5月 酷使予想  理想    結果
28 篠田(中5) 福井(中6) 大竹(中6)
29 バリ(中5) 前田(中6) 前田(中6)
31 福井(中5) 篠田(中5) 福井(中6)
6月
01 前田(中5) バリ(中6) 今村(中6)
03 篠田(中5) 誰か    バリ(中7)
04 バリ(中4) 福井(中6) 前田(中5)
05 福井(中4) 前田(中6) ジオ(久しぶり)
06 前田(中5) 篠田(中5) 福井(中5)


さて、交流戦中盤戦8試合ですが。いい加減古い予想はどうにかせぇよ、と自分でも思いますが、まぁこれも「思い出のローテーション」と考えたら、なんて事はないです。

しかし問題なのは、打線が全く機能してないばっかりに、この8試合のうち6試合、先発ピッチャーに黒星がついてる事。交流戦前半は、先発ピッチャーに白星がつかない状況がありましたが。

ぶっちゃけ、一発でも殴られたらもうおしまいよ、って感じ。ホント、カープっちゅう野球チームは投打の噛み合わせがようないと言うか何というか。

そんな中、明るい話題っちゅうたら、安部友裕君の一軍初昇格と初出場。しかし残念なことに、それを見届けて、役目を終えたかの如く山本芳彦が二軍降格になってしまいましたが。

しかし

相変わらず野村謙二郎監督の昇格降格の基準が理解出来ません。多分これは誰しもが思ってる事。打数は少ないとは言うものの、貴重な3割バッターを下げるんやから、バカとしか言いようがない。

トレーシーが二軍降格になった事、それと、絶望的貧打で大好評10連敗中と言う事も相まって、球団上層部は新外国人選手の模索を始めたみたいですが、相変わらず情けないチーム運営やなぁ、と。

外国人選手ひとりおらんようになったくらいで、なぜわざわざまた外国人選手を探しに行くんだろう。外国人選手の抜けた穴はまるで外国人選手で埋めんといかん、くらいに思ってるんじゃないかな。

で、そのトレーシーは治療で9日に「家族を残して」広島を発つそうで。家族を日本に残すくらいやから、まだ本人にもかなりの割合で「日本でやりたい」と言う意思があるんだと思います。

ならば、

トレーシーが抜けてる間、どれ位の期間かは分かりませんが、ポジション争いをさせてはどうよ。小窪君でもいい。芳彦、キムショーもいる。解説の池谷さんの口からは「堂林」の名前も出て来てる。

そらぁ、野村謙二郎にしてみれば三者三様一長一短かも知れん。けど、走攻守全てに於いて、誰もが納得する選手なんかそうそう転がってない。恐らく野村謙二郎監督は、現役の頃の自分を基準に考えてるんやろうけど、そうそううまい事いくはずもない。

よく考えたらいい。ビッグレッドマシンの頃、あんたの右隣に守ってた、ニコニコ丸顔の4番バッターは、勝ちゲーム終盤になったら細身のやさ男にいつの間にか交代してたはずだ。

背番号25を付けてた男は、エラーして野次られながらもホームランキングを獲ったよ。昔のカープで出来てた事が、何で今は出来んの?これらを考えたのは、そして一番我慢してたのは監督だよ。

我慢出来んようになったから弱くなったんか弱くなったから我慢出来んようになったんか、どっちが先かは知らんけど、これも、カープがいつまで経っても勝てん理由のひとつ、のような気がします。

つーかこれって、如何に野村謙二郎がナニもしてないか出来ないか、っての裏返し、じゃないですかね。少し前までは、外国人のみならず廣瀬君や尾形、キダゴー、色んな選手がサードにいましたよ。

選手にしたら、起用方に不満はあったやろうけど「出場機会があるんなら」てんでみんな頑張って練習しとったはずやのに。これが、チーム内に何の活気もない原因なのかなぁ、とも思います。


10連敗のせいではないかも知れませんが、まとまりがつかんのでこれにて…。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。
これからの励みになります。

 
2011.06.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/757-40dcb622