昨日の夜8時から、CS放送アニマックスで「北斗の拳2」が始まったんですよ。

まだプロ野球のシーズン中ですから、余程でない限りカープの試合と被るんですよね。

で、うちのCATVのSTB。よそのメーカーはどうなんかは知りませんが、2番組同時録画に突入すると「後から録画が始まった番組のチャンネルに強制的に」変わるんですよね。一応「2画面」で、試合の様子だけは確認出来るんですが。

で、その「北斗の拳2」を見ながら思ったんですが。

先日、野村謙二郎監督が「救世主が出て来ないかな」とか何とか言うてました。けど、わしらカープファンからすると、ヒロシマの救世主にケンシロウが来る筈が、来たのはケンジロウやったと言うのはどう言う事やねん、みたいな。

ラオウ伝説を信じてたのに、来たのはケンシロウだった、とは明らかに訳が違いますよ。

どっちを向いても(上を見ても)Feel so sad
だけど死には至らない(最下位には至らない)気分はどうだい? tough boy

まぁこんな状況でも、カープの試合を見てしまう、わしらはよほどのtough boy。しかしとうとう引き分け挟んで8連敗。まさにYouはshock!


しかし

昨日は貧打戦、拙攻戦という言葉を越えて「愚攻戦」。

毎回安打とか毎回奪三振とかは聞いた事はありますが、下手したら「毎回ダブルプレイ」とかやりかねん勢い。過去には「6イニング連続」と言うのが最高らしいです。

途中で我に返ったか、送りバントを2つ、決めてはくれました。点数は1対0と僅差の試合でしたが、結局は1、2回の攻撃で、押せ押せにはならんかったものの、そこはかとなく、それとなく見えない所で、流れがスワローズの方に傾いて行ったんでしょうね。

それに加えて6回表。こんな事を言うと悪いかも知れんけど、廣瀬君がヒットで出た所で、若干守備にマイナスが出るのを覚悟で、ピンチランナーに中東君を送った。

ここまでは良かったですよ。けど、なんでアソコで走らさないのか。これまでも同じシーンが幾度となく繰り返されてるけど、ことごとく負けてるんですよ。何の為の代走なのか。

まず中東君を走らせてから、クララに送りバントをさせても良かったのに、結局無駄にサインを変えてヒッティング、挙げ句の果てにダブルプレイ崩れでランナーすら進めれない。

野村謙二郎監督言う所の「同じパターン」なんですよ。学習能力がねぇんだ。もしかして、ノーアウトでランナーが出たら、どうしたらええんか分かってないんとちゃうかね。

しかもスワローズの先発ピッチャーは、野村ケンジロウ監督が、喉から手が出る程欲しがってるスワローズの救世主赤川克紀。カープと当たるのは3試合目。

とは言え、昨日も点が取れず、3試合で2敗、19イニングで彼から1点しか取れてないと言う体たらく。3年目のピッチャーに、手もなく捻られてしまうのは如何なものか。

挙げ句にこんなコメント



【広島】8連敗にファン怒声飛び交う 日刊スポーツ

<ヤクルト1−0広島>◇7日◇神宮

広島が拙攻続きで苦境を打開できなかった。1回、先頭東出が四球で出塁したが、2番赤松が送りバントを決められず、三飛に倒れた。バーデンも三塁併殺打に打ち取られ、最悪のスタートになった。2回以降もヤクルト先発赤川を打てず完封負け。

野村謙二郎監督(45)も「初回がすべてでしょう。しっかり送ればというところで送れない」と嘆いた。これで引き分け2戦を挟んで8連敗。試合後はファンの怒声が飛び交った。

[2011年10月7日21時16分]



怒声は飛ばしてもええけど、ボールはグラウンドに投げ返したらいかんよ、と(笑)。

まぁそれはそれとして。

「初回がすべて」って事は、残りイニングは無策だったのか。キムショーを8番に置く事、は構わない。ならば、2番も固定せぇよ。明らかに赤松君に責任を負わそうとしてる。

「しっかり送ればというところで送れない」とは言うが、初回の攻撃に重要な位置を占める筈の2番バッターを、相手先発ピッチャーの左右で変えているうちは、話にならん。

つか、試合が始まる前に勝負は決まってるんだよ。

挙げ句の果てにコーチ陣は揃いも揃って

「(松山君の最後の打席について)あそこで打たないと飯食えないよ」(浅井)
「劣勢で力を出し切れない」(町田)
「(ジオについて)負けると投手が悪いと言われちゃうんだよね」(大野)


寝ぼけとんのか。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.10.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/937-9cf46d3a