さーて。

5連敗、3試合連続0-135イニング連続無得点、頭のイタイ要素が山積みのチーム状況ですが、どれを重視したら良いですかねぇ。まぁマイナス要素ばっかりなんで、重視もクソもないですが。

個人的には、35イニング連続無得点、が一番の悩みのタネであります。点取りゲームをやってるのに、点を取れん事には話になりませんよ。「点をやらん」野球は実践出来てると思うんですけどね。


で、今日のスタメン。

梵君も岩本君も外した。これが劇薬になるかどうかは分からんけど、2009年6月10日以来の「1番・ショート・石井啄郎」そして「3番・ライト・井生」。一気に打線に「渋み」が加わった。

そしてここまで、意固地なまでに左右病だった3番バターに井生君を入れたのは、多少なりとも「柔軟な姿勢」と見ていいんでしょうか。まぁ相手は田中将大。コソクな左右病は通用しませんよ。


しかーし

もう、ベンチワークすらも狂ってるんかな。

何で松山君がランナーに出て、わざわざヒットエンドランなんだ?あと1本がここぞという場面で出んで、点が入らんで困ってるのに、エンドランのサインを出して満足にバットに当たる筈がない。

初球に石原君がバントを失敗したからってんで、大慌てでサインを替えたんやろけど、結局それであの回の攻撃が全てグダグダになってしまってる。その結果が「1イニング4安打無得点」なんだ。

ちなみにこの1イニング4安打無得点。上には上があるもんでして…。「1イニング5安打無得点」と言うのが、過去に2度記録されてるそうです。2度とも、かなり昔のお話ですが。

●1937年10月27日、対金鯱戦でのイーグルス
●1963年8月14日、対近鉄戦での阪急ブレーブス

そして6回。何の感慨もないまま、トレーシーがセカンドゴロダブルプレイに倒れ、粛々と、連続イニング無得点の球団新記録41を達成。あと、ナニもなし。あるわけがない。ある方がおかしい。

まぁその後、ノーアウトランナー2塁もありましたが、4安打して点が入らんのに、たかがランナー1人出た程度で点が入るわけがない。まさに「無視ランナー2塁」。お話になりませんわまったく。

唯一の救い(?)は、弦本君の「ようやく」プロ入り初登板。まぁ舌禍ゆえ、背負った十字架は限りなく重いです。個人的には、今年と来年の一軍のマウンドでは、1失点すら容赦する気はありません。


しかし…。

どうせ打てんのやったら、試合前のバッティング練習なんかやめてしまえ。打撃投手の方には悪いけど。どうせ打てんのやから練習しても一緒。毎日投げてくれてる打撃投手の方に申し訳ないよ。

その分「打ちたいと言う欲」を試合にぶつけてもらった方がよっぽどいい。なまじバッティング練習で気持ち良く打つから、試合で打てんかったら、頭の中がカオスになる、んとちゃうかね。

それか打撃投手の方と「真剣勝負」するとか。まぁそう毎日毎日やってたら、打撃投手の人の肩も持たないと思うんで、1日3人、1人3球限定、くらいでやってみるのも良いんぢゃないでしょうか。

そう言う、試合では目立たん所から、ちょっとずつ変えていかん事には、仮に明後日、0-8でボロ勝ちしたとしても、いずれまたこんな事態に陥らないとも限らん。

負けてるのに、打ててないのに、選手・コーチ関係なしに、ドイツもコイツも漫然とやりすぎなんだ。



ちなみに連続イニング無得点
カープ球団記録:44イニング(継続中)
セ・リーグ記録:49イニング(1996年ヤクルトスワローズ)

すぐですね。いっちょ狙いましょか(笑)


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/747-5f674ab8