この時期になると、カープに限らずドコの球団でも気になる「フリーエージェント有資格者」。今年もカープに2人います。すでに一人は高飛びしてしまいましたが(笑)。

けど、出て行く行かんで毎度大騒ぎしてるチームって、カープくらいのような気がせんでもないんですがどうでしょう。まぁ毎度毎度「片思い」をしてるよりはよっぽどましですが。

にしてもなぁ。

各種報道とかを見てると、まず「ビジネス」ありき、の球団本社と言うか経営側が「情」に訴えてしまうのんはどうなのかなぁ、といつも思います。ぶっちゃけ、これが永年の低迷の原因に繋がってるんじゃないかな、とすら思ったり。

その結果が昨年のフリーエージェント交渉、だと思いますが。

フリーエージェントでなくても、今それこそ、フリーエージェント選手よりも気にかかるのが、ドジャース・黒田博樹の「行き先」かとも思います。

黒田博樹の話が出てくる度に、カープ関係者は「広島は故郷みたいなもの」と発言してますが。ぶっちゃけかれも「フリーエージェント」で出て行った選手。こんな言い方モアレかも知れませんが、戻ってくる義務って、ドコにもないんですよね。

もっと言えば今シーズン渡米前、黒田博樹本人は「今年で終わってもイイくらいの気持ちで」と発言してる。この裏にどんな覚悟があったのかは知りませんが、その結果が

32試合202イニング 13勝16敗 防御率3.07

と言う数字になって表れたんだと思います。まぁこの数字を見たら、カープならずともドコの球団でも獲得したくなるのは分かりますけどね。ただ、黒田君の場合、あと1年、MLBに在籍すると、MLBから60歳以降「年金」が出るんですよねぇ。

いや本編はコレやのうて(笑)

廣瀬君と栗原君

まぁ彼らをどんな形であれ、カープに残留させる事が、今のカープの臆病さを考えると、最大限の補強だとは思います。情けない話だとは思いますけどね。

ただ、仮に2人とも残留してくれたとして。それに甘えてしもうたらコレから先も絶対に勝てませんよ。思い返したら「コレ」で「ビッグレッドマシン」以降失敗してるんだ。


最初の移籍選手、江藤智から次の主力Aが一人前になるまでに時間がかかってる。そのAが抜けてから、未だにカープのサードは混迷を極めてる。これは誰にも否定出来んはず。

公式戦・オープン戦関係なしに、今シーズン終了まで、一体何人がサードを守ったか。たかがサード、されどサード。これがファーストにまで及んでしもたらどうしようもない。

栗原君が「移籍」となってしもうたらどうしますか。まぁ「カープは育成のチーム」ですから、移籍したところで球団幹部は何とも感じないでしょうけどね。

打てたらどんなんでもええ、みたいな感じで、外国人選手を連れてくるような事になると思いますが、内野の連携プレイ等を考えると、サード(今の所バーデンさん)とファーストが外国人選手ともなると、うまい事イクかどうか疑問ですよ。

ファースト本職の選手を呼んでくるにはいいんですが、ゴールデングラブ賞2回の選手の後釜が「ファースト『も守れる』」程度の選手やったらぶっちゃけいりませんよ。

廣瀬君に関しては、多少意味合いは違ってきます。

外野には、赤松君に天谷君、丸君に松山君、怪我をしてるけど岩本君もいてます。しかし、赤松君は(個人的には)別格として、他はまだ何となしに「帯に短し襷に長し」な状態。そこに廣瀬君がどっしり構えててくれたら、こんな心強い事はないですよ。


廣瀬君、栗原君の去就はここではどうこう申しません。これだけは「選手個人が勝ち取った権利」ですからね。何かと未だに違和感は残ってる所はありますが、とことんまで考えたらいいです。廣瀬君みたいに、雑音の届かない所で熟考を重ねるのもいい事と思います。

ただ、先にも書いたように、彼らが残ってくれたところで、それに甘えたらいかん。何もかもおんぶにだっこじゃ絶対にダメ。これはチームも球団も、もちろん、わしらファンも。

残ってくれたのなら残ってくれた「期間」の間に、しっかり「次世代」を作っておく事。

残ってくれたとは言え、彼らも年齢を重ねて行く。いずれは身を引く事になろうけど、その時になって「どうしよう」じゃあもう遅い。もっと言えば、シーズン中の怪我もなきにしもあらず。今年の場合、丸君が嵌まってくれたけど、そう毎年毎年うまくいかないよ。

今シーズン、フリーエージェント宣言をせずに残留した石原君をことごとく先発で使い続けて失敗こきましたが。「残留」ってのは決して「スタメン確約」じゃないんだ。

チームに残留させたのは、戦力云々以前に、試合に出ずともチームに好影響を与えるから、と判断したのも入ってるはず。コレを勘違いしたのが野村謙二郎監督なんだろうけど、クララ・うーたんの「二大巨頭」が元気な間に「次」を作っておくのも「仕事」だ。

廣瀬君と栗原君が、残留してくれる事、それはそれでイイに越した事は無い。けど、常に「非常事態」を頭に入れておく事も「監督と言う仕事の危機管理」だと思いますよ。

結論:松山君にサードの練習をさすのは今すぐやめれ(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/984-aa75691c