ちょっとだけ昨日の話の続き。

タイガースに内野手が足らん、みたいな話は交流戦直前辺りから新聞記事にもなってました。その候補として、今回移籍になった黒瀬や、バファローズの金子圭、挙げ句には新井良太とのトレードで、ドラゴンズに放出したはずの水田の名前まで挙がってましたが。

しかし思うに、(黒瀬には悪いけど)たかだかその場しのぎ的なトレードで、タイガースもよく江草を放出したな、と思います。まぁ昨日のライオンズ戦で初勝利を挙げた榎田や藤原など、似た役目の出来るピッチャーがいてるから為せる業、なんだとは思います。

ならカープも申し込めば良かったのにね(笑)

そんな中、ライオンズとスワローズとの間では、小野寺投手と鬼崎内野手のトレードが同じ日に発表。何となしに、見事なまでの三角トレードが成立してるような気がしますがどうでしょうか。

つーかこの一連のトレードで、一番得をしたのはライオンズのような(笑)


今日の先発ピッチャーは、カープが今村君、ライオンズが涌井と言う、究極の「ポーカーフェイス対決」。まじな話「さて、どっちが笑うか」ってな話。

で、カープのオーダー。

相変わらずの左右病炸裂。せっかくええ雰囲気だった「3番・井生」をあっさりと引っ込めてしもうた勿体無い。確かに丸君の調子がええっちゅうのもあるけど、簡単にいじくりすぎじゃないかな。

しかも相手は生半可なピッチャーじゃない。二線級、三線級のピッチャーじゃない。ライオンズどころか、日本を代表するピッチャーなんだ。小手先の打順変更、ましてやあからさまな左右病が通用するわけがない。それだけの実績を上げてるピッチャーなんだ。

しかしホント、スターティングメンバーを決める作業の中に、本気で選手の調子やら成績は加味されてるんでしょうか。でなければ、打率1割のバッターが名を列ねるようなオーダーは「普通の監督であればまず」思い付かんでしょう。

.250くらいの打率であれば、確率的には4回に1回はヒットを打つ可能性があるんだから、その1本をいかす方法を考える事が出来る。けど、それ以下、ましてや1割台ともなると「いつヒットが出るか分からない」ような状況のはず。そんな選手にはあんまり期待は出来ませんよ。

守備位置の兼ね合いもあろうとは思うけど、出場選手登録されている外野手6人のうち、2人の打率が1割台というのはどこか違和感を感じます。ぶっちゃけ、ようそんな打線で勝ててるなぁ、と。

それと、ライオンズだけやなしに、パ・リーグのチームの風潮として「最後までしっかりスイングしてる」ように思います。それが空振りであろうがどんな打順のどんな選手であろうが関係なし。

例えば今日のライオンズの中村剛也。相手ピッチャーのボールに合わせてのスイングじゃない。変に当てに行ってない。しっかりと腰の座った、それこそ「自分のスイング」が出来てる。フォロースルーも豪快ですよ。だから外野にもしっかりとした打球が飛ぶ。これは見習わんと。

今日の試合、栗原君にヒットが4本出たけど、まだフォロースルーが小さいですよ。恐らく本人としては思いっ切り振ってるつもりなんだろうけど、何かまだ「捏ねてる」と言うか。右方向だの反対方向だの、打つ方向を決めてかかるのはええ事かも知れませんが、それに囚われてしまってやせんでしょうか。

それ以上に今日、残念やったんは、この栗原君の4安打やらを「全く生かせんかった事」。3番に入ってた廣瀬君には送りバントのサインを出すのに、丸君に出せんのはなぜ?走れんのはなぜ?

1回表なんかそう。丸君の好調さに賭けたんかも知れませんが、2点先に取られてるんやから、いきなり同点を狙わずに、まず1点、じゃないかい。7回でも、先頭の栗原君が出たにも拘らず、強攻策に出てチャンスを潰してる。

確かにカープの攻撃、今シーズンは特に初回の攻撃のチーム打率や得点が高くなってる。けど、その裏には東出君なり廣瀬君の送りバントが効果的に含まれて来たはず。これを忘れたら絶対に駄目ですよ。


で、投げる方。

今村君がイマイチぴりっとしませんでしたな。昨日の福井君が中9日、今日の今村君も結局は中7日。雨天中止が含まれて、スライドやら何やらのせいもあると思いますが、今日あたりは今村君を後ろに回して、二軍でずっと先発調整をして来た、中田廉君を先発にした方が良かったかも。

それにしても、予想以上に良かったのが岸本君。投げる機会がないままに降格させられて、先週土曜日でしたか、再登録になって、今日が2試合目の登板。前回の登板時にはあんまり触れませんでしたが、かなりコントロールが良くなってるような気がします。

今日投げた3イニング、結局毎回ヒットを打たれはしましたが、一時みたいな、フォアボールを連発して、苦し紛れに投げたストライクを痛打される、と言うのから脱却出来た、ように見えます。

ニ軍降格の期間中に、みやざきサンシャインシリーズにも参加してましたが、何か「ヒントらしいモノ」を掴んで帰って来たんでしょうか。それとも、創業2年目の「小林幹英再生工場」ノお陰なのでしょうか。牽制球もうまくなってるし(笑)。


しかし…

涌井に楽々投げさせてしまいましたねぇ。これが「エース」っちゅうもんなんでしょう。


すぐ上も、すぐ下も負けよったからアレですが、やっぱりAクラスにおったらおったで、ナニかとしんどいもんですね。もっとも今日の場合、セントラルリーグの5敗1分けやから、喜んでええのか悲しんでええのかは分かりませんが。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.05.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/738-37303037