今週の6試合は復刻ユニの試合になってますが。

この企画に、カープ50周年の時みたいに「OB始球式」は絡められんかったかな、と今さらながら思います。この手の「復刻ユニ企画」って、ドコが最初に始めたんですかね。

まぁこのユニフォーム自体、10年程やったので、その当時に現役やったOBの方を6人選出しようと思ったら、出来ん事はないと思うんですけどね。

池谷さんに浩二さん、金城さんに金石さん、川口さんに北別府さん、木下さんやら長内さんとか。都合が悪かったら大野コーチが投げてもええと思うし(アカンのかな)。

けど一番やって欲しいのは江夏さんですかね。いろんな意味で(笑)。

で、昨日の先発篠田君。このユニでの背番号14っちゅうたら、故津田恒美さんのイメージが強烈ですが、「14」であればもう1人、外木場さんの名前が出て来ます。

今日の篠田君のピッチングは、外木場さんですかね。さすがに3安打されたんで、ノーヒットノーランとか、パーフェクトには程遠いですが。ヒーローインタビューでは「何とか津田さんにつなげよう」と必死やったみたいですが、アレはナンボ何でも無理だわ(笑)。

けど篠田君、亡くなった人には、どない頑張っても永遠に追いつけんよ。

とは言え、最初から最後までヒリヒリするような試合。もちろん、こんな試合を作ったのは篠田君だけじゃない。ジャイアンツ澤村も、負けず劣らずの素晴らしいピッチング。両チーム合わせて17回の攻撃。ランナーが2人たまったのはたった3回、ですからね。

んで、ちょっとだけジャイアンツの話。

こんな事を言うのもアレですが、長野も澤村もいろいろ「ごねて」ジャイアンツに入るだけの実力を持ってますよ。長野は(曲がりなりにも)首位打者、澤村は新人王候補一番手。

しかもこの2人、2年目と1年目とは言うものの、グラウンド上での所作の落ち着きが半端ない。まぁごねて入った以上(笑)、中途半端な事は出来ん、と言う覚悟すら見えます。

素質やらで新人を選択するのも良いですが、周囲に与える影響等を考えると「こう言うキャラクター」の選手も起爆剤として必要なのかな、とも思います。

やたらめったら「競争」と言う言葉に逃げてしまって、いつまで経ってもレギュラーを決めかねてるような今のカープの現状からすると、ホント羨ましい限りです。


そしてカープ

やっぱり打線の勢いは「木曜日まで」でした(笑)。1回裏に幸先良く先制出来たのはええけど、あとはほとんど音なし状態。6回裏に嶋君がヒットで出た時に、赤松君なり中東君なりの代走を送っといたら、もうちょっと最終回は楽に見れたじゃろ、と言う結果論。

ただその打線の勢い不足を補って余りあったのが篠田君。ストレート云々とかより、時折投げてた大きなカーブとスライダー。アレにジャイアンツ打線が翻弄されてたような感じ。

7回表の先頭バッター・藤村の見逃し三振後のオーバーアクションを見てると、わしが投げたわけじゃないのに、なんかしらニヤニヤしてしまいます。空振り三振は見てて気持ちいいですが、見逃し三振は「してやったり感」があって、これまたゾクゾクしますな。

けど、今日かけてたあの「復刻ユニバージョン眼鏡」が、色合いからしてどう見ても「水中眼鏡」にしか見えんかったのはここだけの話であります。アレとか、野手用のサングラスもあの色でしたね。ユニとセットで売り出したら良かったのに(笑)。

さらには、その篠田君と同じくらい凄かったのが、もう「守護神」とか「大魔神」とか、ありふれた表現を超越して「(見かけも含めて)鬼神」にすら見えるサーフェイト。
2011082601.jpg
タクロー君の誕生日に何とも可愛らしいケーキを送り(多分「バッケンモーツァルト」製のケーキやとは思いますが)、試合を締めた後、満面の笑みをそのヒゲ面に浮かべる人が、

kari/2011082603.jpg
試合終了直後はこれだけ「吠える」んですからね。

登板自体は日曜日のドラゴンズ戦以来。ちょっと間隔が開いて、立ち上がりはちょっと方が軽かったんかなぁ、とか思ったんですが(それでも初球は155km/h)。むしろ先頭の阿部慎之助へのフォアボールは「肩慣らしじゃけ」と言わんばかりのピッチング。

豪腕とか鉄腕とか、色々表現はあると思いますが、彼の場合は何て言うたらいいですかね。何となくケダモノっぽいので「獣腕(もうナニがナニやら)」とでも言いますか(笑)。

こでれで32セーブ。今シーズン、カープで「セーブ」を挙げたのはサーフェイトだけ。これは2007年に永川君が「シーズン通算」で31セーブ総取りして以来。

そう言えば、マウンドに立ってバッターに相対する前に、よく帽子の中(?)を見てますが、ナニが書いてあるんですかね。それがちょっと気になります(笑)。


そしてとうとう、と言うか何と言うか、数字上のお遊び的ではありますが、順位表は首位から5位までが4.5ゲーム差。勝ち星は3チームが47勝、2チームが46勝。こう見るとつくづく、スワローズは「引き分け」をうまい事作ってるな、と思いますが。

さらに今日は、今シーズン何度目かの5割の壁への挑戦。しかし仮に今日、突破したら次は「夢の貯金」つまりジャイアンツに3タテして欲しいと思うのがファンの勝手な見方。

こんな事言うてるからあっさりと跳ね返されるんですな(笑)。

しかし

2011082604.jpg
「セミ」も見に来たくなるいい試合。それこそ「夏の終わりの冥土の土産」(笑)。

今年の夏は、まだ続きそうですな。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.08.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/880-04273ae1