さて、今シーズンの対ジャイアンツ戦最終戦であります。

とは言うものの「いつも通り」の試合。でした。あと一本がでない、肝心なところでランナーすら進める事が出来ない。全イニングの「凡退」を書き出してみましたが。

1回 三振 三振 三振
2回 フライ 三振 三振
3回 フライ 三振 フライ
4回 三振 三振 盗塁失敗
5回 バント フライ ゴロ
6回 ゴロ ライナー 三振
7回 フライ ゴロ フライ
8回 フライ 三振 ゴロ
9回 バント フライ フライ

三振が目立つのと、ゴロアウトが3つだけ。それ以上に「フライ」が目立ちます。

揚げもの屋か

象徴的だったのがやっぱり3回ですかねぇ。先頭の丸君がフォアボールで出たものの、次の石原君が初球をあっさり打ち上げてセカンドフライ。もう何ぢゃそら状態ですよ。

何がむかっ腹立つってさ、先頭バッターのフォアボールで、ジャイアンツ先発澤村がやや崩れかけたところ。しかも昨日の試合最初に許したランナー。フォアボールのあとの初球を狙え、とは言うけど、打率.200行くか行かんかのバッターに「打て」ですか。

その後は、点には繋がらんかったものの、効果的にバントをやってるだけに、しかも先制点のチャンスだっただけに、これだけはホント心底「何でやねん」と思いますよ。

まぁもっとも7回表みたいに、打者7人送って1点しか取れん打線にも大いに問題がありますけどね。しかも点を取ったのが「ワイルドピッチ」って。貰ったようなmんじゃ。

リリーフ陣が弱いから、満塁になったところで前田智徳の一本に掛けたくなる気持ちは分からんでもないけど、他に策は思い付かんか?だから毎度毎度「同じパターン」なんだ。

「同じパターン」を野村謙二郎監督だけでなく、Oh!No!コーチも同じセリフをいけしゃあしゃあと口にしようる。まぁ昨日はピッチャーは「嵌まりました」けどね。

それでも、青木君と岸本君は何げに4連投。

ただ

話は戻りますが、点が取れないのは相変わらず。前田智徳が打てんかったら完全に終戦モード。これもチーム全体の「底上げ」が何もなされてない証拠ですよ。

だから今シーズンも、スタメンどころかベンチ入りメンバーも洗練されてないし、なる気配すらない。丸君や松山君、岩本君の台頭もあったけど、3人とも「いずれは出て来るであろう」と見られてた選手。決して「野村謙二郎監督の下だから出て来た」わけじゃない。

結局、ブラウン前政権の「遺産」ばかりですよ。まぁもっとも就任時に「前監督の頃の良いところは継承する」と言うてたそうですから、その点に関してはそれなりに評価出来ます。ただ、継承したのは選手だけで、後は何もかも壊してしまいましたが。


それと、9回裏のジャイアンツの攻撃。ここはどうするか、悩ましいところでしたね。

攻撃が始まったのが21:16くらいですか。ここを5分でサクッと終わらせて、10回表のキムショーからの攻撃にかけるか、ダラダラモードに入って引き分け狙いに行くか。まぁもっとも、この期に及んで勝とうが負けようが、あんまりアレなんですが(笑)。

敬遠のフォアボール一つもありましたが、それとは別に、代打古城にもフォアボール。小尾のコーチも間を取りにいったり。何かコレすらもカープ側の時間稼ぎに見えました。

もっとせこい事を言えば、9回裏ノーアウトランナー1塁、バッター脇谷。2球目にバントをファウルして、ベンチにいる岡崎コーチから、勝呂コーチ経由で脇谷にサイン。

届く時に、脇谷が「もう一回」のジェスチャーをした挙げ句、勝呂コーチの所にいって最終確認を済ませ、次の球が投げられるまで、時間にして1分以上かかってます。

放送席では実況アナウンサーが「サインを受け取る事が出来ません」と言い、解説の堀内恒夫もそれに付け加えるかのごとく「悪い流れですね」とか言うてたけど、これらの行為すらも、10回に入りたくないジャイアンツの「時間稼ぎ」にも見えました。

もっとも、ジャイアンツの場合、久保に代打を出した後でも、まだ越智が残ってますから、そうそう逆転は出来んように思いますけどね。

ええ、勝手な推測でした。

そして、今シーズンの対ジャイアンツ戦は6勝16敗2分。昨年は勝18敗。原ジャイアンツと2年間で12勝34敗2分。

やっぱりどうかしてるわ。

もう一軍は、引き分けてハイタッチすな!「負けなんだ」で喜んどるけぇ、いつまでも勝てんのじゃ!


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.10.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/932-51fa0771