プロ野球の自主トレーニングも最終盤を迎えた先日1月28日、西宮市は鳴尾浜にある「鳴尾浜臨海公園野球場」に、関メディベースボール学院野球選手科の練習を見学に行ってまいりました。

普段、阪神鳴尾浜球場に行く際には「避けて通れぬ道」ですが、そしてウエスタンリーグ公式戦に突入すると、早朝からタイガースの投手陣がウォーミングアップを行っている場所ですが、これまでじっくり見た事がない、それどころかろくすっぽ中に入った事がない野球場、でした。春と夏の甲子園大会では、出場校の選手がここで一度練習を行ってから甲子園入りすることでも知られた球場です。

関メディベースボール学院野球選手科の本拠地球場は、阪神本線今津駅近くにある「津門中央公園野球場」ですが、昨年の台風の影響により、大規模な改修工事の真っ最中。現在はここ鳴尾浜臨海公園野球場や、舞洲ベースボールスタジアムなどを使用されています。

DSC_0004_2019013001491169b.jpg DSC_0005_2019013001485936a.jpg
おはようございます南海高野線初芝駅。練習開始は9時、と伺っておりましたが、当然のように寝坊。

DSC_0006_2019013001491994f.jpg DSC_0007_201901300149233e6.jpg
朝ラッシュもひと段落ついた南海高野線難波駅。なんば」と名の付く駅は、周辺に幾つかありますが、正真正銘、漢字表記での「難波駅」は南海電鉄だけ。

DSC_0008_201901300150192fc.jpg DSC_0010_201901300150249b0.jpg
大阪難波駅からは阪神なんば線。西九条駅が終点だった、阪神西大阪線が地下に潜って近鉄難波駅に延長され「阪神なんば線」となって今年で十周年。車体長から車両の扉数から、優先座席の配置まで、何もかもが共通化されぬままの、かなり特殊な相互乗り入れもすっかり板に付きました。

DSC_0014_20190130015106827.jpg DSC_0016_20190130015114cfe.jpg
尼崎駅で普通電車に乗り換えて武庫川駅到着。いつしか乗り換え通路の天井には、武庫川線電車の発車時刻が表示されるようになっています。尼崎駅から着て「ムコウガワ」は西宮市です。

DSC_0019_20190130015245f6d.jpg DSC_0021_20190130015254acd.jpg
DSC_0023_20190130015328fc5.jpg
乗り換え改札と武庫川線ホーム。向かって右側のホームは全く使われません。武庫川団地前駅との間を往復しているのは、専用車両として残された「赤胴車」。速度を出す必要がないので、最高速度45km/hに押さえられています。そしていつ乗ってもピカピカ。手入れが行き届いています。

DSC_0025_20190130015423818.jpg DSC_0027_20190130015426118.jpg
1.7kmの距離をのんびりと5分かけて、武庫川団地前駅到着。残りわずか8両となった赤胴車。しかも一部の車両は、これまた数少なくなった片開き扉。叶わないかも知れませんが、全車引退の際にはリミッターを解除して、もう一度本線を全力疾走する姿をみたいものです。

DSC_0028_201901300155074c0.jpg DSC_0029_20190130015517507.jpg
武庫川団地を右に見ながら、駅左側の交差点を右折。後はひたすら直進します。食糧は、武庫川団地前駅横の、朝7時から開店してるマックスバリュ、もしくはローソンにて購入がよろしいかと。

DSC_0031_2019013001570537d.jpg DSC_0032_20190130015717068.jpg
突き当たりが「鳴尾浜臨海公園北地区」の入り口になっています。本来の鳴尾浜臨海公園は、阪神鳴尾浜球場のもっと南になります。左は歩行者用の、右は自転車用の出入口となっています。

DSC_0033_20190130015752b5c.jpg DSC_0034_20190130015758c03.jpg
DSC_0035_20190130015747915.jpg DSC_0037_20190130015800817.jpg
DSC_0636_20190130015749486.jpg
ここは元来西宮市が「市民の森」として整備した所。現在ではスポーツエリアとなり、野球場の他、(鳴尾浜臨海)テニスコートもあり、それらを取り囲むように「白球の森」と言うのがあり、第65回全国高等学校野球選手権大会に出場した49の代表校の名前が添えられた記念植樹があります。

DSC_0040_20190130020137448.jpg DSC_0634_20190130020026c0f.jpg
その中に、目指す鳴尾浜臨海公園野球場があります。完成は昭和55年(1980年)と、阪神鳴尾浜球場よりも先。故に建物自体もやや古め。

DSC_0615_20190130020250c0c.jpg DSC_0614_201901300202572ad.jpg
球場の建物は、鳴尾浜臨海公園の管理事務所を兼ねていますが、内部は何となく「応接室」は、病院の待合室のような雰囲気。「禁煙席」とありますが、何か意味があるのでしょうか。

DSC_0633_2019013002094910c.jpg DSC_0042_20190130021125ce4.jpg
三塁側と一塁側。一塁側に自動販売機が多めなのは、テニスコートに配慮してのものか。

DSC_0043_20190130021229d6e.jpg DSC_0052_20190130021236dcb.jpg
その自動販売機の脇から入ってみます。メインスタンドの下に当たる部分にトイレがあります。一塁側は女性用、三塁側が男性用となっています。

DSC_0044_20190130021451d1d.jpg DSC_0618_20190130021443e48.jpg
今回は「練習」なのでメインスタンドは解放されてませんでしたが、どうやらベンチシートになっているようです。ざっと見、500人は収容出来るでしょうか。また、一塁側・三塁側のベンチ脇にも、僅かではありますが観戦スペースがあります。そのすぐ後ろには防球ネットがあります。

DSC_0049_201901300218493c6.jpg DSC_0247_201901300220258be.jpg
スコアボードとバックスクリーン。スコアボードはややライトよりに設置されています。ランニングスコア部分はLEDだそうですが、メンバー表示はパネル式の模様。ボールカウントはBSOです。

DSC_0051_201901300224479d4.jpg DSC_0050_20190130022439934.jpg
両翼91メートル、中堅120メートル。サイズとしては若干狭いかな、程度。春季・秋季の「兵庫県高校野球大会に使用される球場としてはコレくらいで十分なのかも知れません。

DSC_0046_201901300230251e6.jpg DSC_0251_201901300230381ca.jpg
DSC_0253_20190130023045341.jpg DSC_0252_20190130023052501.jpg
ベンチの様子。全景は三塁側。内部画像は一塁側。手前にフェンスがありますが、カメラを構えるには最適の高さでした。関メディベースボール学院・井戸伸年監督の御厚意により、練習の大半をここで見学させて頂く事が出来ました。この場を借りて再度御礼申し上げます。ありがとうございました。

DSC_0529_20190130023521875.jpg DSC_0531_20190130023530219.jpg
内野は土、外野は天然芝。ここの球場も、阪神鳴尾浜球場同様、あの阪神園芸さんが管理されているとあって、つまりは阪神甲子園球場と同じ土。一塁側ベンチに入らせてもらうのに、少しだけグラウンドを通らせてもらいましたが、とても土(と言うか砂)の上を歩いているとは思えないような感触。練り上げられた匠の技を感じる柔らかさでした。

DSC_0349_20190130032755d55.jpg DSC_0350_20190130032802006.jpg
そして、ここ鳴尾浜臨海公園野球場には、阪神鳴尾浜球場にはない「照明塔」があります。内外野合計4基。3月から11月は21時まで使用可能なので、それなりの明るさがあるのかも知れません。

DSC_0057_2019013003213594f.jpg DSC_0095_20190130032157293.jpg DSC_0135_201901300321472f3.jpg DSC_0149_2019013003221681d.jpg
兵庫県下には、阪神甲子園球場をはじめ、大阪湾岸各都市に大なり小なり野球場があります。そしてどの球場でも、こうやって汗を流している選手の皆さんが、レベルや年齢関係なくおられます。

DSC_0235_201901300322295f1.jpg DSC_0258_20190130032210c2c.jpg DSC_0399_2019013003222379f.jpg DSC_0487_20190130032226bc4.jpg
そして、プロ野球・阪神タイガースだけでなく、兵庫県は高校野球、大学野球、社会人野球と、全国的に見てもどのチームも本当にハイレベルな所です。そして、こう言った団地の中や、街中に野球場があるからこそ、その素地・下地が根付いているもの、と思っております。


2019.01.30 / Top↑
気候のよい10月。休暇ともなればじっとしておれぬモノでございまして。ましてやちょいと遠隔地で好きなチームがオープン戦をやってるともなると、ついつい出掛けたくなるものでございます。

と言うわけで10月17日水曜日、広島県は尾道市にある、びんご運動公園野球場、俗に言う「しまなみ球場」に、JR西日本対新日鐵住金広畑イーグレッツの試合を観戦に行ってまいりました。

普通の人は新幹線でチャッチャとと往復、もしくはクルマで出かけるもんだとは思います。私も通常は前者なんですが、せっかくの「球暇」なんだし「金はあらへんけど時間やったら無駄にナンボでもあるで」てんで、若干の変化をつけてみました。普通の人にはまずお薦めしません出来ません。

DSC_0002_201810190154097af.jpg DSC_0003_20181019015424daf.jpg
おはようございます大阪メトロなかもず駅。初芝駅から南海電車で中百舌鳥駅、よりも、自宅から直接なかもず駅までチャリンコで行く方が早い事もあるので、最近のスタートは専らなかもず駅です。

DSC_0004_20181019015431b76.jpg DSC_0006_20181019015438998.jpg
梅田駅到着。ここで阪神電車に乗り換えます。直通特急山陽姫路行。

DSC_0011_201810190159024ee.jpg DSC_0013_20181019015923000.jpg
DSC_0017_2018101901592216d.jpg DSC_0018_201810190159262f3.jpg
なぜこんなルートを選択するかと言うと、新尾道駅までの乗車券が、大阪(市内)発着と姫路発着では、往復2820円の差。ならば多少時間はかかるものの、大阪~姫路間を「阪神・山陽シーサイド1Dayチケット(2000円)」にしてしまえ、てな算段。逆「タイム・イズ・マネー」。

DSC_0020_201810190200153a2.jpg DSC_0022_201810190200369d0.jpg
DSC_0024_2018101902003500c.jpg DSC_0026_20181019020042320.jpg
山陽姫路駅到着。

DSC_0031_20181019020137b39.jpg DSC_0032_2018101902015747a.jpg
DSC_0034_20181019020202d94.jpg DSC_0037_20181019020157253.jpg
姫路駅からは山陽新幹線ひか493号に乗車。新幹線の歴史を彩ってきた「ひかり号」ではありますが、のぞみ号の停車駅の増加や、みずほ号・さくら号の影響で、やや影が薄くなりつつあります。

DSC_0039_2018101902024756a.jpg DSC_0040_2018101902025260a.jpg
と、ここで本来なら「姫路駅そば」を喰らうところなんですが、今回は奮発して、まねき食品の「但馬牛めし弁当(1180円)」。多少値は張りますが、重厚に焚き上げられた牛肉がたまりませぬ。

そして、新幹線車中で、とある組織の重要人物より「到着は尾道駅か?新尾道駅か?こちらより出迎える」とのメッセージ受信。新尾道駅に到着する旨を伝えて、ありがたくお受けする事に。

DSC_0043_20181019020353d8d.jpg DSC_0044_20181019020448536.jpg
DSC_0048_201810190205011e5.jpg DSC_0057_2018101902050262f.jpg
09:37福山駅到着。ここで、途中新倉敷駅で追い抜いた、こだま733号に乗り換え。当初は、姫路駅からこだま号だったんですが、ひかり号のお陰で出立が約1時間繰り下げになりました。

DSC_0060_2018101902074625b.jpg DSC_0061_20181019020804b1a.jpg
DSC_0064_20181019020809e2f.jpg DSC_0065_20181019020841126.jpg
09:58、新尾道駅到着。山陽新幹線の駅の中でも、五指に入る利用客の少なさ。日中は1時間に1本のこだま号。東京直通は早朝の上り、深夜の下りの1往復のひかり号のみ。さらに市街地から離れている状態では、いくら地元の「請願駅」とは言え、利用客の少なさは如何ともしがたいようで。

DSC_0066_20181019020844263.jpg DSC_0068_20181019020844575.jpg
DSC_0069_20181019020837beb.jpg DSC_0072_201810190208465a3.jpg
実際、のぞみ号の停車する福山駅から、在来線の尾道駅まで普通電車で約20分。新幹線も日中は毎時3本あるともなれば、余程のことでもない限り、在来線を利用するでしょう。利用客は在来線尾道駅の約5分の1。年によっては1000人を切る年もあったとか。

DSC_0075_201810190219594c6.jpg DSC_0077_20181019022008376.jpg
そして、拉致されました(笑)。駅北口に立つと、駅の高架を潜る国道184号線に「新尾道駅北口」と言うl興産店が見えます。そこに「びんご運動公園」の案内があります。くるまでおおよそ5分程度。

DSC_0079_20181019022058367.jpg DSC_0080_2018101902210855b.jpg
DSC_0081_20181019022120fed.jpg DSC_0082_20181019022122925.jpg
しまなみ球場到着。広大な「びんご運動公園」の東端に位置します。駐車場は球場から一段低い所にありますが、プロ野球開催時には大混雑、尾道市内に続く国道184号線に出るのも難儀します。

DSC_3746.jpg
グラウンドはあまり見ない、ホームベースからセンター方向が北北西方向となっています。

DSC_0083_201810190228064c3.jpg DSC_0087_20181019022759629.jpg
内野はファウルグラウンドを含め土、外野は天然芝。両翼に続くファウルラインの両側も芝になっています。使用する土や芝、グラウンドの面積等、可能な限り阪神甲子園球場に近付けた、との事。

DSC_0088_201810190240456f5.jpg DSC_0090_20181019024054ea1.jpg
両翼は96メートル、中堅は120メートル。

DSC_3725_2018101902331881d.jpg DSC_0291_20181019023323152.jpg
ファウルゾーンにはブルペン。同時に二人投げることができます。

DSC_0092_20181019024337195.jpg DSC_3722_20181019024347801.jpg
スコアボードは磁気反転式。残念ながらこの日はスターティングメンバー表示はなし。

DSC_3748_2018101902451862f.jpg DSC_0084_20181019024519cd6.jpg
観客席。内野バックネット裏は背もたれ付きとなっていますが、一塁側・三塁側はベンチシートになっています。しかしながら指定席にも使用されるのか、番号が割り振られています。

DSC_3726_20181019024738530.jpg DSC_0099_201810190247482fc.jpg
また、内野席の両翼ポール際付近、ちょうどブルペンの上付近には芝生のスペースがあります。

DSC_3751_20181019024847882.jpg DSC_3752_2018101902485852d.jpg
内野席には、表示こそありませんが、おそらく車椅子スペースであろう、出っ張りが設けられています。三塁側にはありません。また、どういうわけか通路にもベンチシート(席番あり)が設けられています。

DSC_0096_20181019025117d23.jpg DSC_0094_20181019025125906.jpg
外野は全面芝生席、ですが、最後方には背もたれ付きの座席が三~四列ほど設けられています。どっちに座って観戦するのがいいんでしょうか。これまた謎。

DSC_0098_2018101902542757c.jpg DSC_0097_2018101902543263e.jpg
照明塔は6基。ナイトゲームでの使用実績ももちろんあります。


DSC_3750_201810190308586d0.jpg 
DSC_3756_2018101903092998f.jpg DSC_3757_201810190309388ed.jpg
プロ野球、カープの公式戦だけでなく、高校他アマチュア野球でもかなり幅広く使用されている球場。プロ野球公式戦開催時以外は、絶望的にアクセスのよろしくない球場ですが、新尾道駅から歩いても30分程度(『運動公園』ですから)なので、次は徒歩で挑戦しようかと考えております。
2018.10.19 / Top↑