今日から準決勝。ベスト4の激突です。

住 友 金 属 鹿 島 対 東 芝

東芝硬式野球部にもあんまり予備知識はありません。知ってるのはドラゴンズ落合監督と、かつて千葉ロッテにいた丹波選手、あとはファイターズの坪井、ベイスターズの清水直行、今メッツにいる高橋くらい。ただわしが知らんだけやと思いますが。

それにしても、東芝にしても「ブレイブアレウス」、住友金属鹿島にしても「ブルーウィングス」というカッコいい愛称がついてるんやから、ユニフォームにもそんな表記が見られてもええと思うんですが、「企業チーム登録」ともなるとそうもいかんのでしょうかねぇ。


さて、準決勝第1試合。

回表東芝の攻撃。
住友区金属鹿島の先発は石田投手。1番・ショートの安達選手はインコースの球を見逃し三振。2番・センター井関選手は初球高めの球を叩いてライトスタンド前列へ先制ソロホームラン!0-1!3番・セカンド藤原選手はファーストへのファウルフライ。4番・JX-ENEOSからの補強・指名打者池辺選手はフォアボール。石田投手と言えど準決勝の立ち上がりはちょっと緊張してるんかなぁ。5番・レフト松永選手はセンター前ヒット。6番・ライト大河原選手はピッチャーゴロ。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
東芝の先発は新垣(あらかき)投手。1番・セカンド小島選手は2番・富士重工業からの補強・指名打者岩元選手はファーストゴロ。3番のサード岩永選手はボッテボテのファーストゴロで三者凡退。

回表東芝の攻撃。
7番・ファースト工藤選手は空振り三振。続くキャッチャー井川選手はどん詰まりのショートフライ。ラストバターのサード加藤選手は空振り三振で三者凡退。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
4番・ファースト二村選手は深いショートゴロ。5番・レフト松本選手は初球をたたいてセカンドゴロ、6番・ライト橋本選手はライトフライ。

回表東芝の攻撃。
先頭、1番に戻って安達選手はレフト前ヒット。続く井関選手はピッチャーへの送りバントでワンアウトランナー2塁。続く藤原選手はフルカウントまで粘ってフォアボール。4番の池辺選手はインコースのストレートを見逃し三振。続く松永選手はインコースやや膝元の球をどん詰まりにされてピッチャゴロ。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
7番・センター中倉選手はフルカウントまで粘ってフォアボール。8番・ショート福盛選手は初球バント観光もファウル、結局サードゴロランナーセカンド封殺。9番・キャッチャー日美選手はセカンドゴロダブルプレイ。結局三者凡退…。

回表東芝の攻撃。
先頭の大河原選手は。ここで工藤選手に代えて代打・市川選手はピッチャー前への送りバント成功。続く井川選手は鋭い当りのレフトフライ。ラストバッターの加藤選手はライト前ヒット、セカンドランナーの大河原選手がセカンドから一気にホームイン!0-2!1番に戻って安達選手はサードゴロでこの回終了。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
先頭の小島選手は空振り三振、続く岩元選手はフォアボール。続く岩永選手の2球目に岩元選手が盗塁を敢行するもタッチアウト。そして岩永選手はチーム初ヒットとなるセンター前ヒット。こんなもんですよ野球って。4番の二村選手は外角の変化球を見逃し三振。けどあの球はバットに当ってもファウルやったやろうなぁ、みたいなギリギリの球でした。

回表東芝の攻撃。
先頭の井関選手は強烈なファーストゴロ、藤原選手はセカンドゴロ、池辺選手もセカンドゴロ。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
先頭の松本選手は空振り三振。続く橋本選手はこれまた空振り三振。続く中倉選手はやや内角のストレートに手が出ず三者連続三振。これは見事やった。

回表東芝の攻撃。
先頭の松永選手はサードライナー、続く大河原選手はサードへの深い当り。しかしファーストへ大遠投でサードゴロ。続く代打からファーストに入ってる市川選手の3球目に石田投手は100球到達。その市川選手は空振り三振。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
先頭の福盛選手はライトフライ。ここで日美選手に変えて代打・福田選手はフォアボール。代走は渡部選手。1番に戻って小島選手の打席の時に新垣選手がボークでランナーは労せずしてセカンド進塁。どうやら足の上げ方がも問題やったようで。そして小島選手は引っかけたような当たりながら一塁への内野安打。2番岩元選手の打席の時にファーストランナーはセカンド盗塁。その岩元選手は浅いセンターフライ。サードランナーは突っ込めず。ここで東芝は先発の新垣投手から、JX-ENEOSからの補強・沼尾投手に交代。そして岩永選手はファーストゴロ。

回表東芝の攻撃。
この回から住友金属鹿島は代走野渡部選手に変えてキャッチャー・片葺(かたぶき)選手に交代。先頭の井川選手はショートゴロ。続く加藤選手はファーストゴロ。1番に戻って安達選手はボテボテのピッチャーゴロ。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
先頭の4番二村選手は痛烈なサードゴロ。続く松本選手のツーストライク目、デッドボールは認められず。多分主審のジェスチャーから見ると「打ちに行ってるから」なんでしょうね。アマチュア野球ではよくあること。結局ファーストゴロ。続く橋本選手はライトフライ。ライト大河原選手ナイスジャンピングキャッチ!

回表東芝の攻撃。
先頭の井関選手はセカンドゴロ。続く藤原選手はピッチャーゴロ。池辺選手はフォアボール。しかし松永選手はサードへのファウルフライ。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
先頭は中倉選手の代打・秋山選手。ヘッドスライディング敢行ながらもショートゴロ。続く福盛選手もショートゴロ、片葺選手はセンターフライ。

回表東芝の攻撃。
この回から住友金属鹿島の守備位置が若干変更。レフトの松本選手がライトへ。ライトの橋本選手がセンターへ。代打秋山選手に代えてレフトに吉田選手。

先頭の大河原選手はファーストの横を抜けるライト前ヒット。続く市川選手は送りバント。続く井川選手にはデッドボール。そして期待された加藤選手はセカンドライナー、ファーストランナー大河原選手は戻れずダブルプレイ。とりあえず石田投手は138球被安打4の「9回完投」。

回裏住友金属鹿島の攻撃。
住友金属鹿島最後(?)の攻撃。誰か一人でも4番二村選手に廻るんですがねぇ。しかしながら先頭の小島選手はセカンドゴロ。続く岩元選手はショートゴロ。ここで岩永選手に代えて代打・藤澤選手はレフト線ぎりぎりに入るツーベースヒット。スローで見たら「ラインの上」。

ここで東芝は沼尾投手に代えてリリーフに木戸投手をマウンドへ。

しかし最後は二村選手は空振り三振で試合終了…。


住友金属鹿島石田投手、5回以降8回までノーヒットの好投報われず、でしたねぇ。それ以上に東芝の新垣・沼尾・木戸のリレーの方が上回りました。2安打対5安打。ここまで来たら1発の怖さが身にしみる試合が多くなりますよ。東芝は今大会すでにチームホームランが6本目。これが明日の決勝戦のカギになるでしょう。

しかしながら第2試合のJR九州も三菱重工横浜もここまで接戦を勝ち抜いてきたチーム。とは言うものの
住友金属鹿島も接戦や延長戦を勝ち抜いてきたチーム。さて、あすの決勝はどうなる事やら。

大したことは書けなんだけど、以上。


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


2010.09.06 / Top↑
とうとう準々決勝まで来てしまいました。

J R 九 州 対 N T T 東 日 本

昔で言えば、門司鉄道管理局対電電東京。いわば「公社」同士の戦いやったんですが。

そろそろ決勝戦も近づき、ピッチャーの体調管理が懸念される頃になって来ました。しかしドーム球場で、絶対に日程がずれるはずもなく、決勝戦が火曜日にあるのに、せめてどっかで1日くらいは「休養日」があってもええような気がしますがどうでしょう。

しかしNTT東日本ってややこしいですねぇ。練習場は千葉にありながら東京都第3代表。これも合併を繰り返した結果なのでしょうか。選手名鑑を見たら「アラン・ベレン・ファニョニ」と言うブラジル出身でのほんの高校を出た選手がいます。ちょっと見てみたいなぁ。


さて試合。

回表NTT東日本の攻撃。
JR九州の先発はいつものように米藤投手。連投が続くので、どのあたりでリリーフの金城投手、濱野投手に交代するか、でしょう。先頭の北道選手はセンター前ヒット。続く目黒選手はピッチャー前に送りバントを決めるものの、3番平野選手はセカンドゴロ。セカンドの田村選手のナイスフットワーク。4番高尾選手は見逃し三振。

回裏JR九州の攻撃。
NTT東日本の先発は「大竹投手」。JR九州先頭の田中マルシオ敬三選手はレフトオーバーのツーベースヒット。続く田村選手は初球を送りバント。あっという間にワンアウト3塁から3番藤島選手は外角いっぱいの球を見逃し三振。4番宇多村選手はデッドボール。5番野口選手はバットを折りながらもショート後方へのタイムリーヒットで1-0!続く角谷選手はきれいに三遊間を抜くレフト前タイムリーヒットで2-0!もう1点欲しかった所やったけどここは大竹投手が踏ん張り、下田選手を空振り三振。

回表NTT東日本の攻撃。
先頭の、明治安田生命からの補強・荒川選手の打球は、捕りに行った米藤投手のスパイクに当ったかなんかで変なバウンドになり内野安打。しかし続く鷺宮製作所からの補強・伊藤選手はショートフライ。続く上田選手はショート真正面へのダブルプレイでこの回攻撃終了。

回裏JR九州の攻撃。
JR九州のブラバンの楽譜立て(?)の裏側には「SUGOCA」の文字。金掛けとるなぁ。

先頭の中野選手はフォークボールを空振り三振。只隈選手はライトフライ。1番に戻って田中マルシオ敬三選手はサードゴロ。

回表NTT東日本の攻撃。
先頭の8番梶岡選手はファーストゴロ。続く岩本選手はライトライナー。1番に戻って北道選手はショートゴロ。たまに逆球があるものの、NTT東日本打線が米藤投手のテンポにハマって来てる。

回裏JR九州の攻撃。
そろそろ中押し点が欲しいJR九州打線。この回は2番の田村選手。しかしながらショートゴロ。続く藤島選手はサードゴロ。続く宇多村選手はレフトフライ。荒川選手ナイスランニングキャッチ!

NTT東日本大竹投手、ストレートは140km/h前後とそんなに速くないものの、変化球のキレがすごい。1回表のピッチングは一体なんやたんやろう。

回表NTT東日本の攻撃。
三塁側のNTT東日本応援団、内野はほぼ満員、最後列レフトポール際までいっぱい。地元っていいなぁ。みんな団扇はもってるけど、水色のタオルとセットで朱色の上着も貰えるんでしょうか。

先頭の目黒選手は空振り三振。しかし米藤投手、今度はわずかながら高めに浮く球が目立つようになってきてる。低めに抑えようとするとワンバウンド。制球が定まらない。続く平野選手にはフォアボール、続く高尾選手は初球をライト前ヒット。続く荒川選手は真ん中に入ってきたところを叩くもセンターフライ。しかし続く伊藤選手はツーストライクまで追い込まれるも、外角の球をうまく救ってセンター前タイムリーヒット。2-1。

ここでJR九州は継投策、米藤投手をあきらめそうそうに濱野投手を投入。ツーアウト1・3塁の大ピンチ、植田選手を外角に大きく逃げるスライダーで空振り三振に斬ってとる。しかし濱野投手のあのスライダーはほとん反則だ。

回裏JR九州の攻撃。
先頭の野口投手は空振り三振、角谷選手はサードゴロ。下田選手はショートゴロ。1点取ったことで、徐々にNTT東日本のペースになって来てるんかなぁ。打てる気配がせんようになってきた。

回表NTT東日本の攻撃。
先頭の梶岡選手は初球を叩いてセンターフライ。続く岩本選手は変化球攻めの見逃し三振。本当に変化球が面白いように決まる。しかし1番に戻って北道選手はセンター前ヒット。続く目黒選手はライト前ヒット。なんとかここは凌ぎたい!続く平野選手はショートフライに倒れてこの回終了。

回裏JR九州の攻撃。
先頭の中野選手がレフト前ヒット。続く只隈選手はファーストへの送りバント。1番に戻って田中マルシオ敬三選手はライトフライ。この間にランナーはサードへ。続く田村選手はセカンド後方への難しいフライながらも、NTT東日本セカンド梶岡選手がナイスダイビングキャッチ!

グラウンド整備中、NTT東日本のマスコットのお姉ちゃんが、選手がホームランを打った後にスタンドに投げ入れる小さなぬいぐるみをピコピコさせながら遊んでる。NTT東日本の一回戦を見てないので、顔はようわからんけど、その仕草にちょっと萌え。つーかスタンドに投げ入れるもんやねんからあんまりそれで遊んじゃいかんですよ、と(笑)。

回表NTT東日本の攻撃。
先頭の4番高尾選手は1球も手を出さずにフォアボール。濱野投手の変化球をじっくり見てきた。続く荒川選手は外角の球に手が出て空振り三振。伊藤選手も空振り三振。上田選手は見逃しで3者連続三振!

回裏JR九州の攻撃。
先頭の藤島選手はショートフライ、続く宇多村選手はデッドボール。このランナーは何とか生かしたいなぁ。しかし野口選手はレフトフライ、角谷選手もセンターフライで攻撃終了。

回表NTT東日本の攻撃。
先頭の8番・梶岡選手は2-3まで粘るも最後はサードファウルフライ、続く岩本選手は見逃し三振、1番の北道選手はセカンドゴロ。NTT東日本の攻撃陣にほとんど動きがのうなってしもうた。

回裏JR九州の攻撃。
応援歌「鉄路轟轟」をバックに攻撃開始。先頭の下田選手がうまく合わせてライト前ヒット。続く中野選手は初球をきっちり送りバント。

ここで監督さんが出てきてNTT東日本はピッチャー交代。2番手投手は新人の小石投手。セットポジションからの投球やけど、サウスポーな上にタイミングが取り辛そうなフォーム。何か野手のスローイングみたいなフォームやなぁ。

そしてここでJR九州は只隈選手に代えて右の代打・山下選手。しかしインコース134km/hのストレートを見逃して三振。速さはそうないものの、キレが鋭い。続く1番。田中マルシオ敬三選手は外角のストレートを空振り三振。キレがあるからボールくさくても、どうしても手が出るんやろうなぁ。しかしこの回につき放したかった…。

回表NTT東日本の攻撃。
先頭の2番目黒選手は高めの変化球を叩いてセカンドゴロ。4回からリリーフしてる濱野投手、米藤投手同様、連投の疲れがあるんか知らんけど、ストレートが140km/h出んようになってる。スライダーとかの変化球で凌ぐしかないんかなぁ。続く平野選手をピッチャーゴロ。しかし、続く高尾選手は、真ん中に入ってきたストレートを叩いて、ライトスタンドの最前列に飛び込む同点ソロホームラン!2-2。

しかしまだ同点。濱野投手は気落ちすることなく、続く荒川選手を空振り三振に斬ってとる。

回裏JR九州の攻撃。
追いつかれたとはいえこの回のJR九州打線は2番の田村選手から。しかしレフトフライ。続く藤島選手はストレートを空振り三振。

小石投手、やっぱりタイミングが取り辛いんだ。左腕の出どころだけじゃない、足の上げ方からナニからナニまで全てが。何となくではあるけど、カープやバファローズでで活躍した清川さんを思い出す。

しかしたまに荒れるのか宇多村選手にはフォアボール、野口選手にはデッドボール。しかし続く角谷選手は空振り三振で得点ならず…。ここが攻めどころやったけどなぁ。

回表NTT東日本の攻撃。
先頭の代打・菅谷選手は空振り三振。ちょっと制球が怪しくなってきたとはいえ、途中出場で濱野投手のスライダーはなかなか打てんやろうなぁ。続くは上田選手は何とかセーフティバントをで揺さぶりをかけてみるも失敗、しかし1-2からのど真ん中のボールををレフトスタンドへ逆転のソロホームランで2-3!
しかしこの打球、微妙でした。スローで見る限りは「フェンスのてっぺん」に当ったようにも見えました。プロ野球なら確実に「ビデオ判定」になったような打球。JR九州の監督さんが出てくる気持ちも分かります。ここまで来ての1点は痛いなぁ。

しかし濱野投手は気落ちすることなく続く梶岡選手をセンターライナー。しかしラストバッターの岩本選手はレフト線へのツーベースヒット。ホームランになった球もそうやったけど、ちょっとづつコントロールが甘くなってきようる。続く1番北道選手はレフト前ヒット。しかしレフトの角谷選手がホームまでダイレクト返球。岩本選手がセカンドから激走するもホーム寸前タッチアウト!

回裏JR九州の攻撃。
この回からNTT東日本のピッチャーは黒田投手。33歳っちゅうたら社会人野球の中ではもうベテランの方ですねぇ。先頭の下田選手がライト前ヒット、続く中野選手の初球、バント失敗したファウルのボールを追うキャッチャーの上田選手。しかし捕れない。中野選手は2球目を送りバント。ここで代打、今大会初出場のの東向選手は粘りに粘ってフォアボール、続く1番・田中マルシオ敬三選手はしぶとくレフト前に抜けるタイムリーヒットで3-3の同点!レフトの荒川選手も全力でのバックホーム!しかし下田選手もナイススライディング!送球の間に田中選手はセカンドへ。

ここでNTT東日本のピッチャーは黒田投手から今大会初マウンド、サウスポーの成田投手に交代。左対左よりも満塁策を選択、JR九州の次のバッター田村選手は敬遠。ここで3番藤島選手は「初球スクイズ」。田村選手は空振りするも投球は大きく外れ、キャッチャー上田選手は捕ったもののタッチが出来ず、サードランナーの代走・田中允信選手が一気にホームイン!4-3の逆転サヨナラ勝ち!

なんか「凄い試合」としか言いようがないです。5年ぶりのベスト4進出。

明日は第2試合で三菱重工横浜との準決勝。三菱横浜とは今年のJABA東京スポニチ大会のブロック予選で激突、この時はJR九州が勝ってます。三菱重工横浜がリベンジなるか?JR九州が返り討ちにするか?

しかしながら米藤投手、濱野投手ともに、明日投げることになると3連投になります。1回戦から僅差の試合が続いてます。昨日今日とサヨナラ勝ちでチームに勢いがついてるとは言え、出来ることなら明日は「打ちまくって」投手陣を助けてあげて欲しいです。

しかしホントにええ試合やった!


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


2010.09.06 / Top↑