さて、今日はありがたいことに、NHK-BS1で、18:00から録画中継をやってます。これで、無駄に5時間も録画せんでいいことになったんですが。

そんな裏で、当然のように甲子園球場でのナイトゲーム、阪神タイガース対読売ジャイアンツ、をやってるんで、いっそのこと「セルフ二元中継」(笑)。まぁ当然のように、カープの試合が中心で、「裏の試合」は得点さえ分かればいんですけどね。

とにもかくにも、ジャイアンツに勝ってもらわん事には「単独首位」を次の日まで堪能出来んです(笑)。時期的に、ペナントレースの行方にはほとんど影響せん時期ではありますが、そして個人的には「スタートダッシュ云々」はどうでもええ方なんですが、それでもやっぱり、勝つ方がええし、ジャイアンツやタイガースよりも(期間は短いかも知れんけど)上におる方がナンボか気分ええし(笑)。


先発はベイスターズは高崎健太郎、カープは「Happy birthday」篠田順平。
そして気になる「裏番組」は、タイガースがスタンリッジ、ジャイアンツはトーレスが先発。

しかし、デイゲームを夜見るってのは何となく「オフの過ごし方」みたいでアレですな。

回表
先頭バッターのトレーシー、気分転換かなんか知らんけど、ユニフォームのソックスを上げてきた。似合ってるか似合っとらんかは別にして、いっその事全員オールドスタイルにしてみてはどうか。この回、結局岩本君がファーストゴロ、ファースト封殺セカンドタッチアウト。

回裏
両チーム通じて初ヒットをハーパーが打つも、ひちょりがファーストゴロダブルプレイ。栗原君がファーストを踏んでセカンドに送球、タッチアウト。この回、両チームとも全く同じ攻撃で終了(笑)。やられたらやり返せの、これぞまさに「逆襲」か。さすがベイスターズ対カープ。似た者同士。

回表
先頭の丸君はヘッドスライディングを敢行もセカンドゴロ。続く石原君はセカンド渡辺直人のエラーで出塁。うまいこと捕球前にバウンドが変化してくれた。つか、あれこそ「インチキ」ではないのか(笑)。続く篠田君はキャッチャー前に送りバント。次のバッターは梵君。

ここでちょっとややこしい。梵君がショートゴロはいいものの、石川がファーストへ悪送球。ハーパーがポロリしてる間に石原君がセカンドから一気にホームイン!ノーヒットでカープが先制!
YB0-1
しかし梵君はファーストを駆け抜けた後、ファウルグラウンドに逃げれば良かったのに、ゼカンドに行くつもりでいたかフェアグラウンドに入ってしまい、ボールを拾ったハーパーにタッチされて、記録的にはファーストオ-バーランでスリーアウトチェンジ。

とりあえずは石原君の好走塁に助けれられて先制点は入ったけど、これはちょっとした梵君のボーンヘッドと言うか何と言うか。少しでも石原君の足が遅かったら、先制点は取れんわランナーは残らんで攻撃終了やわで、わやのイニングになるところでした。裏を返せば、これだけすきのない走塁をしてれば、いつでも点が取れるってことでしょう。この先制点もほんの数秒の隙をついたものですからね。

回裏
先頭の吉村がフォアボールで出るも、武山の時にセカンド盗塁失敗。その武山がフォアボールで出塁するも、高崎が送りバント失敗で三振。石川がフォアボールで出るも渡辺直人空振り三振。フォアボール3つ奪われるも無失点。人の事は言えんが、ベイスターズも根本的には変わってない模様。

回表
先頭の東出君がサード前へ絶妙のバントヒット。これでは今シーズン、やる気を見せてる村田でもアウトには出来ん。そして、続く廣瀬君が2球目を送りバント。恐らく野村謙二郎監督は、ここから、昨日の再現を期待したんだろう。しかしトレーシーはサードゴロ、栗原君はライトフライ。

トレーシーの時にも真ん中に入ってくるスライダー、栗原君の初球にも真ん中付近にいいスライダーが決まってる。にもかかわらず、打てない。何となくバッターが金縛りにあってるような感じ。捉えれられんまでも、カットくらいは出来んかったものか。

で、この回の途中、スカイAで中継をやってた「タイガース対ジャイアンツ」が突如中継を終了、いきなりバスケットボール(JBL)の中継に切り替わった。ココから先はABC朝日放送(テレビ朝日)で、って事なんだろうか。そう言えば、試合の冒頭、18:25まではサンテレビで中継していたものの、それ以降は「ABC朝日放送で」等と言ってた。これでは何のためのCS放送なのか分からん。死ねABC。

回表
先頭の梵君はセンターフライ。ひちょりの好捕に阻まれる。続く東出君はレフトフライ。廣瀬君はようやくヒットらしいヒットをセンターへ。そして、ここまでシーズンに入ってからヒット3本打点ゼロだったトレーシーが、フルカウントからライト前タイムリーツーベースヒット!来日初長打初打点!
YB0-2
この回、カープ、ベイスターズとも1番からの攻撃やったので、この回がこの試合のちょっとしたカギやと思ったんですが、とりあえずはカープが追加点。少しはベイスターズにプレッシャーを掛けることになったかな。とは言うものの、ココまでカープのホームランは3本、「スレッジ」はここまで既に5本。裏の守備、何とかスレッジの前にランナーを出さんようにせんと。

回裏
で、ベイスターズの上位打線。先頭の石川は見逃し三振。続く渡辺直人はマエケンが投げるような大きなカーブで見逃し三振。篠田にあんなスローカーブってあったっけ?続くスレッジをハーフスイング空振り三振。ひと汗かいてようやく乗ってきたか篠田君。しかしこの回終わってジャスト100球。

8回裏の最中、甲子園ではなぜかリリーフのマウンドに内海が上る。先週水曜日はスワローズ相手に先発してたはず。一体何を思っての起用なのか。それだけジャイアンツのリリーフ陣が脆弱と言う事なのか。そもそも何で今日、新外国人ピッチャーを投げさせる必要があるんか。実況アナは「山口がベンチ入りしてない」とか言うてたけど、ジャイアンツ投手陣は大丈夫か。

それか、この甲子園3連戦が終わったら、ジャイアンツは来週火曜日まで丸々4日間、試合がない。明日は澤村拓一が投げるとか。この休みの間に、多少のローテーションの組み直しみたいなことをするつもりでいてるんだろうか。まぁよその事は知ったこっちゃないですが。

回表
先頭の廣瀬君がセンター前ヒット、トレーシーのセカンドゴロで廣瀬君はセカンド進塁。続く栗原君はセカンド渡辺直人強襲の内野安打。しかしセカンドランナーの廣瀬君が勢い余ってサードオーバーラン。サードに戻れずタッチアウト。結局続く岩本君がセカンドゴロでこの回無得点。

9回表の途中、タイガースは7回裏、鳥谷の犠牲フライで1点勝ち越し。

回裏
何だかんだで篠田君最終回。5回以降はパーフェクトピッチング。この回も石川を空振り三振、渡辺直人をセカンドゴロ、最後のバッタースレッジをレフ岩本君のダイビングキャッチで試合終了!

かくして。20:35(本当は15:33)…
横浜ベイスターズ0-2広島東洋カープ
篠田君2年ぶりの完封!
5 連 勝 ! 貯 金 3 !

よくよく考えたら、マツダスタジアムオープニング第3戦以来なんですな、本人もヒーローインタビューで言うてたけど、前回は10-0。今回は2-0やから緊張感と充実感は今日の方が断然あったはず。それでも、先に書いたように、5回以降、もっと言えば、4回裏の先頭バッターで、スレッジが内野安打で出て以来全くランナーを許さず。ぶっちゃけ、完ぺきなピッチングやたと思います。

ただ、3回の突発性ノーコンさえ何とかしてくれたらな(笑)。

それと、相手ピッチャーの高崎健太郎。彼に関して未だに覚えてるのが、2008年の広島市民球場での、春先のベイスターズ戦、17-3でカープが勝った時の、ベイスターズの先発が彼やったですね。

その後何がどうなったんかは知りませんが、先発ローテーションを任されるようなピッチャーになって「立派になったなぁ」と感心してる次第です。今日も結局、まともに取れたのは1点だけですからね。あの、スライダーとカーブは何とかせんと、この先打ちあぐねるかも。

それ以上に今日は、悪送球とかがあってエラーが2つ、ベイスターズに付いてますが、もう一つのエラーは決してつまらないミスでもないし、両チームともどもダイビングキャッチとかの好プレイが結構目立って、全体的には締まった試合になったと思います。


ってなこと書いてたら、8回表にジャイアンツがココで、アイム・チョーノの三塁強襲二塁打(笑)と亀井のサード内野安打とかで大逆転に成功。そして今度は、ABC朝日放送から、サンテレビに移動。何と言う生中継の仕方。深夜にスカイAでノーカットの録画中継をするとは言え、これは酷い。

そして21:44 阪神タイガース4-5読売ジャイアンツ
カープ単独首位!

これも、2005年4月3日以来6年ぶりですかね。あーどうでもいいや。「単独3位キター」どころじゃない。つか、そもそも貯金3っていつ以来でしょう。これくらいはもうちょっと最近になる、と思いたいんですが無理かでしょうか。ええ「喜んでるのも今のうち」ですよ喜ばせて下さいよ。


こんな事になるから週末の天気予報は雨なんだ(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/674-d64d7d4e