ありましたねこんな話。



“楽天ファウル訴訟”ボール直撃男性の請求棄却 スポニチ

プロ野球観戦中にファウルボールが右目を直撃し、視力が低下したのはネット設置などの安全対策を怠ったのが原因として、宮城県の税理士の男性(48)が主催者の楽天野球団と球場所有者の同県に約4400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁(関口剛弘裁判長)は24日、男性の請求を棄却した。

男性側弁護士によると、ファウルボール事故による損害賠償請求訴訟の判決は初めて。

関口裁判長は「安全対策に合理性が認められる場合、来場者に危険なことが起きても、球場の設置者にとっては不可抗力というべきだ」とした上で、フェンスの高さやファウルボールへの注意を促す看板を設置していることを挙げ「球場として通常備えるべき安全性を備えている」と指摘した。

また「臨場感も観戦における本質的要素で、必要以上に過剰な安全施設は観戦の魅力を減少させ、プロ野球の発展を阻害する要因になりかねない」との解釈も示した。

判決などによると、男性は2008年5月に楽天対西武戦をクリネックススタジアム宮城(仙台市)の三塁側内野席で観戦。二回裏、ビールを足元に置いて顔を上げた際、ライナー性のファウルボールが右目を直撃し、視力が以前の0・3から0・03に下がった。

楽天野球団は「原告の方をお気の毒に思う。今後もお客様の安全と臨場感の双方に配慮した興行に努力していく」とのコメントを出した。



今だにタイトル通りの言葉が頭をよぎるこの訴訟。選手だけやなしに、お客さんにも言えるこの言葉。

2008年当時のプロ野球公式戦のチケットの裏にも…

13.球場内で生じた事故等につきましては、一切責任を負いかねますのでご了承ください。(広島市民球場・広島カープ)

★球場内でのボール等による負傷、物損およびお客様相互の争いにより事故については、責任を負いません。(あじさいスタジアム北神戸・サーパス)

⑦場内における飛球等には、常にご注意いただく必要があります。お子様連れのお客様は特にご注意ください(負傷、事故に対する責任は負いません)。(阪神甲子園球場・阪神タイガース)


しかし怖いですねーあじさいスタジアム。ウエスタンでありながら、あのチームのファンが押しかけて来ることを想定してるのかな。幸いにもまだ「ウエスタンリーグでの乱闘」は見たことはありません。ヤジのやり取り(と言うよりも『掛け合い漫才』に近い)は見聞きしたことがありますが(笑)。

これだけしっかりと書いてありますからねぇ。「ファウルボール事故による損害賠償請求訴訟の判決は初めて」とありますが、そもそも裁判まで持ち込んだ人はいてたんでしょうか。まぁいてたから上記のような文面がチケットの裏に書かれるようになったんやと思いますが…。

試合中なんかファウルボールがどこに飛んでくるんか分からんのに、よりによって下向いちゃうとか、ぶっちゃけ「自殺行為」に等しいし。ただ、球場では応急手当まではしてくれるんでしたかね。

しかしこれ、顔を上げた瞬間にファウルボールが直撃って事は、ピッチャーの投げた瞬間を見てないって事ですよねぇ。そんな瞬間にうつむくって、危なっかしいたらありゃせんですよ…。

わしは『幸か不幸か』当ったことはないですが、ただ、いつどこの球場か忘れましたが、試合前のバッティング練習のボールが、もろに脳天に当った兄ちゃんを見たことがあります。まぁはね返り方からすると大丈夫やったみたいですが…。

何にしろ、球場に着いたら「ボールから」と言うよりも「グラウンドから目を話すな」って事ですよ。


しかし、野球の基本って奥が深いですねぇ。ちなみに「Tシャツ」は持ってません(笑)。


以下、どれでもクリックして頂ければ是幸い。これからの励みになります。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

2011.02.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kugyousou.net/tb.php/561-bcb04b33