今日の試合、野暮用が出来たので、試合全部は帰ってから録画をゆっくり見てました。

オールスター戦って、他のチームの選手との無駄話や情報交換の場とかになって、微笑ましいシーンがテレビに写し出されたりしてますが、そんな裏でこんな事ががあったそうです。



西武・牧田が山崎・小久保にシメられたワケ

西武のドラフト2位ルーキーで球宴初出場を果たしたサブマリン、牧田和久投手(26)が第1戦のベンチ裏で、プロ25年目の楽天・山崎武司内野手(42)と18年目のソフトバンク・小久保裕紀内野手(39)の大御所2人から説教された。

山崎は5月の対戦で、牧田のクイックモーションで三振を喫した際、「1年目で何をやっているんだ。100年早ぇ!」と、新人離れした狡猾さが勝負上のマナー違反だとしてぶち切れた経緯がある。

この日、山崎が牧田を捕まえて話し込んでいると、通りかかった小久保が『あ、それ、おれもやられた』と加わった。

「ルール上は問題なくても新人には正々堂々と勝負してほしい。大ベテラン2人相手というのはやり過ぎ。やるなら、井口(36、ロッテ)までにしておけと言ったよ」とジョーク混じりに明かした。真剣勝負の世界にも、長幼の礼はあるというのが山崎の論理だ。

他球団の先輩に思いがけず締められた牧田。もちろん、投球術が生命線だけに、その説教をそのまま聞き入れるとは限らない。



夕刊フジやから話半分、かも知れません(笑)。どんな状況で話してたのかは分かりませんが、これがほんまやったら、なんか情けないと言うかなんと言うか。

かつて清原和博が、T藤川に向かって「キンタマついとんのか」と「脅した」事がありますが、こんなんって、絶対に許される行為じゃない。そもそも、オールスタのベンチ裏で恫喝する事自体が「正々堂々」とは程遠い行為だし。

どんな選手が出て来ようとも、対応出来るようにしておくのが「プロ」てなもんじゃないんですかね。クイックモーションに対応出来んのなら、試合に出なくてもいいですよ。

※ちなみにコレを書いてる人は、この二人には投票してません。


で、今日の試合って、まるっきりL中村剛也のための試合、でしたな。

いい加減「おかわり君」は止めた方がいいとは思いますが(笑)、ほんと、飛距離以上に、腰の座ったどっしりとしたフォーム。セントラル・リーグで、アレだけしっかりしたフォームの日本人バッターってのは、見てて気持ちいいし、うらやましいですよ。

何度も持ち出しますが、東出君から強い打球が出るようになったのも、低反発球対策だと思いますよ。いわゆる「走り打ち」みたいなのを狙っても、飛ばんもんは飛ばん。ならば、悔いのないように全力で振ろう、みたいなのがあるんじゃないかなぁ、などと。

昨日の試合でもそうですが、今年のボール、生半可なスイングでは絶対に長打は生まれないし、勝てない。足でツーベース、スリーベースヒットはどうにかなるけども、ランニングホームランはそうそう出ない。ぶれないスイングってのはホント、大事だと思います。

しかし

サードコーチってホント難しいですね。止めれば「ナニやっとんじゃヴォケナス!」と罵られ、手を回してアウトなら「壊れた信号機」と揶揄される。大変ですよ。

つーか9回表、サードコーチャーズボックスに立ってたのが「野手」なら、将来の道は半分立たれたようなもんです。なんにしろピッチャーで良かったね内海君(笑)。

むしろアソコは、思いっきり回して、ホームでタッチアウトの方が、場が盛り上がって良かったとは思いますがどうでしょう。まぁチームメイトの怪我を心配した、っちゅうことにしておきましょうかね。

試合に出てないのにアレだけ目立ったやつもそういてないでしょうね。だいだいオールスターのコーチャーズボックスは「顔見世」みたいなもんですからね。「一番美味しい所持って行きやがって」と思ってる選手がどれくらいいてる事やら。

今ジャイアンツでは、東野がストッパーをやってますが、いっその事内海にやらせてみてもいいんじゃないでしょうか。絶対にランナーはホームに帰って来れませんぜ(笑)。


けど、昨日も思いましたが、今回のオールスター戦、移動がきついですね。ナイトゲームをやって翌日は14:00から。試合終了後即移動、そして12:30試合開始。

日曜日が終わったら、もう火曜日からペナントレース再開。どうなんだい。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.07.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/834-df0c125c