セ・リーグ開幕、29日に延期…節電も推進 読売新聞

プロ野球のセ・リーグは19日、臨時理事会を開き、今季の開幕日を3月29日に延期し、その後もナイター開催に際して、シーズンを通した節電対策を行うことを決めた。

セ・リーグは3月25日の開幕を目指していたが、東日本巨大地震の影響で計画停電が行われていることから、18日の文部科学省の節電協力の要請を受け入れ、開幕日を変更した。

セ・リーグは「ファンの皆様へ」として節電対策など6項目を盛り込んだ声明を発表した。

声明では、〈1〉開幕を3月29日に延期する〈2〉開幕後も4月3日までは東京電力、東北電力管内のナイターを取りやめ、デーゲームとする〈3〉4月5日から両電力管内のナイターは「減灯ナイター」とし、大規模な節電策を講じ、その他の球場についても節電対策を推進する〈4〉今季レギュラーシーズンでは延長戦を行わず、九回で打ち切りとする〈5〉両電力管内では夏場の試合は可能な限りデーゲームとすることを検討する〈6〉被災地対策、観客、選手、球場の安全確保や節電対策に対処するため、震災対策会議を設置し、選手たちと連携してこの難局を乗り切る――としている。

25~27日は、巨人―横浜(東京ドーム=25、26日はナイター)、ヤクルト―阪神(神宮=25日はナイター)、中日―広島(ナゴヤドーム=25、26日はナイター)の計9試合が予定されていた。代替日は後日発表される。



どす黒い事を言ってしまえば「1カード先延ばしにした所で事態は好転せんよ」と言う所ですが。

「やりません」と言うのは実に簡単です。何もせんかったらいいんですから。けど、それでは絶対に事は廻らないし、この先「動かそう」と思っても、なかなか動かないかもしれません。これまでやってたモノは歩みを止める必要はない。やりようはいくらでもある。

こうやって、この声明の中にも、デーゲームへの移行の努力、延長戦なし、などなど、「やり方」考えたらこうやってナンボでも出て来るんだ。その上でやるんであれば一向に構わないと考えます。

1カード3試合は、予備日に入れればいい。かと言って、ジャイアンツの東京ドームと、ドラゴンズのナゴヤドームに予備日があるのか?と言われればアレですが。無理に本拠地でやる必要もない。ぶっちゃけ、しまなみ球場で、ドラゴンズ主催でやってもええやん。カープファンようさんくるし。ジャイアンツも、慣れ親しんだ札幌円山球場とかでやってもいいやん。…なんか違う。まぁいいや。

そうでなければ、予備日とともに上手くどっかで織り交ぜればいい。どうせ日程通りには進まんのやし。まぁこれだけは、今後のチーム同士の話し合いによりますが。

ただ、こんな事を言うのはアレですが「減灯ナイター」ともなると「鳥目」の選手は困るやろうな。「そんな奴おれへんやろ~」ってツッコミが帰って来そうではありますが。

けど、あじさいスタジアム北神戸とか、ナゴヤ球場とかに行ってて思いますが、やっぱり野球は「青空の下でやるもの、青空の下で観る物」やと痛感します。そらぁナゴヤ球場の、あの地獄のような暑さにはさすがに辟易しますが「季節を感じる」にはもっての球場や、と割り切ってます。

また、自宅から一番近い球場なので、比較的「京セラドーム大阪」にもよく行きますが、何度行っても、あの球場、というか「室内競技場」の雰囲気には馴染めません。もう、天井の上げ下げが出来んのやったら、いっその事、あんな屋根なんざ取っ払ってしまえ、とも思いますが(笑)。

これも、本題から外れてしまうかも知れませんが、また「野球脳」と言われるかも知れませんが、この大震災は、節電や計画停電を通して、もう一度「野球は外でやるスポーツ」と言う事を再認識させてくれる切っ掛けになったんではないでしょうか。

しかし、デーゲームって、もっと多くてもよくないか?とも思いますけど。ナイトゲームで行うのは、本気で暑い7月と8月だけでもいいような気がせんでもないです。カープは例年、6月いっぱいくらいまでは、週末の主催試合はデーゲームになってますね。甲子園とかでもたいがいそうなのかな。


あとは、選手会がどう反応・対応するか、ですね。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.03.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/606-4da1e0a0