去る8月2日、ついに「悲願」でもあった、JFE西日本硬式野球部の本拠地でもある、広島県福山市にある「JFE旭丘球場」に行ってきました。

ついに、とは書きましたが、実は4年前、福山市民球場でのウエスタンリーグ公式戦が雨天中止になった際に、豪雨の中「拉致された(捉え方は人それぞれ)」事があるんですが、この時はあまりにもJFEの「私有地感」が強過ぎて公開を控えた、と言う経緯がございました。

普通にオープン戦などなど、観戦出来ると知ったのはかなり後の事だったんですけどね(笑)。

DSC_0001_2017080304461791c.jpg DSC_0002_20170803044611625.jpg
まずは南海高野線初芝駅。ここに来ないと何も始まりません。

DSC_0003_20170803044815116.jpg DSC_0004_20170803044811ddd.jpg
三国ヶ丘駅でJR阪和線に乗り換え。ここからは青春18きっぷのお世話になります。

DSC_0005_201708030448400b0.jpg DSC_0007_2017080304483973d.jpg
大阪駅からは当然のように新快速電車。ラッシュアワーのど真ん中ではありましたが、幸いにも夏休み。学生さんの姿も少なく、途中、芦屋駅から着席する事に成功。

DSC_0009_20170803044834636.jpg DSC_0010_201708030448341aa.jpg
姫路駅。ここで播州赤穂行普通電車に乗り換え。途中相生駅で岡山行普通電車に乗り換えですが当然、写真なぞ撮ってる暇はありませんでした。とは言うものの、大混雑からは程遠かったですが。

DSC_0011_2017080304511685b.jpg DSC_0015_20170803045126f87.jpg
岡山駅到着。ここで三原行普通電車に乗り換え。10分少々ありましたので、とりあえず飲料確保。

DSC_0020_20170803045254462.jpg DSC_0016_20170803045248e0b.jpg
そして11:48、在来線一本槍でばらの街・福山駅到着。しかしながら行き先はあくまでも「超」の字の付く私有地内なので、飲食その他は福山駅(駅横にコンビニエンスストアあり)で用意しておくのが賢明。

DSC_0021_20170803045342abf.jpg DSC_0022_201708030453421ca.jpg
福山駅からは中国バスのお世話になります。駅前2番のりばから「鋼管町行」に乗車。

DSC_0023_2017080304571270c.jpg DSC_0025_20170803045724ae1.jpg
DSC_0026_201708030457256ec.jpg DSC_0028_20170803045723e44.jpg
で、ここで「ちょっと失敗したなぁ」と思ったのが、福山駅前から真っ直ぐ「鋼管町」に行ってくれると思いきや、駅前を抜けてまず山陽本線の北側に廻ると言うルート。中国バス公式サイトの時刻表で、行き先だけ見て決めたのが間違いだった、とも。山陽本線福山駅の二つ手前の大門駅からタクシー乗車(約10分)、と言う手段もありますが、今回は全行程公共交通機関を利用、と言う事で。

DSC_0030_201708030459147f8.jpg DSC_0032_201708030459134fb.jpg
バスに揺られる事約30分(長い)、終点鋼管町バス停到着。

DSC_0034_20170803050121e9f.jpg DSC_0035_20170803050126ac3.jpg
ここからは「歩き」。鋼管町バス停の北東側にある、と言う認識はありましたが、まずそこまでどう出るか、にかかっていましたが、幸いにも(?)通り抜ける道がありました。通常は施錠されてるのかな。

DSC_0036_20170803050301554.jpg DSC_0037_20170803050254de3.jpg
DSC_0039_20170803050415745.jpg
狭い駐車場がありますので、そこを容赦なく抜けると、JFE旭丘体育館の敷地に出ます。

DSC_0038_2017080305091795a.jpg
体育館の正面の道路に出ると、球場への案内看板が見えます。バス停からここまで10分足らず。ただし、舗装はされていますがほとんど坂道です。と言うか、バスの経路上にあった「日本鋼管福山病院」など、このあたり全ての建造物、が山を切り開いたような所に建てられています。

DSC_0041_2017080401162323f.jpg DSC_0042_20170804011642fee.jpg
看板に誘われるがままに入ってみます。管理が「人事部」ってのがなんとも。

DSC_0043_20170804012020fd1.jpg
メンバー表と月の日程表。

DSC_0045_20170804012304746.jpg DSC_0046_20170804012311260.jpg
左に曲がってみます。一塁側スタンドに出ます。ご覧のように裏には山肌が迫っているので、結構な日陰になります。飲料の自動販売機は「無事」稼働していました。

DSC_0047_20170804012915d41.jpg
まずは「お決まり」の、バックネット裏から一枚。内野は全面土、外野は天然芝ですが、残念ながらかなり禿げてました。これは何とかしてあげてほしいなぁ。人事部の方、よろしくお願いいたします。そして、外野フェンスの向こうは森林。ほとんど手付かずの状態かと思われます。

DSC_0048_2017080402164822e.jpg DSC_0060_201708040216579c8.jpg
DSC_0076_20170804022120c16.jpg DSC_0077_20170804022134114.jpg
少し上の画像でもお分かりのように、スタンドは一塁側からバックネット裏、そして三塁側全てにおいて「木陰」になっています。この日の試合開始は14:00予定でしたが、試合終了までずっと木陰で快適に観戦出来ました。三塁側のそれは、ビジターチームの格好の「ロッカールーム」。

DSC_0079_201708040223265c8.jpg
バックネットはかなり低いです。ファウルボールがガンガン飛んできますが、スタンドに落ちてくる前に、周囲を囲む森に消えてしまうと言う状態。ファウルボールは新入社員選手が探しに行く決まりになっておるようですが、この日は比較的大きなファウルボールがあったので、放置されてました。

DSC_0089_20170804022629ae7.jpg DSC_0146_201708040226474a8.jpg
フェンスはとても低く、その分ライナー性のファウルボールには十分注意せねばなりませんが、フェンスにピントを持っていかれると言うストレスを感じることなく、5段あるスタンドの最上段からでも、写真撮影に興じる事が出来ます。このあたり、新日鐵住金広畑球場と通じるものがあります。

DSC_0053_20170804023154661.jpg DSC_0052_20170804023151c42.jpg
両翼は97メートル、中堅は122メートル。いつ頃建設された球場なのか分かりませんが、現在でも十分通用するサイズ。過去にはオープン戦だけでなく、JABAの公式戦も行われた事があるとか。

DSC_0182_201708040237284d4.jpg DSC_0187_201708040237302f7.jpg
ブルペンは、両翼ファウルゾーンに2人投げられるだけのスペースが用意されています。そしてライト後方にも、これは通常の練習に使用されるであろう、ブルペンも用意されています。

DSC_0061_201708040239531e4.jpg
レフトファウルゾーン後方には、山を削った跡があらわになっています。行った事はありませんが、何となく高砂市野球場を彷彿とさせます。

DSC_0200_20170804023959e9c.jpg DSC_0204_20170804024557c20.jpg
そしてその左側にある漆黒の森の中、そして右中間付近に、状態から考えると使われていないとは思いますが、、照明塔が1基ずつ、取り残されています。

DSC_0230_20170804025139d86.jpg DSC_0208_20170804025126719.jpg
スコアボード。かなり年季が入っており、臨海地区に近いこともあって、潮風の影響もあるのか、かなりサビが目立ちます。ボールカウント表示も「SBO」のまま。ひさしがついていてやや見にくいですが、これに関しては、バックネット裏にある表示で確認する事も出来ます。

DSC_2966_201708030317121dd.jpg
そしてありがたい事に、ランニングスコアは「最後まで」表示されます。

DSC_2969_2017080402592005d.jpg DSC_2967_20170804025914b1e.jpg
両ベンチの様子。ちなみに」一塁側ベンチへの通路は、スタンド最前列にあります。

DSC_2981_201708040303135e5.jpg
午後からの試合観戦ゆえ、常に木陰で快適に観戦する事が出来ました。午前中開始の試合でも、木陰に逃げれば陽射しは回避出来ると思います。前述のように、比較的本数はありますが福山駅からバスを使うよりも、大門駅からタクシー利用の方が早く着くと思われます。さして我が家からも遠くない(この辺の感覚は狂ってます)ので、また機会があればお邪魔してみたいと思います。

2017.08.04 / Top↑
今年2月に初めて「社会人野球チームの練習見学」の為に、東広島アクアスタジアムを訪れました。

その時は午前中割と遅い時間の出立だったゆえ、タクシーを使ったりで、結構ズボラをかましたもんですが、公共交通機関で行こうと思えば行ける所。さらに今回、都市対抗野球広島県予選はAM09:00試合開始予定。ゆえに、2月とはまた違う方法での、スタジアム訪問と相成りました。

DSC_0001_201705200128519e4.jpg DSC_0006_20170520012857046.jpg
早朝05:00前の地下鉄なかもず駅。これまでこの時間帯のなかもず駅には、徒歩やタクシーを使ったりしていましたが、秋近辺に24時間100円の無人自転車置き場を発見し、有効利用する事に。

DSC_0003_20170520012852180.jpg DSC_0004_20170520012854792.jpg
しかしこのなかもず駅の上り一番電車が不思議なのは、ホームに留置してある電車が二番電車の江坂行になり、一番電車はあびこ駅かどっかから改装されてくる。まぁこの辺は「都合」でしょうけどね。

DSC_0007_20170520013234fb8.jpg DSC_0008_20170520013238ceb.jpg
05:45、地下鉄新大阪駅到着。梅田方にはエスカレーターもありますが、工事中なので階段が使えず大混雑。故になかもず駅では前の方に乗って、江坂方の階段を降りる方がかなり早くなります。

DSC_0009_201705200136585cc.jpg DSC_0010_201705200137066ef.jpg
山陽新幹線新大阪駅。東京方面に向かう「東海道新幹線」の」改札は混雑していますが、在来線と接続しているJR西日本側の改札ならびに窓口は比較的穏やか。窓口も並ばずに済みました。

DSC_0012_20170520013701257.jpg DSC_0013_20170520013709e07.jpg
乗車するは、この時間帯ではお馴染みになった博多行「ひかり441号」。停車駅は、新倉敷駅以外の、旧国鉄時代に開業した山陽新幹線の駅。新尾道駅、東広島駅、厚狭駅は通過します。こんな停車駅でも、22分後に発車する「さくら541号」には広島駅まで追いつかれないんだからスグレモノ。そして、おそらくこの列車が「最後の700系使用列車」になる可能性も無きにしも非ず。

DSC_0016_20170520014608291.jpg
今回、東広島駅まではついに、新幹線自由駅回数券を買いました。ぶっちゃけ、どこの金券ショップに行っても、新大阪~東広島のバラ売りは売ってません。それどころか持ち込んでも、需要が無いので買い取ってもらえません。ある意味、東広島駅は、山陽新幹線の秘境駅、でもあります。

DSC_0019_201705200149092e7.jpg DSC_0021_20170520014916528.jpg
07:31、三原駅到着。ここで、途中新尾道駅で追い抜いた「こだま725号」に乗り換えます。ホームの案内板は「広島・博多方面」とだけ。そらそうですよ。ここから九州新幹線直通列車には乗れないんですから。

DSC_0027_20170520014919407.jpg DSC_0026_2017052001492035a.jpg
DSC_0029_20170520015418461.jpg
07:36。後からやってきた「こだま(レールスター)725号」広島行。自由席は1~3、7、8号車。もちろん、二列シートの8号車に乗車しました。ちなみに喫煙ルームはありません。

DSC_0031_20170520015523853.jpg DSC_0034_20170520015531e15.jpg
07:47、東広島駅到着。広島方面への通勤、また東広島市内にある、広島大学への通学等でもっと賑わっているのかと思いきや、どう考えても南海高野線初芝駅の方が賑わってる。とここで、出来る事なら東広島駅構内にあるセブンイレブンで買い物を済ませておくことをお薦めします。

DSC_0035_20170520020023f38.jpg DSC_0036_2017052002002354c.jpg
前回は、東広島駅からタクシー利用でしたが、今回は朝早く、しかも通学時間帯に当たるということで、広島大学行のバスに乗車します。画像は中国ジェイアールバスですが、芸陽バスとの共同運行路線。「大学行」とは言うものの、頻繁に運転されているわけではなく、一日4往復のみ。この07:55発の便を逃すと、次は09:20となり、09:00試合開始には絶対に間に合いません。

DSC_0037_20170520020747916.jpg DSC_0038_20170520020746c77.jpg
東広島駅から約5分で「東広島運動公園」停留所到着。ちなみに、バスはガラガラでした。月曜日だったからなのか、ただ単に利用者が少ないだけなのか。そしてその前にドーンとそびえ立つのは体育館。かなり立派です。やはりこの手の「運動公園」は郊外に設けられるのが常なんでしょうね。

DSC_0039_201705200213593f5.jpg DSC_0040_20170520021406765.jpg
DSC_0041_2017052002135693f.jpg DSC_0043_201705200214057be.jpg
体育館に沿って、西に向かって歩きます。裏手には陸上競技場。4枚め画像の奥に見えているのは、多目的広場の照明塔。目指すアクアスタジアムはさらにその奥になります。

DSC_0044_20170520021759ca3.jpg DSC_0045_201705200218153c8.jpg
DSC_0046_20170520021814b64.jpg DSC_0047_20170520021818861.jpg
DSC_0048_20170520021815960.jpg DSC_0049_2017052002181745b.jpg
とにかく、緑豊かな運動公園です。ごくたまに、早朝ランニングをする人の姿も。

DSC_0051_20170520022126f3c.jpg DSC_0053_201705200221303b3.jpg
撮影しながらの徒歩なのでちょっと時間がかかってますが、おおよそ7分で、アクアスタジアムが見えてきます。ここまで来たら付いたも同然。

DSC_0054_20170520022902dda.jpg
今回は新幹線利用なので、東広島駅からとなりましたが、山陽本線からだと、西条駅前7番乗り場から、呉駅方面行バスで「三升原」停留所下車。少し歩くことになりますが、結構な便数があります。広島市内からだとこちらが便利かも知れません。また、東広島運動公園バス停は、大阪から呉、西条方面への「呉ドリーム大阪号」と言う夜行バスも停車するので比較的便利かも知れません。

DSC_0058_201705200234226b1.jpg
収容人員は3800人。両翼100メートル、センター122メートルと、サイズとしては申し分ない球場ゆえ、プロ野球オープン戦は厳しいかもしれませんが、ウエスタンリーグ公式戦等も行われてもいい、とは思います。広島東洋カープと伯和ビクトリーズの試合なら、喜んで見に行くのになぁ。

今年はここで、都市対抗野球大会の、中国地区の全てが決します。

2017.05.20 / Top↑