JR可部線が運転再開=住民生活の足、復旧 時事ドットコム

広島市北部の土砂災害で、線路への土砂流入により運転を見合わせていたJR可部線の可部-緑井間の運転が1日、再開した。住民の生活の足が12日ぶりに復旧した。

R西日本広島支社によると、可部-緑井間には被害の甚大だった安佐南区の八木、緑井両地区があり、線路内への土砂流入と冠水で、災害が発生した8月20日の始発から運転を見合わせていた。

31日までに水路の整備や土砂を取り除く作業が終わり、試運転を実施。線路の状況や踏切の動作を確認したが異常はなかった。

通勤で毎日利用する安佐南区八木の会社員、田崎篤さん(32)は「便利さが戻った。復旧してうれしい」とほっとした様子。運休の間は代行バスで通勤していたが、混雑して乗れないことも多かったという。可部駅で下車する高校1年の女子生徒(15)は「学校へ行くのが楽になる。もう少しかかると思っていたので、早く再開して良かった」と笑顔で話した。

(画像は2003年10月11日 安芸長束駅)



12日ぶりとは言いますが、よくぞ新学期に間に合わせてくれました、と言う感じです。報道でよく紹介されていた、梅林駅周辺なんか、どこに線路があるやら分からないような状態でしたし。

しかも可部線って、もともとがローカル私鉄だっただけに、一部区間では「今でもローカル私鉄じゃろ」と思うような所を走ってたりする。三滝駅手前は山を削ったようなところに家が建ち、そこを電車が走ってる。上記の安芸長束駅から大町駅手前までは、住宅の裏手のようなところすら。

そして、緑井駅から上八木駅までの間は、今回の災害の現場となった山裾を走る。この区間でも、線路敷ギリギリまで民家が立ち並んでいるところもあり、その民家が押し流されてきたら。それこそ可部線も一蓮托生。運命を共にせざるを得ない。自然の驚異の前には人間は無力ですよ。

可部線は実は「黒字」と言う話を聞いたことがあります。各路線では営業係数、簡単に言えば100円の営業収入を得るのに、どれだけの営業費用をが必要か、という数字なんですが、確か可部線は98.●くらいの数字。ギリギリではありますが黒字は黒字(この辺り、広島らしいと言えばらしい)。

もちろんその裏には、2003年12月1日に非電化区間を廃止した、と言う事実があるんですが、やはり広島支社としては、いくらかでも黒字の路線であれば早急に復旧させよう、と言う事になったんだと思います。これが山間部のローカル線なら「即廃止」につながりかねません。

とにもかくにも、鉄道の復旧と言うのは、人の動きを加速するものだと思っています。

代行バスが走っていたようですが、すぐそばを走っている国道54号線可部街道は片側一車線。災害復旧工事用車両と鉄道代行バス、そして通常の路線バス(これもまた本数が多い)ともなると、交通渋滞を引き起こすのはごく簡単。ならばまず鉄道を復旧させて、人の流れはそちらへ。

現場から出るのも容易になりましたが、受け入れるのも用意になったかと思います。可部線沿線の安佐南区役所(最寄駅:古市橋駅)、安佐北区役所(同:可部駅)への人の往来も頻繁になることと思います。人が動くようになればモノも動く。それが復旧への足がかりとなるはず。

19年前の阪神大震災の時は、被害の中心が山陽新幹線およびJR神戸線(東海道本線)と、東西物流の中枢が被災、東西を結ぶ貨物列車は、遠く山陰本線を経由して、と言う事に相成りました。

幸か不幸か、可部線には貨物列車は走っていないので、物流に多大な影響は及ぼしませんが、それでもまず「人の動きの大動脈」が確保出来たのは、ひとまず喜ばしい事と思います。

日中はたった2両の電車が行ったり来たりするだけのローカル線。それでも沿線で暮らしておられる方には重要な足。その足がまずは確保出来ただけでも、復興が加速するものと思います。

ぼとぼち、避難勧告が解除されている地区も出ています。しかし未だ避難指示も解除されていない地域もあります。とは言うものの、元の生活に戻る、戻す為に、可部線の役割は大きいと思います。

最後に、これもまた、今回の広島土砂災害とはほとんど関係ありませんが、この画像で締め。

10110099.jpg


「何や!野球関係なかろうが!」と思われるかも知れませんが、そんなこと言わずにとにかくクリック(笑)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.09.02 / Top↑
※以下、鉄分が充満しています。



広島地区に新型車両を大規模投入へ 「227系」276両製造
鉄道新聞抜粋

JR西日本は18日、広島地区向けに、新型車両「227系」を投入すると発表した。

○広島らしさを象徴する「赤色」デザイン
室内・室外とも、広島らしさを象徴する親しみを感じさせる「赤色」を基調とした色調となる。投入される路線は、広島地区の山陽本線、呉線、可部線。投入車両数は276両(3両編成×64本、2両編成×42本)となる。

従来の保安装置「ATS」の機能に加えて様々な運転支援機能を実現できる「新保安システム」を搭載するほか、速度計・圧力計等の運転台計器類を液晶画面にて表示させる装置を新たに採用する。

また、脱線等の異常を検知した際に、自動的に緊急停止したり近隣の列車を止める「車両異常挙動検知装置」を取付けている。先頭車には、先頭車同士が連結した際も連結箇所への転落を防止するホロを取付けている。

車内のも「赤」を基調とし、吊手や手スリはオレンジ色調。室内灯にはLED照明を採用している。大型袖仕切りの採用や手スリ・荷物棚端部の曲線化により車内の安全性を向上している。この「227系」は2014年度に43両が投入される予定で、2018年度までに計276両が投入完了する予定となっている。



画像等はリンク先を見ていただくとして、先頭車両にも転落防止幌が設置されているということで、雰囲気的には、昨年より北陸本線に投入され始めた交直流電車521系3次車に近いものがあります。

DSC_5108.jpg
先日、越前市で福井ミラクルエレファンツ対広島東洋カープの試合を見た帰りに、武生駅で撮影した521系3次車。正面両側に見えるのが転落防止幌ですが、これだけでだいぶごつく見えます。

JR西日本広島支社ってのは、未だに「国鉄広島」と言われるくらいに国鉄型車両の宝庫。今でも主力車両は115系電車であります。223系電車の近畿地区いわゆる「アーバンネットワーク」の新快速電車への大量投入で、いずれはJR西日本のフラグシップ的存在だった221系電車が回されるのかと思いきや、直接新型車両を投入することになるとは思いもよりませんでした。

昨年4月に、223軽電車が2両、下関総合車両所広島支所を中心にして数日間試運転をした事が話題になりましたが、その際に収集したデータが今回の227系電車に生かされているのでしょう。

_MG_7046.jpg _MG_9881.jpg
_MG_7050.jpg _MG_7025.jpg
(右上105系は可部線 三滝駅付近、その他は呉線 坂~水尻間で撮影)

広島支所には2013年4月現在、103系、105系、113系、115系、計197両の旧国鉄電車が配置されていますが、山陽本線瀬野~八本松間の急勾配を走れるのが、抑速ブレーキを装備した115系のみと言う事で、車両運用に製薬がありましたが、これを解消する意味もあるんでしょう。

徐々にとは言いますが、最終的には276両ですか。4年かけて276両ということは、もしかしたら広島地区だけではなく、下関総合車両所本所の車両も含まれているのかも知れません。

本所には233両もの電車があるので、それを置き換えるには両数が足りない。227系を広島に投入後、状態のいい115系等は下関本所に転属、となるのかも知れません。

そうなれば「国鉄下関」となりますが。

いずれにしろ、ようやく国鉄広島から「JR広島」になる日も近いのか。

_MG_2987.jpg DSC_0262_20140621022726278.jpg
新車投入はいいんですが、カープ電車は2018年以降どうなるんでしょうかね。

ステンレスボディの上からの全面ラッピング車になったりするのか、もしかして真っ赤に塗装するのか、それともカープ電車のためだけに115系を4両存置させるのか。興味深い所ではあります。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.06.21 / Top↑