阪神が要望書を提出へ「完全に落球」 サンスポ

(セ・リーグ、阪神4-5巨人、2回戦、1勝1敗、20日、甲子園)阪神の沼沢球団本部長は、七回にブラゼルの打球が二飛とされた判定について「要望書を出す」と話し、セ・リーグ側に判定の正確性向上を求める意向を示した。

七回、阪神が3-2と勝ち越した後の2死一、三塁で、ブラゼルの飛球を脇谷が捕球したと一塁の土山塁審は判定。真弓監督は落球していたとして抗議したが、覆らなかった。

沼沢本部長は「完全に落球。ビデオで確認した。審判の位置取りによっては見えていたはず」と話した。土山塁審は「キャッチしたと見た」と言い、杉永球審は「今回は彼(土山塁審)が見えていたという判断です」と説明した。(共同)



もめないわけがない。昨日のタイガース対ジャイアンツの試合。7回裏のブラゼルの打球。



どう見ても落としてる。

しかし、なんでセカンド後方の打球なのに、一塁塁審がジャッジをしてるんだろう。あの打球は、二塁塁審がジャッジを下しに行くのが普通ではないかな、と素人目には思うんですが如何でしょう。

ツーアウト1・3塁、打球が飛んだらどんな飛球であれ、一塁・三塁のランナーは全力でホームを目指して走る。バッターランナーは一塁を目指して走る。まぁ緩いフライやから、何となしに「アウトやろうな」と言う感じの走り方になるでしょう。この時点で、塁上にいるランナーは、ブラゼルだけになる。

審判は、セカンド後方への、脇谷が追っかけてる打球やから、二塁塁審・山本が、同じように追いかけてジャッジを下せばいい。バッターランナーのブラゼルに関しては、ショート・坂本がセカンドのベースカバーに入るし、ブラゼルがセカンドに走ることはまずない。だから一塁塁審・土山は、ブラゼルがベースを踏んだら、セカンドのフォローに行けばいいんだ。

主審杉永は、サードランナー、またはファーストランナーがホームインするのを確認する役目があるし、三塁塁審・柿木園は、一塁ランナーがセカンドを回って三塁に駆け込んでくるのを確認する役目があるから、セカンド付近のカバーに行くには時間がかかる。

素人目に見たら「こうすればええな」と思ってるんですが、動画を見たら、打球が上がった瞬間、二塁・山本は、どう言うわけかフレームアウトしてしもうてる。セカンド後方の打球なのに、ですよ。

こんな時の塁審同士の連携プレイと言うかフォーメーションって、どうなってるんかね。

それと、気になるのが審判の眼の高さ。審判はこんな打球の時、野手が捕ってるかどうかのアピールを見るよりも、グラウンドに落ちたか落ちてないかを見るのが当たり前なんじゃないでしょうか。

大相撲の行司が、土俵際で力士の足元しか見てない時がよくあります。そのお陰で力士に潰されそうになったり、土俵外に放り出されたりしてるけど、アレくらい必死に動かんといかん場面なんですよ。にも関わらず、普通の目の高さでジャッジを下そうとしてる。しかも後ろから付いてってるような状態なのに、背中方向からなんか満足なジャッジが出来るはずもないんですよ。


よそのチーム同士の試合やから、あんまりあーだこーだは書きませんが、何でこんな事をかこうかと思ったか、ちょっとした「伏線」があります。

完全に忘れてたような話なんですが、先月末に観戦に行った鳴尾浜球場でのウエスタンリーグ対阪神戦。二戦目でしたかね。主審(名前忘れた)が「育成審判」の人なんですよね。まぁそこまでは別にアレとして。よく主審が、ハーフスイングの判定を塁審に求めるシーンがありますが…。

右バッターのハーフスイングの判定を三塁塁審に求める
三人しかいない時に、一塁塁審がセカンドについてる時にも判定を求める


それなりの審判学校を出て、現場に出てるんだろうけど、どっかおかしい。シーズン最初の話でしたから、これはもう是正されてるかとは思いますが、今度こんなシーンを見たら本気で野次りますよ。


今シーズンから審判部が統合されたみたいやけど、是非ともこういった問題は二度と出んようにして欲しいんだ。せっかくの好ゲームに水を差しかねない。人間がやってる事だからと言うけど、そのアウト一つで二軍に落とされるかも知れん選手もいる、そのジャッジ一つが、来季の年俸に響く選手もいるかも知れん。グラウンドにいる人間全員の生活がかかってる。もちろん審判もそう。

ミスジャッジも含めて野球、なんだろうけど、ミスジャッジは選手のエラーと一緒で、完全になくせんかも知れんけど、減らそうと思ったら減らせるんだからどげんかして欲しい。そう思います。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/677-ccb819f3