日曜日の記事にも少し書いた上に、6月20日の中国新聞カープ情報「球炎」にもありましたが、今年のカープの交流戦は「全試合違うオーダー」になりました。

かの名将、故仰木彬監督は、先発ピッチャーとの相性を考えた日替わり打線で有名でしたが、カープ・野村謙二郎監督の場合は、明らかに「左右病」なのが見え見え。

アメリカメジャーリーグでも松井秀喜が、相手先発ピッチャーの左右で、出たり出なんだりを繰り返してる事を考えると、この病気は万国共通のもんなんかなぁ、とは思います。

しかし、松井秀喜みたいに「ベテランの域」に達してる選手ならまだしも、カープの選手みたいに、まだまだ伸び盛りの選手にまで「左右病」を伝染させてしまう、野村謙二郎監督の手法には、大きな疑問しかわきません。

とは言えどこのチームも、打順の入れ替えや選手の入れ替えは、好不調があったりケガがあったりで、絶対にないとは言い切れないもの。

ならば

全チームで交流戦期間中、何パターンのスターティングオーダーが組まれたか。なおかつ各打順に延べ何人の選手が立ったか、などなど、今後の役に立つかも知れんと思い、一斉調査(笑)をやってみました。

ただ、何の役に立つかは分かりません(笑)

打順別延べ人数(指名打者あり)
   通り  一 二 三 四 五 六 七 八 九
福岡  7  1 1 1 2 3 3 2 2 2
大阪  9  3 3 4 1 2 6 4 3 1
北海  7  1 2 2 2 2 3 3 2 2
中日 10  1 1 1 1 2 3 5 3 5
埼玉 10  1 1 1 1 3 3 6 3 4 
東京 10  1 3 3 1 1 5 3 6 7 
讀賣 10  5 2 3 1 2 3 7 6 6
阪神  8  3 2 1 1 3 4 4 5 4
東北 12  2 5 3 2 5 6 7 5 4
千葉  9  1 2 3 4 3 3 5 7 4
横浜 11  2 5 3 1 2 3 5 5 4 
広島 12  3 3 4 2 4 5 9 3 7

打順別延べ人数(指名打者なし)
   通り  一 二 三 四 五 六 七 八
福岡  5  1 1 1 1 3 1 2 2
大阪  7  1 3 2 3 5 3 1 2
北海 11  2 4 2 2 2 4 3 2
中日 10  1 1 2 1 4 4 6 2
埼玉  6  1 1 1 1 2 3 2 1
東京  8  1 2 5 3 2 1 4 4 
讀賣 10  4 3 4 1 4 4 8 6
阪神  8  3 3 2 1 2 3 6 4
東北  9  2 4 2 2 3 3 5 3
千葉 11  1 3 1 4 3 6 6 7
横浜  8  2 2 2 1 2 3 4 2
広島 12  2 3 3 2 5 4 5 7

ホークスの打順パターンの少なさが目を引きます。

それ以上に、何でパ・リーグが今年は強かったってやはり、今年の交流戦の上位チームの監督の顔ぶれとか見たら、そらもうアレよ状態。

ホークス・秋山監督、ライオンズ・渡辺監督は、常勝ライオンズの日本シリーズで、セ・リーグとの戦い方を熟知。ドラゴンズ・落合監督しかり。バファローズ・岡田監督はセ・リーグ出身。梨田監督も、選手と監督で日本シリーズ経験、ですからね。あとの監督さんは一長一短、と言うていいんかどうか。昨年日本一のマリーンズはどやねん、って話。

うちの監督さん「二短」。まぁ指名打者の扱いを知らんのやから、この成績はもはや「当然」の域。去年からまるで成長していないと言うか、成績の急落を見るとむしろ「退化」してますよ。

さらに言えば、「こいつならここ」と言う絶対的ポジションを確立してる選手が、好不調、また指名打者の有無に関わらず常にいるかどうか。監督経験に、これらの要因がうまい事噛み合って、今年の順位は形成されたように思います。


で、これは完全に「余興」ですが、各チームの各ポジションに、スターティングオーダーで、一体延べ何人の選手がついたか調べてみました。具体的に名前を挙げたら、えらいことになるので、コレも数字だけ。

ポジション別延べ人数
    捕 一 二 三 遊 左 中 右 指
福岡  2 2 1 1 2 3 2 2 2 
大阪  3 4 2 3 1 4 1 3 2
北海  2 2 2 3 2 1 2 2 3
中日  3 3 2 1 1 2 4 5 4
埼玉  1 4 1 2 1 8 1 4 3
東京  2 2 2 1 5 6 1 1 2
讀賣  1 6 1 6 1 3 4 4 1 
阪神  3 2 2 1 2 4 3 1 3
東北  2 4 3 1 3 3 1 3 3
千葉  2 3 1 1 5 3 1 4 5
横浜  2 4 2 1 1 3 2 3 2
広島  2 1 1 4 3 7 1 4 4

カープって、キャッチャー・セカンド・センターがほぼ固定やのに、なんであんだけエラーが増えたんでしょうかね。やっぱり他が余りにもバラバラすぎるからでしょうか(笑)

まぁ何にしろ、スタメンの組み方が如何に難儀なものなのか、よう分かる数字だとは思います。これを「名前」に絞ると、どこももっと少なくなりますが


以上、ダカラナニ、というお話でした。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/777-ef2954da