注意:勢いだけで書いてます。乱文御容赦を。

A:昨日も、また西村にやられましたね?
B:そう。昨日も抑えられましたよアホでしょ。


「しじ(ピー)習慣」に例えるとこんな感じになるんでしょうね。そらそうですよ。今年になって約40イニング対戦してる西村健太郎から5点しか取れとらんのやし。

ホントアホですよ。

左バッターばっかり並べて、攻略したつもりでいてるから、いつまで経っても成長せんのですよ。「首脳陣の仕事の大半は試合前」と誰かが言うてたような気がするけど、うちの首脳陣って、コレを完全に勘違いしてやせんか。

いろんなデータを並べて、綿密に下調べをして、の昨日のスターティングオーダーならまだ分からんでもない。けど、それが全く見えない。ぶっちゃけ、ピッチャーを予想して、それに見合った「利き手」の選手を出して来て、1番と4番以外に並べてるだけ。

根拠があるんかどうかすら分からないし、見えて来ない。データなんか調べたらナンボでも出て来るのに。いっそ試合前に「今日のスタメンの根拠」でも説明してくれませんかね。

つか、普通10安打もすれば3点か4点くらいは取れてて当たり前。まぁもっともチーム状態が当たり前じゃないから無得点で終わってるんだとは思いますが。

2回表みたいに、ピッチャーに打順が廻ってしもうたとか、致し方ない所は幾らかあるだろうけど「そこまでに」何とかせないかんのは当然のこと。

8回の攻撃ももったいない。バーデンに代走の天谷君を送っても、何もせんのやし。ただ漠然と「代わりに走る人」くらいにしか思ってない。「打者に奮起を」とか思ってランナーを動かさんのやろうけど、こんな場面で毎度毎度打ててたら、ぶっちぎりで勝てとるって。


それと、昨日の試合のスタメンに中東君の名前があったけど、あんな打順で本当に中東君の「機動力」が生かす事が出来ただろうか、つくづく疑問に思いますよ。どんだけ足が速くても、その前が「詰まってたら」走れるもんも走れんだろう。

キムショーみたいに、打つ方で成果が挙がっている選手ならともかく、ただ左右病で並べただけ、みたいな状態の選手ではなお一層、一本のヒット、一つのフォアボールをしっかり生かせる打順においてやるべき、生かす策を考えるべきじゃないかな、と思います。

さらに不可解なのは、そこまで3打数2安打の中東君に、「ピッチャーが山口だから」というだけで代打を出してしまった事。結果的には、転移は繋がらんかったけど、赤松君がひットを打って結果オーライになった。けど、結局中東君の足を生かす場面はないまんま。

宝の持ち腐れとはこの事だ。俊足野手に俊足野手の代打を出してどうするんだ。これでどうやって「選手の個性」を存分に使った、生かした野球が出来るのかっちゅうねん。

足を生かす為に塁に出る、塁に出る為に何をするかって、打つだけじゃない、選球眼を養うのも手だし、ただただひたすら粘りに粘るのも手だ。けどこの監督さんの場合、左ピッチャーには右の代打を出して「ただ漠然と打たすだけ」。考えも何もない。

言いたくはないですが

一軍打撃コーチが「左右病」で育って来たから、こんな打撃になるのは至極当然ですよ。それがちょっとでも外れてしもうたらもうお手上げ。こんなんで攻略もクソもあるか。


これで西村健太郎対カープの対戦成績は9試合4勝0敗、失点5の上に自責点は2。ええピッチャー、と言い切ったらそれで話は終わるけど、この一ヶ月ちょっとの間に、昨日を含めて4回も当たってるのに、無策にも「ほど」っちゅうもんがあろうが。

2点は取れてますよ2点は。けど、次の1点を取る努力をしとらんから、ノックアウトも出来んし、黒星も付けれん。この間一体首脳陣は何をやっとるのか小一時間問い詰めたい。もうあっちは完全に「カモ」と思ってますよ。何の工夫もないんやし。

そもそも進歩どころか「退化」してしもうとるやないか。


結局負けてしもうて借金は5に逆戻り。借金返済すらままならんのに「優勝」だの「Aクラス」だのは、おこがましくてとても口に出せませんよ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/901-3acae99a