今日は家庭の事情により、北神戸どころか、京セラドームですらも行けてません。まぁこれは単にわしが勘違いしてただけなので、どうしても外せんし、しゃあないと言うたらしゃあないんですが…。

それはそうと、改めて、29日開幕の「是非」をゆっくり考えてみようか…と思ったんですが、ナニが正論でナニがいろんなのか分からんようになってます。

やらない理由、やれない理由って何だろう。これは選手に聞いてみたい。選手会会長がモゴモゴ言ってるけど、本当は各チームレベルで、また選手会会長同士の話し合いで、どんな意見が交わされてるのか、この辺りを聞いてみたい。もしかして、こんな時に限って「感情論」に走ってないだろうかね。

それと、これは頂いたコメントに対しての返信として書いたものですが、事情が許すならば、ナゴヤドーム、甲子園、マツダスタジアム、京セラドーム、福岡ドーム、札幌ドーム等で、これらの球場の本拠地チームの主催試合から先に全部行ってしまう、と言うのはやっぱり無茶な話なのかな。

マツダスタジアムは一般供用の日もあるし、ナゴド等はイベントでの貸し出しもあろうから、なかなか難しいのはあるかも知れんけど、それならば、事情が許されるのであれば豊橋なり浜松なり、でやればいいんだし。まぁこれはほとんど勝手な妄想だけで書いてるんでアレですが。

それよりも、パシフィックリーグも、開幕戦を延期するにしても、イーグルスの「仮住まい」の話し合いは順調に進んでるのかな。案の定、バファローズ側から「神戸での開催は難しいよ」みたいな話も出たけど、いっその事、神戸・明石・姫路、とかで3連戦を組んでも面白いんじゃないかね。ただ、姫路球場や明石球場は、施設自体の収容人員がかなり落ちるのは目に見えてますが。

神戸・倉敷・高松、でもいいかとか思いますよ。別に「一か所で3連戦やらないといけない」という理由はどこにもないんだし。どっかの球団は「京セラ・京セラ・松山」と、突拍子もない三連戦を組んだこともありますし。まぁそれにつきあったチームもたいがいですが。

それとこの際、プロ野球実行委員会とプロ野球選手会、それぞれ勝手にコメントを出さんと、いっぺん労使それぞれ、全員が顔を合わす場を設けても良いんじゃないか。開幕戦延期で時間が出来た。徹底的に話し合いする時間も出来ただろうし、その話し合いで双方、納得出来る結果が生まれるのであれば、お互いがマスコミを使って不平不満のぶつけ合いをしてるよりはよっぽどましですよ。

休み明けには、選手会会長も同席して、文部科学省への報告をするようですが。



NPB、文科省に22日報告へ スポーツ報知

日本野球機構(NPB)は20日、加藤良三コミッショナーとセ、パ両リーグの理事長が22日に文部科学省を訪問し、ナイター開催の自粛などを要請されたことについての報告をすると発表した。

文部科学省は18日にNPBに対し東京電力、東北電力管内でのナイター開催を慎むことや、両電力管内以外での試合の開催を文書で強く求めた。セ・リーグは19日の臨時理事会で、25日予定だった開幕日を29日に延期することや、開幕後4月3日までは両電力管内でのナイターを行わずにデーゲームで開催することなどの節電対策を発表した。

NPBは日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)にも同席を求めた。新井会長は、同席する意向を示した。

加藤コミッショナーは経済産業省などにも報告する予定。



べつにこれは一日延びても、二日伸びても構わんと思います。引っ掛かるものがあるまま、中途半端な気持ちのまま、シーズンに突入してもらっても困るしね。

それと、どっかの記事で「東京ドームは電力40パーセント減で試合開催」とか書いてあったけど、その残り60パーセントの電力のうち、何パーセントか、自家発電で賄えんものか。

そう言えば東京ドームには、緊急用とは言うものの、自家発電機があるらしいし。「こういった用途ではない」とか、関係者があっさり言ってのけたみたいやけど、今は「東京ドームの緊急事態」じゃない。東北・関東の緊急事態なんだ。どうにかならんもんなんかな。


それに、甲子園やらマツダスタジアムには「太陽光発電システム」が付いてるのに、アレだけの立派な屋根が付いてるのに、ただ全体を覆うだけで、何の役にも立ってないと言うのは頂けないね。

これは京セラドーム大阪の屋根にも言えるんだ。この前の記事では「取っ払ってしもうたらええ」とか書いたけ
ど、ぶっちゃけ「明日は我が身」。屋根を取っ払えは極論やけど、動かんようになったらなったで、それなりに使い道はあるはずだ。もっと有効利用せんともったいない。


ここしばらく同じような事を書いてるような気もする。これは書いてる人間の性能の問題だな。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.03.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/607-88bd9e4f