この3連戦が、わしらカープファンが見る、今年最後のナゴやドームになります。

しかし、なんでアソコまで客の入りがよろしくないのか疑問に思います。チームは優勝争いしてる、しかも昨日の試合開始時点ではスワローズと1ゲーム差、にもかかわらず。

三塁側だけでなく、一塁側すらも満席になってない。ライトスタンドも一杯にならない。まぁ平日の試合と言う事もあるんでしょうが、やっぱりなんかおかしいな。

落合監督の「試合に勝つ事が最大のファンサービス」と言う言葉は当然だと思います。特にカープファンをやってると特にそう思いますよ。Tシャツはもういいって(笑)。

まぁお金の使い方に何かと煩い尾張の人の事。クルマを買うにも家を買うにも「現金払い」の人が多いと、だいぶ前に聞いた事がありますが、そんな人の中から売り上げを伸ばそうと思ったらそれこそ「奇抜なアイデア」も必要になって来ると思います。

だからと言うて「強竜打線」て書いたふんどしとか出されても困るんですが(笑)。

いつぞやか、ナゴやドーム隣のイオンモールの所にあるドラゴンズショップで、ドアラが三角座りの後ろ姿で「今日も勝てるといいな」とか書いたTシャツがありまして。えらく萌えた覚えがあるんですが、今でもあのTシャツは売ってるんでしょうか。

つーかドラゴンズの「営業部門」って、ドアラにおんぶにだっこ、なんでしょうか。


まぁそんなことはどうでもよく

試合には負け続けても、Tシャツのアイデアだけは枯渇する事のないカープの試合。

そう言えば、真偽の程は別にして、前田健太婚約報道が出てから、最初のマウンドなんですな。あんまりピッチングとは関係ないとは思いますが。

もうお相手さんは、所属事務所も辞められたそうなので、本格的に動き出してるのかな。いわゆる「花嫁修行」に入られてると思いますが、とにかく食事だけには気を付けてあげて下さい。前田健太本人も、自炊はしてるみたいですが、それだけでは追い付かないでしょう。

それに、家の事は完全に奥さんが仕切るのがよろしいかと思います。まぁ未婚者が大きなお世話だと思いますが。つかわしの周り「姉さん女房」が多いんですよねぇ。

まぁそれよりも、寛ちゃんの嫁さんを誰か世話してやって下さい(笑)。

しかし、試合は「婚約祝い」とはいきませんなぁ。ホント、1試合の中で打線が繋がるのが1回だけになってしまってる。その1回でスコーンスコーンと4点5点取れたらええんやけど、昨日の試合は1回だけ。しかもあっさり同点に追い付かれてる。

ドラゴンズ大島のホームランが意外なのかどうかは分からんけども、早い目に何とかしたい、と言う時に、コンと下位打線からホームランが出る。これがドラゴンズの強さであり、二軍に降格してる間でも、しっかり準備が出来てる証拠ですよ。

そしてドラゴンズの選手はひとり一人が皆「今ここで自分が何を求められているか」てのを十分に分かって打席に入ってる。だからヒーローインタビューのブランコみたいに胸を張って「ホームランは狙ってました」って言えるんですよ。

8回ツーアウト、ここで1点勝ち越したら、そして先発ピッチャーの頑張り、鉄壁のリリーフ陣を考えたら、どれだけのダメージをカープに与えられるかを十二分に分かってるから、アレだけ自信満々のコメントが出る。つか、だから4番なんですよ。

打率なんか低うてもいい(かと言って.180とかは困りますが)。ホームランなんか少のうてもいい(かと言って10本とかは困りますが)。相手チームに「決定的なダメージを与えれる場面でヒット、ホームランを打てる人」。これが4番だと思いますよ。

ちなみにコレを書いてる人は、一軍の個人タイトルには何ら興味がありません。

それをブランコは来日して3年、落合監督に実践で徹底的に叩き込まれてる。だから空振りしようが何しようが、自信満々でベンチに下がって来れるし、見てる方も次に期待出来る。

それに加えて、初球であろうが3球目であろうが、甘いボールは絶対に逃さない「技術」を身に付けてる。日本に来て身につけたんかも知れませんが。そらぁ勝てっこないですよ。

試合中に浅井コーチの談話としてよく「甘い球を一発で仕留めなければ」的なコメントが入る事が良くあります。そんな事は試合中に言うもんじゃない。試合前に終わっておかんといかん事。コレが出来てるか出来てないか。これがドラゴンズとカープの実力の差。

しかしあのブランコのホームラン。打った人の打順、イニングとアウトカウント、ボールを捉えるタイミング、フルスイング、弾道、飛び込んだ地点、カープへのダメージ、打った後の「ドヤ顔」。全てにおいて完全無欠ですよ。

カープ側からすると、実に見所のない試合。両チームとも「ノーアウト1・2塁」で無得点やったのはアレですが。まぁドラゴンズがおつき合いしてくれたんかな、などと。

廣瀬君に送りバントまでさせておいて、そのあと何もなしと言うのはやっぱりおかしいな。そこから普通に「打って出る」から手もなく捻られるのであって。

相手さんも「ここでは打ってくるだけ」て分かってますよ。勿論こっちも何かしらのプレッシャーをかけるわけでなし、それだけの技量もなし策もなし。ただ漠然と打たすだけ。

それと、この2試合で、ようやくドラゴンズが対戦成績で上回ったとは言いますが、それは一時的にドラゴンズのキャッチャーが谷繁じゃなかっただけの事。

事実先発マスクが谷繁じゃなかった時の対戦成績は、カープの7勝3敗1分(確か)。対戦成績が9勝11敗2分と言う事を考えると、如何にカープが谷繁にやられてるかですよ。

野村謙二郎監督がいつも言うてる「同じパターン」で負けてるんですよ。

そして、今まであったのが不思議なくらいですが
優勝の可能性がなくなりました。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.10.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/935-905ac341