今日から無事(?)セントラルリーグのペナントレースが「最下位」されます。「最下位」とまでは行きませんが、いつの間にか5位になってます。気のせいでしょう(笑)

とは言うものの、まだドラゴンズとは2カード目4試合目。昨日見に行ったウエスタンリーグの公式戦が既に「17回戦」とか言う数字を見ると「何でこんなに一軍のペアントレースは進んどらんのや」と言う違和感すら憶えます。まぁ色々事情はありますが。

しかし、ペナントレース再開の初戦が「昇竜戦」を終えたばかりのドラゴンズ。やだな。


今日から赤松君が本格的に一軍復帰。とは言えさすがに今のところ頼りになってる丸君を外すわけにはいかんのか、センターは丸君のまま。何とか考えようはないももんですかね。

けどこれで、カープベンチに「走れる人」が4人(赤松・天谷・丸・中東)揃うようになりました。それにしても、いつの間にか外野の層が厚くなりましたね。いっぺんで良いからこのうちの3人を外野に並べてみたいです。絶対にスリーベースはないと思いますが。


しかし、試合前半から中盤は辛気くさい展開でした。

とにかく「走れん症候群」を交流戦からまだ引き摺ってますね。

4回裏、先頭の丸君がフォアボールで出塁。しかしここで何故か走って来ない。解説の達川さんが言うように、2ボール2ストライクの平行カウントまで待つのも良いかも知れんけど、相手にプレッシャーをかけるんなら、もっと早めに走っておいた方がいいと思う。

結局無策のまま続く栗原君はサードゴロダブルプレイ。しかも困った事に、ドラゴンズバッテリーは牽制球すら満足に投げて来ない。栗原君に対して放った球は6球。その間の牽制球は1球しかない。もう「こらぁ走って来んわ」と決めてかかってる。

5回裏も、先頭の天谷君が出たにもかかわらず、続くクララとバリントンの5球の間に牽制球は1球もなし。バスターエドランだのにこだわり過ぎて、結局結局この回も無得点。この2イニングの攻撃の絶望感ってのは尋常じゃないです。

しかも両イニングとも「先頭バッター」を「フォアボール」で出してる。ネルソンをジワジワと崩しにかかるには、最適のイニングだったはず。ここでナニかしら動きがあったら、もっと試合展開は楽やったはずですよ。ただでさえバッテバテやったのに。

先に「症候群」と書きましたが、ここまで徹底的に「走らない」のは、一体誰がブレーキを掛けてるのか。首脳陣同士の相談の上で決まった事なのか、その場面場面での「ひらめき」なのか。その首脳陣の考えは選手にちゃんと理解されてるのか、色々疑問です。

しかし、うちの4番も舐められたもんですね。まぁそれ相応の成績なんではありますが。

丸君敬遠、栗原君との勝負。ランナー二人、ぶっちゃけ「一発逆転」の場面なんでしょうが、明らかに「もう一発はない」とふまれてる。それだけの技量を持ってるから、あの場面、ドラゴンズベンチは鈴木をリリーフに送って来たんでしょう。

案の定ライトフライ。今まで見て来た栗原君の典型的な凡退の仕方、ですよ。

ここで「ブチ切れて一発」みたいな怖さがないんだ。これまで「ここで一発ワシが決めちゃるけぇ」みたいなバッティングが出来てなかったのと言うのを、ドラゴンズ首脳陣の頭の中には完全に組み込まれてる。打率以上に勝負強さがないのを知られてしもうてる。

全てにおいて威圧感がなくなってるんでしょうね。シーズン当初から監督のジグザグ病に冒されて「4番のバッティング」を忘れてしもうてるんかな。これはちょっと重症ですよ。


けどやっぱり、この辛気くさい流れを一気に変えてくれたのは8回裏に代打で出て来た赤松君。復帰して即内野安打、はお見事の一言ですよ。

それ以上に若干ながらの相乗効果。

丸君は2安打2四球、天谷君は1安打3四球で共に全打席出塁。代打を出されたけど岩本君も1安打1打点、代打の松山君も1安打1打点。ほんの僅かではありますが、打つ方に関しては閉塞感は打破出来そう、です。まだ「走り」は足りませんけどね。



それと…。

前田君ごめんなさい

ここ暫く打てん日、どころかバットに満足に当たらん日が続いてました。セカンドベース上でポンと一つ手を叩いて、ふと上を見上げた時に、やっぱりほっとしたんでしょう。


ただまだ、チームとしてはゼロどころか「マイナス」ですよ。上を目指すにはまだまだ試合の精度が低過ぎます。まぁ昨日、神戸サブで効率のいい攻撃を久しぶりに見たせいもあるんかも知れませんが、まだまだモノ足りん感は充満してます(笑)。


ドラゴンズの攻撃にも見習うものはあります。

4回表には先頭バッターの和田がデッドボールで出塁した後、盗塁を仕掛けて来ました。今シーズン4つ目、サインかどうかは知らんし、点には繋がらんかったからアレですが、こう言うのんはもっともっとカープでも当たり前のように出来んもんですかね。


まぁとにもかくにも、ペナントレース第二幕は白星発進。借金は多いけど、気分よく明日を迎えれます。けど反省する点はまだまだ多いです。この辺りのバランスが難しいですが。


慌てず騒がず、一つづつ勝ちましょ。

慌てず騒がず、一つづつ勝ちましょ。

以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/780-849daacb