しかしダメですねぇ。ついさっきまで、昨日の一軍の試合のタイトルをまるで、タイガース主催のように書いてしまってましたねぇ。ダメですねぇこんなこっちゃ。


まぁそれはそれとして

さすがに出場停止処分を食らってるんで、今朝の中国新聞「野村語録」は休みでしたが、一応チームには帯同しとったようです。昨日の甲子園にいてなかったんで当たり前ですが。

ただどうやら昨日の試合、野村謙二郎監督は、試合中もベンチ裏にいて試合後、報道陣に対して昨日の試合の不満をぶちまけてたみたいです。

しかし、ユニフォームを着てたって状況は、言わば「謹慎処分中の身」としてはどうなんだろう。自宅謹慎せぇ、とは言わんまでも、せめて黙っておく事は出来んかたものか。球場に来るのも構わんとは思うけど、目立たんようにしとくのが普通じゃないでしょうか。

失態醜態を晒して出場停止になって、リスクマネジメントすら満足に出来ん監督が、裏でチームに対する陰口みたいなのを報道陣に向かって吐いてる状況って一体何なんだ。

これじゃチームの士気も絶対に上がらない。むしろ下がってしまいますよ。

そんな監督をよそに

やってくれました。わが高信二「現場監督」。昨日はスターティングオーダー編成の難しさ等を考えてみましたか、居は限られた中での「高オリジナル」が見えましたよ。

岩本君を外して5番に松山君を起用。ホームラン云々は抜きにして、まずはヒットは松山君は期待出来ますからね。確かにここ暫らく、ヒットは続いてたけど「休み」を与えるつもりやったんかどうか。ただ肝心な所での凡退が結構あったのが気になったんでしょうか。

その「期待」に応えてのライト場外への大ファウル。入ってたらエガッタのに。それと、タクロー君との間に決めたヒットエンドラン。あれだけ速く走る松山君を初めて見ました。

それと、自打球で負傷の梵君をスパッと下げて、キムショーを起用した事。野村謙二郎監督ならどうやったでしょうね。「選手の格」をタテに交替させなかったかも知れません。まぁコレはあくまで塑像の域を出ませんが、ここまでほぼフル出場をしてる梵君の事を考えると、なきにしもあらず、でしょう。

そのキムショーも、8回裏の先頭バッターで出て来て、ただ打つだけやなしに、絶妙のセーフティバントで崩しにかかって、モノの見事に内野安打が決まった。

サインかどうかは分からんけども、選手の頭の中にも、試合に出ないながらも考えてる事は絶対にある。その為に毎日毎日、日の高い、暑いうちから練習して試合に臨んでる。

点には繋がらんかったけど、みんな最高のパフォーマンスを発揮する場に飢えてる。機会を設けてやるのは監督やコーチの仕事なんですよ。

プロ野球選手は、試合に出てナンボ。練習ばっかりやっても一銭にもならん。選手がメシのタネになるものを自分自身で「練習」と言う形で培っているのなら、選手のメシのタネになる場を提供するのは首脳陣の仕事なんだ。


何か漠然とした話になりましたが。

まぁ地方球場でやるんであれば、そこ出身の選手が頑張らん事には話になりませんわな。横山君とサイトー君が一軍戦線離脱中の今は、東出君と天谷君が所謂「ホストプロ」ですよ。

その天谷君は先制タイムリーに1盗塁、東出君もヒット1本でとりあえずは面目躍如。まぁ「活躍」と言うか昨今の貧打を考えたら「コレが精一杯」なんでしょうけどね。


とにもかくにも、ペナントレース再開後は貯金1。交流戦前の勢いはどこぞに置いて来てしもうたようですが、何となく、交流戦前にやってた戦い方を「思い出しつつあるのかなぁ」と言う所でしょうか。まだまだ「首位」に立った頃の勢いには程遠いですが。

まぁそれよりも何よりも、これが高「監督」の偽らざる心境なんでしょうね。



高監督代行1勝1敗にホッ…「良かった良かった」 スポニチ
セ・リーグ 広島2ー1阪神(6月29日 福井)
広島は野村監督の出場停止を受けて高信二守備走塁コーチが監督代行を努めた阪神との2連戦を1勝1敗で終えた。高コーチは「良かった良かった。2連敗したらどうしようかと思ったよ」と胸をなで下ろした。

7月1日から再び指揮を執る野村監督は「内容のあるゲームだった。高がうまくやってくれました」と上機嫌でねぎらいの言葉を口にした。



って、お前がコメント残すなよ(笑)

しかしもし「2連勝」したらどうしたんでしょうか。それが気になります(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/791-82b7ec1b