丸二日も前の事なので、今さらこないして書くのもアレですが…。

中国新聞では「速報」と言う形でのみの扱いだったようです。



旧市民球場解体差し止め請求棄却 広島地裁 47NEWS

旧広島市民球場の保存を求める住民グループが、広島市に取り壊し工事の差し止めを求めた訴訟の判決で、広島地裁(野々上友之裁判長)は25日、請求を棄却した。

判決などによると、原告側は57年に原爆ドームのそばに完成した旧球場は被爆からの復興のシンボルで、解体により憲法13条の「幸福追求権」が侵害される、と訴えていた。

広島市側は「解体は市議会の議決に基づく」として棄却を求めていた。昨年11月に始まった解体は、3~4割が終了。跡地について市はこれまで、緑地広場などを整備する計画を示していた。



この話が裁判に至った背景には、暫定使用だなんだと言いながら、「この土地をこの後どうするか」の結論を先延ばしにして来た、広島市の優柔不断さにも問題があると思いますが如何でしょう。


どこかの人が、サヨナラ広島市民球場のイベントの日に、「旧広島市民球場解体に反対か賛成か」と言うアンケートをとったそうです。当然、結果は9割以上の人が「解体反対」ではありました。もちろんそうですよ。「サヨナライベント」なんだから、皆、どことなしに感傷的になってる。このアンケートをこのサヨナライベントの当日に、八丁堀周辺、広島駅前等でやってたら結果はどうやったんでしょう。

また、この記事を読む前に気付いたけど、最近こう言った記事に「ツイッター」やら「mixi」のボタンと言うか何と言うか、それと「Facebook」の「イイネ」ボタンが付いてる。

この記事を書いてる時点でツイッターのカウンターが、20も行ってないと言うのは一体どう言う事なんでしょう。まぁその先の「広がり」は、そらぁなんぼかはあるとは思いますが。

それだけ皆の興味が薄れてるって事、もう興味すらなくなってる人もいるって事なんじゃないか。ぶっちゃけ、この件について、裁判になってる事すら知らない人もおるんじゃないでしょうか。

もっと言うなら、コレが今の「旧広島市民球場」に対する認知度の現実、ではないでしょうかね。まぁこれだけで推し量ることは、もちろん出来ないことは十分に承知してますが。

わしはこうやって、たま~に隣にある高い所から覗く程度。これが、誰にとって良い事なのか、誰にとって悪い事なのかは分からんし、考えようとも思いません。ただ、一つの建造物が、その偉大な功績と歴史を終えるにあたって、その最終章をただただ見届けたい、と思ってるだけの事、です。

物騒な事を言うようですが、去年の8月31日の「終球式」の翌日、さらに言わせてもらうなら、一昨年の3月31日、広島市民球場としての使命を終えた翌日に、球場の各所にダイナマイトを仕込んで、一気に爆破解体してしまったら、感傷に浸る間もなかったんでしょうけどね。まぁバスセンターやら何やらがすぐ隣にあるんで、まずそんなことは出来んと思いますが。


まだこの裁判、続きはあるんでしょうか。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.03.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/624-6c4784a7