21:30過ぎに帰って来て、やれやれと思ってテレビをつけたらまだ試合をやってました。あんな不便な所であんな遅うまで試合やってんじゃねーよ(笑)。

とりあえずしまなみ球場って所ほど「行きはよいよい帰りは怖い」みたいな球場もそうそうないですからね。いっぺん、オープン戦を見に行った事があるんですが、帰りのバスで。しまなみ球場のある「びんご運動公園」を出るだけでも難儀しましたからね(笑)。


で、今日の先発ピッチャーは福井君。わしは恭平君と読んでたんですけどね。

確かに良いピッチャーを短い間隔で投げさすのも有りだとは思いますが。個人的には、そんなに慌ててピッチャーを使っても1勝は1勝。連戦が続くのであれば、先発もリリーフも、なおさら余裕を持って使いたい、と思ってるわけでして。

別に、バリントンが投げて勝ったからってんで2勝になるわけじゃなし。選手個人個人が与えられた仕事をしっかりこなせば、自然と結果はついて来るもんですからね。


しかし…選手やコーチだけやなしに、解説者にも年下が増えたなぁ(笑)


で、試合。

1回裏から怒濤の攻撃。解説の野村弘樹は「逆方向を意識したバッティングがいい!」とかいうてましたが、それでもやっぱり栗原君は、ボールが飛ばんようになってるなぁ。去年までは、あの高さのボールなら軽々とサク越え出来てたはず。どっかおかしいね。

この回、良かったのが、5番に入った松山君のタイムリー『ツーベース』ヒット。アレくらいのフォロースルーを栗原君が出来てたら、ホームランになったかも、と思いますよ。

それ以上に良かったのが、松山君の走塁。タイムリーツーベースとは言え、打球はフェンスに届いてない。以前の松山君なら、セカンドでタッチアウトになってた、かも(笑)。

そしてその後の小窪君のタイムリーヒットでセカンドから一挙生還。ぶっちゃけこの初回、4点のうち2点は、松山君の「走塁」でとった点のように思います。

それだけ松山君も張り切ってるんですよ。数字は褒められたもんじゃないとは思いますが。その次の打席でも、良い打球音でしたよ。今日の試合を終わって打率.224。けどこの.224は、松山君にとってはめちゃめちゃ濃密な.224だと思いますよ。

そらぁ、昇格して来ていきなり3割とか打てるわけないんだから。そんな天才バッターなんかカープにはおらんのやから。我慢して我慢して使っていくべきですよ。「美味しい所を持っていける選手」は使うべきなんですよ。とは言え、見切りは必要かと思いますが。

6回のダイビングキャッチもその「張り切り」の表れですよ。言うたら本人には悪いですが「まさか飛ぶとは」(笑)。しかしベイスターズ村田。とかく対カープ戦になると、ヒットやらホームランを1本損した、みたいな事がようありますね(笑)。

もしかして、今更ながら「佐々岡の呪い」か(笑)。

今日の試合、ヒーローインタビューがなかったからアレですが、もしあったとしたら、わしは松山君やったんじゃないかと思います。


しかし、10球で4点ってすごいっすね。しかしカープらしいと言えばらしいのは「コレで終わってしまう事(笑)」。まぁ今日はその後、2点はとれましたけど。ただ、2回から4回まで、全くの音無しと言うのはちょっといただけませんな。

先日、高校野球兵庫県大会で「71対0」という試合がありましたが、その試合の2回裏の得点がなぜか「2」なんですよね。気を抜いたのか遠慮したのかは分かりませんが、その次のイニングがまた18点。監督から「手を抜いちゃ失礼だ」とか言われたんでしょう。

プロ野球でもそれくらいはやらんとあきませんよ。まぁプロの場合では「叩ける時は徹底的に叩いておけ」の意味合いも含まれて来ると思います。特に今日のベイスターズの先発・小林太がルーキーの年には、カープは結構泣かされましたからね(笑)。

とにかく皆しっかりとスイングは出来てるんですよ。変に小賢しく当てようとしてない。先頭の東出君の当たりなんか、とんでもない当たりですよ。結構飛びましたけどね。

どうせホームランバッターなんざいてないんだし、みんな、ヒットの延長がホームラン、みたいな人ばっかりなんだから、とにかく、捉えられるボールに対してしっかりスイングしていく。現状打開にはコレしかないと思いますよ。


して、問題の天谷君。今日はダイビングキャッチひとつ、やってました。

もうコレで最後にしようとは思いますが、野村弘樹は「東京ドームは屋根が白いので、一瞬でも目を切っちゃうとボールが消えてしまう」とよう分からんフォローをしてましたが、それって「野球の基本」を忘れてると思います。試合に出てる限りは問答無用ですよ。

で、「これ」を徹底させる為に、天谷君に「この事件」忘れさせない為に、今再び…。

野球の基本:ボールから目を離さないTシャツ

ええもうね「何ちゃら記念」みたいなごく当たり前のTシャツなんかより、コレくらい、と言うか、自虐を込めた、捻り倒したアレでもない限り、買う気はしませんよ。


さぁ、広島東洋カープ商品販売部の皆さん、ここが男の魅せどころ(笑)。


で、負けたとは言え、ベイスターズの策に感心。1点差に追い縋って、さらにノーアウトランナーセカンドで金城に送りバントの指示。次のバッターは村田。

賛否両論あるとは思いますが、この時点で試合時間が3時間半を越えた、と言う事を考えると、わしが「あり」だと思います。尾花監督の意図が「引き分け狙い」だったのか「まず同点」だったのかは分かりませんが、また、打順が金城だろうが誰だろうが、ね。

けど、試合後の村田の表情が怖かったな、明日あたりそれこそ「逆襲」が来るかも。

今日は「打ち勝ち」ましたが、その裏では、しかり送る場面では送るべき。そうそうヒットなんか続かないんだから。チーム打率なんか.260あれば上々なんだし。


とにかく、9連戦初戦を取れました。次の試合も、頑張りましょう。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.07.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/818-ce252485