火曜日から、全日本大学野球選手権大会が、J SPORTS各チャンネルで放送中です。その試合の合間合間に、過去の名シーンやら注目チームの紹介やらをやってます。

前の記事の九州国際大学の某選手の画像も、そこから撮ったんですが(笑)。

そこで紹介されてるのが、今日、日本体育大学を1-0で下して、初出場ながらついに準決勝進出を決めた、元広島東洋カープ監督の古葉竹識さん率いる東京国際大学。

あんまり時間を割いてるわけではないですが、インタビューもありまして。

「野球から離れると、優しいお爺ちゃんのような」(山田主将)
「野球になると結構怖い」(伊藤投手)

などなど。昔伝え聞いた話と、あんまり変わってないですね。

で、御本人のインタビューですが

「出来るだけ足を生かした野球」
「ランナーに出たら、いかに得点圏に持っていけるか」

古葉監督が目指す野球は、昔も今も変わりませんね。こうやって具体的に、自身が目指す野球を、明確に説明する事が、野村謙二郎に出来るかどうか。昨年と今年で、キャンプの方針も変えてるのに。

やっぱり一つ、芯がある人ってすごいですよ。

それと、昨日の東京国際大対日体大戦。1回表に日体大の選手が、セカンド盗塁を試みたのはいいけど、スタートが遅れ、キャッチャーの送球を見てファーストに戻る、と言うシーンがありました。

戻ることはよい事なんか悪い事なんかは、場面によるんで分かりませんが。

カープでよく見られるのが、ヒットエンドランのサインでバッターが空振り、ランナーが悠然とタッチアウト、みたいなシーン。あれって、踵を返してファーストに戻ったらいかんのかな、と。

見てたら、たいがいの場合は、バッターが空振りしたのを見て惰性で走って自爆しに行ってるだけ、に見えるんですよね。つか、いかにランナーが、与えられたサインに対しナニも考えてないか。

しつこいようですが、昨年のカープは、飛躍的に盗塁数が伸びたりしてOB連中は挙って「機動力野球復活」を唱えましたが、こう言うプレイをアマ野球で見せられると、まだまだカープは1点の取りに行き方、ランナーの生かし方が甘いな、と思います。


それにしても今日の試合、東京国際大学はよくもまぁピンチを何回も切り抜けましたよ。

2回表のワンアウト満塁を見逃し三振とファーストゴロ、3回表のノーアウト満塁はサードゴロホームゲッツーと空振り三振、9回表のツーアウト満塁も空振り三振。こんな事を言うたら日体大関係者の方に怒られるかも知れませんが、まるっきり連敗中だったカープを見てるような、拙攻拙攻また拙攻。

ただ、カープと明らかに違ったのは、日体大は攻撃を「攻め」で終わってる事。ひとつだけ、見逃し三振はあったし、結果は付いてきませんでしたが、しっかりみんなスイングして振って終わってる。

どんな場面でも、攻める気持ちは忘れたらいかん。後ろにつなぐ気持ちも忘れたらいかんとは思いますが、たまには「わしが決めちゃるけぇの」くらいの、わがままな強い気持ちがあってもいい。

昨日の大学野球準々決勝を見ててそう思いました。

そして、東京国際大学はいよいよ明日土曜日、慶應義塾大学との準決勝に挑みます。


選手の皆さんの健闘をお祈りします。



しかしやっぱり、75歳には見えんなぁ…。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/760-3b5c5d9d