今日のテレビ中継はいつも通りJ SPORTS。それはそれでいいんですが、なぜか放送開始時刻になってもなかなか球場の絵に移りませんでした。恐らく地上波RCCとの兼ね合いやと思うんですが、放送事故か何かかと思いましたよ。

交流戦前かそこらには「地元機材のトラブルで」みたいな事もありましたからね。

今日の実況アナウンサーは「名前は一柳、喋りは二流」。ここ暫くRCCの中継というたら長谷川アナやったような気もします。だいぶ落ち着いてて聞いてられましたね。まぁこの辺りはまた機会があれば。


さて試合。今日も立ち上がりからヨレヨレの試合展開でしたなぁ。恭平君がぴりっとせんかったと言うか何と言うか。明らかに前回の初登板以上に腕が振れてなかったですね。

まぁ正直、恭平君にはコントロールは期待してません(笑)。期待とらん云々の前に、ストレートがいいのなら、まずは徹底的に全力でストレートで押すべきですよ。それで打たれてもいいやん。コントロールにばっかりに気を使い過ぎて、ダメになったピッチャーは掃いて捨てるほどいてます。恭平君だけはそうなって欲しくないんですけどね。

ここはひとつ、ファーム交流戦でジャイアンツを完封した時に、バッテリーを組んでた上村君の昇格をお願いしたいんですけが。山崎二軍監督や小林幹英投手コーチからの報告も行ってるとは思いますが、やっぱり実際に受けてた人でないと分からん事もありますからね。

恐らく今日の不甲斐ないピッチングで、二軍降格が告げられるかも知れませんが、わしとしてはもう一回、チャンスをやってもいいとすら思ってます。いっその事、もうサインなんか出さず、キャッチャーはど真ん中にだけ構えておいて、ストレートだけ投げさすとかね。いらん事考えさすから手が縮こまってしまうんですよ。

今年限りの外国人投手ならともかく、コレから先、何年も投げてもらわんといかんピッチャー。「即戦力」で獲ったんだろうけども、所詮それは獲得する為の「建前」。

先発ローテーション候補として、二軍でずっと投げさせて来たのはええ事やと思います。結果も残しました。そこを見込んで一群昇格を決めたんだとは思いますが、昇格させたからには、長いイニングを投げさせて、実際にナニがどう通用して、ドコがどう通用しないのか、自分の肌で感じさせない事には、いつまで経っても成長しませんよ。


しかしその後のピッチャーは昨日同様、よう抑えてくれました。ただ残念な事にうちの首脳陣のそれこそ脳内に「ビハインドで投げさせるべきピッチャー」という概念が全くない。

これもコーチ経験、指揮経験の無さ。昨年のシーズンを無かった事にしてる。毎試合毎試合逆転出来るわけでもないのに、全試合勝ちに行ってる。その結果が、交流戦明け以降、大相撲用語で言う、白星と黒星が交互に来る「ヌケヌケ」ですよ。

個人差はあるかも知れませんが「諦めない姿勢」を見せるのは試合中盤からでも構わない。今日の試合であれば、2点差に追い詰めた5回以降でも構わない。

1勝1敗で来たから、今日は勝ちたくなる気持ちも分からんでもない。けど、その気持ちの為に、好調な選手を潰しかねない起用には疑問を感じます。

その前に、昨日も今日も、先発ピッチャーがしっかりしてもらわん事にはね。

2回表のバッターホワイトセルの打球、レフトの天谷君がダイレクトでバックホームをしました。アレって、もうピッチャーは2番手のソリアーノに変わってた上に、サードランナーはピッチャーの増淵、打球も浅かったからタッチアップはせんかった。

ラジオでは解説の建さんが「ランナーが走って無かったし、もっと低い球を」みたいな事を言うてました。それはそれで分かるけど、アレは天谷君の、先発投手陣に対する「無言の檄」に見えたんですが。まぁ「お前らも打てよ」て言われたらどうしようも無いですが。

しかしねぇ…。7回表スワローズの攻撃に「カープ野球」を見たんですが、さすがに勝てませんね。明らかに青木君は疲れてますよ。オールスター休みもあるんやから、一度体も心もリフレッシュさせる意味でも、ニ軍に下げててみてはどうでしょう。左腕不足がアレですが、ソリアーノにメドが何とか立って来たし。

まぁ野村謙二郎監督にそんな柔軟性があったら、昨年からもっといい成績を挙げれたでしょうし、建さんも「心身共に疲れた」といって引退はせんかったでしょうけどね。


そして、空気を読めん監督の、試合後のコメントは以下の通り。



広島・野村監督、中村恭の乱調に「空気にのまれやすい選手が多い」
スポーツナビ

広島は3日、東京ヤクルトに3対7で敗れた。先発のルーキー・中村恭平が投手の増渕竜義に押し出し四球を与えるなどの乱調で2回途中5失点で降板。打線は東出輝裕が5打数4安打1打点と活躍したが、3得点に抑えられた。

以下は野村謙二郎監督のコメント。
「(先発の不調が)2試合はやっぱり困るよね。キツいと思います。良い形で逆転しただけにね。これからメンバー的にも、入れ替えを考えなければいけないと思います。

(中村は平常心ではない感じだったが?)空気にのまれやすい選手が多いと思います。選手は歓声も受けるけど、叱咤激励も受けなければならないわけで、プロとして戦っているんだから、そこに打ち勝っていかなければならないと思います」



ぼやきが不評かと思ったら、今度は読書感想文ですかおめでたい。広島テレビにいた頃にやってたコラムと、寸分違わぬ文章ですな。いつまで解説者気分なんだよ寝ぼけとんか。

つか「思う」のであればどうにかしろよ。ファンのブログじゃねえんだ。「思う事」を「何とかする立場にある」人間が、こんな腑抜けたコメントでどうするんだヴォケナス。

確かに歓声も叱咤激励も受けるのは、グラウンドに出てる選手かも知れん。けども、その選手を使ってるのはあんた方監督やコーチだ。選手に浴びせられる「声」を、いつまでも聞こえない振りをしてるようでは、指揮官としては絶対に成功はせんと「思います」。



以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/799-26c948f0