さて、毎年好例の「あじさいスタジアム北神戸ナイトゲーム」第2戦、であります。
P1240366.jpg

そう言えば昨年、一部であじさいスタジアムからの撤退が囁かれてましたが、やっぱりここの球場でのナイトゲームは、なくてはならんもんですよ。日が暮れたら蒸し暑さもほとんどなく、野球を観戦するには最高の環境だと思います。

P1240367.jpg
ユルいなァ(笑)。

P1240323.jpg
しかし、幾度となく通った道ですが、やっぱりナンボかは整備して欲しいなぁ。

たまには練習風景。
P1240326.jpg
中村亘祐君に何やらアドバイスする内田コーチ。

P1240328.jpg
バッティング練習終了後は両チーム総出でボールの後片付け。一軍で実績のある廣瀬君もそれは同じ事。今は事情はどうあれ「二軍の選手」ですからね。

P1240329.jpg
メンバー表交換。わりとどうでもいい事ではありますが、間近でコレを見ると「あぁ、もうすぐ試合が始まるんやな」という緊張感に襲われます。



両チームスターティングラインナップ
広島東洋カープ
1.(中)鈴木
2.(三)バーデン
3.(左)會澤
4.(右)廣瀬
5.(一)岩本
6.(指)磯村
7.(捕)白濱
8.(遊)堂林
9.(二)申
(投)ソリアーノ

アッと驚く「2番・バーデン」。2番打者としての適性を見るのか、打席数をこなす為なのか、何か意味はあったのかは分かりません。

それ以上に謎なのが「レフト・會澤」。打てる右の野手と言う事で上村君がいろいろ使われてましたが、その上村君がキャッチャーに戻りつつある中、そして今度は會澤君の外野。

オリックスバファローズ
1.(三)野中
2.(二)金子圭
3.(中)下山
4.(右)カラバイヨ
5.(指)竹原
6.(一)高島
7.(左)丹羽
8.(捕)前田大
9.(遊)三ツ俣
(投)マクレーン

昨年、群馬ダイヤモンドペガサスから突然の入団で話題になったカラバイヨですが、先日育成選手から支配下登録されたバイエスタスの陰に隠れ、すっかり陰が薄くなって来たように思いますがどうでしょう。

打者成績

回表
鈴木    2−2から5球目を打ってレフト線二塁打
バーデン  0−1から球目を打ってセカンドゴロ
會澤    2−0から3球目を打ってレフト前タイムリーヒット
オリックス0−1広島
廣瀬    初球を打ってレフトオーバーシングルヒット
岩本    0−2から3球目を空振り三振
磯村    0−2から3球目を打ってセンターフライ

回裏
野中    初球を打ってサードゴロ
金子圭   2−0から3球目を打ってレフト線二塁打
下山    初球を打ってショートゴロ
カラバイヨ3−2から8球目を選んで四球と暴投
竹原    1−0から2球目を打ってピッチャーゴロ

回表
白濱    1−2から4球目を打ってレフト前ヒット
堂林    初球をサード前送りバント
申     3−2から6球目を打ってピッチャーゴロ
鈴木    2−1から4球目を打ってサードゴロ

回裏
高島    2−2から5球目を打ってセカンドゴロ
丹羽    1−1から3球目を打ってセンター前ヒット
次打者前田大の4球目にパスボール(多分)。丹羽はセカンドへ。
前田大   3−1から5球目を打ってサードゴロ
三ツ俣   1−0から2球目を打ってセカンドゴロ

回表
バーデン  0−1から2球目を打ってサードゴロ
會澤    0−1から2球目を打ってレフト前ヒット
廣瀬    1−1から3球目を打ってライトフライ
岩本    初球を打ってライト前ヒット
磯村    初球を打ってサードゴロエラー
白濱    0−1から球目を打ってサードゴロ

回裏
野中    3−2から6球目を打ってセカンドフライ
金子圭   2−1から球目を打ってサードゴロ
下山    0−1から球目を打ってサードゴロ

回表
堂林    2−2から6球目を見逃し三振
申     1−1から3球目を打ってライトフライ
鈴木    1−0から球目を打ってショートゴロ

回裏
カラバイヨ 初球を打ってセンターオーバー第3号ソロホームラン
オリックス1−1広島
竹原    1−1から3球目を打ってセンターフライ
高島    3−0から4球目を選んでフォアボール
丹羽    2−2から5球目を打ってレフト前ヒット
前田大   初球を打ってレフトフライ
三ツ俣   3−1から5球目を打ってサードゴロセカンド封殺

回表
バーデン−から球目を打ってライトフライ
會澤    3−2から10球目を選んでフォアボール
廣瀬    1−0から2球目を打ってサードゴロダブルプレイ

回裏
野中    0−1から2球目を打ってライトフライ
金子圭   3−1から球目を選んでフォアボール
次打者下山の5球目に金子圭盗塁失敗
下山    3−2から6球目を選んでフォアボール
下山の代走に宮崎
カラバイヨ 2−2から5球目を打ってセンターフライ

P1240368.jpg
たまにはこのタイミングでブルペン観察。とは言うものの、誰も投げてませんでした。

回表
バファローズ選手交代
代走宮崎→センター
キャッチャー前田大→横山
ピッチャーマクレーン→小島

岩本    2−2から6球目を空振り三振
磯村    1−1から3球目を打ってレフトへ第1号ソロホームラン!

写真はないんですが、よく飛びました。この分だと、打つ方に関してだけ、ではありますが、下手したら先輩の堂林君よりも、一軍デビューは早いかも知れませんです。

オリックス1−2広島
白濱    3−2から7球目を打ってファーストゴロ
P1240373.jpg
抗議に出る山崎監督。

ファーストにかなり強い打球が飛んで、一旦ファーストの高島が後ろにこぼしたんですよね。あわてて拾ってベースカバーのピッチャー小島に送って、判定は微妙ながらもアウト。こういうのんって、スローで見たらたいがいセーフなんですよね(笑)。

堂林    1−2から球目を空振り三振

回裏
カープ選手交代
サードバーデン→中谷

竹原    初球を打ってショート強襲内野安打
打球が左中間フェンス手前に転がる間に竹原はセカンドへ

堂林君のほぼ真正面への打球。イレギュラーした、と言う程ではないにしろ、大きく後方に弾いてしまいました。慣れぬポジションとは言え、せめて前に落とすくらいの気持ちは欲しかったです。この後ちゃっかり1失点、ですからね。

高島    3−2から6球目を打ってライト前ヒット
丹羽    初球を打ってライトへ犠牲フライ
オリックス2−2広島
横山    初球を打ってレフト前ヒット

「レフト前ヒット」とありますが、実際は「堂林君が取れなかった」と書いた方が正確。何を思ったか、完全に逆を突かれたような動き。せめてダイビングして止めれんかったか。

つーか、先の内野安打の一件も含め、いっぺん内野の全ポジションに着かせて、徹底的にノックをした方がいいんではないでしょうかね。

三ツ俣   2−2から6球目を空振り三振
野中    1−1から球目を打ってライトフライ

この回で降板した先発のソリアーノ。カラバイヨに一発を食らってから明らかにピッチングのリズムが変わりました。テンポが上がりつつあったんですが、足元を掬われたような感じ。まぁ外国人選手の初球に、あまりにも安易なボールを投げたのもアレですけどね。

それ以上に気になったのが、なかなか低めのボールを取ってくれない芦原主審にもイライラしてたようにも見えました。とは言うもののこの芦原主審、とにかく低めの球を取ってくれないんです。いやホントに困ったもんですわ(笑)。

回表
バファローズ選手交代
ピッチャー小島→甲斐

代打庄司  3−2から7球目を選んでフォアボール
鈴木    3−0から4球目を選んでフォアボール
中谷    初球をピッチャー前送りバント
會澤    2−0から3球目を打ってセカンドゴロ
P1240381.jpg
グリップかどっかに当たりました。しかしこう見ると完全にデッドボール(笑)。

上村    3−1から5球目を打ってセンターフライ

回裏
カープ選手交代
代打庄司→セカンド
ピッチャーソリアーノ→弦本

金子圭   3−1から5球目を選んでフォアボール
宮崎    1−0から2球目をピッチャー前送りバント
カラバイヨ 3−2から7球目を選んでフォアボール

カープ選手交代
ピッチャー弦本→相澤

代打坪井  2−2から5球目を空振り三振
高島    3−2から6球目を空振り三振

回表
バファローズ選手交代
ピッチャー甲斐→前田祐二

岩本    2−2から5球目を打ってレフト線シングルヒット
磯村    初球をキャッチャー前送りバント
白濱    1−2から6球目を空振り三振
堂林    1−2から5球目にデッドボール
庄司    初球を打ってセカンド強襲内野安打
セカンドランナー岩本がサードオーバーランでホームタッチアウト

完全に謎また不可解だったのがこのプレイ。セカンド金子圭が打球を後方に弾いて、岩本君は一気にサードを回ってホームへ、と書きたい所ですが、実際金子圭が弾いたのは、ほんの数メートル後方。金子圭自身が拾いに行ってたくらいですからね。

それを見てサードの山田コーチが両手を大きく広げて止めてたんですが、岩本君はまるでそれが見えてないたかのようにホーム突入。三本間のややホームよりでタッチアウト。

自分の判断だったとは思いますが、それにしては打球を一切見てなかった。これは先の守備でのミスを犯した堂林君とともに、試合後は「説教部屋」だったでしょう。


回裏
丹羽    3−2から6球目を空振り三振
横山    初球を打ってレフトフライ
三ツ俣   3−2から6球目を空振り三振

回表
バファローズ選手交代
レフト丹羽→センター深江
センター宮崎→レフト
ピッチャー前田祐二→小林雅英

代打末永  3−1から球5目を選んでフォアボール
中谷    1−1から3球目をピッチャー前送りバント
會澤    0−2から3球目を空振り三振
上村    初球を打ってショートライナー

回裏
カープ選手交代
代打末永→センター

野中    2−2から5球目を打ってファーストフライ
金子圭   1−2から5球目を打ってセカンドゴロ
宮崎    2−2から8球目を空振り三振

P1240391.jpg
今日の収穫、と言うか何と言うか、一番目立ったのが相澤君。投手リレーの予定がどうなってたのかは分かりません。おそらく8回からの投入やったんかも知れませんが、弦本君のあとを継いでの2回3分の2無失点5奪三振は、もうただただ立派の一言。

ストレートがキャッチャーミットに収まる時の音が、以前よりも重々しくなってたような気がしますが、観戦された皆さんいかがだったでしょう。

去年よりも下半身がどっしりしてるし、確実に球速も増してます。左の「リリーフ」が青木君しかいてない今、彼の負担を軽減させる為にも、いっぺん上で使ってみてはいかがでしょう。ただそうなると問題は「誰を落とすか」ですが。

P1240399.jpg
試合終了!居並ぶ「ドヤ顔(笑)」。

P1240400.jpg
まぁとりあえずは「負けなかった」と言う事で。


若鯉 100 001 000 2
子牛 000 101 000 2


投手成績
広島東洋カープ
      回    打  球 被 四 三 失 自
           者  数 安 死 振 点 責
ソリアーノ 6   28 95 7 4 1 2 2    
弦本    0.1  3 14 0 2 0 0 0    
相澤    2.2  8  0 0 0 0 0 0

オリックスバファローズ
      回    打  球 被 四 三 失 自
           者  数 安 死 振 点 責
マクレーン 5   22 71 6 1 2 1 1 
小島    1    4 20 1 0 2 1 1          
甲斐    1    5 20 0 2 0 0 0               
前田祐   1    5 18 2 1 1 0 0               
元防波堤  1    4 12 0 1 1 0 0              


で、結局この連戦は「ブライアン・バーデンお披露目パーティ」だったわけですが(笑)。

今日は比較的、サードに飛ぶ打球が多かったですが、そのいずれも、ものすごく柔らかいグラブ裁きで至極無難にこなしてました。サードの他にショートやセカンドも出来る、と言うふれこみですが、どうせならショート・セカンドでの守備も見たかったです。

あとは「気候への慣れ」ですかね。土曜日曜は比較的涼しい「山の上」での試合でしたが「下界」に降りるとまだまだ暑い日々が続いてます。コレを克服する事、でしょう。

それと、廣瀬君の一群復帰も待たれてますが、まだ守備の面で、思いきってダッシュしたりバックホームをしたり、と言うシーンがなかったので、この辺がカギになるかなぁ、と勝手に思ってます。土曜も日曜も、途中交替した所を見ると、まだ若干不安があるのかな。

何にしろ、色々見所のあったナイトゲーム連戦でした。一軍ではそうそうお目にかかれない「1イニング2ホームラン」も見れたし。2試合でホームランが3本も見れたし(笑)。


次はなごやかな試合が見たいです(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.08.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/845-4b31debc