06 / Top↑
引き続き、11月3日に行われた、社会人野球日本選手権第三日第二試合の様子です。

前の試合、JR西日本対日本生命の試合が終了したのが13:38。この試合開始予定時刻が14:30と言う事で、とにもかくにも食事を取らなければいけない、と言う事で京セラドーム大阪内を彷徨ってはみたんですが、何しろ大混雑で、身動きが満足に取れないんですな。

入場前に弁当でも買っていくか、とも思っていたんですが、そもそも京セラドーム大阪に到着したのが10:00を回っており、すでに開門時間。バックネット裏の好位置を確保するには非常に厳しい時間。とは言うものの、誰かと観戦に行くわけではないので、席がひとつ空いておればいいんですが。

そんな訳でほとんど手ぶら。人ごみをかき分けかき分け、下の階のマクドナルド(ここも大混雑)で適当に買って座席へ。もっともこの試合は、ビデオカメラを操作するつもりは全くなかった、つまりは観戦に没頭するつもり、だったんですが、やはり試合詳細(いつも通り)のメモだけは取りました。

以下はその書き起こしゆえ、動画は延長タイブレークの12回表裏のみです。



スターティングメンバー
先攻:セガサミー 一塁側
(右)政野寛明 ( 桐光学園高校~青山学院大学)
(一)神野達哉 (埼玉栄高校~立正大学)
(二)江藤圭樹 (大分商業高校~日本文理大学)
(左)川端裕也 (神港学園高校~立命館大学)
(捕)佐藤貴穂 (春日部共栄高校~東洋大学)
(指)大西主晃 (智辯学園高校~同志社大学)
(中)富田裕貴 (福岡工業大学付属城東高校~日本文理大学)
(三)宮之原裕樹 (平塚学園高校~東海大学)
(遊)坂本一将 (浦和学院高校~東洋大学)
P:横田哲 (飯能南高校~上武大学)

監督:初芝清(二松學舍大学附属高等学校~東芝府中~ ロッテオリオンズ~千葉ロッテマリーンズ)

後攻:三菱重工神戸 三塁側
(遊)宮崎雅史 (柳川高校~城西大学)
(三)小松裕来 (岡豊高校~東亜大学)
(左)黒川栄次 (広陵高校~関西学院大学)
(右)那賀裕司 (大阪桐蔭高校~立教大学)
(指)森山誠 (金沢高校~専修大学)
(二)津野祐貴 (東福岡高校~日本体育大学)
(一)成松優志 (徳島商業高校~東北福祉大学)
(捕)向井知之 (松山商業高校~近大工学部/コーチ兼任)
(中)石上輝幸 (京都成章高校)
P:守安玲緒 (菊華高校~富士大学)

審判
球審:西方 一塁:和田 二塁:岩崎 三塁:花尾

打者成績
1回表
政野     フルカウントから6球目を打ってショートライナー
神野     1‐2から4球目を打ってライトフライ
江藤     フルカウントから7球目を打ってライト前ヒット
川端     フルカウントから6球目を空振り三振

1回裏
宮崎     1‐2から4球目を空振り三振
小松     1‐2から4球目を見逃し三振
黒川     1‐1から3球目を打ってサードゴロ

2回表
佐藤     1‐2から4球目を空振り三振
大西     1‐2から5球目を打ってファーストゴロ
富田     2‐2から6球目を打ってサードゴロ

2回裏
那賀     1‐0から2球目を打ってセカンドフライ
森山     1‐2から4球目を打ってサードゴロ
津野     3‐1から5球目を打ってセンターフライ

3回表
宮之原   フルカウントから7球目を打ってショートゴロ
坂本     1‐0から2球目を打ってセンター前ヒット
次打者政野の2球目に坂本盗塁成功
政野     1‐2から4球目を打ってセンターフライ
次打者神野の初球にワイルドピッチ
神野     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
江藤     0‐2から4球目を空振り三振

3回裏
成松     1‐2から4球目を空振り三振
向井     初球を打ってピッチャーゴロ
石上     2‐2から5球目を空振り三振

4回表
川端     初球を打ってライト前ヒット
次打者佐藤の3球目に盗塁成功
佐藤     1‐2から5球目にデッドボール
大西     初球ピッチャー前送りバント
富田     1‐2から9球目を打ってサードタイムリー内野安打
三菱重工神戸0-1セガサミー
宮之原    0‐1から2球目を打ってセンターフライ
坂本     1‐0から2球目を打ってレフトフライ

4回裏
宮崎     1‐1から3球目を打ってセンター前ヒット
次打者小松の3球目前に宮崎牽制タッチアウト
小松     1‐2から4球目を打ってセンターフライ
黒川     初球を打ってショートゴロエラー
那賀     1‐1から3球目を打ってセンター前ヒット
森山     2‐2から5球目を打ってライト線へ逆転タイムリーツーベースヒット
三菱重工神戸2-1セガサミー
津野     2‐0から3球目を打ってファーストゴロ

5回表
政野     フルカウントから9球目を選んでフォアボール
神野     0‐2から3球目を空振り三振
次打者江藤の2球目に政野セカンド盗塁失敗
江藤     0‐2から4球目を打ってピッチャーゴロ

5回裏
成松     2‐2から5球目を打ってセンター前ヒット
向井     1‐2から4球目をスリーバント失敗
石上     1‐1から3球目を打ってセカンドゴロ
宮崎     3‐1から5球目を選んでフォアボール
小松     初球を打ってサードゴロ

6回表
川端     1‐0から2球目を打ってレフトフライ
佐藤     0‐1から2球目を打ってセカンドライナー
大西     2‐2から5球目を打ってサードファウルフライ

6回裏
黒川     ストレートのフォアボール
那賀     1‐2から4球目を打ってライトオーバーツーベースヒット
森山     1‐0から2球目にデッドボール
津野     1‐1から3球目を打ってライトへ犠牲フライ
三菱重工神戸3-1セガサミー
成松     1‐1から3球目を打ってレフトフライ
向井     3‐1から5球目を打ってセンターフライ

7回表
富田     1‐0から2球目を打ってセンターフライ
宮之原    1‐2から4球目を空振り三振
坂本     初球を打ってショートゴロ

7回裏
セガサミー選手交代
ピッチャー横田に代えて河原龍平(西日本短期大学付属高校~日本文理大学)

石上     3‐1から5球目を選んでフォアボール

セガサミー選手交代
ピッチャー川原に代えて上津原詳(東海大相模高校~青山学院大学)

次打者宮崎の初球に石上セカンド盗塁成功
宮崎     2‐1から4球目をピッチャー前送りバント
小松     2‐1から4球目を打ってショートゴロホームタッチアウト
次打者黒川の5球目に小松セカンド盗塁成功
黒川     2‐2から6球目を打ってピッチャーライナー

8回表
政野の代打照屋真人(柏原高校~亜細亜大学) 2‐1から4球目を打ってショートフライ
神野の代打澤良木之(済美高校~日本文理大学) 初球を打ってファーストゴロエラー
江藤     0‐1から2球目を打ってショートフライ
川端     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
佐藤     2‐1から4球目を打って左中間突破同点タイムリーツーベースヒット
三菱重工神戸3-3セガサミー
大西の代打安井正也(広陵高校~同志社大学) 1‐2から4球目を空振り三振

8回裏
セガサミー選手交代
代打照屋がそのまま入りライト
代打澤良木がそのまま入りファースト

那賀     3‐1から5球目を打ってレフトフライ
森山     1‐1から3球目を打ってライト前ヒット
津野     3‐1から5球目を選んでフォアボール
セカンドランナー森山の代走に渡邊祥平(作陽高校~専修大学)
成松の代打水江賢太郎(市立尼崎高校~東海大学) 1‐2から5球目を空振り三振
向井     2‐2から5球目を打ってショートゴロ

9回表
三菱重工神戸選手交代
代打水江がそのまま入りファースト

富田     1‐2から4球目を空振り三振
宮之原    1‐1から3球目を打ってサードゴロ
坂本     1‐2から4球目を空振り三振

9回裏
石上     2‐2から5球目を空振り三振
宮崎     2‐2から6球目を打ってサードゴロ
小松     2‐2から5球目を空振り三振

10回表
照屋     初球を打ってレフトフライ
澤良木    1‐2から4球目を空振り三振
江藤     0‐1から2球目を打ってレフトフライ

10回裏
黒川     1‐2から4球目を打ってサードフライ
那賀     1‐2から4球目を打ってサードゴロ
渡邉祥の代打池田隼人(柳川高校/コーチ兼内野手) 2‐2から5球目を空振り三振

11回表
川端     初球を打ってセカンドゴロ
佐藤     0‐2から3球目を見逃し三振
安井     0‐1から2球目を打ってサードゴロ

11回裏
津野     1‐2から4球目を空振り三振
水江     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
向井     1‐0から2球目をキャッチャー前送りバント
石上     ストレートのフォアボール
宮崎     フルカウントから6球目を見逃し三振

12回表

サードランナー坂本 セカンドランナー照屋 ファーストランナー代走喜多亮太(敦賀気比高校)
江藤     1‐2から4球目を打って右中間突破タイムリーツーベースヒット
三菱重工神戸3-5セガサミー
川端     2‐0から3球目を打ってセンターオーバータイムリースリーベースヒット
三菱重工神戸3-7セガサミー

三菱重工神戸選手交代
ピッチャー守安に代えて山田和也(諏訪清陵高校~筑波大学)

佐藤     1‐2から4球目を空振り三振
安井     1‐2から4球目を打ってライトフライ

12回裏
セガサミー選手交代
代走喜多に代えてファースト松延卓哉(熊本城北高校~ 横浜商科大学)

サードランナー石上 セカンドランナー宮崎 ファーストランナー小松
黒川     1‐0から2球目を打ってライトフライ
那賀     初球押し出しデッドボール
三菱重工神戸4-7セガサミー
池田     0‐1から2球目を打って左中間突破タイムリーツーベースヒット
三菱重工神戸6-7セガサミー
津野     2‐2から5球目を打ってレフトフライ

セガサミー___ 000 100 020 004 7 H7 E1
三菱重工神戸 000 201 000 003 6 H7 E1

投手成績
(左から投球イニング数、対戦打者数、投球数、被安打数、与四死球、奪三振数、失点、自責点)
セガサミー
横田_ 6   26  90  5  3  5  1  1 
河原_ 0    1   5  0  1  0  0  0
上津原 5.2 23 103  7  8 11  1  1

三菱重工神戸
守安  11.0 44 166  7  4  9  3  2
山田   0.2  2   8  0  0  1  0  0

※延長タイブレークの場合、ワンアウトから始まるので、イニング開始時のピッチャーがスリーアウト目まで投げた場合は「2/3回登板」になります。タまたイブレークでの失点は自責点にはなりません。



ボールカウント等集計しながらのんびり観戦、のはずでしたか、殊の他熱い試合になってしまい、最後はとうとう延長タイブレーク。しかも12回の表裏にいずれも点が入る白熱の展開になりました。ゆえに12回表裏だけ、動画を撮影しています、ちょっと慌ただしかったですが。

この日第一試合のように「エース」にどこまで試合を託したらいいか、と言う問題。

三菱重工神戸・守安玲緒投手。手元集計では5回終了時点で97球。6回以降は比較的少ない球数で推移出来ましたが、zそれでも9回終了時では146。短期間に試合の続くトーナメントでは、絶対エースは必要かと思いますが、初戦からこのような起用法でよかったのかな、とも。

トーナメントは負けたら終わりです。しかしながらベンチには何人もピッチャーがいるはずなのに、エースに試合を半ば任せきってしまった。もっとも、素人では計り知れない事情もあると思いますが。それでもやはり、延長戦に入った時点で、スパッとピッチャーは交代させてほしかったな。


しかし、短期間にこれだけ「タイブレーク」を堪能できるとは思いませんでした。それだけ社会人野球には、過酷な戦いが存在する、と言う証。それは日本選手権だろうがローカル大会であろうが同じこと。第三者どころか第四者なのに、見ててやはりきついものがあります。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.11.05 / Top↑