最初の地震が起こってから3日経って、テレビもようやく、何となしに平静を取り戻そうとしてる。テレビ局も、BSは「ほぼ」通常通りに放送されるようになった。どのテレビ局からも「津波注意報」の地図もなくなった。おっサンテレビに至っては「兵庫県公立高校入試解答速報」をやってた。

けど、落ち着きを取り戻すにつれて今度はテレビで「バカ」が焙りだされるようになって来た。

某テレビ局の朝のスッキリとした情報番組では、こんな事があったらしい。



なんか面白いですか?

大竹とか言うフリーのアナウンサー、と言うかレポーターらしいけど、緊張感を欠いてる。見えない所でどう思おうと勝手やとは思いますが、自身が出てる番組が生放送と言う事を全く分かってない。

そもそも、カメラが振られる前にはそれこそ「カウントダウン」があるはずなのにそれを見てない。まぁ緊急事態やからそんなんもあるはずもなかろうけど、自分に話が振られるのであれば、その前から「心の準備」をしておかんといかん筈。しかも自分が赴いてる場所は「被災地」だ。注意報も何もかもすべて解除されてるとは言え、まだ何があるか分からない。緊張感がなさすぎるんだ。

これで、フジテレビ、日テレと来たな。次はどこやろうね。

よくマスコミが、緊急避難所とかに行って、被災者の声として「○○が足りない」だの、「○○があと何日分しかない」とか言う声を拾ってくてる。そんな裏で、いろんな所から「救援物資が用意出来た」みたいな記事が続々と出て来てる。いっその事「取材」と称して被災地にズケズケと土足で踏み込んで言ってる奴らに、救援物資を持たせてみてはどうだろう。特にキー局の人間が出向く場合とか。そこまで行く「足」は確保してるんやから、それ位の事は出来るやろう。1人で行ってんじゃないんだし。

ぶっちゃけこの大竹なにがしは、この辺りの避難所に置いてきた方がいい。

ただ、キー局の人間は絶対にやらんだろうな。地方系列局の人間を動かしておいて、自分たちは、無駄にバタバタしてる「報道センター」から入ってくる原稿を読むだけの簡単なお仕事だもんね。

違う映像が流れてる裏で、アナウンサーらしき人物の雑談が聞こえて来るような放送事故にも、謝罪すらしないマスゴミに、そんな事を求めるのんは無駄なのかも。そう言えば、阪神・淡路大震災の時に、毛皮のコートを着て被災地に行って、大顰蹙を買ったお姉ちゃんは現在、「WBS」でメインを張ってらっしゃる。あの日の教訓は生かされてるんかな。ここしばらくあの番組自体、見てませんが。


そんな中、この人がこんな事を申されております。



「大震災は天罰」「津波で我欲洗い落とせ」石原都知事 朝日新聞

石原慎太郎・東京都知事は14日、東日本大震災に関して、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べた。都内で報道陣に、大震災への国民の対応について感想を問われて答えた。

発言の中で石原知事は「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と指摘した上で、「我欲に縛られて政治もポピュリズムでやっている。それを(津波で)一気に押し流す必要がある。積年たまった日本人の心のあかを」と話した。一方で「被災者の方々はかわいそうですよ」とも述べた。

石原知事は最近、日本人の「我欲」が横行しているとの批判を繰り返している。



面白い例え話をした気でおるんやろうけど、不謹慎甚だしい。



言い訳動画、らしいですが…。御本人は「受け止め方の問題」とか言うてますが、こんな時期に、あれこれ疑われるような発言しか出来ない人間はぶっちゃけ黙っておいた方がいいと思う。

こんな、素直に「ごめんなさい」も言えんようなおじいちゃんにはなりたくない。

一方、責任政党の代表代行は…



仙谷氏、15日から訪韓 時事ドットコム

民主党の仙谷由人代表代行は15日から2日間の日程で韓国・ソウルを訪問する。李明博大統領の要請に応じたもので、金星煥外交通商相らとも会談する予定。朝鮮王朝由来の古文書を韓国に引き渡す日韓図書協定や、中国の経済成長を踏まえた東アジア情勢などについて意見交換するとみられる。



べつに「行くな」とは言わんけども、せめて1か月くらいは融通が利かんものかねぇ…。ちなみのこのおじさん、こんな事で怒ってらっしゃる。本当に怒りたいのは避難所におられる方々なんだ。



仙谷氏、東電怒鳴る=混乱にいら立ち-政府・民主 時事ドットコム

政府・民主党は14日、東京電力へのいら立ちを強めた。同日朝に開始する予定だった「計画停電」(輪番停電)の実施が定まらず、市民生活が混乱したためだ。電力需給逼迫(ひっぱく)の原因となった福島第1原発の事故に関する同社の対応への不満も背景にある。未曽有の震災対応に当惑する政権側の焦燥感の表れともいえそうだ。

「どういうことだ。俺を誰だと思っているんだ」。民主党の仙谷由人代表代行は13日夜、計画停電が病院や交通機関に与える影響を東電側に問い合わせた。しかし、明確な回答はなく、「ご不明な点はカスタマーセンターまで」と書かれた紙がファクスで送られてきたため、仙谷氏は担当者を怒鳴りつけた。

計画停電については、菅直人首相自ら13日夜に記者会見し、了承を発表したが、14日朝からの実施は直前で取りやめられた。一方、停電を織り込んでいた交通機関は路線・本数を限定、臨時休業する百貨店などが相次いだ。結果として、国民に不便を強いることを要請した政府のメンツがつぶされた形で、枝野幸男官房長官は記者会見で「官邸への情報も当初、正確ではないものが届いていた」と、東電への不信をあらわにした。

政府・民主党は、福島第1原発事故への対応が後手に回り、野党から酷評された。首相は13日、社民党の福島瑞穂党首に「東電の報告が遅れた」と指摘。首相としては東電側の責任と言いたかったようだが、政府と東電で連携が不十分なことは間違いなく、「責任転嫁」との批判も出そうだ。



東京d年力への不信感を募らせてるのはなにも貴方だけではない。みんな当りどころのない怒りを抱えてるは砂のに、みんな何かしら、どこかしらで我慢してるんだ。東京電力と仙谷氏の関係は知ったこっちゃない。けど、ぶっちゃけ、東北の皆さんのこれからがかかってると言う非常時に、「俺を誰だと思っているんだ」みたいなチンピラまがいの言葉を平気で言う「先生(らしき人間)」はいらない。

人が死んでんねんで!

怒りに任せて長くなってしまいました。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.03.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/591-2a646ae3