ウエスタンリーグの公式戦は予定通り始まり、既にバファローズ戦は17回戦、タイガースとの試合は今日で14回旋を迎えましたが、未だにセントラルリーグは、タイガースとは7試合目。まぁ大きく開幕が繰り下げになった影響もありますが、一体今が何月なのかよく分からなくなって来てます。

そんなこんなで、ウエスタンリーグの試合のまとめを終えてから、富山アルペンスタジアムでの試合を見てました。


で、ほんのちょっと期待した高信二監督代行ですが。

スターティングメンバーにあんまり「高オリジナル」はさすがに見られませんでしたね。もっとも今日明日の2試合だけで、オリジナリティを思いきり発揮しようと思ったら、さすがに難しいでしょうし。ぶっちゃけ、一ヶ月くらいあれば、選手の昇格降格とかにも言及出来ますが。あくまで「代行」やから突拍子もない入換えもままならんし。

高コーチ自身も「采配はコーチ陣で相談して決める。各担当コーチが自覚を持ってやらないといけない(中国新聞)」し「特別に変わった考えはありません(携帯HA)」と言われてましたから、その結果が今日の所はコレなのでしょう。

それよりも何よりも明日の中国新聞は「高語録」なんでしょうか。


ただ、ただそれ以上に、今日は試合内容が酷過ぎましたね。締まりがないと言うか。

わしが一番嫌いなのは、同じ選手にヒットを3本とか4本とか打たれる試合。2本なら許しますが(笑)。今日もブラゼルにヒットを4本食らいましたが、ピッチャーを交代さすなら、いっその事キャッチャーも変えてみてもよかったんじゃないかな、とも思います。

ピッチャーをいくら代えようが、キャッチャーが同じならリードの傾向も同じようになって来る。ピッチャーに要求されるボールも似通ったものになってしまう。

点差が開いてしまったから、と言う消極的な理由と言うのが悲しいですが、たまには先発ピッチャーが交替したら、キャッチャーも変えてみるのも手なんじゃないでしょうか。

二軍でのキャッチャーの運用はよく分かりませんが、ファーストとキャッチャーとで、また途中出場等を組み合わせて、全てのキャッチャーに出場機会を与えてるような気がします。

ただ、育成の場と勝負の場、同じように考えてはいかんと思います。とは言え、キャッチャーが3人ベンチ入りしてたら、お互いに情報交換をしつつも「俺ならこいつをこうリードしてみせる」だの「こう組み立てる」みたいな、具体的なプランを持ってる筈。

それも戦法・戦術のうちなのに、それを発揮させんままにズルズルと失点を重ねて行くのだけは、誰が指揮を執る事になっていようとも、解せません。

「正捕手」と言う考え方は確かに必要になるかも知れんけど、それに頼り過ぎて、いざと斐う時に誰もいなくなってしもうた、では遅過ぎる。ベンチにおいてる選手は「使うべき」戸思ってベンチに入れてるんだから使わないと勿体無いですよ。

しかし、それ以上に今日のタイガース、勝たんといかん試合だったようで



阪神・渡辺Cスコアラー遠征先で急死…選手は喪章
阪神の渡辺長助チーフスコアラーが28日、チームとともに滞在していた富山市内のホテルで心筋梗塞(こうそく)のため亡くなった。54歳だった。

渡辺さんはドラフト3位で八代一から1979年に阪神に入団。捕手として86年に引退するまで通算78試合に出場した。その後はスコアラーやバッテリーコーチを歴任し、現在はチーフスコアラーを務めていた。

渡辺さんは27日に富山入り。同日夜も宿舎で夕食をとるなど、球団関係者によると普段と変わった点は見られなかったという。

この日朝、ホテル内のスコアラー室に午前9時半ころになっても姿を見せず、電話などでの連絡も取れなかったという。このためホテル従業員の立ち会いのもと部屋に入ったところ、ベッドに寝たままの状態ですでに亡くなっていたという。



御冥福をお祈りいたします。と簡単に言ってしまうモンじゃないんですが。

何歳であれ何処のチームであれ、プロ野球関係者しかも「現役」の方が亡くなられると言うのは、寂しいと言うか悲しいと言うか。テレビ大阪で解説をされてた江夏さんは「一緒に電車で来た」そうで。逝ってしまうにはまだまだ早いよなぁ。

タイガースが今年、負けられない理由がひとつ増えましたなこれは。

だからと言って、明日の試合、カープが負けていい理由にはなりません。明日勝たんと、ドラゴンズ3連戦に勝ち越した意味がのうなってしまいます。明日は是非、好ゲームを。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/788-e7a2f675