※ちょっと支離滅裂かも知れません。御了承下さい。

第60回全日本大学野球選手権大会準決勝
東京国際大学対慶応義塾大学


カープの試合の再生が終わってから、ゆっくり見る事が出来ました。

つーか東京国際大学、とうとう負けてしまいましたね。残念と言えば残念ですが、すごくいい戦いをしてたと思います。

ただ、こういうトーナメントを見てて思うんですが、地域の差、練習環境の差こそあれ、やっぱり野球って、どこでやっても一緒なんだな、と。確かにどこのチームも、アレが足りない、コレが足りないと言う事は必ずあるはず。そう言うハンデを乗り越えてのトーナメントですから、ナニが起こるか分からんです。

今大会は結局、慶応義塾大学と東洋大学の「六大学対東都」の決勝戦になりましたが、この大会に出て来た他の大学は、決してこの2校にレベルが劣ってるわけじゃない。

大会常連校と思われる、シードされた東北福祉大学や同志社大学が初戦(2回戦)で敗退、大阪「体育」大学も道都大学に敗退などなど、ナニが起こってもおかしくない、のがトーナメント。

それ以上に、各地区のリーグ戦で、もまれて勝ち上がって来たチームや選手は、多かれ少なかれ必ず「何か持ってる」んですよね。


それにしても、70歳を越えてなお、アマチュアとは言え、勝負の世界に身を置いてらっしゃる古葉監督の「探究心」と言うか、野球に取り組む姿勢は、やっぱり凄いと言うか、信念ひとつ持ってる方はすごいですね。

放送の中で古葉監督のコメントとして

就任当初は、野球で頂点を狙えるようなチームの組織じゃなく、最初の一年は野球以外の、野球に取り組む意識などを徹底させて、そこから徐々にチームを作り上げて来た。

と言われてたそうですが、昨シーズンからの、カープの戦い方やチームの雰囲気、さらにはここ数年のチーム作りを見て、古葉監督はどんな印象を持たれてるのか、是非伺ってみたいものです。

またこう言った姿勢と言うか考え方は、選手も監督もし終え、変に好々爺、と言うか、野球を「ただの商売道具」としか考えてない、口喧しいだけの無知なオッサンになってしまう傾向にある、プロ野球OBも見習うべきかと思います。ただ、仕事として「野球教室」を開くのも良い事だとは思いますが。

まぁそれ以上に、学生野球、アマチュア野球の需要に沿う人材が、今のプロ野球OBにどの程度いてるのかは分かりません。まだまだプロ野球OBがすんなり入っていける現状でもないし。


ただ、自分が頭の中で描いている野球や戦い方を、どうやって人に伝え、自らが動けない分、どうやって具体化するか、素人がダラダラッと文章にしてますが、並大抵の事ではないと思います。

ぶっちゃけ、上に立つ人って、野球の技術や才能ばっかり長けてても駄目なんだろうな、とあの「おじいちゃん」を見てて思います(こらこら)。


けど、今年くらいはプロ野球も、節電だの延長12回だの何だのと言う前に、ベイスターズを見習って「全力疾走」を徹底してみたらどうか。そうやって試合時間を短縮する方がよっぽどのエコですよ。

タイブレークは…心臓に悪いんでやめて下さい。ぶっちゃけ、縁もゆかりもないチームのタイブレークを見てるだけで、全身大汗かいてるのに、それがカープとなると死にそうになりますわ。

特に今日なんか満塁ホームラン喰らってるし。昨年も「月刊満塁ホームラン」やし。ただでさえ満塁策とか敬遠策が失敗する可能性の方が高いチームやのに、延長戦のたびにそんな事されたらそれこそ

往生しまっせ

けど9回表の慶應義塾大学ベンチの喜びようを見ると、よっぽど苦しい戦いやったんやなぁ、と思います。そして、今のカープベンチの「表情のなさ」に違和感や嫌悪感を感じえずにはおれません。


その前に野村監督、ベンチの中で立とうよ。意識改革はそこからだ。背中丸めてっそーっとベンチに腰掛けてる姿は、とても12球団最年少の監督には見えんよ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/764-5a4ec3e7