最初から最後まで、NHKBSで見てました。まぁカープの試合がないせいもあるんですが、心情的には、スワローズよりもドラゴンズに優勝してもらった方がいいんで(笑)。

特に深い意味はありません。そして

中日ドラゴンズ関係者ならびにファンの皆様、セントラル・リーグ連覇おめでとうございます。

ただただ、強かった、と言うか永年に渡って培った底力ってのには、今年の戦いを見てて分かる通り、どう抗おうが勝てないのはよく分かりましたよホント。

特に今年の追い込み方は尋常じゃなかったですね。まぁ追い込みと言うよりも「よし、そろそろ本気出すかのぉ」みたいな感じ。

ほんと土壇場にきて「らしい戦い」が続く中、落合監督はナニがあろうが「選手は動けている。それでいい」と言う言葉を繰り返してました。もうこれは、自らが選手に課した練習量と、それに応えて来た選手への絶対の信頼、これに因るものだと思います。

監督初年度は、キャンプ初日に紅白戦をやってみたり、川崎憲次郎を開幕投手に起用したりで、どっちかと言えば「驚きビックリ」みたいな采配もありましたが、それでも最後にはビシッと締めてくる。

「1年間どう戦おう」を「1年中考えてる」わけじゃなく、シーズンが始まった時には、既に8割方考えが纏まってる。あとはその場その場で「臨機応変」に打順を組み換えたり。

落合監督本人も「8年間で先行逃げ切りと追い込みと、両方出来た。」と言うてましたが、どっちに転ぶにしろ、頭の中ではある程度の青写真が常にあったんじゃないかな。


それに限らず、昨日の優勝監督インタビューを聞いてても、とにかく選手への信頼度は並々ならぬものがあると思います。だからチームがどんな状況でも、泰然自若としてられる。

これは、野村謙二郎監督どころか、誰にも真似出来ないものですよ。

名選手名監督ならず、とは言いますが、落合監督自身、ロッテオリオンズで山内一弘・稲尾和久、中日ドラゴンズで星野仙一・高木守道、讀賣ジャイアンツ長嶋茂雄、日本ハムファイターズ上田利治と言った、そうそうたる監督の元で現役時代を過ごしてる。

この中で培ったもの、そして自らの選手経験で身に付けたもの、チームで学んだものに絶対の自信と確信、そして信念を持ってる。またそれをうまく人に伝えられる能力を持ってる。だから指導者と言う立場になっても、これだけの実績を残せるんだと思います。

凄いなぁと思うのは、その割り切りの凄さ。「投手の事は分からない」と言って、腹心でもある森繁和コーチに任せ切ってる。それでいて、色々な「責任」の面は全て自分が受け持ってる。表現はおかしいかも知れませんが「任せた俺が悪い」みたいな。

とは言え、たまにマウンド上で一言二言。そして選手がしっかり結果を出してる。恐らく技術面云々の事じゃないとは思いますが「ツボ」を心得た一言を残してるんだと思います。

それと、見てて思ったんですが、森コーチがマウンドに行っても、コーチが一方的に喋ってるんじゃなく、ちゃんと「選手と会話」をしてる。これって、常に選手が、自ら選手がナニ頭の考えを持ってプレイしている、と言うような気がします。

それだけ選手が「大人」なんだと思います。その「大人」の中に混ざって、まだまだ年齢的には若手か中堅か、と言う年齢の浅尾も、マウンド上で堂々としてる。「選手にもまれて選手が成長してる」ようにも思います。これって凄い事じゃないですかね。


しかし、試合内容とは大きくかけ離れてしまいますが。

落合監督って、試合中は表情を一切崩さんのに、笑う時って本当にいい笑顔になる。ベンチを出て、胴上げの輪の中に入る直前とか、胴上げが終わって、外野に挨拶に行く途中、ドアラと握手をしてたけど、その時の笑顔とかね。

こんな事を言うのもアレですが、ドラゴンズの選手って、落合監督のあの笑顔を見とうて、頑張って勝って来たんじゃないかな、とすら思います。だからシーズン終盤、事ある事に、声は大きくはなかったけども「監督ノタメニ」と言う思いがあったんじゃないかな。


そして開幕前にも触れましたが、

偶然かも知れませんが、今年のドラゴンズの開幕投手がマキシモ・ネルソン。そしてこの試合の先発投手もマキシモ・ネルソン。しつこいようではありますが、炎天下のナゴヤ球場で投げてたヒョロヒョロのピッチャーが、ここまで大きくなるとは思ってもみませんでした。

ネルソンで始まり、ネルソンで終わったドラゴンズ。隔世の感あり(笑)


けど、退任なんですよね。もったいない。しかし、落合監督の事。既に頭の中は「日本一になるには」の計画が練られてるはず、と言うか既にコレすらシーズン前に完成してるかな。

何もかも完璧に事を進めておいて、自らは(契約とは言え)身を引く。引き際としては、こんなかっこいい身の引き方もないと思います。これも「美学」なんでしょうかね。


以上、カープファンからのねたみと羨望、そしてヤッカミその他でした(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.10.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/951-802a4a3a