広島が菊地原投手らに戦力外通告 デイリースポーツ

広島は13日、菊地原毅投手、林昌樹投手、宮崎充登投手、川口盛外投手、育成選手の松田翔太投手の5選手に戦力外通告を行った。

菊地原は来季、育成選手として広島と契約する。川口は球団に残る方針。林、宮崎は今後の進路は未定で、松田は現役続行を希望している。



まぁ、時期ですよね。

ただ、他球団に比べてカープが遅いのは何か意味があるんでしょうかね。とは言うものの、今日発表になった選手は皆「フェニックスリーグに帯同してなかった」と言う時点である程度「あぁ、ほとんど決まってるのかな」と言うのは何となしにありましたが。


菊地原毅投手
P1230177.jpg _MG_3741.jpg
左:2011年4月9日 由宇練習場 右:2009年7月5日 あじさいスタジアム北神戸

アキレス腱の断裂は痛いと言えば痛いですが、まさか「育成選手」で残すとは思いませんでした。まぁ年齢的にも微妙な位置ですからしゃあないと言えばしゃあないですが。支配下登録選手が65人以上いてれば、育成選手はいくらいても構わない、とは言いますが。

ただ、よほどの注意を払わないと、せっかくの育成枠をひとつ無駄にする事になってしまいますゆえ、復帰へのプログラムは特に慎重に事を運んでいただきたい。そう思います。

林昌樹投手
_MG_7330.jpg _MG_9321.jpg
左:2011年3月18日 あじさいスタジアム北神戸 右:2011年9月4日 由宇練習場

一体彼のナニが気に入らなかったのかな。僅か2イニングの一軍登板、防御率0.00。進路は未定となってますが、そら未定ですよ。そうスパッと切り替えられるわけでもなし。

ぶっちゃけ、右のサイドスローってんで、梅ちゃんとキャラクターが完全に被ってしまったのはもったいないと言えばもったいない。あの「狂気」すら感じるスライダーをもう一度見たいものです。まだ32歳。もうひと花咲かせれんものでしょうか。

個人的には、絶対にトライアウトに出てほしい1番手の選手。出来る事ならどっかのチームであと5〜6年はやってほしいな、と思ってます。

宮崎充登投手
_MG_9318.jpg P1210634.jpg
左:2011年9月4日 由宇練習場 右:2010年8月24日 阪神鳴尾浜球場

将来性とか素材ではなく、全くの「即戦力」だったはずが、結局4勝止まり。アレがいかんコレがいかん、ではなく、まずはいい所を前面に押し出せなかったのが全ての失敗かと。

社会人出のドラフト1巡目が3年間一軍登板なし、となると戦力外通告は致し方ない事。まぁドラフト1巡目が「みんなかみんな活躍する」とは限りませんから、こんな結果もなきにしもあらず、かとは思いますが、もうちょっとどうにかならンかったかと思います。

川口盛外投手
P1210639.jpg
2010年8月24日 阪神鳴尾浜球場

球団に残る方針、と言うのはそれこそ、バッティングピッチャーとかスカウトとかそっち方面なんでしょうか。それとも、支配下登録選手から今度は育成選手として契約したりするんでしょうか。何にしろ、進路が決まってるのはいい事だとは思いますけどね。

それにしても、大学から社会人を経て入団しているのに、言い方は酷いかも知れませんが「 丸2年、箸にも棒にもかからなかった」のは球団側の責任もかなりあるか、と。

どう言う意図をもって声をかけて、ドラフトで指名したのはいいけれど「使い物になりませんでした、はい次」では、いつまで経っても「チーム強化」はままなりませんよ。

松田翔太投手
P1210620.jpg
2010年8月18日 ナゴヤ球場

小気味いいフォームと、球速は出てないものの、小気味いいピッチングで、かなり期待してたんですけどね。ただ如何せん、なかなか身体が大きくならなかった、のが残念。

本人は「現役続行」と言うてますが、まだまだ発展途上。育成選手は、3年が経過すると一旦戦力外通告を受けんといかん、と言う規定がある為、まだ望みはあるかと思います。


何にしろ

カープに限らず、戦力外通告を受けられた選手の、今後の御多幸をお祈り致します。


で、思うに

何でこうも毎年毎年ピッチャーばっかりごっそり入れ替えてるのかな。つか、本気で思うんですが「今後をしっかり見極められるスカウト」がいてるかどうか、疑問に思います。

この後、野手の戦力外が発表になるんかどうかは分かりませんが、いい加減「スカウト能力」からも徹底的に鍛え直した方がいい。人間は使い捨てじゃないんだ。選手は使うステじゃないんだ。「まだまだいるから」とか、どっかで思ってるのかも知れんけど、来ん亜子とをやってたらそのうち「カープお断り」の指名選手が出て来ないとも限らない。

チームのレベルアップや底上げってのは、練習だけで補えるものじゃない。ただ「時期だから」ってんで、漠然と選手を入れ替えてるだけでは、いつまで経っても強くなりません。

指名した選手全員が一軍で活躍する保証のはドコにもありませんが、ぶっちゃけスカウティングやコーチングがしっかりしてたら、毎年ドラフト会議に参加する必要もない筈。

無茶苦茶な考えかも知れませんが

「チーム」ってのは実際にグラウンドでプレイする現場だけじゃない。それを支えるスコアラー、用具係等の裏方さん、それに球団フロントが一体となって初めて「チーム」なんだから。選手が育たん、ってのは決して「現場」だけの責任じゃないと思います。

昨日の試合で今年の観客動員が150万人を越えましたが、いつまでもこんな事をやってたら、100万人割れは以外に早く来るかも知れませんよ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.10.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/945-118ea0d3