さて、大幅に開幕が遅れなながらも「完走」直前まで来た2011年度のプロ野球ペナントレース。マツダスタジアムでの公式戦最終戦になります。

_MG_9733.jpg
マツダスタジアムに到着したのは、おおよそ試合開始1時間前。まぁ予想通り人が少ないのなんのって。まぁ「平日の消化ゲーム」ですから致し方ないのかも知れません。

_MG_9734.jpg
それでも「モップのお化け」は機能も精いっぱいのファンサービス。

_MG_9735.jpg
昨日は完全に当日券だったので、と言うか何と言うか内野自由席。

_MG_9736.jpg
人少ないなぁ。

_MG_9737.jpg
腹ごしらえはカープうどん。今シーズンは「ファン感謝デー」に来る予定もしてないので、今年最後のカープうどんです。だからというわけではないですが「全部のせ」。

_MG_9743.jpg
タイガースのスターティングメンバーは、5番以降8番までが「ザコテーマ」。もっと言えば、個人テーマ曲を持ってる選手が3人しかいてないと言う究極の消化ゲームオーダー。しかも先発は鶴直人。いつになったらこいつも覚醒するんでしょうか。マートン1番は首位打者狙いの関係でしょうかね。

対するカープは今井君が先発。もっと早くに彼は、毛化はどう出ようと先発ローテーションに入れておくべきだったんですよ。5番目、6番目でもいいんです。とにかく「一軍の先発ローテーション」と言う自覚を持たせるべきなんだ。先発やらせたりリリーフやらせたりするからいかんのですよ。

_MG_9744.jpg _MG_9745.jpg
お客さんの入りはもう悲惨なもの。最終的な観衆は15786人とはいうものの、実際はもっと少なかったですね。まぁ年間指定席のアレも入ってますから。しかし敢えて言うなら、これが「野村謙二郎カープ」の集大成ですよ。よくこれだけ集まったもんだ、と思います。

それとは何の関係もなく投げてたのが、ともに6年目を迎えた両先投手。

P1250042.jpg
まず今井君は7回2失点。7回に犠牲フライ2本で2失点しましたが、そこまでは1安打ピッチング。これにケチをつける人はいてないでしょう。もちろんその裏には白濱君のリードがあったんですが。と言うよりも、相手がほとんど「鳴尾浜タイガース」だったのでやりやすかったのか。

P1250050.jpg
それ以上に「凄まじいピッチング」を披露したのがタイガースの鶴。5回に降板するまでノーヒットノーラン。1回裏先頭の東出君以降、ランナーが出る気配もないわヒットが出る気配もないわ。しかもこの後出てきた藤原・能見に手もなく捻られジ・エンド状態。最後は藤川で締め。

_MG_9755.jpg
もうね、数字以上の惨敗ですよ。ヒットを打ったのは生き残りに必死のバーデンさんだけ。つまり「日本人はノーヒットノーラン」と言う悲惨な結末。これはもう言い訳無用。

初めて当たったピッチャーでもなければ、見たことのないピッチャーでもない。そんなピッチャーに無策無抵抗のまま、しかもノーヒットノーランのまま降板されるってのは、もうある種の屈辱ですよ。こんなのって、練習したからどうこうってもんじゃない


_MG_9757.jpg
最後の整列。

しかし、この整列、と言うか試合終了を見届けんまま帰路に就く人がどれだけいたか。それを球団はどう考えているのか。サインボールを投げ込んだところで、投げ返されかねん。

しかも、昨年の最終戦同様、野村謙二郎監督からは何の言葉や挨拶もなし。監督就任当初「あいさつは徹底させる」と豪語していたのは何だったのか。

チームの成績を本当に分かっているのか、どう思っているのか、何の責任もないと思ってるんだろうか。まぁ思ってないから「全員残留」とか寝ぼけたことを言うんでしょうけどね。ポーズだけでもいいから「進退伺」出して見ろよ。区切りをつけてみろよ。




広島、本拠地最終戦で零敗 スポーツナビ

広島は1安打に終わり、本拠地最終戦でぶざまな零敗を喫した。最後まで貧打を露呈した打線に、野村監督は「課題はきょうに限らずたくさんある。みんながみんな沈んでしまう試合が目立った」と淡々と話した。

見せ場のない試合だったが、試合後の選手整列では温かい声援が送られた。指揮官は「ことしの2倍、3倍も喜んでもらえるようなシーズンにしていけるよう頑張ります」と話した。



何でこれを、ファンの前で言えんのか。まぁこの言葉も突っ込みどころ満載ですが。この2シーズンの間、野村謙二郎からの直接の声が一つも聞こえなかった。どのコメントも「マスコミ向け」でしかなかった。もっと言えば、何も感じるものがない、無機質なものばかり。

_MG_9758.jpg
今年は結局11試合ほどでしたかね、ちゃんと数えてないんですよ。印象に残った試合と言えばホークス戦。あの、17点取られて負けた試合。来年は来る機会はもっと減るかも知れません。毎度毎度こんな野球を見せられて、面白いわけがないんだ。

毎試合毎試合勝てというてるんじゃない。負けるにしても、何かしらの抵抗を見せろってんだ。シーズン終盤、もしくは試合終盤になって「最後の意地を見せろ」とかいう人がいてるけど、そんな意地なんかいらない。「プロ野球選手の意地」を持ってるんなら最初から最後まで、わしらファンを帰さん試合をやってみろって。


_MG_9761.jpg
当分の間さようなら。次は何の用で来ることになるのかな。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.10.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/962-702a067d