話が若干前後してしまいますが、去る5月8日の月曜日に、カナフレックス対JR西日本のオープン戦を観戦しに、大阪府は吹田市にある、万博記念公園野球場へ行ってきました。

大阪府北部とは言うものの、堺市からは比較的楽に行ける球場ながら、なかなか行く機会もなく、どないかして行けぬものか、と考えてたんですが、それこそ「渡りに舟」のオープン戦観戦です。

DSC_0001_201705110155422cd.jpg DSC_0002_20170511015551f99.jpg
ゴールデンウィーク明けの月曜日の南海高野線初芝駅。試合開始予定時刻は13:00と言う事で、かなりゆったりの出立。とは言うものの、両チームの準備が整えば予定時刻よりも早く始まる事の多い社会人野球の試合。早く出る事にこした事はありません。

DSC_0004_2017051101554533d.jpg DSC_0005_20170511015549e86.jpg
DSC_0007_201705110155430a6.jpg DSC_0008_2017051101554741f.jpg
吹田市まで何で出るか、がまず考えどころですが、慌ただしく乗り換えを繰り返すのもアレなので、無難に中百舌鳥駅から地下鉄御堂筋線、そしてそのまま北大阪急行線で千里中央駅へ参ります。

DSC_0009_20170511020028c85.jpg DSC_0010_201705110200319f1.jpg
DSC_0012_20170511020029cc8.jpg DSC_0013_20170511020025e8b.jpg
所要時間はおおよそ50分。十数年ぶりの、北大阪急行千里中央駅到着。2フロア吹き抜けのなかなか洒落た造り。地下鉄電車をこんな角度から見る事が出来る駅もそうそうないかと思われます。改札口を出て、電車が来た方向、南に向かいます。順路は割とややこしいです。

DSC_0015_201705110201268e5.jpg DSC_0016_2017051102012703f.jpg
駅の外に出て、ショッピングモールを通り抜けてだいたい5分かそこら、歩く事になります。

DSC_0018_20170511020355e2d.jpg DSC_0019_20170511020400ea0.jpg
DSC_0023_20170511020543ad2.jpg
ここからは、これも何年ぶりかの「大阪モノレール」乗車。大阪モノレールの経営会社は「大阪高速鉄道」。主要株主は大阪府。その他に阪急電鉄、京阪電鉄等も名を連ねていますが、駅構内の造作は何となく洒落た雰囲気、阪急電車の駅を思い起こさせます。

DSC_0021_2017051102044535a.jpg DSC_0027_2017051102045052a.jpg
かつては営業キロ数世界一を誇った大阪モノレール。そして、高架線とは言え丘陵地帯を駆け抜けるので、軌道の造りもなかなかダイナミック。

DSC_0029_201705110206545d6.jpg DSC_0030_20170511020709738.jpg
DSC_0031_20170511020706d94.jpg DSC_0033_201705110207070cb.jpg
目的地の「万博記念公園駅」は千里中央駅から2つ先。手前には車庫を見ることが出来ます。またここからは、モノレールには珍しい支線(通称:彩都線)が分岐しています。

DSC_0036_20170511020746209.jpg
駅を出て左に行くと、セブンイレブンがあります。食糧調達ならここがよいかと思われます。

DSC_0037_20170511020831441.jpg DSC_0039_201705110208367e3.jpg
そのセブンイレブンの前の道をそのまま進みます。その先では大阪モノレールの軌道の分岐の様子を、さらにその北側には、大阪万博の象徴でもある「太陽の塔」を見ることが出来ます。昭和45年の大阪万博の際には、この付近に、北大阪急行「万国博中央口駅」が半年間だけ設置されていました。

DSC_0040_20170511020937344.jpg DSC_0042_20170511020943224.jpg
2015年に、エキスポランドの跡地にオープンした「EXPOCITY」の敷地を通ります。

DSC_0045_20170511021040aa5.jpg DSC_0046_2017051102104658e.jpg
DSC_0047_20170511021050f84.jpg DSC_0048_20170511021053d40.jpg
後はしばらく、大阪モノレールの軌道の横を歩きます。歩行者・自転車専用道路になっています。ところどころに「万博記念競技場」とか「ガンバ大阪:クラブハウス」と言った案内があります。

DSC_0050_20170511021206918.jpg DSC_0051_20170511021205dc7.jpg
DSC_0052_201705110212089d7.jpg DSC_0054_2017051102120989a.jpg
小さな陸橋を渡り終えると、ささやかな木立の向こうに、目指す「野球場」が見えてきます。

DSC_0056_20170511021313ab3.jpg
高さがそんなにないので、パッと見、野球場には見えません。

DSC_0058_201705110213172b5.jpg
小さなトンネルみたいなのがありますが、これはどうやら管理事務所その他への入口のようです。

DSC_0059_2017051102155876c.jpg
一般人はこちらから。建物はもしかしたら「チケットブース」か何かだと思われます。

DSC_0063_201705110215584ae.jpg
球場に入ってみます。グラウンドは内野が土、外野は天然芝。外野席の向こうにも木立があり、自然豊かな球場です。ただし、「逃げ場」が全くといって良いほどないので、日焼け対策は十分に。球場の構造としては、丘陵地帯の小山を開削して、主要設備を追加した「掘り下げ式」の球場。

DSC_0328_20170510031519648.jpg DSC_0329_20170510031532686.jpg
目を引くのはグラウンドへの散水設備。全自動になっています。

DSC_0061_20170511021653ad4.jpg DSC_0062_2017051102165629a.jpg
スタンドは全面芝生席。舗装されたコンコースがありますが、外野はどこまで行けるのか。

DSC_0064_2017051102174096a.jpg
バックネット裏最上段には飲料水の自動販売機が1台。自動販売機は球場外、先ほど通ってきた通路の傍らにもあります。また喫煙コーナーもそこに併設されています。飲むモノはそこそこあります。

DSC_2164_20170511021919fc6.jpg DSC_2163_20170511021929e0d.jpg
トイレはその喫煙コーナーの側、もしくはスタンドを少し降りた所にもあります。

DSC_0066_20170511022132cd2.jpg DSC_0067_20170511022140bbf.jpg
センター120メートル、両翼90メートル。現在の基準からしたらかなり狭いです。

DSC_0071_201705110222341b8.jpg DSC_0091_20170511022236ca6.jpg
内野スタンドの様子。シロツメクサが満開。こんな雰囲気の中で野球観戦をしたのは後にも先にも初めて。ただし雨上がりは悲惨な事になるかと思います。超の付く好天でよかった良かった。

DSC_0065_2017051102242632d.jpg DSC_0070_20170511022428c8d.jpg
スコアボードは磁気反転式。ボールカウントは昔懐かしい「SBO」。しかし、何人来場者があるか分からんような、月曜日昼間のオープン戦にも関わらず、点灯・表示して下さったのカナフレックス野球部関係者の皆様にはただただ感謝。本当にありがとうございました。

DSC_2162_201705110219284e4.jpg DSC_2161_20170511021930aec.jpg
内野のフェンス割りと低くなっており、さらにはスタンドとホームベース付近がかなり近いので、選手を撮影するには好都合。ただし、バックネットも同じく低いので、ファウルフライには御注意を。

DSC_2168_20170511022709c51.jpg
開場は万国博覧会終了後の昭和49年。その頃から大して変わってないものと思われます。しかしながら現在でも、高校野球の大阪大会や、阪神大学野球のリーグ戦が行われたりしています。

舞洲ベースボールスタジアムや、南港中央野球場などと、設備面を比較すると、照明設備がない、また開場から40年を越えて、各設備の陳腐化が目立ちますが、出来る事ならこの雰囲気だけは維持していただきたい。また機会があれば今度は、寝っ転がってのんびり観戦でも、と考えております。

2017.05.11 / Top↑
さて、先の記事のように、先週5月5日こどもの日に、大阪府貝塚市にある、日本生命の新本拠地に行ってまいりました。何分にも、全く初めて観戦する球場ゆえ、写真撮影その他が可能なのか、という不安もありましたが、無事(ほぼ)通常業務をこなして帰って来ることが出来ました。

なので、せっかくですから、ごくごく近場とは言え「道」の記事をば。まだまだ新しい球場ゆえ、この先あれこれ、変わるところもあるとは思いますが、これから観に行かれる方の何らかの参考になればこれ幸いです。

DSC_0002_20170508025340048.jpg
毎度お馴染み、南海高野線初芝駅。いつもなら通勤ラッシュの真っ只中、のはずなんですが、そこはゴールデンウィーク。疎らとまでは言いませんが、平日の午後的な何となく気だるい雰囲気。

DSC_0004_20170508025452f8c.jpg DSC_0007_201705080255044ed.jpg
DSC_0008_2017050802550857c.jpg DSC_0010_20170508025506d7c.jpg
三国ヶ丘駅で阪和線に乗り換え。大阪環状線では、新型の3扉電車323系が持て囃されていますが、阪和線では225系電車6両編成の普通電車が、当たり前に見られるようになりました。未だに103系電車が幅をきかせていますが、いずれ阪和線にも323系が来るようになるんでしょうか。

DSC_0012_20170508025621094.jpg DSC_0014_20170508025618bbe.jpg
三国ヶ丘駅から快速電車に乗るもよし、延々普通電車に乗るもよし。私は三国ヶ丘駅から普通電車、鳳駅から東岸和田駅まで関空快速、と言うわりと慌ただしい乗り換えをしました。画像は東岸和田駅。

DSC_0018_20170508025732d1f.jpg DSC_0024_20170508025732833.jpg
東岸和田駅から、ひと駅普通電車に乗ると、目的地の東貝塚駅に到着します。

DSC_0022_2017050802582401e.jpg DSC_0023_2017050802582353b.jpg
東貝塚駅のホームに降り立った時点で、球場全体を囲っている防球ネットと、併設されている何かしらの建物を見る事が出来ます。だからと言ってすぐ到着するわけではないんですが。

DSC_0025_201705080259329ef.jpg DSC_0027_20170508025940dcf.jpg
DSC_0028_201705080259463a2.jpg DSC_0029_20170508025947cfd.jpg
駅南側の踏切を渡ります。時間によっては通過列車3本待ちと言う「ワナ」が仕掛けられていますが(実際、私はモノの見事に引っ掛かりました)、決して怯んではいけません。

DSC_0033_2017050803003315b.jpg DSC_0034_201705080300326b3.jpg
その道をただただ直進します。ちなみに駅周辺には立ち寄れるコンビニエンスストア等はないので、出立前に買っておく事をお薦めします。飲料の自販機はそこらじゅうにありますからね。

DSC_0035_201705080301416da.jpg DSC_0036_201705080301408d6.jpg
右手に保育園が見える交差点に着いたら、右折します。そうしたらもうそこは球場の前です。

DSC_0325_20170508030224693.jpg
敷地外から見る、多分体育館だと思いますが、確か寮も併設されているはず。さらにはここには、野球部の他に卓球部も本拠地、と言うか活動拠点にしています。駐車場もかなり広いです。

DSC_0324_201705080303227c0.jpg DSC_0038_20170508030329a11.jpg
「正門」。そこに輝く「日本生命スタジアム」の文字。日本語に訳すると「日本生命球場」。

15823603_366240057077065_8839266670069288143_n.jpg
実は1か月ほど前に「下見」に来たんですが、その際はまだここには何の表示もされていませんでした。「日本生命貝塚グラウンド」とでも入るのかと思ってましたが、まさかの「スタジアム」。

DSC_0040_2017050803041660f.jpg DSC_0041_201705080304139a8.jpg
正門を入ってみます。ハードルで境界線を作っているのが何とも体育会系施設だな、と。入った所に、「順路案内」があります。こう言うモノには必ず従いましょう。あくまでここは「私有地」。

DSC_0042_201705080305416fb.jpg 
DSC_0043_2017050803050661b.jpg DSC_0044_201705080305038ec.jpg
球場外周のフェンスと、防球ネットの間を進みます。突き当たりにまたハードルがありますが、そのすぐ横の穴が「入場ゲート」になります。これには正直、これまでにない衝撃を受けました。入場と言うよりもほとんど「潜入」に近いものがあります。

DSC_0046_2017050803063758b.jpg
さらに球場沿いに左へ進むと、バックネット裏の建物に到着します。観覧席は何と「2階」。1階はそれこそ本部席なんでしょう。狭い階段しかありませんが、とにもかくにも昇ってみます。

DSC_0049_20170508030838d11.jpg DSC_0054_20170508030841494.jpg
昇った先の観覧席。屋根つきです。座席数は約150。FRP製の腰掛けではありますが、とにかく座席の前後が広いんです。これはいち企業のグラウンドの観戦環境としてはハイレベル。

DSC_0052_20170508030944af3.jpg DSC_0074_20170508030948f45.jpg
当然ではありますが「スタンド内は禁煙」。喫煙コーナーは三塁側に降りる階段の下にバケツが用意されています。また飲料水の自販機もここにあります。

DSC_0076_201705080310380a3.jpg
そのスタンド棟の1階にトイレがあります。「糞発」する機会こそありませんでしたが、ウォシュレット付きの洋式トイレだった、と言う事実のみ、報告させて頂きます(当然男性用のみの確認)。

DSC_0050_20170508031137a1b.jpg DSC_0055_20170508031145992.jpg
左画像は、スタンド最前列で立った状態で見るグラウンド。右は着席状態で見た様子。前にある手すりが若干目障りと言えばメザワリですが、隙間からバッテリーを見る事も出来ます。

DSC_0056_20170508031247426.jpg DSC_0059_20170508031254ed9.jpg
DSC_0071_20170508031254664.jpg DSC_0072_201705080312598d3.jpg
内野は土、外野は天然芝になっています。両翼100メートル、センター122メートル。

DSC_0321_20170508031401e20.jpg DSC_0322_2017050803140331c.jpg
グラウンドの形状ですが、割りとファウルエリアを広く取ってあります。さらには両ベンチの外野よりには無駄な出っ張り。フィールドのサイズともども、京セラドーム大阪を意識しているようにも思います。。

DSC_0061_201705080315079fe.jpg DSC_0314_20170508031510bc6.jpg
スコアボードはチーム名とランニングスコア、ボールカウントとヒット・エラー表示。この辺は前本拠地の、千里山グラウンドと大差ありません。ちなみに場内アナウンスも、周辺に住宅地が迫っておる影響もあるんでしょう、全くありません。もっとも、アナウンスがある方が珍しいですが。

DSC_0062_201705080316198e9.jpg DSC_0069_20170508031626b23.jpg DSC_0070_201705080316292da.jpg
一塁側ベンチ。その外野寄りにブルペンが設けられています。この付近は選手以外の立ち入りが禁止されています。3枚目は三塁側ブルペン。若干ながら狭くなっています。アウェイの洗礼か?

DSC_0075_20170508031713f8d.jpg
で、かなり重要と思われる「各種写真撮影環境」ですが、スタンドの他に、三塁側のみの確認ですが、スタンド棟とベンチの間に、ご覧のようなスペースがあります。但し身長168cmの私が、ちょっと背伸びをせないかんような高さゆえ、踏み台なり何なりあった方がよいと思われます。

DSC_0326_2017050803225149e.jpg
どちらかと言えば周囲は狭いので、あまりウロウロ出来るような場所ではないと思いますが、雨風もしのげる立派なスタンドもありますし、腰を据えてじっくり観戦するにはよい「スタジアム」だと思います。既に今年度の都市対抗野球大阪府・和歌山県予選が行われた事実でも分かるように、国際規格に則ったサイズなので、今後も何らかの大会等が行われる可能性もあるかと思います。

我が家からも近く、ちょっと気合を入れれば午前中試合開始のオープン戦も、出勤前に観戦出来るので、また機会があれば訪れてみたいと思っています。何にしろ、よいスタジアムが出来ました。


2017.05.09 / Top↑