さぁとうとう最後までやって来ました第三試合。

日本通運 vs JFE東日本

もはや、競馬におけるメインレースの後の第12レースとか、スタン・ハンセンvsアンドレ・ザ・ジャイアントの後に行われたアントニオ猪木vsタイガー戸口の試合みたいな雰囲気ではありますが。

それでもやっぱり牧田和久投手(ライオンズ2巡目指名は見たいですよねぇ。ウィキペディアで見たんですが、一昨年から昨年にかけて「全治1年」の大怪我だったそうで。故によけいにプロチームからの指名も感慨ひとしおでしょう。度々来ることになるであろう京セラドームでのピッチングに期待です。

P1220189.jpg

つーか結局10時間近く、この辺から動きませんでした(笑)。



両チームスターティングメンバー

先攻:JFE東日本
6津留 7大澤 9落合 DH金森 3岡崎 8尾張 5木村 2中野 4市川 P中林
後攻:日本通運
9山口 5遠藤 6澤村 8小甲 4大槻 DH新垣 3金子 7関 2鈴木 P牧田

試合の全容。

回表
津留    2-2から三振
大澤    2-2から中飛
落合    2-3から左飛

回裏
山口    1-1から左飛
遠藤    1-1から三ゴロ
澤村    1-1から右前安打
小甲    1-1から死球
大槻    0-2から左前適時安打に捕球エラー

2-0

新垣    2-1から三内野安打

3-0

金子    2-2から左飛

回表
金森    0-0から左中間二塁打
岡崎    2-0から三振
尾張    詳細不明の凡退
(生理現象に襲われました…)
木村    2-3から三振

回裏
関     0-0から遊ゴロ
鈴木    1-0から中飛
山口    2-3から三振

回表
中野    2-1から中前安打
市川    0-0から捕前犠打
津留    0-0から投前犠打
大澤    2-1から右前適時安打

3-1

次打者落合の6球目に大澤盗塁
落合    2-3から捕邪飛

回裏
遠藤    2-1から遊内野安打
澤村    0-1から一ゴロ併殺
小甲    1-0から死球
大槻    1-1から右飛

回表
金森    0-0から一ゴロ
岡崎    1-0から左前安打
尾張    2-1から遊内野安打と送球エラー
木村    0-0から死球
中野    2-1から三振
市川    2-3から二ゴロ

回裏
新垣    1-3から右前安打
金子    0-0から三前犠打
関     1-0から右飛
鈴木    1-1から遊ゴロ

回表
津留    1-2から右飛
大澤    2-1から三ゴロ
落合    2-3から四球
金森    0-1から右飛

回裏
山口    2-1から三振
遠藤    1-2から一ゴロ
澤村    0-2から遊ゴロ

回表
岡崎    2-2から右飛
尾張    0-0から左前安打
木村    1-1から遊ゴロ
中野    0-0から右飛

回裏
小甲    0-0から左飛
大槻    0-0から三邪飛
新垣    2-1から中前安打
金子    1-1から左前安打
関     0-0から中飛

回表
市川    2-1から投ゴロ
津留    2-1から三振
大澤    2-1から三振

回裏
鈴木    1-0から遊ゴロ
山口    2-2から見逃し三振
遠藤    2-3から三ゴロ

回表
落合    0-0から右前安打
金森    2-0から空振り三振
岡崎    2-3から左前安打→代走前川

日本通運選手交代:ピッチャー牧田→野村

代打竹内友 2-3から二失(フライ落球)

3-2

代打田浦  2-3から空振り三振
代打佐藤  2-3から右飛

回裏
JFE東日本選手交代:
代走前川→センター
代打竹内→キャッチャー藤岡
代打田浦→サード
代打佐藤→ファースト
ピッチャー中林→三橋

澤村    2-3から四球
小甲    0-1から投前犠打
大槻    1-0から左飛
新垣    2-2から中前適時安打

4-2

金子    0-0から二ゴロ

回表
日本通運選手交代:
ピッチャー野村→古澤

市川    1-3から四球
津留    2-1から投ゴロ
大澤    1-3から四球
落合    2-0から左前安打
金森    2-3から二ゴロ

4-3

代打北崎  2-3から空振り三振


東日本 001 000 011 3
日本通 300 000 01X 4


P1220208.jpg


むしろ牧田投手見たさに日本通運側に座ったんですが、ヒヤヒヤの試合でしたねぇ。当の牧田投手、立ち上がりからとにかくやたらめったらテンポがいい。わかさスタジアムで見た一回戦の比じゃなかったですよ。もうカウントつけるのも付いて行くのだけで必死。

ぶっちゃけ、ちゃんとサインの交換は出来てるのかなぁと思います。恐らくバッテリー間で「何球目まではこの球で」と順番をイニングごとに決めてるから、こんなテンポよく放れるんやと思いますが。

プロに入ったら、ランナーが1人出ただけでもじっくりじっくり時間を掛けます。これで牧田投手の持ち味が消されてしまわないかと心配になって来ます。まぁこの辺はスカウトから報告も行ってると思いますから心配はないと思いますが…大きなお世話ですね。

で、この試合で面白いなぁと思ったピッチャーが…JFE東日本・中林伸陽投手。


プロ野球でもアマチュア野球でも、よくキャッチャーが「腕を振れ」みたいなジェスチャーをする事がありますが、ここまで思い切り腕を振ってる選手もそうそうおらんと思いますよ。これでセットアップかと思いきや「先発」ですからねぇ。相当全身のバネが強いんやと思います。

慶応大学卒業の今年一年目のルーキー。昨年のドラフトでも上司指名候補やっただけに、無念の臍を噛んだ思いでしょう。来年こそはの思いもあるはず。彼にもぜひ頑張って欲しいです。


さて、この結果…

12日の第二試合(準々決勝第三試合)でJR九州vs日本通運と言う、決勝戦並のカードが実現することになってしまいました。つーかこの辺りからテレビ中継してくれたらええんやけどなぁ…。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

広島ブログ

2010.11.11 / Top↑
約30分のインターバルを置いて、お次は今日の本当のメインイベント…。

JR九州 vs 四国銀行

JR九州の二枚看板、米藤・濱野両投手を見たいのんもありますが、相対する「四国銀行野球部」って何じゃいな?という興味もわいてます。

最近プロ野球選手を輩出した、っちゅう話は聞いたことはない(過去にはロッテオリオンズ~~阪神タイガースの弘田澄男)ですが、今年のドラフト会議でも、東北は七十七銀行「県庁支店」から、千葉ロッテマリーンズに3位指名を受けた小林敦投手もいます。もはやどこからプロ野球選手が出てもおかしくないです。「どこの馬の骨」という言い方はもう通用せんのかもしれません。

けど、こんな所からプロ野球選手が出たら「カネ勘定」にはめっちゃめちゃ煩くなるやろうなぁ。



で、試合前…いっぺん外に出てみたんですが。
P1220160.jpg
同じ三塁側と言うこともあるんでしょうか、JR九州の受付とJR北海道の受付(右:既に片づけ済み)が並んでました。乗り入れとかではあんまり接点はないですが、何となく微笑ましいなぁなどと(笑)。

で、再入場。
P1220162.jpg
第一試合とあんまり変わり映えせん席。

P1220168.jpg
京セラドーム大阪に「みずほ」がやってきた!

ってんで今日の両チームスタメン

先攻:四国銀行
6菊池 7平山 9小野和 3山下 DH相原 8田原 5谷脇 2尾崎 4谷村 P小野哲

後攻:JR九州
6マルシオ 4田村 9藤島 3宇多村 2中野 DH東向 7角谷 5只隈 8田中 P濱野

試合前に撮っておく「鉄路轟轟」


試合の全容。

回表
菊池    2-2から一ゴロ
平山    2-1から三振
小野和   2-2から三振

回裏
マルシオ  2-3から三振
田村    2-3から中飛
藤島    2-1から中前安打
宇多村   1-2から右前適時安打

1-0

中野    0-0から中前安打

回表
山下    2-3から四球
相原    0-3から四球
田原    2-2から三振
谷脇    0-0から遊ゴロ二封
尾崎    2-2から右前適時安打

1-1

谷村    2-1から右前適時安打

1-2

菊池    2-0から三振

回裏
東向    0-0から死球
角谷    1-1から捕犠打
只隈    0-1から一犠打
田中    2-3から中飛

回表
平山    2-1から遊ゴロ
小野和   0-0から右飛
山下    0-0から三ゴロ

回裏
マルシオ  0-1から三ゴロ
田村    1-2から二ゴロ
藤島    0-1から中飛

回表
相原    1-1から二ゴロ
田原    1-0から遊ゴロ
谷脇    1-0から遊ゴロ

回裏
宇多村   1-0から一ゴロ
中野    1-0から三ゴロ
東向    2-3から四球
角谷    2-0から三振

回表
尾崎    2-2から一ゴロ
谷村    0-0から遊ゴロ
菊池    2-0から三振

回裏
只隈    1-3から四球
田中    0-0から一犠打
マルシオ  2-3から左適時二塁打

2-2


四国銀行選手交代:ピッチャー小野哲→東出

田村    0-0から二内野安打
藤島    2-3から三振
宇多村   1-0から死球
中野    0-0から中越え適時二塁打

5-2

東向    2-2から左直

回表
平山    1-3から三ゴロ
小野和   1-0から二飛
山下    2-1から三振

回裏
角谷    1-3から四球
只隈    0-2から捕犠打
田中    1-1から投内野安打
マルシオ  0-0から右前適時安打

6-2

田村    1-1から二ゴロ
藤島    1-0から二ゴロ

回表
相原    1-0から右飛
田原    1-0から中飛
谷脇    2-2から三振

回裏
念願だった応援歌「鉄路轟轟」に参加!まぁこれを歌いたかっただけなんですが…。おかげでこの回の先頭打者・宇多村選手のカウントは分からずじまい。まぁたまにはこんな事があってもいいじゃないですが(笑)。

宇多村   (カウント不詳)四球
中野    2-1から三振
東向    0-0から左飛
角谷    1-1から左中間適時三塁打と失策

8-2

只隈    1-1から遊ゴロ

回表
尾崎    2-1から三振
谷村    0-0から左飛
菊池    1-0から左二塁打
代打島崎  0-1から三邪飛

回裏
四国銀行選手交代:
代打島崎→レフト
ピッチャー東出→岸本

田中    0-0から中飛
マルシオ  2-1から三振
田村    0-3から四球
藤島    0-0から右飛

回表
JR九州選手交代:ピッチャー濱野→菊池

小野和   2-1から三振
代打日浅  2-1から三振
相原    2-3から四球
田原    2-1から捕邪飛


四国 020 000 000 2
九州 100 041 20X 8


立ち上がり。JR九州先発の濱野投手の球数がとにかく多かった…。1回も2回も、何とか三振は捕ってるけど、程ん度のバッターに1球目がボールなんですよねぇ。3回以降は何となく「中の人が入れ替わった」ようなピッチング。ほんとい知事はどうなる事かと思いましたが。

で、今日は二枚看板のうちのもう一方の雄、米藤投手の出番はなし。9回からはルーキー・一関学院高校出身の菊地翔太投手が登板しました。


初めて生で見せてもらいましたが、何となくですがまだ球が一本調子なんかなぁ、と。

事実、9回表の相原選手にはストライクが取れず、実に8球のファウルで粘られてのフォアボール。完全にバッテリーの根負けでした。言い方は難しいですが、まだ人によっては合わせやすい球なのかもしれません。実際、真上方向のフライのファウルが多かったです。スピード表示はあんまり見てませんでしたが、140km/hは軽く出てました。

再来年辺り、どんなピッチャーになってるか楽しみですよ。イーグルスが目を付けてるか、ホークスが気にかけてるかは知りませんが…。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

広島ブログ


2010.11.11 / Top↑