今日から3日間、とても大きな声では言えませんが、「首位攻防戦」です。

いやホント、まだまだ首位がどうのこうの言えたもんぢゃないですが、今シーズンこの先、こんな言葉は多分出せんやろうし、今のうちに書いといた方がええかな、と(笑)。

で、相手さんのベイスターズですが、東京スポーツのネタゆえ、信憑性のほどはアレですが、何ともきな臭い話が出てました。まぁこの先のベイスターズの快進撃に影響がなければええんですが。



横浜「身売り」再び TBSが広告撤退

「いよいよ撤退開始ですね」。中日ドラゴンズとの開幕戦が行われた12日、横浜ベイスターズのある選手が横浜スタジアムの中堅方向を指差してつぶやいた。つい先週まで、スコアボード下方両脇には、横浜の親会社TBSの広告があった。それがケーブルテレビ会社「J:COM(ジェイコム)」の広告に代わっていたのだ(写真)。

本拠地から親会社が看板を外せば、選手やファンは球団経営を放棄したと判断する。ところが開幕戦を観戦した若林オーナーは「知らなかったけれど、そうみたいだね。どこも苦しいからじゃないか」と人ごとのように受け流した。

球場関係者によれば、TBSが広告契約打ち切りを告げてきたのは3月初旬。「あまりに突然で驚きました。すぐに(鶴岡)社長や重役が継続を頼み込んだのですが、ダメだったようです。あの場所の価格は数千万円と小さくない。J:COMさんが手を挙げてくれたので助かりました」。元親会社のマルハが広告を出していた場所でもわかるように、オーナー会社の〝指定席〟だ。それだけに、選手や関係者の受けた衝撃は大きかった。

球団売却の前触れなのか。TBS上層部は「身売りとは関係ない。あくまで全社的な経費節減の一環」と否定する。その一方で「去年ああいう騒動になった以上、周囲にそう見られるのはわかっていた」と〝確信犯〟であることは認めた。また横浜市内のホテルで開かれていたTBS主催の激励会も中止になった。このとき球団職員の多くは「いよいよ身売りが近いと悟った」という。

昨年10月末に住生活グループとの身売り交渉が破談となったとき、TBSホールディングスの財津敬三社長 (当時=現副会長)は、今後の売却の可能性を「いい話があれば」と否定しなかった。昨年秋以降もTBSから送り込まれた会計士が、球団の財務状況の調査を行ったという。

TBS関係者は「破談になってからも、いくつか話があったらしい」と明かした上で「球団保有が引き続き難しい状況に変わりはない。震災による広告の激減で、これまで以上に本社は野球どころじゃなくなっている。買い手側の状況にも変化があるかもしれないが、話があれば粛々と進めるだろう」と話す。

04年と同じ球界再編騒動が起きるのか…。横浜ナイン、球団関係者の不安は尽きない。

ハマスタ社長怒る「横浜出ていけ」

【プロ野球】横浜のくすぶっていた火種から、また怪しい煙が上っている。問題になっているのは、昨季で10年契約が満了した横浜スタジアムとの球場使用契約だ。金銭条件面で両者に開きはないが、問題は年数。新たに単年、もしくは2年の短期契約を希望する球団に対し、ハマスタ側が求めるのは5年以上の長期契約。交渉は今も平行線のままだ。

11日、横浜スタジアムで行われた必勝祈願式に球団幹部らと並んで出席したハマスタ・鶴岡博社長(70)は、横浜へのいら立ちを隠さなかった。「球団は何を考えているのか。契約していない者に球場は貸せない。来月になったら『出ていけ』と言う」

すでにセ・リーグは全日程を発表。同社長は「相手(横浜以外の球団)がある世界だから」としつつも「これはビジネス。最低でも3年だろう」と強硬な姿勢を崩さない。両者にらみ合いの結果次第では、震災による影響とは関係なく、横浜が“放浪球団”になる可能性が出てきた。



で、先日の神奈川新聞に出てたように、横浜スタジアムからもえらく邪険に扱われてるみたいで。と言うか、何で横浜スタジアムの社長さんはこんなに横柄と言うか横暴なんですかね。むしろベイスターズで持ってるようなもんやのに。まぁ確かに高校野球神奈川大会でも人は入りますが。

とは言うものの、まだベイスターズと横浜スタジアムの間で、正式に契約が交されてないと言うのは異常事態。せっかく何とかかんとか、ペナントレースが進行しようとしとるのに、ハマスタの社長さんの一言は、そのムードに水を差しかねんような発言ですよ。

しかし、ベイスターズの親会社TBSは、こんな腹づもりがあるんかどうかは分かりませんが、いずれは売り飛ばす球団の為に、長期契約なんざ結んでられない、と言うのが本音なのかも知れません。

そんな狭間での、ベイスターズの(まだ開幕して6試合とは言え)昨年とは見違えるような試合運び。「ひちょり効果」もナンボかあるんかも知れませんが、ベンチの雰囲気は明らかに昨年とは違います。

もしかしてコレは、横浜スタジアムと、親会社TBSに対する反骨心から来てるのかも知れません。いつまで経っても、親会社のアナウンサーに「ベースターズ」としか読んでもらえない悔しさとか(これ、いつ聞いても気になります。ディヴィッド・ボウイをデビットボーイというてしまうようなもの)。

むしろ選手や球団が「今年は思い切り強くなって、横浜スタジアムなんか出てったる!もうTBSのチカラも借りん!」みたいな気持ちでおるんかも。つーか心底、地元横浜スタジアムと、親会社TBS、そしてベイスターズ球団が、いかにバラバラなのかを如実に表してるように見えますが如何でしょう。

つーか、ベイスターズがココまで弱くなってしまったのは、これら三者の力関係がうまくいかんかったのが原因やったんかなぁ、とも。その中で、ようやく今シーズン、ベイスターズ球団だけが一歩、前に出ようとしてるんではないでしょうか。ええもう、ぶっちゃけ大きなお世話ではありますが。


まぁ、元ネタが東スポですから…って笑ってられるんかなぁ。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/672-36ad47a6