阪神・淡路大震災と、多少条件は異なると思うけど、とにもかくにも無事、始まった。

入場行進もない、ブラバン等の鳴り物もない、チアガールの手にポンポンもない。派手な演出は一切なしになった。これについては賛否両論はあろうけど、何であろうがとにかく始まった。

歳食ったら、この「強行開催」とも思える措置に、色々「ウラ」があることを勘ぐってしまう。何となくダメですねこんなこっちゃ。生徒さんは素直に、純粋に「甲子園を目指してる」はずやのにね。



春のセンバツが開幕、地震犠牲者へ黙とう 読売新聞

第83回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催)が23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。東日本巨大地震の被災者に配慮し、開会式は例年の入場行進を取りやめるなど簡素化された。

開会式では冒頭、サイレンが鳴り響く中、選手や観客が地震の犠牲者へ黙とう。外野バックスクリーン前に出場32校の選手が左肩に喪章をつけて集合、昨年の優勝、準優勝校に続いて、南から順に内野まで歩いて整列した。ポップスグループ「いきものがかり」のヒット曲「ありがとう」を編曲した行進曲も、ブラスバンドの演奏ではなくCDが使われ、地元が大きな被害を受けた東北(宮城)や水城(すいじょう)(茨城)の校名がアナウンスされると、約1万2000人の観衆から、ひときわ大きな拍手が湧いた。

続いて、創志(そうし)学園(岡山)の野山慎介主将が「今、地震で多くの尊い命が奪われ、悲しみでいっぱいです。私たちに今できること。それはこの大会で精いっぱい元気を出して戦うことです。頑張ろう日本。生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

大会中は球場内に募金箱が設置され、入場料の一部も義援金として被災地に送られる。甲子園入りが最後になった東北は、第6日第1試合で大垣日大(岐阜)と対戦する。



もう早速今日、3試合あって、3チームが負けてしもうたけど、つまらん大人の思惑とは関係なしに、選手の皆さんは精一杯頑張って欲しいし、悔いのない試合をやって欲しいものです。

ただ、まだNHKは震災報道の方が活発やから、試合の中継は満足にやってもらえるのかな。教育テレビとまた口語での放送やとは思いますが、地上デジタルが見てるのであれば、「011」で延々高校野球、「012」で延々ニュース、でもいいんじゃないかと思いますけどね。平日なんかは特に。

この辺りのNHKの思惑はどうなのか分からんけど、とにかく全試合、無事に終わることを祈ります。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
2011.03.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/614-93799f5e