思い切りネタが尽きてます(笑)。

まぁこの時期、選手の営業もそろそろひと段落して、ぼちぼち自主トレーニングに突入せんとする時期。今年の目標をあれこれ掲げる選手もいますが、そんなのを見ても「頑張りんさいや」程度の感想しか出てこないし、それこそ、野球はやってみないとわからない、部分まりますし。


そんなわけで、昨年12月31日のNHK「紅白歌合戦」。

えらくミーハーに走ってしまいますが、唯一楽しみにしていたのが「中森明菜さんの紅白歌合戦出場」。何年ぶりになるですかね。布施明さんが「少年よ」で出場する回以来かなぁ。しかもそれすらも、ちゃんと見ていないという残念さ。結局動画でしか見てないんですが。



もう4年前になりますが、アン・ルイスさんネタでこの動画を貼りましたが、「女帝」アン・ルイスさんと互角に渡り合う中森明菜さんのヴォーカリストっぷりに鳥肌が立ったのを覚えています。こう言った強烈な個性を持った歌い手さんが、すっかり表舞台に出ることがなくなったのがアレですけど。

歌番組らしい歌番組もなくなってしまい、CD売り上げ上位と言えば、CD付き握手券の、ひと山いくらのグループとも何とも言えない人たちばかり。そんなのは「おニャン子クラブ」だけでいいって。

そして中森明菜さん。



5年ぶりのシングルカット「Rojo-Tierra-(ロホ・ティエラ)」。ニューヨークのレコーディングスタジオから生中継で出場、ということでした。見た感想は人それぞれあると思いますが、個人的には「歌ってる中森明菜さん」を見れただけでも十分でございます。若い頃にはいろいろありましたからね。

マッチ一本火事の元。


それ以上に良かったは、言い方は難しいですが、年相応に綺麗に劣化しているなぁ、と。

※ヒロイモノです。
B6MEySwCIAA9SMF.jpg
このハニカミ笑顔がいいんじゃねーか、ガキどもはすっこんでろ(コラコラ)

松田聖子が52歳(つか3月で53歳)になっても、未だに思い切りアイドル歌手してて、目の周りを真っ黒にしてることを考えると、すごく緩やかに年を重ねているなぁ、などと思ってしまいます。私自身が歳をとったせいもあるのか、それとも若い頃の印象があまりにも強烈なのか。

この曲の作曲は浅倉大介。らしい曲だなと言えばそうなりますが、そんなテクノ調(死語の世界)の曲であっても、独自の歌を貫いている明奈さんはやっぱり素敵です。どうせなら、先のアン・ルイスさんとの「競演」を見ると、もう少しハードロックっぽい曲でもかっこいいかな。


ちなみに「Rojo-Tierra」はスペイン語。訳すると、歌詞の中にも出てきますが「赤い大地」とか。


何でや!野球関係ないやろ!と思われるかも知れません。が、以下どれでもクリックして頂ければ是幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2015.01.05 / Top↑


相互乗り入れなど協議 泉北高速と御堂筋線
読売新聞関西版2014年6月13日

泉北高速鉄道を運営する第3セクター「府都市開発」(OTK、和泉市)の株式を750億円で取得する南海電気鉄道(大阪市)の山中諄(まこと)会長は12日、府庁を訪れ、松井知事と泉北高速と大阪市営地下鉄御堂筋線の相互乗り入れなどについて意見を交わした。

松井知事が、中百舌鳥駅での相互乗り入れを本格的に検討するよう要請したのに対し、山中会長は「レール幅、(線路の)高低差など難しい問題がある。長期的な問題として取り組まなければならない」と述べた。

相互乗り入れが実現すれば、和泉中央駅(和泉市)―千里中央駅(豊中市)間が直通運転される。しかし、レール幅は泉北高速が1067ミリ、御堂筋線が1435ミリと異なり、中百舌鳥駅での高低差も課題だ。

府、大阪市交通局、南海の3者は相互乗り入れについて今春から担当者による協議を進めている。



最初このニュースはNHKの夕方のニュース番組「ニューステラス関西」で見たんですが。

まぁ突拍子もない計画を持ち出されますなあの大阪府知事さんは。もっとも「堺市にLRT(ライトレールトランジット)を!」と言う公約を掲げて市長選挙に臨んで見事に玉砕した人が所属する政党に初速する知事さんですから、コレくらいの「ネタ」は投下して貰わんと困るんですけどね。

そもそも

泉北高速鉄道、つまりは大阪府都市開発株式会社の売却問題は、財政難の大阪府にとっても大問題。しかしながらその泉北高速鉄道の実態てのがどんなものなのかわかっておられるのかどうか。

維新の会って何か鉄道事業を甘く見てるような気がせんでもない。阪神電車と近鉄電車が相互乗り入れ出来たんだから、とか思ってそうではありますが、あれもいろいろ大変なんですよぉ。

と言うか、別に「大阪府知事だから『大阪府』と名のつくものは全部把握しとけ」とは言いませんが、せめて自分達が民間に売却しようとしているものの現状だけは把握しておきませんか。

ますは、南海電鉄と大阪市営地下鉄御堂筋線の「根本的差」を表示しておきます。

電車の集電方式と電圧
南海電車・・・・・・空中の架線より直流1500V
大阪市営・・・・・・線路横の「第三軌条」より750V

線路幅
南海電車・・・・・・1067mm
大阪市営・・・・・・1435mm

車両の大まかな寸法(最新型車両)
南海電鉄・・・・・・全長20.765m、全幅2.82m、車体高4.14m(8000系電車)
大阪市営・・・・・・全長18.9m、全幅2.89m、車体高3.74m(30000系電車)

阪神電車と近鉄電車の、阪神なんば線を介しての相互乗り入れの何がどう凄いって、線路幅と集電方式/電圧、そして車体幅。この3つだけで相互乗り入れをしていること。相互乗り入れを開始するのれあれば、両者共通仕様の車両を開発したりするものですが、そう言う車両も一切ない。

両社とも相互乗り入れ「仕様」の車両は製作していますが、ともに「それだけのための車両」は開発してられなかったんでしょうね。阪神電車の場合は、大阪難波駅だけでなく、阪神梅田駅にもターミナルを持っている、かたや近鉄側も、奈良線だけの単独運用ではなく、京都線との共用。しかもその京都線は京都市営地下鉄との相互乗り入れ(これは車両の基本仕様が同じ)中。

乗り入れする電車も阪神電車は3扉、近鉄電車は4扉。室内設備にしても、阪神線内で三宮方に優先座席を設けている阪神電車に対して、近鉄電車は尼崎方に設置してます。

車体長も南海電車と大阪市営との差ほどあり、快速急行として乗り入れてくる近鉄車両は、阪神電車用の長さしかない、またカーブがキツすぎるためにホームと車両の間に隙間が出来る御影駅には停車しない、そして阪神車両の快速急行も停車しない、と言う措置が取られています。

これだけ障壁がある両社が乗り入れ出来たんだから、と言う考えだろうとは思いますが、そもそも線路幅の違う会社同士の相互乗りいてってのはまずありえない。どちらか一報が乗り入れている例としては、箱根登山電車に乗り入れている小田急電鉄の例がありますが、これはかなり特殊な例。

そもそも、元から南海電鉄との直通運転を見越して、中百舌鳥駅を目指した泉北高速鉄道と、半ば勝手に延伸してきた御堂筋線を相互乗り入れさせようとする事自体自体が無茶といえば無茶。

架線のない地下鉄のトンネルに、パンタグラフを畳んだ状態での南海電車が通れるかどうか、これが最大の難関。別に電車の事、鉄道の事をもっと知ってくれとは思わんけど、簡単に話を飛躍させ過ぎ。お役所的考え、と言ってしまえばそれまでなdしょうけど。

まだ同じ政党でも、大阪市長さんの方が ま だ まともかな。



「なかもず駅に新改札口」 大阪・橋下市長検討
読売新聞関西版2014年6月14日

大阪市の橋下市長は13日、市役所で記者団に、市営地下鉄御堂筋線・なかもず駅について「新たな改札口を1か所作り、南海電鉄や泉北高速鉄道と簡単に乗り換えられるようにする」と語った。市交通局に具体的な設置場所の検討を指示しており、工事費は約20億円と見込んでいる。

同局によると、同駅の平日1日の乗降客数は約8万人だが、改札口は地下1階のコンコースに1か所しかない。通勤・通学のラッシュ時は混雑で南海や泉北高速と円滑な乗り換えができないこともあるという。

3路線の相互乗り入れを巡っては、松井知事が、泉北高速を運営する府の第3セクターの子会社化を決めた南海に本格的な検討を要請。ただ、レール幅の違いや線路の高低差などの課題があり、すぐに実現させることは難しく、橋下市長は短期の目標として改札口を増設する方針を決めた。



まぁ大阪府民からしたら、どっちもどっちですけどね。


野球とも広島とも、何ら関係ありませんが、以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2014.06.17 / Top↑