2006年に政令指定都市に移行したわが町堺市。しかしながら正直な話、古墳以外に見るべきものはありません。形のある古墳は空から見てなんぼ。地平から見たらただの丘、と言う風に考えていますが、その「百舌鳥・古市古墳群」も世界遺産になるとかならんとか。また辛気くさくなるなぁ。

それとは関係なく、全国の政令指定都市にはほぼ全てに、プロ野球公式戦が開催出来るだけの規模のスタジアムがありますが、残念ながら堺市には あ り ま せ ん 。 中区にある原池公園では現在、スタジアムの建設が進んでいますが、それでも収容人員は5000人規模。かなり弱いです。

で、堺市内でアマチュア野球の公式戦が開催出来る「野球場」はあるか?と言うとなきにしもあらず。大阪湾に面した、堺泉北臨海工業地帯の思い切り端っこにある「みなと堺グリーンひろば」。ここに、スタンドこそないけど、硬式野球場がある。しかもそこで、第45回全日本クラブ野球選手権大会大阪・和歌山予選がある、と言う事で、思い付く限りの公共交通機関を駆使して行ってきました。

DSC_0002_20190620014013e43.jpg DSC_0005_201906200140423f2.jpg
DSC_0006_201906200140290fc.jpg DSC_0007_20190620014034b16.jpg
おはようございます南海高野線初芝駅。まずは南海バス。駅前ロータリーにある、池田泉州銀行の前の停留所から出発する「堺駅南口」行きに乗車します。昔は1時間に2本あったんです(大浜体育館に行くのによく利用してました)が、いつの間にか大幅に削減されてしまいました。

堺市内の公共交通機関(鉄道)は、南海本線・高野線、JR阪和線、阪堺電気軌道とありますが、いずれも南北方向、大阪市内に向いて走っています。故に、泉北ニュータウンに代表されるように、大阪市のベッドタウンとして発展してきましたが、残念な事に東西の移動が不便極まりないです。

その不便を打破すべく運行を開始した(と思われる)堺シャトルバスですが、東西交通としては弱いです。過去にはLRT構想もありましたが、反対運動もあり結局は立ち消えになってしまいました。

DSC_0008_20190620014150de3.jpg DSC_0009_20190620014209294.jpg
DSC_0010_20190620014208d22.jpg DSC_0012_201906200142160cf.jpg
そんなこんなで約25分。堺駅南口に到着。バス乗り場こそ立派ですが、そこから堺駅までは、何となく裏路地っぽい雰囲気。堺駅本駅舎とも、川を挟んだ所になる為、別の駅のようにも思えます。

DSC_0016_20190620014638b4f.jpg DSC_0023_20190620014442126.jpg
DSC_0017_2019062001450441b.jpg DSC_0025_2019062001451359a.jpg
DSC_0018_201906200145179dc.jpg DSC_0021_2019062001451941b.jpg
その堺駅の南口改札入口。ホームの南端にあたります。駅ビルが建てられている本駅とうって変わって、日曜日の早朝だからでしょうか、何となくうら寂しい雰囲気。南海本線が高架化される前は、南側がメインだったように記憶しているんですが。

DSC_0026_201906200147217d9.jpg DSC_0027_20190620014724867.jpg
ここからは南海本線普通電車に乗車します。

DSC_0030_2019062001481752f.jpg DSC_0031_20190620014830d64.jpg
DSC_0032_201906200148364ab.jpg DSC_0037_20190620014840d66.jpg
南海電車に揺られる事ふた駅約4分、石津川駅に着きました。高架下の「ショップ南海石津川」にコンビニエンスストアがあるので、ここで食糧は確保しておいた方がいいでしょう。

DSC_0040_20190620014954961.jpg DSC_0041_20190620015006e12.jpg
ここからも本来はバスに乗りたいところ。実際に南海バスもあるんですが、残念ながらみなと堺グリーンひろば方面に向かう路線は 「 日 曜 ・ 祝 日 運 休 」 。もっとも、乗車した所で、みなと堺グリーンひろばまでは行ってくれないので、途中から歩かないといけないんですが。

DSC_0042_20190620015009bd2.jpg
なので、タクシー。やはり臨海工業地帯の玄関駅ゆえか、常時数台、客待ちをしている模様です。

DSC_7685_20190620015200f2b.jpg DSC_0045_20190620015207c1c.jpg
大規模工場・事業所が立ち並ぶ広い道路、臨海六区と呼ぶそうですが、走ること約10分、中型タクシー運賃にして1800円。ほぼ突き当たりに「みなと堺グリーンひろば」の入り口があります。

DSC_0049_20190620015256a08.jpg DSC_0050_20190620015308c08.jpg
DSC_0053_201906200153183b0.jpg DSC_0051_201906200153232fd.jpg
駐車場のすぐ横は既に「みどりの広場」。そこにある未舗装の道を歩きます。左手遠くには大阪湾。何かえらい所に来てしまった感があります。埋立て地とは言うもののまさに「辺境の地」。やがて遠くに、それらしき設備が見えてきます。

DSC_0057_201906200154185e8.jpg DSC_0058_20190620015424c8b.jpg
DSC_0060_201906200155056cd.jpg
着きました。

DSC_0061_2019062001562667d.jpg DSC_0064_201906200156278d0.jpg
硬式野球場はA・Bと二面あり、同じ造り。クラブ選手権予選はBで。隣のAグラウンドでは、リトルリーグの試合(ジュニアホークスが出場)が行われていました。

DSC_0068_20190620015722f1d.jpg DSC_0066_20190620015725abe.jpg
DSC_0337_20190620020815231.jpg DSC_0341_201906200208199b1.jpg
フィールド部分は全面土となっています。表示はありませんが、両翼90メートル、中堅110メートル。周囲荷物は比較対象物がなく、観客席がグラウンドに近いので、さらに狭く感じます。

DSC_4493_2019062002002722e.jpg DSC_4251_20190620020036c0c.jpg
スコアボードは完全人力。スコアこそ数字が用意されていますが、当然チーム名は手書きです。

DSC_0074_201906200203588a5.jpg DSC_7679_20190620020359746.jpg
観戦スタンドは芝生、と言うよりもただの土手。敷物は必携でしょう。そして何よりも、フェンスの低さが目を引きます。さらには周囲を囲う、高いネットがない(低いゴルフネットはあります)ので、ファウルボールが飛んだ場合には「(自主的に)危なーい!!」と叫ぶしかありません。mた、内野に当たる部分には、若干の木陰もあります。ここなら比較的快適に観戦出来るものと思われます。

DSC_0070_20190620020155cda.jpg DSC_4323_201906200201527a4.jpg
DSC_0075_201906200203031d3.jpg DSC_0076_201906200203043b1.jpg
ダッグアウトは観客席から丸見え。ロッカールームなる小洒落た設備はないので、選手の荷物はベンチ裏付近に置くしかありません。貴重品の管理は厳重に。そして、場内アナウンスが出来るのか出来ないのか、本部席もあります。

DSC_7676_201906200205477ff.jpg DSC_7681_20190620020554c41.jpg
公共交通機関とは無縁な場所にあるので、おいそれと来れない野球場ですが、最近では、昨年発足したクラブチーム・JFFシステムズなどが練習場として使用しているようです。

堺市中区にある原池公園では現在、収容5000人規模のスタジアムの建設が進んでいます。おそらく開場する来年度以降は、JABA公式戦の一部はそちらで行われると思います。そしてみなと堺グリーンひろばに来て改めて思ったんですが、ここの野球場も何らかの形で生かせんかな、とも。

新しい球場は、堺シュライクスと言う独立リーグのチームが本拠地として使用するとか。ならばこの野球場も、もう少し手を加えて、スタジアムとまでは行かんでも「ひろばの一部」を脱した野球場にして欲しいなぁ、と。それだけ大和川以南の南大阪には情けない程野球場が本当に少ないんです。

DSC_7684_20190620020936b07.jpg DSC_7687_20190620020939dd5.jpg
土地はあるので、公共交通機関さえ、もうちっとましならなぁ、と考えざるを得ません。

2019.06.20 / Top↑
2月18日月曜日、徳島インディゴソックス対関メディベースボール学院野球選手科のプロアマ交流試合観戦の為、JAバンク徳島スタジアムまで行ってきました。

近畿地方の対岸と言う事もあり、また3時間あれば到達可能な徳島県。早くから日程も発表されており、またこれまで行った事のない野球場。こう言う場合は計画を立てる時点でワクワクするもんです。

DSC_0001_20190219030422dda.jpg DSC_0004_2019021903042868b.jpg
おはようございます南海高野線初芝駅。時間は朝7時。もうラッシュアワーは始まっています。

DSC_0007_2019021903053717f.jpg DSC_0009_20190219030536c5d.jpg
DSC_0010_2019021903055452c.jpg DSC_0018_201902190305507af.jpg
新今宮駅で大和路線に乗り換え。JR難波駅到着。まずは目指せ湊町バスターミナル。今回は、南海難波駅から歩くのを回避しました。個人的なアレですが、この時間帯の南海難波駅は、外国人旅行客と通勤客である種のカオス。お行儀の悪い人もたくさん見受けられますしねぇ。

DSC_0019_201902190306579fd.jpg DSC_0022_201902190307282eb.jpg
DSC_0023_201902190307164fc.jpg DSC_0025_20190219030726505.jpg
JR難波駅到着。ここまで来れば、湊町バスターミナルはもう「すぐ上」になります。

DSC_0030_201902190308556b4.jpg DSC_0029_20190219030847cf6.jpg
もうこれまでに幾度となく「出立」した湊町バスターミナル。ここからは08:15発JR四国高速バス「阿波エクスプレス」にお世話になります。所要時間は、予定では2時間44分。明石海峡大橋ならびに鳴門海峡大橋、さらには日本の土木技術は偉大なり、と言うお話。四国も近くなりました。

DSC_0034_2019021903094823c.jpg DSC_0037_20190219031058e74.jpg
DSC_0038_20190219031003051.jpg DSC_0039_20190219030957e80.jpg
大阪府下から四国に渡るには、瀬戸大橋経由か鳴門海峡大橋経由か、になりますが、高松・高知・松山に向かうなら瀬戸大橋でJR、徳島に向かうなら高速バス、がよろしいかと思われます。

DSC_0040_20190219031209c40.jpg DSC_0041_2019021903121641d.jpg
DSC_0042_20190219031236c1e.jpg DSC_0047_20190219031303935.jpg
DSC_0049_201902190312473ae.jpg DSC_0053_201902190313011b8.jpg
10:33、予定よりかなり早く(とは言え12分)JR徳島駅前到着。ここからはJR徳島線で蔵本駅、もしくは徳島バスで蔵本グラウンド前、と言う手段がありますが、今回は余裕があるので、何年ぶりかに高徳線を利用します。乗車するのは、10時55分発普通列車の穴吹行。ちなみに、JR四国管内の「2両編成ワンマン列車」の後部車両はたいがい「回送車」となっております。ご注意ください。

DSC_0071_20190219031451c85.jpg DSC_0072_20190219031526767.jpg
DSC_0076_20190219031514cec.jpg DSC_0078_201902190315225ce.jpg
DSC_0080_2019021903152415b.jpg DSC_0082_20190219031531f45.jpg
ふた駅6分。蔵本駅到着。なかなか趣のある駅舎です。ここからプチウォーキングを開始。

DSC_0083_20190219031623a40.jpg DSC_0084_201902190316453bf.jpg
DSC_0086_2019021903163832c.jpg DSC_0088_20190219031647f82.jpg
駅前の通りを直進すると、片側二車線の道路(国道192号線)に出ます。ここを渡って右折します。左手に続いているのは、徳島大学医学部・薬学部の敷地です。

DSC_0091_201902190318002dd.jpg DSC_0093_201902190318130da.jpg
DSC_0094_20190219031822432.jpg DSC_0095_20190219031826749.jpg
やがて国道192号線は、ほんの少しだけ左折します。ここからは徳島大学の敷地ではなく、JAバンク徳島スタジアムのある蔵本運動公園(JAバンク蔵本公園)になります。ちなみに、中にあるプールな「JAバンクちょきんぎょプール」と言う名前になっているとか。ネーミングライツ恐るべし。ちなみにこの先にファミリーマートがあります。球場からは徒歩5分程度です。

DSC_0097_20190219032026c31.jpg DSC_0098_20190219032035de3.jpg
公園内を入るとすぐに野球場を見る事ができます。テニスコートなどを横目に見ながら歩きます。

DSC_3191_20190219032231e33.jpg DSC_3184_20190219032241bcb.jpg
DSC_3186_2019021903224880d.jpg DSC_3187_20190219032249675.jpg
これは試合後に撮影したもの。球場正面に正式な入口があります。

DSC_0101_2019021903244915c.jpg DSC_0102_20190219032455114.jpg
それはそうと球場正面。いち地方球場とは思えない、どことなく荘厳さを感じさせる建物になっています。その手前は駐車場になっています。

DSC_3182_20190219032612229.jpg DSC_0104_201902190326186ee.jpg
近づいてみると、その壮大さに圧倒されます。しかし、土俵まである運動公園と言うのはそうそうないような気もしますがどうでしょう。

DSC_0113_201902190327382e1.jpg DSC_0112_20190219032745676.jpg
ちょこっとだけ、正面から入ってみました。と言うかどこからどうスタンドに入るのか問いに行っただけなんですが。中には「体育ホール」と会議室があるようです。その施設の為の建物なんですな。

DSC_0114_2019021903304759c.jpg DSC_0115_20190219033113add.jpg
DSC_0117_20190219033109d8e.jpg DSC_0119_20190219033112496.jpg
とにかく球場を一周して、案内されたとおり「開いているところ」を探しましたが、この時点では三塁側は閉まったまま。仕方ないので一塁側に回ることに。結局球場周囲を一周しました。

DSC_0122_201902190334278c8.jpg DSC_0123_201902190334381fe.jpg
一旦一塁側から入っては見たものの、三塁側に人影が見えたので、結局三塁側に回ることに。グラウンドは内野は土、外野は天然芝。スタンドは一塁側・三塁側はベンチシートになっていますが、バックネット裏付近は椅子席になっています。ただ、全面改装工事中で、シートに覆われていました。

DSC_0134_20190219035025703.jpg DSC_0135_2019021903502637f.jpg
フィールドは、両翼91メートル、センターは116メートル。

DSC_0125_20190219033704ced.jpg DSC_0124_20190219033710e80.jpg
DSC_0126_20190219034056ded.jpg DSC_0121_2019021903410351f.jpg
改めて、三塁側内野スタンド入口と、スタンド下の様子。。ここからはすべて階段です。昨今の「バリアフリー」を考えると、この辺が問題になるんではないでしょうか。そして驚いたことに、すぐ横にはブルペンがあり、外から丸見え。NPBの公式戦をやるとなると、人だかりになること請け合い。

DSC_0133_20190219034202732.jpg DSC_0129_2019021903421178b.jpg
内野スタンドは二段になっています。これで「内野A」「内野B」と分けられているようです。

DSC_0130_20190219034422251.jpg DSC_0131_20190219034428163.jpg
外野席は芝生席。バックスクリーン裏と、内外野の分かれ目付近に入口がありました。

DSC_0145_2019021903455145b.jpg DSC_0147_20190219034600f2c.jpg
照明塔は内外野合計4基。貧弱に見えますがナイトゲームも可能です。

DSC_0137_20190219034732410.jpg DSC_3150_20190219024114575.jpg
スコアボードは磁気反転式。無料の交流試合にも関わらず点灯、さらには(慣れぬ球場のせいもあるかとは思いますが)やや聞き取りにくいものの、場内アナウンスもありました。

DSC_0161_20190219035239a6c.jpg DSC_0132_20190219035242417.jpg
バックネット他はグリーンなので、撮影環境としてはあまりよろしくないようです。

DSC_0164_20190219035216131.jpg DSC_0165_20190219035236a69.jpg
バックネットを支える柱がこれまた重々しさを感じさせます。

DSC_0162_20190219035439589.jpg DSC_0163_201902190354484ea.jpg
一塁側ベンチと、その横にあるカメラマン席。

DSC_3179_2019021903560272f.jpg DSC_0319_20190219035927bf3.jpg
そして、前の記事にあるように、あろう事か三塁側ベンチ横のカメラマン席に入らせてもらう事が出来ました。スタンドとの高低差はおおよそ3メートル。その高さと、バックネットと言うストレスのない環境で撮影させてもらう事が出来ました。本当にありがとうございます。

DSC_3181_20190219035610244.jpg
開場は1952年(昭和27年)。ゆえに昭和の香りが漂う球場ですが、前述のように一部で改装工事も行われています。そして現在では、地元・徳島インディゴソックスの事実上の本拠地球場。四国アイランドリーグplusと、ベースボール・チャレンジ・リーグの優勝チーム」が相まみえる「日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ」の試合も行われています。末永く使われることを希望します。

2019.02.20 / Top↑