さて昨日夕方。

家に帰ってきたら、リビングのテレビ(大絶賛デジアナ変換中、ありがたやありがたや)でサンテレビがついてたんですよ。トボトボ帰路に着くタイガースファンと、まるっきりドコゾの草野球みたいなスコアボードで、カープの爆勝を確認は出来ました。

で、自室のケーブルテレビのSTBで、Jスポーツ1が録画出来てるかどうか確認したんですよ。通常画面から「録画リスト」に画面を変えたら一番上の表示「ディスク残量」が

0:00



当該の「広島×阪神」にあわせてみたら

録画時間1:21



HDDの容量不足で切れとるやんけ!

ええ。日曜日の試合を消去するのを忘れてただけですよ。

「だけ」とは言うものの、得点経過やら内容、ヒーローインタビューに至るまで、個人的には今シーズンのベスト5に入るかも知れんような「火を吐く好ゲーム」。

それがたったの1時間21分で終了。ちなみに3回裏ツーアウト1・3塁。バッターは赤松君。スタンリッジが2球目を投げる直前で、録画は終わってます。つまり

これからって所で終わっとる!

ミスとは言え余りにも痛い(笑)

ので、「野球好きニュース」と「ニュースウォッチ9」で見た部分だけ。


あんだけポカスカ打ったら気持ちよろしいな。21安打って、今シーズンセ・リーグ1番だそうで。それに、これだけヒットが出てるのに「ホームランが1本もない」のが何か凄い。

松山君なんかスリーベースヒットなんか打ってる。あっついあっついナゴヤ球場で、綾田トレーナーの元、岩本君と「減量メニュー」に励んでた頃が懐かしいですよ。とは言え、あの柴田の守備やと、サードまでいかんとアキマセンわな。

その松山君の4安打を筆頭に猛打賞が4人。商品は足りたんでしょうか(笑)。


そしてちょっと気になる所。

珍しくリリーフで今村君が中4日での登板。3イニングをゼロですか。まぁビハインドとは言え3イニングは長いなぁ。

勝手な想像ですが、本来は今井君なんだろうけど、先発調整に戻してる真っ最中、ってんで、多少今村君に無理させた、とかね。それか、今日かどこかで中止があるかもとか見込んでるのかな。台風15号日本横断コースみたいだし。

ただ、ここで3イニング投げさす事が、今日からの6連戦にどう響くか。「まだ若いから」ではなく、中止があろうがなかろうが、しっかりとケアしてやって欲しいものです。

とは言えその今村君も、ワンチャンスでひっくり返るであろう2点差をよくぞ維持してくれました。この「意気」が、恐らく近いうちに先発するであろう今井君に伝わればいいな。

ベストなのは、今村君が登板せんでもいいような展開(もちろん良い意味で)を作る事。まぁ12点取った翌日じゃけウニャムニャモゴモゴフガフガ。

しかし

ようやく頼りになる兄者が帰って来ましたな。というよりも、なんで前回永川兄者が降格させられたのか分からない。火を吹いたのんって、ファイターズ戦だけの話。抑えにサーフェイトがいてるだけに、そのままその前で投げさせて手も良かったんじゃないか、とすら。

まぁ首脳陣としては「やってもらわないと困る」選手の一人ダとは思いますが、余りにもアッサリあきらめ過ぎた感がなきにしもあらず。ただ、そのお陰で岸本君が覚醒した事を考えると、岸本フリークとしてはこれまた微妙な心境なんですが。


それと7回表。この時点で6点差もついてるのに、わざわざピッチャーを細かく継投させんといかん理由は何なんだろう。ツーアウトなんだし。こういう試合こそ堂々と、イニング毎でビシッビシッと切って行くべきなんじゃないかな、とも思いますよ。

つか、この謎を解く為に、シーズンオフに再放送よろしくお願いします(笑)。なんならサンテレビ「虎辞書なる」でやってくれたら一番いいんですが、まぁ有り得んでしょうね。

けど「虎辞書なる」でやるとなると、広○克実の胸くそ悪い解説を聞かんといかんハメになるので、それだけは何とか回避したいものですが。


しかし、かえすがえす無念だ(笑)


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.09.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/912-da10942f