今日は週末土曜日だと言うのに、タイガース対ベイスターズは大雨で中止、ジャイアンツとドラゴンズは「延期」で試合なし。期せずしてカープ対スワローズの「首位決戦」だけが行われました。

東日本大震災の影響とは言え、よくもまぁジャイアンツは「週末の試合」を放棄したな、と。余程でなければ試合は出来ただろうに、まぁ移動費に見合うだけの主催球場が見つからん勝ったのか、ただただやる気がなかっただけなんか。んなことはよそのチーム事情やから知ったこっちゃないですが。

何べんでも言いますが、なんぼいざとなったら電源車を用意するとは言え、延期したからって、その延期した日に試合が開催できるって保証はどこにもないし、誰も補償してくれんのですよ。

カープの先発ピッチャーは、中東君と入れ替わりに昇格してきた中田廉君。スワローズは高市。

で、今日はタクロー君がプロ入り初のセカンドスタメンってか。プロ生活においてもセカンド守備はまだ5試合目。ここ暫らくと言うか昨年あたりから「サード」での先発や守備固めが多かっただけに「大丈夫かな」と言う気がします。恐らくわしらがどうのこうのより、本人が一番びっくりしてるかも。

それよりも何よりも、昨日から中田廉君先発の予想はあったけど、その裏でこっそり「先発キャッチャー・白濱」を期待してたんですけどねぇ。

回表
「代わった所にボールが飛ぶ」とは言うけど、先頭の青木の打球は本当に「変わった所・セカンドタクロー」の所に飛んで行った。野球ってこんなもんだ(笑)。

ワンアウトからつまらない送球ミスとかでランナー1・3塁。しかも何でもないファーストゴロ。先にベースを踏めば何とかなったのにね。てか、座ったことにない位置にチームがおるんでやっぱり少し舞い上がってるのか。今日4番に座った畠山がセンターへの犠牲フライでスワローズ1点先制。
0-1

回裏
先頭の梵君がライト前へのポテンヒット。こんな時は初めてマツダスタジアムに来た選手、特に外野手を狙う方がいい(笑)。続くタクロー君は初球を送りバント。しかも、明らかに軽くセーフティ気味。これが東出君にない所かそれとも技術の差か。そして3番廣瀬君がセンター前へタイムリーヒット。
1-1
もはやこうなったら「様式美」の世界。その気になればヒット1本でも点が入るような攻撃なんだ。そしてトレーシーが倒れた後、今度は廣瀬君が盗塁。は熾烈奴はどんどん走らせたらいい。昨日は2安打2四球で、野村謙二郎監督は置かんむりやったけど、その前に打てる手はみな打ったかって話。

回裏
先頭の廉君が「プロ入り初ヒット」の内野安打。続く梵君がセカンドゴロでランナーすり替わりの術。タクロー君の打席の時には、ワイルドピッチでセカンドへ。相川が「前に」はじいたのによく走ったもんだ。そして続くタクロー君が粘って粘ってセンター前ヒット。そして廣瀬君はもはや「貫禄」の敬遠気味のフォアボール。そしてトレーシーがライトオーバーの2点タイムリーツーベースヒット。続く栗原君がゴロゴロながらもレフト前タイムリーヒット!さらに、岩本君がファースト強襲のタイムリーツーベースヒットでさらに追加点。丸君見逃し三振、クララが半ば敬遠のフォアボールのあと、この回2打席目の中田廉君がショートへタイムリー内野安打。ついでのプロ初打点!
6-1
トレーシーが打つんなら栗原君も打つ。ちなみに昨日まで、二人揃ってなかよく打率.222。ここまで二人揃って2打数1安打。しかしよく繋がる。如何にここまで4~6番が機能してなかったかがよう分かる。それにしても、ピッチャーの1イニング2打席連続内野安打ってのは聞いたことがない。

回表
ワンアウト1・3塁から、代打松元ユウイチのファーストゴロの間にスワローズ1点追加。
6-2

回表
先頭の田中浩康にセンター前ヒット。福地がショートゴロでランナー入れ替わり、そして盗塁成功。んでまた畠山が左中間を破るタイムリーツーベースヒット。昨年は田中浩康、今年は畠山。カープは毎年のようにスワローズ相手に「苦手」を作ってしまってる。相川は打ち取ったものの、バレンティン、宮本にも同じようにタイムリーツーベースを貰う。
6-5

16:26、回裏終了。先週木曜日の試合ならもうとうに試合が終わってる、どころか生中継そのものが終わってる。どんだけ長いねん。一応、J SPORTS1の放送時間は17:30まで。TBSニュースバードの5時間はどうかと思うけど、コレはちょっと短すぎる。それ以上に試合が長すぎる。
LET’S 省 TIME!


回表
クローザー・サーフェイトが、ワンアウトからバレンティンにレフトスタンドへソロホームランを食らう。
6-6

そして18:10.あと20分で、神戸でナイトゲームが始まろうかって時になってようやく試合終了。
広島東洋カープ6-6東京ヤクルトスワローズ
首位死守
つーか、立ったことのないポジションやから、ナニが「死守」何か分かりません(笑)。


しかし今日はおっさんの働きが目立ちましたねぇ。

まずは「2番・セカンド」石井琢朗をさ。今日は結局5打席3打数3安打1四球1犠打。そして、まだまだ今シーズン、打席数は少ないけど、得点に絡む率がとんでもなく高い。

4月15日
9回裏ツーアウトツーナッシングから四球(代走赤松君生還)

4月23日(今日)
ノーアウト2塁から一塁線への送りバント(送った梵君が生還)
ワンアウト2塁からセンター前ヒット(本人が3点目の生還)
先頭バッターでセンター前ヒット
先頭バッターでセンター前ヒット
ノーアウト1塁、ツーナッシングから四球

石井琢朗と言う「名前」もあるかも知れんけど、この確率は特筆もの。それ以上に「2番」と言う打順を知り尽くしてのモノ、だと思います。送る時は送る、先頭バッターになったら積極的にヒッティング。しかも姑息に逆方向を狙うとかじゃなく、どっちかと言えば「気合い一発センター前」みたいな打球。

変に「当て」に行ってない。しっかりボールを打ちに行ってるから、良い打球がセンター前に飛ぶんだ。点にはなかなか繋がらんかったけど、競った試合展開の中、雰囲気を変えるには絶好の打球。ヒットの方向云々以前に、場の雰囲気を変えれる打球を打てる人はそうそういてない。

そして、どの打席を見ても、見てるこっちに「漲るもの」が伝わってくるんだ。トップバッターも長かったから(わしの脳内は、「石井琢の次は波留」)、どんな場面にも対応出来る能力と経験もあるんでしょう。これはナンボ給料をもらうようになっても、東出君とかは必ず勉強せんといかん所だと思います。


そして6回表の豊田君。田中浩康からの打順を三者凡退2奪三振。廉君がグダグダやっただけに、余計にピシッと引き締まって見えたんですが、結局カープが奪った三者凡退ってのはこの6回だけ。投げる豊田君も強気なら、受けるクララも強気なのか、引き締まったイニングになったと思います。


ここ暫らく、若いのんばっかりが活躍してるようにも見えます。昨日の放送では、レギュラーメンバーが30歳前後になって来て、「プロ野球選手として一番脂が乗ってきた頃」みたいな話にもなってましたが、やっぱり脂の乗ったお肉には、香ばしいスパイスが必要になって来ます。そんなスパイスがタクロー君であり、豊田君であって欲しい。あんまり目立たんけど、ないと困る、みたいな。


まぁ今日は「負けなかった」事で良しとせねば。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/682-2e993f47