さて今日は、先日何気なしに見てた「阪神タイガース育成試合日程」で見つけた…

阪神タイガース香川オリーブガイナーズ

を観戦に、と言うか見物に行ってきました。

つーか、ただのナマ野球不足なんです(笑)。

阪神タイガース公式サイトに行って「ファーム」の所にポインターを置くと「試合日程」や「投打情報」とともに「育成試合日程」っちゅうのが出て来ます。そこでたまたま見つけました。

香川OGには元広島東洋カープの西田真二監督、天野浩一コーチ、山中達也投手、元阪神タイガース・近鉄バファローズの前田忠節コーチがいてます。この他にも、元タイガース・バファローズの前川勝彦、元ジャイアンツの加登脇卓真、元スワローズの伊藤秀範とか。リーグ全体で、香川が一番、NPB経験者が多いはず。今日は全員来てたんでしょうか。

で、最近は四国に渡る事も少なくなってしもうとるゆえ、四国・九州アイランドリーグもナマで見る機会もそうそうないので観戦に行ってきました。選抜ではなく、単独チームなので余計に楽しみでした。

かたや阪神タイガース。今日はファームの本隊は、山口県の山奥にて今日明日、下手すりゃ明後日まで軟禁中。よって出場する選手は、試合の名前通り、育成選手が中心になるとは思ったんですが、意外な名前が出てくることを期待しつつ、いつも通りの三塁側から観戦でした。つーか、最初は一塁側に座ってみたんですが、やっぱり慣れんせいか、マジで居心地悪かったっす(笑)。

この、鳴尾浜球場での育成試合、今後のメンバー等がどうなるか分かりませんが、5月に入ると、JX-ENEOSとの試合も組まれているので、また都合がつけば観戦に来ようかと考えております。

で、今日の試合。

_MG_8804.jpg
電車の遅れとは乗り継ぎの不都合とかで、結局球場についたのはまた12:00をまわってから。両チームの練習どころか、メンバー表交換すらも終了、スタメン発表を待つだけの状態でした。

_MG_8807.jpg
いつものようにいつもの如く、一塁側がビジターベンチです。タイガース側で見てたのはここまで。あとはバックネット裏から見てました。試合開始直前にひょっこり顔を出した西田真二監督。ごく僅かではありましたが、ガイナーズのファンの方も来られてました。しかし、相変わらずよく声が通る人です(笑)。

_MG_8810.jpg
試合前の円陣。

_MG_8819.jpg
元ジャイアンツの加登脇


両チームスターティングラインナップ

香川オリーブガイナーズ
1.遊 亀澤 
2.二 水口 
3.三 中村 
4.指 加登脇 
5.一 国木 
6.捕 西森 
7.左 島袋 
8.右 舟生 
9.中 林 
  投 河野

阪神タイガース
1.中 黒田(育成)
2.遊 藤井宏(育成)
3.左 中谷
4.捕 原口
5.右 ベキオナチ(育成)
6.一 田中(育成)
7.二 阪口(育成)
8.三 穴田(育成)
9.指 橋本
  投 清原


打者成績

回表
亀澤    1-2から5球目を打ってピッチャーゴロ
水口    初球を打ってセンターフライ
中村    0-1から2球目を打ってライトフライ

回裏
黒田    1-2から4球目を打ってサードゴロ
藤井宏   2-1から4球目を打ってセンター前ヒット
中谷    初球を打ってセカンドフライ
原口    0-1から2球目を打ってセンター前ヒット
ベキオナチ 1-2から4球目を打ってセカンドゴロ

回表
加登脇    1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
国本    3-2から6球目を見逃し三振
西森    1-2から球目を打ってライトフライ

回裏
田中    2-1から4球目を打ってショートゴロ
阪口    2-1から4球目を打ってショートゴロ
穴田    1-2から4球目を空振り三振

回表
島袋    1-0から2球目を打ってレフト前ヒット
舟生    0-1から球目を打ってサードゴロセカンド封殺
林     1-0から2球目をセーフティバントを試みるもセカンドフライ
亀澤    1-0から2球目を打ってショートゴロ

回裏
橋本    1-1から3球目を打ってセカンドフライ
黒田    1-2から4球目を打ってライトフライ
藤井宏   1-2から4球目を空振り三振

回表
水口    1-1から3球目を打ってセンターフライ
中村    1-0から2球目を打ってセンターフライ
加登脇   初球を打ってセカンドエラー
国本    1-0から2球目を打ってセカンドフライ

回裏
中谷    初球を打ってセカンドフライ
原口    2-2から5球目を打ってライト前ヒット
ベキオナチ 初球を打ってセンターフライ
次打者田中の2球目にワイルドピッチ
田中    3-1から四球
阪口    0-2から3球目を空振り三振

回表
西森    初球を打ってレフトフライ
島袋    3-2から6球目を見逃し三振
舟生    初球を打ってレフトフライ

回裏
穴田    1-0から2球目を打ってセカンドフライ
橋本    0-2から3球目を打ってライト前ヒット
黒田    1-2から4球目を打ってピッチャーゴロダブルプレイ

回表
林     1-0から2球目を打ってショートゴロ
亀澤    1-2から4球目を見逃し三振
代打李   初球を打ってショートゴロ

回裏
ガイナーズ選手交代:
代打 李→2.三 甲斐
3.三 中村 → 一 中村
5.一 国本 → 二 国本

藤井宏   1-2から4球目を打ってセカンドライナー
中谷    初球を打ってピッチャーゴロ
原口    3-0から4球目を打ってセンター前ヒット
ベキオナチ 2-2から6球目にデッドボール(軽くキレる)
田中    0-1から2球目を打ってサードゴロ

回表
中村    3-2から7球目を思い切り振り抜いてレフトへホームラン
0-1OG
_MG_8824.jpg
ホームインする中村選手

加登脇   2-0から3球目を打ってショートゴロ
国本    1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
西森    初球を打ってサードゴロ
次打者島袋の2球目にワイルドピッチ
島袋    3-1から5球目を打ってファーストゴロ

回裏
阪口    3-2から6球目を打ってレフトフライ
穴田    1-0から2球目を打ってライトフライ
橋本    2-2から5球目を打ってセカンドフライ

回表
舟生    1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
林     1-1から2球目をサード前送りバント失敗、ランナーセカンド封殺
次打者亀澤の2球目に林セカンドへ盗塁成功
亀澤    1-2から6球目を打ってセカンドゴロ

回裏
ガイナーズ選手交代:左 島袋 →左 小栗

黒田    2-2から5球目を打ってライト前ヒット
藤井宏   1-0から2球目を打ってファーストゴロ

ガイナーズピッチャー交代:山中→酒井

中谷    2-1から4球目を打ってバット粉砕のサードゴロ
原口    2-2から7球目を打ってセンターフライ

回表
タイガース選手交代:
3.右 甲斐
5.左 ベキオナチ

中村    0-1から2球目をライトファウルフライ
代打大川  2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
国本    初球を打ってセンターフライ

回裏
ベキオナチ 1-0から2球目を打ってセンター前ヒット
田中    2-2から5球目を空振り三振
阪口    1-2から3球目を打ってショートゴロ野選
穴田    3-0からフォアボール
橋本    1-0から2球目をショートタイムリー内野安打
1-1OG
黒田    1-2から5球目を見逃し三振
藤井宏   1-1から2球目をピッチャーゴロ


香川 000 000 100 1
阪神 000 000 001 1

本:(香川)中村

投手成績
香川オリーブガイナーズ
_MG_8815.jpg
河野忠義   3回11打者38投球 2被安打 0四死球 1奪三振 0失点 0自責点

以外にこのピッチャーが面白かったです。典型的なオーバーハンドのピッチャーですが、たまにふっとタイミングを外す大きな縦のカーブ(と思われる)変化球がなかなか良かったです。

_MG_8821.jpg
富田康祐   3回13打者41投球 3被安打 2四死球 1奪三振 0失点 0自責点

チーム事情をあんまり把握してないのでアレですが、何となくスターターみたいな省エネスタイルのピッチングフォーム。こんなピッチャーも個人的に好きだったりします。

_MG_8833.jpg
山中達也 1.1回 5打者20投球 1被安打 0四死球 0奪三振 0失点 0自責点

大きくなったなぁ(笑)。とは言うものの、カープ時代のピッチングを全く見たことがないんでアレですが。根っからの香川(丸亀)の人やから期待度もかなり高いと思います。背番号も、同い年のマエケンと同じ「18」やし。2イニング目の途中で交代してしまいましたが、初勝利を挙げた時のように、2~4イニングのロングリリーフ…で使おうと思ったら使えたろうに、何でカープは戦力外にした!

_MG_8837.jpg
酒井大介 1.2回 9打者36投球 2被安打 1四死球 1奪三振 1失点 0自責点

今日、見ててある種「凄み」を感じたピッチャーでした。鳴尾浜球場にスピードガン表示がないのでアレですが、サイドスローとは言え、恐らく140km/hは越えてたんではないかと。それ以上にピッチングフォームに向こうっ気の強さを感じました。とにかくビュンビュン投げて来る、といった印象。コントロールがもうちょっと良ければ、クローザーとして十分通用するんじゃないかと思います。。

阪神タイガース
清原   5回17打者46投球 1被安打 0四死球 1奪三振 0失点 0自責点
島本   1回 3打者 7投球 0被安打 0四死球 1奪三振 0失点 0自責点
岩本   1回 5打者20投球 2被安打 0四死球 0奪三振 1失点 1自責点
高田   1回 4打者15投球 1被安打 0四死球 0奪三振 0失点 0自責点
石川   1回 3打者 7投球 0被安打 0四死球 0奪三振 0失点 0自責点

_MG_8841.jpg
試合終了後の挨拶

_MG_8842.jpg
ガイナーズの方が一旦ホームベース付近まで出てきてたんですが、結局その付近での挨拶はなし。

_MG_8845.jpg
奥は天野投手コーチを中心にしての投手陣の、手前は前田忠節コーチを中心にしての野手陣の反省会。この後、一部の選手はライトの定位置付近でクールダウンをやってました。

_MG_8859.jpg
試合が終わった後は「交歓会」と言うか何と言うか。お相手は立石充男育成チーフコーチ。

_MG_8862.jpg
前田忠節コーチは特に入念に。近鉄バファローズに入団した時の守備走塁コーチが立石コーチやったし、晩年はタイガースの選手やったし、昔話に花を咲かせていたんでしょうか。。

_MG_8860.jpg
近いうちにもういっぺん、何人か連れて、瀬戸内海を渡って広島に帰ってきて欲しいんですが。

それ以上に、タイガースの選手層の「底」の深さと言うか何と言うか。単独チームを一つ組めるだけの育成選手の陣容と言うのは羨ましい限りであります。今後使うかどうかはまた別の話ですが。

これは絶対にカープも見習わんといかん所。「育成選手だから」ってんで、大野練習場や由宇練習場に「由宇閉」する必要はない。獲得している以上は、何か「これ」と言うものを持ってるはず。それを伸ばすのは練習ばかりではない。実戦で鍛える場をどんどん設けないといかんですよ。


と言う、何の関係もありあおななさそなチーム同士の試合、でしたとさ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/687-7b8dbe87