連敗が止まったかとは言え、やっぱり貧打には変わりなかったカープ。

今日の試合は今年4回目のアンダースロー・渡辺俊介。今のところNPBにたった2人しかいないアンダースローピッチャーに4回も当たるのは、ここまで来たら至極光栄の極みでございます。

で、ついに

安部君がスターティングメンバー。おそらく左右病の症状かと思いますが、何はともあれ、スタメンに名を列ねるのは良いことですよ。良いと思って上げたんやからどんどん使わんとダメですよ。

しかし、何でサードで先発なんかなぁ。そうまでして梵君を外したくないのかな。「サード小窪、ショート安部」でええやんけ、と思うんですけどね。とは言うものの、マリーンズ先発の渡辺俊介を、初見で安部君が打てるかどうか。まぁあの監督にそんな事を考える気持ちの余裕はなさそうです。


しかし…

広島カープ  由宇カープ
1.(二)東出 1.(右)丸
2.(遊)梵  2.(遊)安部
3.(中)丸  3.(左)岩本
4.(一)栗原 4.(一)松山
5.(右)岩本 5.(捕)會澤
6.(指)松山 6.(指)井生
7.(佐)中東 7.(二)小窪
8.(捕)倉  8.(三)木村
9.(三)安部 9.(中)中東

今のベンチ入り選手で十分「由宇カープ」が出来ますね(笑)


まぁそれはそれとして、試合。

1回の表裏、それぞれサードへの盗塁を仕掛けた。けどカープの丸君は失敗、マリーンズの伊志嶺は成功。どんなサインが出てたんかは分かりませんが、やっぱりサードへの盗塁はかなりのギャンブル。

それ以上に伊志嶺のモーションの盗み方は素晴らしかったですよ。伊志嶺の走塁のセンスと直感、思い切りなんかも知れんけど、こう言う点は絶対に見習うべき。CS放送を契約して録画すべき。

わしは「負け試合」なので明日には消去しますけどね(笑)

それにしても毎度毎度アルバラードは初回に失点。だから、マウンドに上がる前に30球くらい投げてから鯉って。ほんと、試合当日の調整方法は考えた方が良いんじゃないかと思いますよ。

で、相変わらず攻略出来ぬアンダースロー。

この後、全日本大学野球選手権準決勝の録画を見ますが、東京国際大学の古葉竹識監督が「年に一度あるかないか、のプレイでも、練習して準備はしておかないといけない。」と言われてました。

多分タイブレークの事、と思うんですが、カープは本気で「これ」を出来てるかどうか。

試合終了後の野村謙二郎監督のコメント。

思い切った左中心の起用方をしたんだけども、みんな同じようにやられてしまった。誰か一人アナを空けてくれればまた違ったんだけども。ともかく(8回まで)2安打じゃね

2カード連続でライオンズ・牧田に抑えられ、今日はまた2カード連続で渡辺俊介に捻られる。広島でも彼と当たって、マリーンズに勝ってるけど、決して渡辺俊介を打ち崩したわけじゃないんだ。

それにしても、とにかく首脳陣の学習能力がなさ過ぎる。ライオンズ・牧田と同じアンダースロー。タイプは違うかも知れん。けど何らかの参考には出来んものか。この辺りも漠然と試合に臨み過ぎ。

左バッター並べました。先発ピッチャーを見事に読み切りました。確かに読み切ったんかも知れんけど、その時点で相手ベンチの術中にはまってることが分からない、っつーか気付いてない。

だから先のコメントみたいな、寝呆けたフレーズしか出て来んのですよ。


それと、相変わらず投手交代のタイミングも曖昧。次のバッター伊志嶺が打席に入ってから、タイムをかけるタイミングのまずさは一体何なんだ。アルバラードも、伊志嶺に投げる気構えでいたはず。キャッチャーのクララも「え?」みたいなポーズを取ってましたよ。

最初から交替させるつもりなら、岡田の打球を足に喰らったところで、さっさと出ていくべきじゃなかったんかな。当のアルバラードも、怪訝な表情を浮かべてる。首脳陣不振に陥らんか心配ですよ。


しかし、とにもかくにも…
祝・安部友裕君プロ入り初ヒット!

結局、普通に安部君が一番まともなバッティングをしてたように思います。まぁ、初対戦な分、雑念を捨てて、変化球か真直ぐか、のタイミングだけに的を絞って振りに行ったのが良かったのかな。

その前のエラーは…焦り過ぎたか。捕ってからベースを踏んでまずワンアウト、でも良かったね。

とは言え、小窪君といい安部君といい本当に使わんといけない選手は簡単に使わないのは何でかな。

そう言えばまだ野村謙二郎監督が解説をやってた頃にブラウン監督が、梵君の絶不調に耐え兼ね、小窪君を起用し出したら「選手には格と言うモノがあって…」みたいな事を言うてたような気がします。

一昨日昨日の前田智徳起用もこの「格付け」によるもの、なんでしょうか。スターティングメンバーを固定しない監督も批判してましたよね。つーか誰だよこんな人間に仕立て上げたんは…。

一番バカバカしいのは、こんな打線の悲惨な状況を、毎日毎日目の当たりにしながら「今年のドラフト1位は明大・野村」と早々と言い切っちゃった球団。本当にこの貧打線を憂いてるのか疑わしい。


こうなればいっその事、負け試合にも、特に不甲斐ない試合をした日、惨敗の日には、監督以下、コーチや選手が全員出て来て、頭を下げるのはどうでしょうか。

どうせここまで記録やら試合内容、恥ずかしいもんばっかりやねんから、何も恥ずかしくないでしょ。その辱めで、シュンとしてしまうんであればそれまで。ユニフォームを脱いでもらって構わん。



それと解説の金村義明さん。言うとくけど安部君はカープ二軍ではレギュラーでっせ。

ナニを見て「二軍でもあんまり出番がない」とかぬかしようるんかね。これじゃけ近鉄バファローズ出身の解説者は信用ならんのだ。とりあえずてめぇは池谷さんと一緒に由宇練習場に行って鯉。


つーかいっぺん、上記の「由宇カープオーダー」でやってくれませんか(笑)


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/763-d8cb7e7e