毎年の事ではありますが、ドラフト会議ってのはわりかし漠然と見てます。

高校野球やアマチュア野球は「プロへの云々」の前に、純粋に「野球と言うスポーツ」としてみてます。確かにカープの事を考えると、アソコが足りなひここも足りなひ、と思う事もありますが、それはそれ。スカウトと言うポジションの方がおられるので、素人がやいやい言うこっちゃないですからね。

彼が欲しい、あの選手が欲しい、コイツを取れよ、みたいなのはあると思いますが、その本人が野球と言うスポーツに対しでどう向き合っているか、にも依るし、特に社会人野球ともなると、安定した企業で仕事をしながら、好きなスポーツに打ち込める、と言うのもこれまた魅力、ですからね。

かつての日本生命・杉浦正則投手みたいに、徹底的に「オリンピックの金メダル」に拘わる選手もいてもいい。「甲子園」に全てを賭ける人生があってもいい、と思う。何が何でも「プロへ」ではないし。


それはそうと、今年は競合が多かったのと同時に「え?」と思う選手が単独指名。

大阪桐蔭高校の森友哉捕手なんか、あれだけ騒がれつつ、蓋を開けてみればライオンズが単独指名。まだ高校生と言う事もあるのか、バッティング優先の感もあるのか、今後ライオンズがどう言う方向で育てていくのかは気になるところではあります。

JR東日本の吉田一将投手も、5~6球団と予想されながら、バファローズが単独指名。これでJR東日本出身者は、入団が決まれば縞田拓弥、川端崇義、ヨイショ戸田亮に続いて4人目。

それだけしっかりとしたパイプが出来上がってる、と言う事だとは思いますが、担当スカウトって誰なんでしょうかね。このあたりも気になるところではあります。カープにもそう言う「コネ」がないものかとは思っています。入団する選手を見ると、大学にはあるみたいですけどね。

合併して9年。2008年の2位以外は低迷続きではありますが、それだけ色んな選手に出番がありそうなチーム。ゆえにある程度力を持った社会人選手が入団しやすい、と言う環境もあるのかも。

で、そのオリックスバファローズに入団が決まった選手。

今シーズンは、JABA広島大会くらいしか、社会人野球の大会を見に行かなかったので、ただでさえ薄っぺらいネタがさらに薄っぺらくなってるんで困ってるんですが(笑)。

8月28日に、神戸サブ球場で行われた練習試合、オリックスバファローズ対徳島インディゴソックスとの試合に出ていたとある選手が、そこで目を付けられたのか、育成選手ドラフトにかかりました。

DSC_0668_20130828214129be9.jpg DSC_0971.jpg
徳島インディゴソックス・東弘明内野手(滋賀県立八日市南高校)

阪神タイガースとの交流試合にも出場してたそうですが、対バファローズ戦では、4打数2安打1二塁打1盗塁。そして目立ったのがショートの守備。当日の記事の一部をそのままコピペしますと。



中でも拍手喝采を受けていたのがショートの東選手。6回裏の西川拓喜の、センターに抜けようかという打球をダイビングキャッチ、ダブルプレイこそ取れなかったものの、三塁側だけでなく一塁側からも拍手喝采。とにかくショートに打球がよく飛ぶ試合ではありましたが、彼の動きは際立ってました。



まぁ偉そうなことを書いてますが、とにかく両チームで一番目立った選手ではありました。まさかとは思いますが、ここで目を付けられて今回の育成枠での指名に至ったのかな、とすら思います。

大引啓次がファイターズにトレード移籍したあとのバファローズのショートのポジション。安達了一、山本和作、原拓也、縞田拓弥とのべ4人が就きましたが、安定した打撃成績とはいかず。守備を考えると安達了一になるんだとは思いますが、せめて.270は打たないといかんでしょう。

二軍でも、三ツ俣大樹やら堤裕貴がいますが、試合数をこなしているとは言うものの、まだまだ後藤光尊やらを脅かす存在には至ってない。このあたりの選手の「刺激」にもなればとも思います。

それにバファローズ自体、シーズン中であれ、比較的育成選手から支配下登録選手への変更も柔軟に行ってるように思えるので、チャンスはいくらでもあると思うし、出場機会もあるでしょう。

支配下登録選手枠にそれだけ余裕を持たせてるのかな、それだけ競争意識を煽っているのか。どこに行くにも「自家用バス」で移動のバファローズ二軍ゆえ、それくらいのことはしそうではありますが、それだけチャスが多いし、頑張れる環境にある、と言う事じゃないでしょうか。

満足に育成選手からの昇格を考えてない、どっかのチームとは大違いですよ(笑)。


今回のドラフトでも、6球団に13人の育成枠指名選手が出ました。

ホークスの相変わらずの多さには感心しますが、それだけ「入団させないと選手も育たない」と言う考えの表れ、かも知れません。また逆に、一切育成選手を指名しないファイターズのような球団もありーの、タイガースみたいに、徐々に収束誘うか、みたいなところもあります。

ドラフト指名順位下位の選手と、待遇面の違いこそあれど、言葉は嫌いですが「這い上がる立場」と言う事に変わりはありません。球団の方針人もよりますが、成績さえ残せば即一軍登用もあります。

チームはどこであれ、背番号が3桁から2桁になるまでの過程ってのは楽しいものです。是非入団して「さらなる高み」を目指していただきたい。応援は出来ませんが楽しみにしています。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2013.10.26 / Top↑
前の記事の続きみたいなものです。ネタ的には一部重複します。



1巡目指名 大瀬良 大地(22) 投手 九州共立大学
2巡目指名 九里 亜蓮(22) 投手 亜細亜大学
3巡目指名 田中 広輔(24 内野手 JR東日本
4巡目指名 西原 圭大(25) 投手 ニチダイ
5巡目指名 中村 祐太(18) 投手  関東一高



今回のドラフト会議、球団首脳陣の入場こそ見られませんでしたが、ほぼ最初から見る事が出来ました。と言うか帰ってきてテレビをつけたら、田村恵スカウトがなぜかど真ん中に立ってるところ。

「本当に抽選させるんか」などと思って見てたら、封筒を開けて小さくガッツポーズ。その後にスワローズ小川淳司監督、タイガース和田温監督に向かって、深々とお辞儀(あれは「会釈」ではありません)する所は人柄か。そして、これまで地道に大瀬良大地を追いかけてきた実直さの勝鯉かな。

その田村恵スカウト、直前に「彼は投手で、僕は捕手。ミットを持つ左手と決めていた」そうですが、こんなかっこいい事、パッと思いつかんだろうし、なかなか実行に移せない。選手では花が完全に開かなんだまま終わった印象が強いけど、「適材適所」という所でしょうか。

桐光学園・松井裕樹投手の交渉権を獲得した楽天野球団・球団社長立花陽三氏の、封筒を開いたあとの「ドヤ顔」よりもよっぽど印象に残りましたよ。まぁ球団内の立場の問題かも知れませんが。


それにしてもカープとの交渉権が発生したと言う事は、他球団でもそうだけど「プロ野球選手への道が開けた」と言う事。もちろん今回のドラフト会議前に、プロ野球志望届を提出したのはいいけれど、どこにも指名される事なく、無念の臍をかんでいる選手の方が多いのも事実。

もっと言えば、そんな彼らは、これからプロ野球に挑もうか、交渉権の発生した選手に、自分が果たせなかった「プロ野球選手と言う夢」を託している選手も少なからずいてるはず。

これは毎年思うことではありますが、色々思うところはあろうけど、まず「プロ野球選手への道」が開けたのだから、まずは交渉の席には着いていただきたい。入りたくても入れない選手もいるんだし。


ドラフト会議数日前、一部スポーツ新聞等で「サウスポーが1人欲しい」だの「キャッチャーが云々」だのと言う報道があったようだけども、結局それらしい指名選手は全くなく、ほぼ、戦力外通告を行なった分の人数とポジションを補った形の指名になった。

指名せんでも、篠田純平をはじめ、サウスポーはいるし、まだまだ起用し足りぬ所もある。この辺りは個人個人、ホッとしようる場合ではなく「端っこに追いやられんで済んだ」くらいに考えた方がいい。

さらに言えば、イマイチ突き抜けない若手サウスポー陣に対して「期待してるんだぞ」みたいな、奮起を促す意味もあったのかも。起用方一つで、またはチーム首脳陣の考え方ひとつで、まだまだ化けようがある選手ばかりなんだし、首脳陣の我慢ひとつで成績が残せそうな選手ばかりのはず。

で、キャッチャーにしても、年齢、キャリア、リード、どれを加味しても個性的なキャッチャーばっかりでもある。しかも7人もおれば充分な人数だ。キャッチャーは経験が必要等とも言うが、増やすだけ増やして、アレコレ難癖をつけて外野を守らせたりする事自体に意味合いを見いだせない。

その事を考えたらやはりルーキーイヤーから試合に出場し続けている谷繁元信はやはり凄いな、としか言いようがないけど、増やすだけ増やして試合に出さないのなら、獲得する意味が無い。

ただ引っかかるのは、何か無難なドラフトに終始たような気がせんでもない。結局投手3人野手1人の戦力外通告、ドラフト指名は投手4人野手1人。今シーズン、チームが「野村謙二郎監督での最高成績」を残したことで「これでいい」とか考えているのかも知れんけどこれがどう出るか、かな。


そして、当然今回のドラフト会議で交渉権を獲得した選手は、戦力外通告をした選手以上のもの、と判断して指名してるんだろうから、かーぷとしては強くなってもらわないと困ります。新人選手獲得が目的ではありますが、それもまた「補強」の一環なんだし。

練習するなら練習するで、みっちり鍛えて欲しいし、成果を出したいなら定期的に試合に出すのもいい。指名の目的は多々あろうとは思いますが、最終目標は「戦力として機能させること」だ。

もちろん個人的には、1巡目指名だろうが5巡目指名だろうが分け隔てなく応援します。

由宇練習場にいようが神戸サブ球場にいようが、それこそテレビに出てようが、みんな支配下登録選手のつもりで指名したんだから、5人とも「戦力」なんだから、一軍であれ二軍であれ、どんどん試合に出してやって欲しい。そらぁ来シーズン「全員一軍勢ぞろい」とはならんでしょうけど。

ドラフト4巡目は二軍スタート、と決まってるわけでもなし、5巡目指名の選手が開幕スターティングメンバーをゲットしてもいい。まだ来シーズンの開幕まで半年近くある。何があるかわからない。

指名されたことで、そして仮契約を済ますことで、プロ野球選手としての意識も芽生えてこようし、どうせやるなら高望みしてもいい。むしろ高望みすべき、ですよ。やったらやっただけ「貰える」世界なんだし。まだまだマイナスのチームなんだから、付け入る隙はいくらでもあるはず。

入団さえしてしもうたら、指名順位なんざあってないようなもんですからね。

指名された各選手の、今後のご多幸をお祈りいたします。ぜひ広島へ来てつかぁさい。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2013.10.25 / Top↑