こんな時になって3タテですかおめでたい。

もう、勝負すら満足にさせて貰えんような状況になってますね。昨日の得点経過なんか、何となくですが、遊ばれてるようにも見える。スワローズ先発の館山が、悠々と投げ切っただけに、余計にそう見えるんかも知れませんが、粛々と負けてしもうてますね。


スワローズの引き分けがどうのこうのと思った時期もありましたが、結局この3連戦で「チームとしての底力の差」をまざまざと見せつけられましたよ。

野村克也監督に始まって若松監督、そして現在の小川監督に繋がる中で「シーズン後半での戦い方」が、しっかりとフロとから何から、チームの中に浸透してるし、宮本慎也というベテランのお陰で、選手の間に浸透してる。これは絶対に練習で培えるもんじゃない。

カープにも、黄金時代のライオンズを知ってる豊田君とか、タクロー君とか「外部の『異』伝子」は組み込もうとはしてるけど、それを自チームに取り込むだけの能力がない。

もっと言えば、チーム首脳陣に、彼らを取り込むだけの技量があるかどうか。

しかも、コレから昇ろうかと言う時になって「不可解な監督交代」によって、大きく方向転換を余儀無くされてしまった。しかも、方向転換どころか迷走を始めてる。

9月に入って、と言うか残り40数試合になってから、カープはこれで2勝10敗、対するスワローズは10勝1敗。ムチが入ったとか、ラストスパートって生半可なもんじゃない。

かつて晩年の横綱千代の富士が見せた「ウルフスペシャル」。左上手投げを打つだけでなく、相手の首根っこを、半ば強引にねじ伏せてそのまま叩き付けるような感じ。

アレをこの三日間、スワローズに見せられた。そして、完膚なきまでに叩かれた。


それと

細かい話になるけど、スコアラーは対戦相手のデータはちゃんと取れてるか、そのデータは試合に生かされてるか、というか機能してるか、生かそうとしてるか?

今シーズン畠山に何発ホームラン食らってるよ。昨日の試合で8本目だよ。この3連戦全部で食らってるんだよ。「アホかとバカかと」のレベルどこの話じゃないわ完全に。

つか、試合前のミーティングで何やっとるんな。茶飲み話か。データを見る気がないんなら、いっその事ベンチにスコアラーなんか置くな。使えぬ監督・コーチも同罪だ。



「毎日切り替えてやっているんですけどね。今日はピッチャーが悪いカウントにしてしまうことが多かったですね。それから同じバッターに、3試合続けて同じ場所に打たれてしまうというのはね。ミーティングでもいろいろやっているんだけど、こちらの指導不足だと思います。申し訳ないと思います。」

(5連敗となったが?)痛いですね。ファンにも申し訳ないと思います。選手は一生懸命やってくれているんですけど、申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、応援してくれる人がいる限り、僕らは戦い続けなければいけないし、結果も出さなければいけないと思います」(スポーツナビ)



何つーか、殊勝な事を今になって言い出したけども、遅いよ。表沙汰にはならんけど、精神的に壊れてしまってる選手は既に出て来てる(ように見える)し、去年は実際に出した。
今日、テレビの解説をやってた人とか、もう最後はぼろぼろでしたからね。

とは言うものの

昨日の実況のRCC坂上アナをはじめ、マスコミ各社はこぞって「ここが踏ん張り所」とか「粘れ粘れ」とか言うてるけど、粘れてたらこの時期にこんな順位・成績じゃないって。恐らく野村謙二郎監督にしてみたら、踏ん張って踏ん張ってこうなんだろうけど。

そして野村謙二郎監督もいとも簡単に「切り換えていく」などと、山本浩二氏みたいな事をいうてるけども「切り替え方」は本当に分かってるのかな。コレが問題ですよ。

しかし、今年はなんか順位に関しては振り幅が割と大きいですね。

シーズン序盤、一気に上まで昇りつめた。そして交流戦であっという間に転落。8月末に「首位まで3.5ゲーム差」とか行きながらも、それが今では13ゲーム差。

やはり、踏ん張り所を間違えたと言うか、踏ん張った実績を持ってないのは残念。

よそのチームがムチを入れ出した途端に一気に転落してしまいましたからね。まぁ、ここに至るまでの手腕も色々と問いたい問い詰めたい小一時間問い詰めたいわけですが。

あーあもう。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.09.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/908-8bfd8760