去年の「広島東洋カープFA市場参戦騒動(笑)」以来、ずっとブックマークフォルダに残っていた、某地方紙のサイトに、何かきな臭い記事が出てました。これはこれで「アノ騒動」の余波のようです。



契約なき球春開幕、ベイと横浜スタジアム いまだ使用契約結ばず 神奈川新聞

12日に一斉に開幕するプロ野球。横浜ベイスターズは本拠地・横浜スタジアム(横浜市中区)で開幕戦を迎えるが、同スタジアムとの球場使用契約が、いまだ結ばれていないことが11日、分かった。昨年の「身売り騒動」では、高額とされる使用料が交渉のネックになったとされる。震災の影響で開幕は例年より半月遅れとなったが、球団、スタジアム双方の思惑が合致せず、前代未聞の「未契約」状態でのシーズンインとなった。

ベイスターズと同スタジアムは、昨季が10年契約の最終年だった。双方の関係者は昨年末から契約更新の話し合いを重ねてきたが、「年内いっぱい」「3月末までに」と先送りされて結論をみず、ついに開幕日を迎えてしまった。

最大の争点は契約年数。球団側は当初から「単年」での契約更新を主張し、スタジアム側は「複数年」を要求している。交渉過程で見え隠れするのが、球団の親会社・TBSホールディングスの存在だ。

昨年10月に住生活グループとの買収交渉が決裂した一因が「本拠地問題」。チケット販売収入の約25%が球場側に支払われるなどの契約に住生活側が難色を示したとされる。TBSは引き続き球団売却を検討しており、複数年契約は結びたくないのが本音とみられる。

ただ一方で、販促支援などの名目で球団が毎年計上する諸経費のうち、数千万円ともいわれる約5割をスタジアム側が負担するなど、これまで球団とスタジアムは“持ちつ持たれつ”の関係にあったのも事実。

同スタジアムの鶴岡博社長は「この時期に基本契約さえ結んでいないのは過去に記憶がない」としながら、スタジアム側は基本的にこれまでの方針を変えずに臨んでいると強調する。

対する球団側も、放映権料の減少などに加えて、4月にナイターゲームを行わないなどの震災の影響が読み切れず、経営は苦しい。交渉を担当する職員は、「向こう(スタジアム)も譲れない部分があるようだけれど、共存の道を探ろうというスタンスで交渉している」と話す。鶴岡社長は「うちだけの問題ではない。他球団も使うのだから(未契約では)球界全体に影響が出る」と言い、球団関係者は「少しでも早くまとめたい」。プロ野球をめぐる環境が10年前とは激変し、妥協点は見つかっていない。



どっかの記事で、ベイスターズのえらいサンが「うちは試合がある時は、横浜スタジアムを終日抑えてあるので、試合日程はどないでもなるねん。」みたいな話が出てて、ある程度関係はええ方向に向いてるんかと思いきや、やっぱりそうじゃなかったみたいです。

となると、昨日からの開幕三連戦は言わば「不法占拠」みたいな状態のまま、試合がされてるんでしょうか。それか「時間がないけぇ、取り敢えず使用料は日割りで払います」てな事になったんかな。

身売りの話が出た時に、横浜スタジアムの使用料に関しては、いろんな話が出てました。ここの記事には「持ちつ持たれつ」みたいな綺麗な書き方をされてますが、実際のところ全ては「なぁなぁ」の世界やったんでしょうか。こんなんじゃあ「計画停電」「とか電力不足」とか以前の問題ですやん。

そう言えば、開幕戦の日取りについて、セントラルリーグに関しては、ベイスターズだけが確か「延期派」だったはず。外国人選手がみんな一旦帰国してしもうた事もあるんかと思ったけど、もしかして球場使用についてのこの件も、まだ片付いてなかったから延期したかったんかな、等と。また故障持ちの投手陣復帰待ち、みたいな話もありましたねぇ。

つーか、東日本大震災とは直接的どころか間接的にも関係のなさそうな、こんな話をひた隠しに隠すつもりで開幕戦延期を訴えてたんやとしたら、コレはコレでちょっと情けない話ではあります。

まぁ昨日はドラゴンズ・浅尾を攻略してサヨナラ勝ちしたのはええけど、こんな話が裏で燻ってる限り、今シーズンのベイスターズは野球をやってる場合じゃなくなりますよ。

選手には落ち着いて野球をやらせてあげんと…。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.04.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/659-67aa8c16