偶然ながら二週連続、水曜日にウエスタンリーグのカープ戦観戦となりました。すっかり社会人野球に傾倒してしまってる為、日程すらも頭に入ってないんですが、とりあえず水曜日はプロ野球。

現状のカープ二軍ですが、私が思うに、一定期間の選手育成・鍛練の時期を過ごし、鍛え上げられたた選手が、一軍で「リーグ優勝」と言う明確な結果を残し、今では一軍から溢れた一部の選手の調整、それ以上に次世代の選手の鍛練の時期を迎えているように感じます。今、一軍で活躍している選手は、大半が内田順三前監督の教え子。お次は水本監督の手腕に期待がかかる事になります。

それは阪神タイガースにも言える事とも思います。中谷将大や北條史也、原口文仁、秋山拓巳等、ここ数年で力を付けた選手が、着実に結果を叩き出し、一軍でカープとともに、セントラルリーグのペナントレース争いをリードしています。そして、植田海や陽川尚政などが次の一軍を狙ってます。

ぶっちゃけ今の阪神タイガースは、一軍も二軍も期待度無限大の状況ではないでしょうか。ちょっと遅れましたが、そんなタイガース対カープのウエスタンリーグ公式戦、です。

DSC_0001_201705180220086f6.jpg DSC_0002_20170518022016f00.jpg
阪神鳴尾浜球場に来るのは、3月29日の、タイガース対バファローズ以来(諸般の事情により、記事にしてません)。桜の季節もすっ飛ばして、いきなり新緑の季節。ここまで空いたのは初、かな。

DSC_0003_20170518022335d49.jpg 
DSC_00052.jpg DSC_00062.jpg
ちょうど、阪神鳴尾浜球場の隣にある、鳴尾浜臨海公園や球場で、タイガース投手陣のウォーミングアップが終わった時間。福永春吾とロマン・メンデスがサインに応じていました。

DSC_0008_20170518022605828.jpg DSC_0009_201705180226126ef.jpg
おはようございます阪神鳴尾浜球場。何やかんや言いながらも、ここが一番落ち着きます。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(遊)庄司隼人
2(指)梵  英心
3(一)アレハンドロ・メヒア
4(右)ザビエル・バティスタ
5(三)美間優槻
6(左)下水流昂
7(捕)坂倉将吾
8(中)高橋大樹
9(二)桒原  樹
投:戸田降矢

○目新しいところと言えば、坂倉将吾くらいかなぁ、と言うところ。育成選手ながら既に10本のホームランを放っているザビエル・バティスタが「バッティングに関しては」そろそろ、といったところか。

後攻:阪神タイガース
1(中)藤川俊介
2(二)植田  海
3(左)陽川尚政
4(一)新井良太
5(右)伊藤隼太
6(三)大山悠輔
7(遊)森越祐人
8(捕)岡崎太一
9(投)岩田  稔

●大山悠輔を育てたいがための、陽川尚政のレフト守備ですが、ある程度完成に近づいていたと思われる陽川をレフトに回してまで、大山を起用したいのか、と言う話にもなります。この辺は昨年の阪神タイガースのドラフト戦略にまで遡りますので控えますが、「「内野手の長距離砲」ってのはどこのチームも喉からでが出るほど欲しい状態なので、ちょっともったいないような気も。

審判員
球審:梅木謙一 一塁:今岡諒平 三塁:山村裕也
公式記録員:村林弘之

打撃成績
1回表
庄司     初球を打ってショートゴロ
梵      3-1から5球目を打ってサード内野安打
メヒア    1-2から4球目を打ってショートゴロダブルプレイ

1回裏
俊介     0-2から3球目を打ってショートゴロ
植田     2-2から6球目を打ってセンターフライ

陽川     1-0から2球目を打ってレフトへ第5号ソロホームラン
タイガース1-0カープ
良太     2-1から4球目を打ってサードゴロ

2回表
バティスタ  2-1から4球目を打ってショートゴロ
美間     初球を打ってピッチャーゴロ
下水流    0-2から3球目を打ってライト前ヒット
坂倉     2-2から5球目を見逃し三振

2回裏
伊藤隼    フルカウントから7球目を選んでフォアボール
大山     1-1から3球目を打ってセカンドフライ
森越     1-1から3球目を打ってショート強襲内野安打
岡崎     1-2から4球目を打ってショートゴロサードフォースアウト
岩田     1-2から5球目を空振り三振

3回表
高橋大    2-1から4球目を打ってショトゴロ
桒原     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
庄司     0-1から2球目を打ってショートゴロ

3回裏
俊介     2-1から5球目を打ってライトフライ
植田     2-2から5球目を空振り三振

陽川     2-1から5球目を打ってレフトへ第6号ソロホームラン
タイガース2-0カープ
良太     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
伊藤隼    2-1から4球目を打ってファーストゴロ

●2打席連発、第一打席のそれと似たような放物線は、ライトからレフトへの風にも乗っての「スタンドイン」。このバッティングをどうにかして一軍で活かせぬものか。

〇それにしても危なっかしいのがセカンド・桒原樹と、ライトのサビエル・バティスタの声の連携。ごくたまに行われる、庄司隼人と桒原樹のポジション入れ替え。フィールディング、スローイングの鍛錬の意味もあると思いますが、後ろに誰が守っているか、を考慮した声の連携も大事。試合前のノックでも十分出来るはず。事実、アマチュア野球ではやっている所、多いですからね。

4回表
梵      0-1から2球目を打ってセカンドフライ
メヒア    1-1から3球目を打ってセンターフライ

バティスタ  2-2から5球目を打ってレフトへ第11号ソロホームラン
タイガース2-1カープ
美間     2-0から3球目を打ってショートゴロ

〇この時期で既に11号ホームランのザビエル・バティスタ。ブラッド・エルドレッドが今シーズンから2年契約という事で「まだまだ出番はなさげ」の声もあるとは思いますが、ことバッティングに関してはもう十分に戦力に成り得るかと思います。ブラッド・エルドレッドも、出たり出なんだりですからね。

〇バッティングに関しては、このように記事にもなったりしてます。しかしながら、前のイニングでもあったように、つまらない守備のミスは未然に防がないといけない。セントラルリーグは打てばいいってもんじゃない。守備に就かなければあきませんから、まずそこは徹底的に鍛えないと。

4回裏
大山     1-2から5球目を打ってライトフライ
森越     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
岡崎     初球を打ってライトフライ 
岩田     0-2から3球目を見逃し三振

5回表
下水流    1-2から4球目を打ってショートゴロ捕球エラー
坂倉     1-1から3球目を打ってセカンドゴロセカンドフォースアウト
高橋大    1-1から3球目を打ってライト前ヒット ファーストランナー坂倉はサードへ
桒原     初球を打ってライト前タイムリーヒット ファーストランナー高橋大はサードへ
タイガース2-2カープ
庄司     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ サードランナー坂倉ホームイン
タイガース2-3カープ
梵      1-2から4球目を打ってライトフライ

5回裏
俊介     1-2から4球目を打ってサードライナー
植田     2-2から7球目を打ってショートゴロ

広島東洋カープ選手交代
ピッチャー戸田に代えて小野淳平

陽川     2-2から6球目を空振り三振

〇90球に満たぬタイミングで、そして陽川尚政を迎えた時点で、戸田降矢は交代。さすがに3打席連発は避けたかったのか、カープベンチは非情の采配。タラレバはご法度ですが、ランナーがおればもっと酷い事になっていただけに、これはまず納得出来る采配、かと思います。

6回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー岩田に代えて守屋功輝

メヒア    初球を打ってファーストファウルフライ
バティスタ  1-2から4球目を打ってサードゴロ
美間     2-1から4球目を打ってレフト前ヒット
次打者下水流の2球目にファーストランナー美間セカンド盗塁失敗

6回裏
良太     2-0から3球目を打ってセンターフライ
伊藤隼    フルカウントから9球目を選んでフォアボール
代走に緒方凌介
大山     2-2から5球目を打ってライトフライ
森越の代打板山祐太郎 2-2から6球目を打ってライトフライ

〇大山悠輔の「ライトフライ」。バティスタと高橋大樹が軽く衝突。頑張って追いかけるのは、ええ所も見せたいだろうし、気持ち的には分からなくもないけど、バックで声も入っているように、明らかにセンター高橋大樹が処理すべき打球。大事には至らなかったものの、ここでも声の連携の未熟さを露呈。と言うか、起用すべきポジションはしっかり固定するべき。事故が起こってからでは遅い。

7回表
阪神タイガース選手交代

代打板山がそのまま入りセカンド
セカンド植田がショート
代走緒方がそのまま入りライト

下水流    1-2から4球目を見逃し三振
坂倉     0-1から2球目を打ってショートゴロ
高橋大    0-2から3球目を空振り三振

7回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー小野に代えて永川勝浩

岡崎の代打西田直斗 初球を打ってレフトフライ
守屋の代打小豆畑眞也 2-2から5球目を打ってショートゴロ
俊介     2-2から6球目を打ってライト前ヒット
植田     0-2から3球目を見逃し三振

〇昨シーズンから若干腕の出処を下げ、スリークォーター気味に「リニューアル」した永川勝浩。スタメン指名打者の梵英心もそうですが、若手選手がやたらとクローズアップされるカープの現状にあって、緒方孝市監督は、今後彼らをどう起用したいのか、これだけはちょっと問うてみたい。

〇そのベテランとバッテリーを組むことになってしまった、高卒ルーキーの坂倉将吾。ポロリもいくつかあり、キャッチャーとしてはまだまだ、の印象。これだけは二軍でじっくり鍛錬を積み重ねるだけ。バッティングの評価型くなっていますが、キャッチャーである以上「壁」に撤しないと。

●代打西田直斗の大飛球。下水流昂のファインプレイに阻まれはしたものの、逆方向へしっかりスイング。育成選手にはなりましたが、支配下登録復帰も近いかな、と。あとはポジションの問題。

8回表
阪神タイガース選手交代

代打小豆畑がそのまま入りキャッチャー
代打西田に代えてピッチャー高宮和也

桒原     初球を打ってショートフライ
庄司     初球を打ってピッチャー強襲内野安打

阪神タイガース選手交代
ピッチャー高宮に代えて石崎剛

梵の代打船越涼太 1-1から3球目を打ってショートゴロダブルプレイ

8回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー永川に代えて中崎翔太

陽川     フルカウントから9球目を選んでフォアボール
良太の代打今成亮太 1-1から3球目を打ってセンターフライ
緒方     初球を打ってライト前ヒット ファーストランナー陽川はサードへ
大山     1-2から4球目を打ってサードゴロ サードランナー陽川挟まれタッチアウト
板山     2-1から4球目を打ってサードフライ

〇前日の登板に続いての「連投テスト」の中崎翔太。ストレートは145km/hが1球。もしこれが今のいっぱいいっぱいだったとしたら、もう少し様子は見たほうがいいかな、とも。一軍は現状、今村猛とジェイ・ジャクソンで回ってるし。但し、阪神鳴尾浜球場のスピードガンも、あまりアテになりません。キャッチャーが坂倉将吾だった、と言う条件も考慮せなイカンとは思いますけどね。

9回表
阪神タイガース選手交代

代打今成がそのまま入りファースト

メヒア    1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
代走に上本崇司 しかし次打者バティスタの2球目に盗塁失敗
バティスタ  フルカウントから6球目を選んでフォアボール
美間     1-2から4球目を見逃し三振
下水流    フルカウントから6球目がデッドボール
坂倉     ストレートのフォアボール

高橋大の代打土生翔平 0-1から2球目を打って左中間突破タイムリースリーベースヒット
タイガース2-6カープ
桒原     初球を打ってサードゴロ

9回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー中崎に代えて飯田哲矢
代走上本がそのまま入りサード
サード美間がファースト
代打土生がそのまま入りセンター

石崎の代打狩野恵輔 フルカウントから6球目を見逃し三振
小豆畑    1-2から4球目を打ってセカンドフライ
俊介     0-1から2球目を打ってショートゴロ

阪神鳴尾浜球場 第10回戦 阪神3勝6敗1分
鯉さんチーム 000 120 003 6
虎さんチーム 101 000 000 2

勝投手:小野淳平(13試合1勝1敗)
敗投手:岩田  稔(6試合2勝3敗)
本塁打:[広島]ザビエル・バティスタ11号(4回表 ソロ 岩田から)
       [阪神]陽川尚政5号(1回裏 ソロ 3回裏 ソロ いずれも戸田から)
試合時間:3時間4分
観衆:500(試合開始直後~5回裏終了後まで入場規制発動)

投手成績
広島東洋カープ
戸田  4.2回 20人 86球 4被安打 2与四死球 3奪三振 2失点 2自責点
小野  1.1回  5人 29球 0被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
永川  1  回  4人 14球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
中崎  1  回  5人 21球 1被安打 1与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
飯田  1  回  3人 12球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点

阪神タイガース
岩田  5  回 20人 65球 5被安打 0与四死球 1奪三振 3失点 2自責点
守屋  2  回  6人 20球 1被安打 0与四死球 2奪三振 0失点 0自責点
高宮  0.1回  2人  2球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
石崎  1.2回  8人 25球 2被安打 3与四死球 1奪三振 3失点 3自責点



DSC_0625_20170518024832e8d.jpg
えー、今更ではありますが、いろんな試合引っ括めて、今シーズン初めて「カープが勝った試合」を見せていただきました。まぁ今年は最初の試合から散々でしたからねぇ。

DSC_0622_201705180248392e5.jpg
5月18日現在、カープ二軍のウエスタンリーグ成績は16勝18敗3分の4位。まだどこかが抜け出すと言う雰囲気にはないですが、とにかく勝ち進まなければ「経験値」にはならない、とも思ってます。

今シーズンの水本勝己監督の方針は「まず育成」だそうですが、それでもやっぱり、個人成績が上がればチームの成績も上がろうし、それが選手の自信にもなる。その積み重ねをしてきた選手が今現在、一軍で活躍している。やるべき事をやって、チームが勝って、それがそれこそ「チームの底上げ」になる、とも考えています。少なくとも、各地を転戦して、試合を見せている以上、は。

育てながら勝つのは難しいとも言われています。同時進行出来ないのかも、と思った時期もありましたが、内田順三監督の頃のカープ二軍を見ていたら、決してそれは不可能じゃない、とも考えます。

DSC_0621_20170518024841e59.jpg
かたや阪神タイガース。昨年のこの時期は頻繁に選手の入れ替えを行っていましたが、今年は比較的穏やか。昨シーズンの、チーム全体での試行錯誤から、次の段階に移ったかなぁ、とも思ってます。先にも記したように、ここ数年、阪神鳴尾浜球場で汗を流してきた面々が次々と、スポーツ新聞の見出しになってます。これはこれで喜ばしいことじゃないですかね。

福留孝介や鳥谷敬と言ったベテランと、二軍で実績を積み重ねてきた連中がうまくかみ合ってる。昨シーズンのカープは、新井貴浩と、引退した黒田博樹と言うベテランがいましたが、どことなくそれに似た様相。まだまだ先はわかりませんが、阪神タイガースと広島東洋カープ、この2チームが上位を走っているのも、何となく頷けます。もっとも、モノは言いようだとは思いますが。

他球団でも、思うところはたくさんあります。

2017.05.19 / Top↑
今年2度目の、姫路市営姫路球場での野球観戦となりました。そしてこれも、毎年恒例になりそうな、阪神タイガース主催のウエスタンリーグ公式戦、そして今年も、対広島東洋カープ戦です。

25年ぶりの、セントラルリーグ優勝へのマジックナンバー点灯で大騒ぎになっているカープの周辺ですが、正直な話、ウエスタンリーグでのカープは、リーグ成績の面から見ると「さっぱり」の状態。昨年まで主力だった下水流昂や鈴木誠也、磯村嘉孝らが一軍に定着し、戦力になっています。

おそらくこのまま一軍はリーグ優勝に向かって突っ走るでしょうし、走ってもらわないと困るんですが、現在の一軍選手でこの先、何年も戦えるとはとても思えませんし、この先「カープの黄金期」を築き上げる為には、足りぬ部分は山のようにあります。まだまだ足りない箇所はあります。

この辺り、言い出したらキリがないですが、ひとまずそれは横に置いといて、残り少ないウエスタンリーグ公式戦、対タイガース戦です。今年に入ってプロアマ込み通算70試合目の現地観戦です。

DSC_0001_201608300151019b7.jpg DSC_0004_201608300151180d1.jpg
DSC_0006_20160830015104a78.jpg DSC_0008_20160830015115eb1.jpg
シーズンも終盤になった「2016年夏の青春18きっぷ」で、そして山陽電車でやって来ました姫路市営姫路球場。まさか2回も来る事になろうとは思いもしませんでした。この日も朝から暑かったです。

DSC_0011_201608300152436d6.jpg DSC_0010_2016083001524799b.jpg
昨年の入場列は、ズラッと一列でしたが、今回は折れて折れての列。あまり意味がないような。

DSC_0017_20160830015407ad9.jpg
09:55、予定より少し早く開門、そして定位置確保。最近は試合中、ビデオカメラをほっぽり出して、三塁側や一塁側に行ったりする事もありますが、さすがに今回は混雑しそうなのでやめました。

え、とりあえずは試合前に(業務に支障が無い程度に)何か食っておかといかん、と言う事で、スタンド下のいわゆる「コンコース」をウロウロしていました。まぁこういう地方球場での試合はある種の「お祭り」みたいなもんなので、ビールやらソフトクリームヤラを売っていたんです。私も「焼きそばくらいないのんか?」と思っていたんですが、そんな時に目に飛び込んできたのが、この屋台でした。

DSC_0059_20160830020226fde.jpg
姫路名物 えきそば!

そう、JR姫路駅構内や在来線ホーム上で立ち食いそばの店を展開している「まねき食品」がついに、姫路球場に進出してきたんです(笑)。その瞬間、他の選択肢は頭の中から全て消去されました。

DSC_0061_2016083002022740f.jpg
一杯400円。姫路駅で食べるよりも若干お高くなっていましたが、んなこたー関係ありません。カープの練習を見学しながら食べる「えきそば」は本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。

DSC_0065_201608300210420c2.jpg DSC_0104_201608300210542b3.jpg
で、昨年、この場所このカードで、ちょっと痛ましい事故が起きましたが、その教訓もあってか、バックネットぎわはカラーコーンとコーンバーでガードされていました。それでもネット直付けで撮影に興じている人もいましたが、ある程度効果はあったようです。場内整理も比較的スムーズでした。

DSC_0359_20160830021458272.jpg
それでもやっぱり、タイガースの選手が動き出すと「これ」でしたけどね。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(三)小窪
2(中)野間
3(左)下水流
4(指)ルナ
5(一)岩本
6(右)土生
7(二)桒原
8(遊)上本
9(捕)中村亘
P:塹江

DSC_0386_20160830021934c73.jpg DSC_0390_2016083002193704b.jpg
△試合前から「小窪がいる、誰がいないんだ?」と言う話で球場内はもちきり。何と梵英心が出場選手登録。実戦感覚を取り戻す意味での小窪哲也の抹消か、それとも梵英心の状態よし、と見たのかは不明。そして通常では桒原樹がショートのところを、上本崇司。これもまたちょっと驚き。試合前の円陣での声出しは岩本貴裕が担当。さすがに「脱ぎ」はしなかったようで。

後攻:阪神タイガース
1(右)伊藤隼
2(二)荒木
3(三)陽川
4(中)横田
5(一)良太
6(指)梅野
7(左)俊介
8(捕)岡崎
9(遊)植田
P:歳内

DSC_0397_20160830022117ae2.jpg DSC_0401_20160830022112bb7.jpg
△タイガース試合前の円陣。声出し担当は横田慎太郎。

審判と公式記録員
DSC_0408_201608300216507eb.jpg DSC_0409_20160830021658e44.jpg
DSC_0410_201608300216345e3.jpg DSC_0411_20160830021657689.jpg
球審:水口拓哉 一塁:坂井遼太郎 三塁:今岡諒平

打撃成績
1回表
小窪      0-2から3球目を空振り三振
野間      1-2から4球目を打ってファーストゴロ
下水流    1-2から4球目を打ってサードゴロ

1回裏
伊藤隼    初球を打ってレフト前ヒット
荒木      1-2から5球目を打ってライトフライ
陽川      2-2から6球目を打ってショートゴロダブルプレイ

2回表
ルナ     2-1から4球目を打ってサードゴロ
岩本     1-2から5球目を打ってライトフライ
土生     3-0から4球目を打ってライトフライ

2回裏
横田     フルカウントから6球目を空振り三振
新井     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
梅野     初球を打ってライトフライ
俊介     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
岡崎     初球を打ってセンターフライ

△打たれる分には構わない塹江敦哉。ストレートのスポードガン表示はだいたい144km/h前後。若干姫路球場のスピードガン表示が辛い部分もあるのかな。この日のMaxは最終的には147km/h。

△で、藤川俊介のセンター前ヒット。桒原樹が絶妙のタイミングでセカンドベース後方で捕球体制、そのままキャッチしてセカンドでフォースアウトを取れそうなところを、上本崇司が「邪魔」をした形。失点には繋がらなかったものの、若干もったいない守備。桒原樹の動きが見えてなかったのかな。

3回表
桒原      0-1から2球目を打ってピッチャーゴロ
上本      2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
中村亘    1-0から2球目を打ってセンター前ツーベースヒット
小窪     1-2から4球目を打って左中間突破タイムリーツーベースヒット
タイガース0-1カープ
野間     初球を打ってセンターフライ

△よく分からない横田慎太郎の守備。前後の動き左右の動き、の差はあるとは思いますが、前進前進して結局捕れずにスーベース(中村亘佑の打席)にしたかと思えば、レフト寄りに猛ダッシュをかましてスライディングキャッチ(野間峻祥の打席)。ごくたまにライトを守ってたりしますが、相変わらずヒヤヒヤもの。一軍に定着するにはやはり守備からかなぁ。

3回裏
植田      3-1から5球目を打ってレフト前ヒット
次打者伊藤隼の4球目に植田セカンド盗塁成功
伊藤隼    フルカウントから6球目を打ってセンター前ヒット
荒木      初球を打ってショートフライ
陽川     初球を打って右中間スタンドへ第10号スリーランホームラン
タイガース3-1カープ
横田     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
新井     1-2から4球目を空振り三振

4回表
下水流    0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
ルナ      2-1から4球目を打ってセンターフライ
次打者岩本の4球目に下水流セカンド盗塁成功
岩本      2-2から5球目を打ってレフト前ヒット

タイガース選手交代
ピッチャー歳内に代えて山本

土生     初球を打ってライト前タイムリーヒット
タイガース3-2カープ
桒原     2-2から5球目を空振り三振
上本     2-2から5球目を空振り三振

4回裏
梅野     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
俊介     初球を打ってレフト前ヒット
次打者岡崎の4球目に梅野サード盗塁成功
岡崎     2-2から5球目を打って浅いライトフライ
植田     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
伊藤隼    初球を打ってショートゴロ サードランナーホームイン
タイガース4-2カープ
荒木     2-2から5球目を打ってレフト前タイムリーヒット
タイガース5-2カープ
陽川     2-2から6球目を空振り三振

梅野龍太郎の「盗塁」なんですが・・・・。中村亘佑が、飛び出した梅野龍太郎を見てセカンドへ送球、カバーに入った桒原樹がキャッチしたはいいものの、ファーストランナーの動きが気になったのか、何故かサードに送球せず。結局そのまんま2失点につながってしまった。記録的には盗塁かと思いますが、若干ながらエラーっぽい、と言うか桒原樹の判断ミス。か。自責点1。

5回表
タイガース選手交代
ピッチャー山本に代えて伊藤和

中村亘    2-2から8球目を打ってセカンドゴロ
小窪      0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
野間      1-0から2球目を打ってライト前ヒット
下水流    1-2から4球目を空振り三振
ルナ     2-1から4球目を打ってレフト前タイムリーヒット
タイガース5-3カープ

タイガース選手交代
ピッチャー伊藤和に代えて小嶋

岩本     3-1から5球目を選んでフォアボール
次打者代打バティスタの初球にワイルドピッチでサードランナーホームイン
タイガース5-4カープ
土生の代打バティスタ フルカウントから6球目を打ってサードゴロ

5回裏
カープ選手交代
代打バティスタがそのまま入りライト

横田     1-2から4球目を空振り三振
新井     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
梅野     1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
俊介     2-1から4球目を打ってレフト前ヒット
次打者岡崎の3球目にワイルドピッチでサードランナーホームイン
タイガース6-4カープ
岡崎     1-2から4球目を打ってサードゴロ
植田     初球を打ってセンターフライ

△試合序盤はテンポが良かったものの、点の取り合いになりつつある試合中盤になって、やたらと「間延び」する場面が目立ち、5回を終わって2時間と言うどうしようもない試合展開。さらにグラウンド整備に約15分かかり、6回表開始は14:45。先が思いやられるどころの話ではない。

6回表
タイガース選手交代
ピッチャー小嶋に代えて桑原

桒原      0-2から3球目を空振り三振
上本      初球を打ってセカンドゴロ
中村亘    0-1から2球目を打ってセンターフライ

6回裏
カープ選手交代
ピッチャー塹江に代えて小野

伊藤隼    1-2から4球目を打ってライト前ヒット
荒木      2-2から5球目を打ってセカンドゴロセカンドフォースアウト
陽川      2-1から4球目を打ってセンタフライ
横田      0-1から2球目を打って左中間突破タイムリーツーベースヒット
タイガース7-4カープ
新井      0-2から3球目を空振り三振

7回表
小窪      2-2から5球目を見逃し三振
野間      1-2から4球目を打ってショートゴロ
下水流    2-2から5球目を空振り三振

7回裏
カープ選手交代
ピッチャー小野に変えてデラパー

梅野      ストレートのフォアボール
俊介      0-1から2球目をピッチャー前送りバント
岡崎の代打板山 フルカウントから9球目を選んでフォアボール
植田      1-2から4球目を空振り三振
伊藤隼    1-2から5球目を打ってサードゴロ

△正直、見たくないピッチャーが出てきた、としか言いようがない。中村亘佑の構えたところにまともにボールが行かない。先頭バッター梅野龍太郎はストレートのフォアボール。たかが3人、されど3人、とは言うが、のっけからストレートのフォアボールでは正直、興醒めする。一軍ではブレイディン・ヘーゲンズの配置転換はあったけど、おそらくスティーヴ・デラバーの出番はこの先もなかろう。

8回表
タイガース選手交代
ピッチャー桑原に代えて鶴
代打板山がそのまま入りセカンド
セカンド荒木がファースト
ファースト新井に代えてキャッチャー小宮山

ルナ     3-1から5球目を選んでフォアボール
岩本     フルカウントから11球目を選んでフォアボール
バティスタ  0-1から2球目を打ってレフト線タイムリーツーベースヒット
タイガース7-6カープ
打ったバティスタはサードタッチアウト
桑原     1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
上本     0-1から2球目をピッチャー前送りバント
中村亘の代打廣瀬 ストレートのフォアボール
小窪     初球を打ってライトフライ

△岩本貴裕と鶴直人の「対決」。個人的印象として、鶴直人に「これ」と言った決め球がない。故にファウルでさんざん逃げられた挙げ句にフォアボール。ちなみに、エクトル・ルナと岩本貴裕の打席だけで約15分。どうせまともにl決まらないボールしかないのなら、よく言われる「ど真ん中に投げろ」ではいかんのかな、とも思いました。それだけ試合中盤に出てくるピッチャーはみな酷かった。

8回裏
カープ選手交代
ピッチャーデラパーに代えてオスカル
代打廣瀬に代えてキャッチャー白濱

荒木     1-1から3球目を打ってファーストゴロ
陽川     1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
横田     2-0から3球目をピッチャーゴロ
小宮山    フルカウントから6球目を選んでフォアボール
梅野     2-1から4球目を打ってサードゴロ

9回表
タイガース選手交代
ピッチャー鶴に代えて高宮

野間     0-1から2球目を打ってライト前ヒット
次打者下水流の2球目に野間セカンド盗塁成功 さらにキャッチャーの悪送球でサードへ
下水流    1-1から3球目を打ってライト前タイムリーヒット
タイガース7-7カープ
代走に中東
ルナ     3-1から5球目を打ってレフト線ツーベースヒット
岩本の代打メヒア 0-2から3球目を空振り三振
バティスタ  0-2から3球目を空振り三振
桒原      2-2から5球目を空振り三振

9回裏
カープ選手交代
ピッチャーオスカルに代えて飯田
代走中東がそのまま入りレフト
代打メヒアがそのまま入りファースト

俊介      3-1から5球目を選んでフォアボール
板山      初球をピッチャー前送りバント
植田      2-2から5球目を空振り三振
次打者伊藤隼の3球目にワイルドピッチで俊介はサードへ
伊藤隼    フルカウントから6球目を見逃し三振

姫路球場 第22回戦 阪神12勝7敗3分
広島 001 120 021 7
阪神 003 211 000 7

本塁打:[阪神]陽川10号(3回裏 スリーラン 塹江から)
試合時間:4時間2分くらい

投手成績
広島東洋カープ
塹江    5  回 27打者 96球 10被安打 3与四死球 4奪三振 6失点 6自責点
小野    1  回  5打者 18球  2被安打 0与四死球 1奪三振 1失点 1自責点
デラバ   1  回  5打者 24球  0被安打 2与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
オスカル 1  回  5打者 18球  1被安打 1与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
飯田    1  回  4打者 17球  0被安打 1与四死球 2奪三振 0失点 0自責点

阪神タイガース
歳内    3.1回 14打者 47球  4被安打 0与四死球 1奪三振 2失点 2自責点
山本    0.2回  3打者 11球  1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
伊藤和  0.2回  5打者 20球  3被安打 0与四死球 1奪三振 2失点 1自責点
小嶋    0.1回  2打者 11球  0被安打 1与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
桑原    2  回  6打者 20球  0被安打 0与四死球 3奪三振 0失点 0自責点
鶴     1  回  7打者 27球  2被安打 3与四死球 0奪三振 2失点 2自責点
高宮    1  回  7打者 21球  3被安打 0与四死球 3奪三振 1失点 1自責点



DSC_0607_20160829030640e65.jpg
両チーム計26安打、11与四球、3暴投となれば、グダグダな展開になるのは当たり前。その結果が9イニングにも関わらず4時間ゲーム。ぶっちゃけ、これだけ締まりのない試合ってのもそうそう観る事は出来ません。それはそれで良かったのかな、などと。そう思うしかない試合でした。


で、この試合を、まずは勝手にタイガース視点から見ます。

相変わらずタイガースのリリーフでは安藤優也が一軍で投げておるようですが、その他は正直「誰がおるん?」みたいな印象を受けます。打者の方では、金本知憲監督が頭を捻っていろんな選手を起用していますが、ピッチャーの方ではなかなかコレ、と言うリリーバーが出てきてない。未だに安藤優也がえっちらおっちら投げているようではいかんと思うんですは如何でしょう。

カープはと言うと

DSC_0609_2016083001470461e.jpg
今シーズンを見る限りすっかり、セットアッパーは外国人助っ人、と言うのが定着してしまってます。実際それでチームに結果をもたらしてくれておるので、それはそれで良いんでしょうけど、それに続く日本人選手がもう一つどころか二つ三つ、になりつつあります。あまり好ましくない傾向。

DSC_0612_20160830014658eb1.jpg
ただ、イニングを消化するだけでもいいんですが、3つのアウトを取るのに四苦八苦しているようではこの先はあまり望めない。この試合の両チームのピッチャーに言える事なんですが、まずはボールで様子見、になってしまってる。これでは残念ながらピッチャー主導でイニングが進む筈がない。

それどころかコントロールがままなってないのは如何なものか、とも。これではキャッチャーも組み立てもへったくれもなかろうし、リード云々以前の問題になる。遠征に帯同する人数は「登板予定」を綿密に練って決まっているはずなんだから、もう少し、調整方法は考えた方が良いのでは、とも。


こうやって色々思い返せば、両チームとも夏休みの宿題どころか、永遠の宿題がありそうです。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
広島東洋カープ 阪神タイガース ウエスタン・リーグ
2016.08.30 / Top↑