ここでブログを初めて足掛け2シーズン目に入りましたが、今だに試合のある日のタイトルに苦慮してます。昨年はただ対戦と点数だけにしてたんですが。今年は、ウエスタンリーグと仕様を並べ、無駄にダラダラと長くなってます。この方がいろいろと検索に引っ掛かってくれそうやし(笑)。

今の所はコレが一番すっきりするかなぁ。点数を書いてしもうたらネタばれになってしまうし(笑)。


今日はNHK-BS1での中継。解説小早川毅彦・実況広坂安伸(大阪)。ここが一番落ち着きます。いい加減スカイAとかも「場内音だけの副音声」があればええんですが。つか、野球中継なのに、相手チームの選手すらろくに知らんアナウンサーさえ入れ替えてくれたら文句はないんですがね。

特に今日のスカイAの中継の解説は福本さんと矢野燿大。キャッチャーとセンターのスペシャリストでありプロフェッショナル。言わばセンターラインの野球の見方が楽しめて面白そうです。

…と思うんですが、いかんせんアナウンサーが「ファン目線」と言えば聞こえはええけど「素人以下」ですからね。スカイAに限らないんですが、どこの放送局でも、プロ野球やサッカーの試合の中継で「大笑いする」アナウンサーっています。アレはハッキリ言って見苦しいもんです。

アナウンサーてのは喋るのが仕事、今、目の前で起きてる事象をありのまま伝えるのが仕事、のはず。そんな中で、何の緊張感もないバカげた笑い声なんか聞かされても、不快なだけですよ。

「自分の仕事をしてる」と言う緊張感が全く見えない。そんな中ではとても「This is プロ野球」みたいな名言はもう出て来んだろうし「名調子」と言われる語り口はもう出てこないでしょうね。

タイガースの先発はスタンリッジ。カープ先発は篠田君。

回表
先頭の梵君は空振り三振。しかし昨日から、初球からガンガン振ってくるようになってる。相手チームの取ってはかなり脅威ではないでしょうか。続く東出君はセカンドゴロ、廣瀬君はショートゴロ。

回裏
先頭のマートンはいきなりフォアボール。平野は2球目を送りバント。先頭打者の違いはあれど、昨日のカープの1回表を見てるようでもある。しかし鳥谷はレフトフライ、新井はキャッチャーゴロ。

回表
先頭のトレーシーはサードゴロ。続く栗原君は空振り三振。岩本君はレフトフライ。この辺りが昨日あたりから、先発投手に対して全然機能してない。

回裏
先頭のブラゼルがセンター前ヒット。とは言うものの、走ってくるわけがないから何の警戒もせんでいい。タイガースのこの辺りの打線はホント「打つだけの人」ばっかりやから、そんなに怖がることはないはずなんだ。で、こんな事を書いてたら金本にヒットを打たれた。そんなもんだ。

で、ジョージ・マッケンジーの初球に石原君がパスボール。ちょっとキャッチングが安易過ぎたか。そんな時に限ってきっちり犠牲フライを打たれる。今日も何となく悪循環。This is 負の連鎖。
1-0
藤川俊介は打ち取ったものの、ピッチャーのスタンリッジにヒットを打たれる。まだThis is 負の連鎖は続いてるんかな。ここで切っておかんとあとあと困ったことになりますよ。

回表
先頭の赤松君が粘ったもののショートゴロ。石原君は空振り三振。篠田君はコレまたショートゴロ。

回裏
先頭の平野をファーストゴロ。続く鳥谷はセカンドゴロ。新井はファーストゴロ。篠田君、ひと汗かいてようやく体が動くようになってきたかな。しかし去年以上に汗かくようになったなぁ。

回表
1番に戻って梵君はピッチャーゴロ。続く東出君が今日カープ最初のランナーとなるフォアボール。ここでどうするかだよなぁ。去年ならこんな場面、廣瀬君に送りバント、みたいなことも何度かあったけど。

ここでヒットエンドランのサインか、東出君がスチール、廣瀬君が空振り、そのボールをジョージ・マッケンジーがパスボール。東出君はサードへ。「ファウルだろ」ものすごい勢いでジョージ・マ(笑)が抗議するも判定は覆らず。ここですかさず廣瀬君がセンター前へタイムリーヒット。「3番」がちょっと気になったけど、コレで昨日から2試合連続打点ですか。悪くないと思いますよ。
1-1
で、次のトレーシーの時に今度はスタンリッジがワイルドピッチ。そう言えば先の回、タイガースの久保コーチが、スタンリッジのフォームがどうたらこうたらみたいなベンチレポートが入って来た。ワインドアップでは分からんかったけど、セットポジションになってその「悪い所」が顔を出したんかな。

で、そのトレーシーはフォアボールやったけど、その最後の球がまたワイルドピッチ(たぶん)。ものすごい勢いでスタンリッジが精神的に崩れていくのがよう分かる。しかしここで一発かましてやりたかったのに栗原君は空振り三振。岩本君はセカンドゴロって何じゃいなヲイ。

回裏
ここでベンチレポートの小野塚アナウンサー(広島)からコメントが入る。そう言えば明日のBS1の実況は小野塚アナウンサーだ。と言うか、何であんなベテランになっても遠征に帯同してベンチレポートをやっているのか。広島放送局には、出山知樹が東京に帰って以来「エース」がいないのか(笑)。

しかし今のNHK広島放送局、なかなかインパクトのあるアナウンサーの人がいない。夕方の「おこのみワイド広島」は高山哲哉アナウンサーがやってるけど、この人が「エースか」と言われると、まだ何となしにインパクトに欠ける。ただ見慣れてないだけかも知れませんが。

さて、同点に追いついた後の篠田君のピッチング。先頭のブラゼルはセカンドゴロ。金本は浅いレフトフライ。ジョージ・マは空振り三振。2回裏とは一体何だったのか(笑)。

回表
先頭の赤松君はサードゴロ。石原君はピッチャーゴロ。篠田君はピッチャーゴロ。この回、バットを2本損をした。また「箸」の材料が増えた。と言うか今でもアレは売ってるのかな。

回裏
先頭の藤川俊介がセンター赤松君のほんの僅か上を越えるスリーベースヒット。ここでピッチャーのすたん理事いなんやけど、以外に打ちそうなフォームをしてるんだよなぁ。しかしここは何とかピッチャーゴロ。ここからはもう1点覚悟の阪神打線。まぁ、下位打線に回ったら「2点覚悟」ですが(笑)。

で、マートンにセカンド強襲のライト前タイムリーヒットを打たれる。これはほぼ正面や他だけに、東出君に何としても欲しかったなぁ。まぁ打たれたのがマートンやから仕方ない、と思ってます。
2-1
続く平野はショートゴロダブルプレイでこの回終了。

しかしこの試合、ここまでバッテリーミスが、両チーム合わせて4つ。何か知らんけど「飛ばないボール」と言うよりも「捕れないボール」で試合をやってるような感じ。そう言えば今日の横浜スタジアムでは、スレッジが1人で3本打ったらしい。ナンボ狭い球場とは言えコレはない。しかし、それでも勝てないベイスターズ。らしいと言えばらしいのか。大きなお世話ですが。

回表
この回までで72球を投げてたスタンリッジ。打ち取られてるように思うけど、数は投げさせてるんだな。先頭の梵君にも結構粘られてる。ファーストライナーに倒れてしもうたけど、ファウルファウルで粘ってれば何とかならんかなぁ、などと。

続く東出君がようやくチーム2本目のヒット。しかし廣瀬君はライトフライ。トレーシーは空振り三振。

この回、なんで東出君を走らせんかったかなぁ。いろいろサインはあろうとは思うけど、走れるんならどんどん走ったほうがええと思うんですが如何でしょう。ワンアウトやったからかなぁ。もしかして首脳陣が何かビビってるんかな。

回裏
この回も篠田君は続投。前の回までの篠田君の球数は77球。

個人的には、先発投手としては何とかかんとか7回あたりまでは投げ切って欲しいんですが。今シーズン12回もしくは3時間半と言う制限はあるから、ピッチャーを使えると言えば使えるだろうけど、じっくり考えて選手は使って欲しいんだ。先発投手も「ここまで」って制限はないんだし。特にうちの監督さんは「何も考えずに無駄に選手を使いたがる」傾向があるから余計に心配なんですよねぇ。

先頭の鳥谷はサードファウルフライ。新井はショートゴロ。ブラゼルはレフトフライ。

回表
先頭の栗原君はレフトフライ。岩本君はセカンドゴロ。で、赤松君の代打天谷君は空振り三振。

しかし栗原君のスイングが何となくおかしい。まさかまだ昨年の骨折を引き摺ってると言うか気にしてるんかな。レフトフライとは言うものの、何となしに力強さが足りないと言うかないと言うか。

回裏
先頭の金本はファーストゴロ。続くジョージ・マはライト前ヒット。ココで一度石原君が間を置くべく、そして策を練るべくマウンドに行く。しかしながら藤川俊介にもライト前ヒットを打たれる。ココでスタンリッジに代えて代打・浅井が出て来る。そして三塁側から出て来るのは左右病患者その2。

ナニを言いに来たんか知らんけど、その直前に石原君がマウンドに行ってるのに、ここでまたわざわざベンチから指示字を送る必要はない。ここはベンチがゴタゴタする必要はないんだ。で、代打・浅井はサードゴロ、サードベースを踏んでセカンドランナーフォースアウト、までは良かったんやけど、ファーストへ悪送球。ボールはカメラマン席へ。結局ランナー2人残し、ってなことになるんだ。

そしてマートンはファーストゴロ。ドキドキしたわほんま。

回表
この回からタイガースは小林宏之が登板。先頭の石原君は空振り三振。続く篠田君の代打は嶋君。その嶋君はライト線へツーベースヒット。そして昨日同様、代走中東君。バッターは梵君やからもっといろいろ出来るかな、やってくるかな、と思ったけど空振り三振。東出君はセンターライナー。

結局昨日も今日も、中東君は「立たされただけ」。中東君を1番と考えて、梵君を2番と考えると、昨日以上にバッターでも、ランナーからでもいろいろ動かしようもあった場面のはずやのに、結局また無策のまま。ココで監督が動くべきやのに、一体ナニを考えとるんか。

回裏
この回からピッチャーは青木高広が登板。しかし先頭のセンター前ヒット。続く鳥谷が送りバント。連勝を狙う真弓監督の執念を垣間見る。ここで再び登場する左右病患者その2。目障りじゃけぇ出て来んでええよ。歩かすとかそんなんはどうでもいいって。続く新井はレフトフライ。ブラゼルはセカンドフライ。

回表
タイガースのマウンドは毎度おなじみ藤川球児。以下省略

阪神タイガース2-1広島東洋カープ


ええとこ探し。出来ませんねぇ。あえて言うなら篠田君のピッチング、くらいでしょうか。7回106球7被安打2失点。先発投手としては上出来ですよ。


それ以上に打てんかった。巡り合わせもあるんやろうけど、結局3安打じゃなんも出来ん。それ以上に、ヒット1本を生かそうとする姿勢がベンチからこれっぽっちも見えてこないのは何でだろう。

で、しつこいようですが。昨日と全く同じく、嶋君の代走に出した中東君に何の動きもなし。「梵のヒットに期待」してるんやろうけど、そうそうヒットなんざ出るもんじゃない。よくて確率は3割なんだ。色々と「選手を使う」のも大いに結構やとは思うけど、その選手を動かさんかったら何の意味もない。

一軍登録してる選手にそれぞれ、意味を持たせてるはず。監督自身の戦略や起用法もあるんだろうとは思うけど。昨日今日の試合ではそれが何一つとして見えてこない。ゆえに「今シーズン、野村謙二郎監督が目指す野球」が一向に見えてこない、片りんすらも見えてこないんだ。

ずっと仏頂面でベンチに立ってるのもええけど、立ってるだけの監督ならわしでも出来る。「プロ野球の監督」としての仕事を、何らかの形で見せてもらわん事には話にならない。


つーか、何となしに今日は締りのない試合やったなぁ…。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/660-ed5b12bd