今朝の朝刊スポーツ面を見て「ほぉ~」と思ったんですが。

四国九州アイランドリーグplus

の結果が、大学野球とかと同じように、狭いスペースに結果だけ載ってたんですが。

そのうちのひと試合の結果の中に、お久しぶりの名前を見つけました。

山中達也君

↑ページを画像保存しといて良かった良かった(笑)




香川、逆転で3連勝/四国ILplus 四国新聞

四国アイランドリーグplusは17日、三重県津球場などで2カードを行った。香川オリーブガイナーズは三重スリーアローズに11―7で逆転勝ちし、アウェー戦を3連勝で終えた。

香川打線は15安打と3日連続で2桁安打をマーク。国本のソロ本塁打で先制した直後の二回に7点を奪われたが、三回に2点、四回に3点と集中した打撃で1点差に詰め寄ると、五回には加登脇の中前打を足掛かりにした1死一、二塁から舟生の三塁打などで3点を挙げ逆転。八回にも2点を加えて駄目を押した。

初先発となった高卒ルーキーの河野は二回に5長短打を許し、味方のミスや暴投もあり7失点(自責点5)。三回からの4イニングを被安打1に抑えた左腕山中が初勝利を挙げた。八回途中から登板した冨田は2セーブ目。



※記事中に出て来る「加登脇」ってのは、カープの福井君が済美高校の時にジャイアンツに指名された時の、一つ上の順位だった「加登脇卓真(ドラフト指名当時は投手)」です。

で、四国九州アイランドリーグ公式サイトの、試合結果のページに「スコアブック」なるなリンクがあるんですが、そこをクリックしたら、試合内容の清書(?)されたpdfが出て来るのかと思いきや…まさに「スコアブック」つまりは実際に現場で書いたスコアブックのコピーがそのまんま出て来たので(笑)山中君の投球内容を書き出してみました。

4イニング 15打者 67球 1被安打 4奪三振 3四死球 0失点 0自責点

少し球数は多いような気もしますが「ロングリリーフ」としては上々の数字ですねぇ。今、カープでこれだけの数字を残せるピッチャーって、そうそういてないような。つーか「プロ野球」に入ってこれだけ長いイニングを投げたことはないんじゃないですかね。他にもここまで、ホークス三軍との定期交流戦にも登板。着々と実績を積み重ねつつあります。

つーかなんで手放したんじゃバカタレが!

で、オリーブガイナーズ入団後は、西田真二監督の配慮なのか、本人が希望したのかどうかは知りませんが、同級生の前田健太や田中将大、斉藤佑樹と同じく、「背番号18」を背負ってます。

偶然なのか必然なのか運命なのか、昨日日曜日は、同世代のカープ・福井君や、同級生のファイターズ・斉藤佑樹、少し下のバファローズ・西勇樹などがプロ入り初勝利を挙げています。金曜日には田中将大が勝ち星を挙げています。前田健太はちょっとアレでしたが…。

この他にも「マエケン世代」はたくさんいますが、彼らと再び肩を並べる為にも、彼らと再び相まみえる為にも、ぜひ山中君には香川で「ひと旗」あげて欲しいものです。んで、西田真二監督と一緒にカープに帰ってくる、と(笑)。まだ22歳ですからね。帰って来ようと思ったら帰って来れますよ。帰って来た先がタイガースやったらちょっとアレですが。

まぁ鳴尾浜に見に行けるからいいか(笑)。

で、こんな動画を見つけました。


↑サムネが山中君なのがナイスと言えばナイス(笑)


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/671-527a0d49